ナバロンの要塞のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ナ行
 > ナバロンの要塞
 > (レビュー・クチコミ)

ナバロンの要塞

[ナバロンノヨウサイ]
The Guns of Navarone
1961年【米】 上映時間:158分
平均点:6.84 / 10(Review 55人) (点数分布表示)
公開開始日(1961-08-15)
アクションドラマアドベンチャー戦争ものシリーズもの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-12-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督J・リー・トンプソン
アレクサンダー・マッケンドリック(ノン・クレジット)
助監督ピーター・イエーツ
演出ボブ・シモンズ〔スタント〕(スタント・コーディネーター)
キャストグレゴリー・ペック(男優)キース・マロリー大尉
デヴィッド・ニーヴン(男優)ジョン・アンソニー・ミラー伍長
アンソニー・クイン(男優)アンドレア・スタブロウ大佐
スタンリー・ベイカー(男優)ブラウン“ブッチャー”二等兵
アンソニー・クエイル(男優)ロイ・フランクリン少佐
ジェームズ・ダーレン(男優)スピーロ・パパディモス二等兵
イレーネ・パパス(女優)マリア・パパディモス
ジア・スカラ(女優)アンナ
ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス(男優)ジェンセン准将
リチャード・ハリス〔男優・1930年生〕(男優)ハワード・バーンズビー
ブライアン・フォーブス(男優)コーン
パーシー・ハーバート(男優)グローガン軍曹
ウォルター・ゴテル(男優)ミューゼル
カール・ドゥーリング(男優)ドイツ軍レーダー操作兵(ノンクレジット)
ボブ・シモンズ〔スタント〕(男優)パパディモスを殺すドイツ兵(ノンクレジット)
ヴィクター・ブオノ(男優)(ノン・クレジット)
マイケル・サーン(男優)(ノン・クレジット)
ジェームズ・ロバートソン・ジャスティスオープニング・ナレーター
小川真司〔声優・男優〕キース・マロリー大尉(日本語吹き替え版【DVD】)
佐々木勝彦ジョン・アンソニー・ミラー伍長(日本語吹き替え版【DVD】)
柴田秀勝アンドレア・スタブロウ大佐(日本語吹き替え版【DVD】)
斎藤志郎ブラウン“ブッチャー”二等兵(日本語吹き替え版【DVD】)
稲垣隆史ジェンセン准将(日本語吹き替え版【DVD】)
野沢由香里マリア・パパディモス(日本語吹き替え版【DVD】)
城達也キース・マロリー大尉(日本語吹き替え版【テレビ朝日/フジテレビ】)
中村正[声優]ジョン・アンソニー・ミラー伍長(日本語吹き替え版【テレビ朝日/フジテレビ】)
小林清志アンドレア・スタブロウ大佐(日本語吹き替え版【テレビ朝日/フジテレビ】)
森山周一郎ロイ・フランクリン少佐(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
納谷悟朗ブラウン“ブッチャー”二等兵(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
仲村秀生スピーロ・パパディモス二等兵(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
来宮良子マリア・パパディモス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
池田昌子[声]アンナ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
富田耕生ジェンセン准将(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小林修ロイ・フランクリン少佐(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
幸田直子アンナ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
谷口節ブラウン“ブッチャー”二等兵(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚芳忠スピーロ・パパディモス二等兵(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
高畑淳子マリア・パパディモス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
阪脩ジェンセン准将(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
津嘉山正種キース・マロリー大尉(日本語吹き替え版【TBS】)
青野武ジョン・アンソニー・ミラー伍長(日本語吹き替え版【TBS】)
内海賢二アンドレア・スタブロウ大佐(日本語吹き替え版【TBS】)
石丸博也ブラウン“ブッチャー”二等兵(日本語吹き替え版【TBS】)
古田信幸スピーロ・パパディモス二等兵(日本語吹き替え版【TBS】)
弥永和子マリア・パパディモス(日本語吹き替え版【TBS】)
吉田理保子アンナ(日本語吹き替え版【TBS】)
秋元羊介ブラウン“ブッチャー”二等兵(日本語吹き替え版【TBS】)
藤本譲ジェンセン准将(日本語吹き替え版【TBS】)
納谷六朗(日本語吹き替え版【TBS】)
加藤精三(日本語吹き替え版【TBS】)
原作アリステア・マクリーン「ナバロンの要塞」
脚本カール・フォアマン
音楽ディミトリ・ティオムキン
作詞ポール・フランシス・ウェブスター"The Guns of Navarone"(ノン・クレジット)
作曲ディミトリ・ティオムキン"The Guns of Navarone"(ノン・クレジット)
編曲ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](ノンクレジット)
撮影オズワルド・モリス
デニス・クープ(カメラ・オペレーター)
製作カール・フォアマン
配給コロムビア・ピクチャーズ
特撮ウォーリー・ヴィーヴァーズ(特殊効果)
ビル・ウォリントン(特殊効果)
美術ジョフリー・ドレイク(プロダクション・デザイン)
ロバート・カートライト(ノンクレジット)
録音ジョン・コックス〔録音〕
スタントノッシャー・パウエル(ノンクレジット)
ボブ・シモンズ〔スタント〕(ノンクレジット)
その他ディミトリ・ティオムキン(指揮)
あらすじ
1943年、2千名のイギリス軍将兵が、トルコの目前に浮かぶケロス島に孤立した。ドイツ軍が、トルコへのデモンストレーションとしてケロス島を選んだ為に、イギリス軍は1週間以内に島を脱出しなくてはならないが、唯一の水路はナバロン島にある要塞の、猛威を誇る大砲に制圧されていた。イギリス軍は、マロリー大尉以下の特殊工作班を送って、大砲爆破に挑むが…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
55.戦争映画ですが上映時間に占める戦闘シーンはそれ程多くなく、
その分アドベンチャー的要素を絡めた娯楽作としてよく出来た作品だと思います。
グレゴリー・ペックにアンソニー・クイン、デヴィッド・ニーヴンと役者も揃っており
少数精鋭で行くのでそれぞれのキャラがとてもうまく立っています。特にひと癖あるニーヴン。
断崖絶壁の攻略に、ドイツ軍に拘束されかけたり、裏切り者を巡るドラマといったアクシデントの挿入もいい。
しかし全体を通して敵中潜入モノとしての緊張感はいま一つで、この辺りは時代を感じさせる部分もあります。
作戦決行までの時間がもうちょっと削れたかとは思いますが、エーゲ海の風景の美しさが意外に印象的でした。
作戦が成功するラスト、負傷で離脱した少佐の色んな思いが入り混じったような表情が良かったですね。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-03-10 23:40:00)
54.ちょっと長めの映画でしたが最後まで退屈しないで見れました。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-09-07 20:09:23)
53.《ネタバレ》 第二次大戦、イギリス特殊部隊による二門の巨大砲を持つナバロン要塞破壊作戦、戦争冒険大作。嵐、崖登り、怪我した仲間との別れ、要塞潜入、悲しき裏切り者制裁…様々な試練を乗り越え、多くの犠牲者を出して作戦成功。部隊リーダーをグレゴリー・ペック熱演。アンソニー・クインが今作では名脇役ぶりを発揮。作戦決行から成功までの5日間をテンポよく見せてくれました、良作。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2014-06-21 02:31:20)
52.《ネタバレ》 ○非常に良くできた戦争サスペンス。○チームプレイ、裏切り、ハッタリなど盛りだくさんだった。○序盤が少し長かったかな。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-08-04 23:50:21)
51.文句なく傑作でしょう。さすがに「ジェットコースタームービー」とまでは行かないまでも、「スプラッシュマウンテン」ぐらいのドキドキ感はありました。「プライベートライアン」の前哨という感じですかね。敵陣ど真ん中を舞台としながら色恋沙汰(プラス裏切り)まで盛り込むあたり、なかなかエンタテイメントしてます。けっして策に溺れない策士G・ペックがいささか鼻につきますが。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-07-24 20:21:06)
50.《ネタバレ》 ずっと担架で運んできた怪我をした仲間に偽の情報を吹き込んでおいて、やがて自白剤を使うであろうドイツ軍を混乱させようと考えるG・ペックを、D・ニーヴンが非情すぎると非難する。ここらへんもっと突っ込めば「戦争における非情さ」で芯のテーマになれる問題だろうが、エンタテイメント映画を逸脱するのでサラリと描き、怪我人の内心の屈曲には触れずに、彼はチームの成果をベッドから見て喜ぶだけ。女性スパイの処分の場も「軍人は抵抗できぬ女性を射殺できるか」という戦場における非常さの問題に突っ込みかけるが、ここもなんとなく「戦争とはやり切れぬものだ」という詠嘆どまり。エンタテイメント作品ですから、という言い訳でずいぶん逃げてるなと思ったけど、「エンタテイメントをそれだけで終わらせない姿勢」と思えばよいのか。ただ各エピソードが寸断されてる印象があり「話を膨らます」展開に乏しかった。ペックとA・クインの軋轢は、最期の海で銛で救助する場面でうまく生かしてまとめた。第二次世界大戦ではギリシャものってのがあるんだな。最近ではニコラス・ケイジの『コレリ大尉のマンドリン』てのがあった。ノンキというのとは違うけど、独特の色調が加わる。地中海的おおらかさ?
なんのかんのさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-07-11 09:22:27)(良:1票)
49.明確な目的があり、チームを組んで遂行する。映画の1つのパターンを見事に描いています。生まれる前の映画なんですけどね。今もそんなに古くは感じません。
東京ロッキーさん [地上波(字幕)] 8点(2013-07-09 20:53:46)
48.《ネタバレ》 船が座礁するあたりはちょっと退屈でしたが、上陸してからは面白かった。フランクリンの怪我が利いていますが、そのプロセスはちょっとあざとかったかも。ミラーとフランクリンの関係など、もう少し細かく描いていたら、後半でのミラーの言動は更に説得力が出たと思います。しかし、フランクリンの扱いや、裏切り者をめぐるやりとりは印象的で、ドラマとしての厚みを与えています。とはいえ、あくまでエピソードとしてとどめていて、主眼の大砲爆破をきちんと描いていたのはよかったです。アクション冒険ものの上にドラマを配した、なかなかよくできた映画でした。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-07-07 08:40:26)
47.前半はちょっとダレましたが、後半にかけて面白くなってきました。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2012-12-09 21:52:44)
46.《ネタバレ》 ミッション・インポ~ッシブルな破壊工作を縦軸に、少数精鋭メンバーの人間関係を横軸に、幾多の試練とピンチを切り抜け、最後はドイツ軍の砲台を地形が変わる勢いで吹き飛ばす。この時、私はドイツ軍に同情しました。ドイツ軍の射撃や砲撃が一向に命中しないのは良くある風景だけど、名優たちが醸す重々しい空気とのギャップが変な見応えを残します。なんて不運なんだ、ドイツ軍。その昔に観た時の爽快さが、なぜがナリを潜めてしまった。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-11-18 17:04:14)
45.戦争映画ではあるものの戦闘シーンは少なめでサスペンスあふれる少数特殊部隊の潜入作戦もの。ナバロン島は架空の島だが以外に大きいようで、わざわざ険しい断崖を海上から上陸しなくても、夜落下傘部隊で空から上陸してもいいんじゃないのと思ったりした。飛行機はレーダーで見つかったとしても、どこに落下傘が降りたかまでは判らないんじゃないかな?ところどころツッコミどころはあるものの、数々の危機を乗り越え任務を遂行するまでが割と丹念に描かれており程良い娯楽作には仕上がっています。少し長いのとミニチュア丸わかりのシーンが残念なところ。
きーとんさん [DVD(字幕)] 6点(2010-09-21 02:04:11)
44.さすがに製作後50年ですからスリルの盛り上げ方など古めかしいところはありますが、特攻作戦ものとしては元祖でありジェットコースタームービーとしても現代に通じるものがあります。マロリー大尉やスタブロ大佐など登場キャラがよく作り込まれていますし、「ウソも方便」ではありませんが架空のナバロン島をめぐる英独両軍の動きもディティールが良くできていますね。冒険映画の古典としての風格すら感じさせられます。
S&Sさん [映画館(字幕)] 7点(2010-05-09 23:07:42)
43.《ネタバレ》  戦争映画としてみた自分が間違ってたと思います。
どうも、いろんな面のゆるさにいちいち引っかかって。
機関銃の弾が当たらないことに目くじらを立てるほど心は狭くありませんし、
そういう映画でも好きな映画は何本もあるんですけど、
さすがに急降下爆撃機が落とした爆弾が破裂するすぐ脇を無傷で走り抜ける映像見せられてもねえ。
 退屈はしなかったけど、一度見て話がわかれば十分です。
平成23年四月追記 少し驚いたことがあって。この映画の原作者って「女王陛下のユリシーズ号」を書いた人でした。あちらは、リアリズム、人間描写に優れた最高傑作なのに……(汗) 恐らく、狭い島を埋め尽くすドイツ軍の機甲部隊(1943年当時のドイツにどこにそんな余裕がある、あれだけの部隊があればロンメルは…(号泣)、そして全く遮蔽されない海岸線に整列するドイツ軍のこれまた機甲部隊(本当に上陸作戦があれば、艦砲射撃で壊滅だわな)、前記の急降下爆撃機、こういった無知丸出しの描写は恐らく、
映画製作者の責任なんでしょうね。
rhforeverさん [DVD(字幕)] 6点(2009-11-23 11:21:47)
42.戦争をしているのに結婚式っていうのは顰蹙ではないのでしょうか?
マーガレット81さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-08-15 19:00:16)
41.かつて観た時は気にならなかったが、今観るとやはりややテンポがもったりとしている。現代に合うテンポでないのは事実。しかしテンポ以外は欠点らしい欠点も感じない。あれもこれもと色々な要素を詰め込んでいるが、二時間半強という長尺もあって殆どのものはちゃんと処理してあるので問題はなし。出演俳優陣もとても好みで、それだけでも嬉しい。古き良き冒険映画としてゆったりと楽しみたい映画。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-04-06 19:46:36)
40.何度目(5回目?)かの観賞ですがお気に入りです。
学生時代、梅田・北野劇場売店のアルバイト中に観た記憶が甦ります。最後近くの砲台と艦隊の音響の今で言う5.1立体音響に痺れ何度も終わり近くを観に行き、走って売店に戻ったことが思い出されます。俳優、物語、特撮すべてGOOD!!
2014.03/05 6回目鑑賞。何といっても要塞からの砲弾と艦船隊の咆哮の立体音響が初鑑賞からの忘れられない感動と印象。今回はその後のストリーもじっくり鑑賞。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2008-03-06 21:24:23)
39.《ネタバレ》 撮影や音響関係の頑張りは認めますが、内容的には、すごく重大なことをしようとしているはずなのに、登場人物の雰囲気も行動も何かのんびりしていて、緊張感がありません。裏切り者を割り出す部分は、ミステリーの解決編的な冴えがあって印象的でした。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-02-27 02:43:01)
38.古典的名作とはいえど、いま観るとちょっと厳しいものがあります。全体的にテンポが重たいせいなのか、スリルも臨場感もいまいちでした。
Kさん [ビデオ(字幕)] 4点(2006-11-28 21:09:56)
37.戦争映画の中でも「大脱出」や「ナバロンの要塞」は娯楽作品として人気が高く実際どちらも小さい頃見た時は楽しめた記憶があるのですが、今あらためて鑑賞すると何か物足りない…。エンターテイメント要素はあるものの長さの割りに洗練されていると言いがたく最近の作品を見慣れた後ではどうしても色々な点で見劣りしてしまいます(記憶の中で美化されてたのかもしれませんが…。)そうした見方が本来アンフェアなのは承知してますが今でも色あせない作品もある中で、この作品については残念ながら時代の流れに押し流されてしまったのかなぁと感じたのが正直な感想です。
MELさん [DVD(字幕)] 6点(2006-10-10 05:26:12)
36.編集が荒いところが多々見えますが、映画としてはなかなかなもんです。担架を運んで移動とかよーく考えたらちょっと無理っぽい感じもしますがロッククラミングだの担架を運ぶだの要塞大爆破だの特撮を使うことしか脳のない今のハリウッドと違って面白さは十二分にあります。スターという言葉が似合わない時代にカッコイイ連中が戦争映画に出たっつうことで華が出てるしグレゴリー・ペックなんてアクションもできるし恋愛ドラマもサスペンスもできるしほんと凄い人なんだと今見ても思う。今、主役級でこういう人が出てこないのも悲しいもんだ。。
M・R・サイケデリコンさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-01-04 21:26:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 55人
平均点数 6.84点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
435.45%
547.27%
61730.91%
71221.82%
81425.45%
947.27%
1011.82%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.33点 Review3人
2 ストーリー評価 8.20点 Review5人
3 鑑賞後の後味 8.50点 Review4人
4 音楽評価 8.25点 Review4人
5 感泣評価 9.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1961年 34回
作品賞 候補(ノミネート) 
監督賞J・リー・トンプソン候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ディミトリ・ティオムキン候補(ノミネート) 
視覚効果賞ビル・ウォリントン受賞 
音響賞ジョン・コックス〔録音〕候補(ノミネート) 
脚色賞カール・フォアマン候補(ノミネート) 
編集賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1961年 19回
作品賞(ドラマ部門) 受賞 
監督賞J・リー・トンプソン候補(ノミネート) 
作曲賞ディミトリ・ティオムキン受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS