Menu
 >
 >
 > ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード

The Da Vinci Code
2006年【米】 上映時間:150分
平均点: / 10(Review 246人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスシリーズものミステリー小説の映画化
[ダヴィンチコード]
新規登録(2005-06-08)【V】さん
タイトル情報更新(2016-12-07)【イニシャルK】さん
公開開始日(2006-05-20
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ロン・ハワード
助監督ウィリアム・M・コナー
トッド・ハロウェル[製作総指揮](第二班監督)
キャストトム・ハンクス(男優)ロバート・ラングドン
オドレイ・トトゥ(女優)ソフィー・ヌヴー
イアン・マッケラン(男優)サー・リー・ティービング
アルフレッド・モリーナ(男優)アリンガローサ司教
ジャン・レノ(男優)ベズ・ファーシュ警部
ポール・ベタニー(男優)シラス
ユルゲン・プロフノウ(男優)アンドレ・ヴェルネ
ジャン=ピエール・マリエール(男優)ジャック・ソニエール
ジャ=イヴ・ベルトルート(男優)レミー
江原正士ロバート・ラングドン(日本語吹き替え版【DVD/BD/フジテレビ】)
安藤麻吹ソフィー・ヌヴー(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
坂口芳貞サー・リー・ティー・ビーグ(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
菅生隆之ベズ・ファーシュ警部(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
原康義アリンガローサ司教(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
藤本譲ジャック・ソニエール館長(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
京田尚子サンクレール夫人(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
てらそままさきレミー(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
加瀬康之シラス(日本語吹き替え版【DVD/BD】)
甲斐田裕子ソフィー・ヌヴー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
青野武サー・リー・ティー・ビーグ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
石塚運昇ベズ・ファーシュ警部(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
藤原啓治シラス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
金尾哲夫アンドレ・ヴェルネ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚芳忠レミー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
塚田正昭バチカン長官(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
谷育子サンクレール夫人(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作ダン・ブラウン〔原作〕
脚本アキヴァ・ゴールズマン
音楽ハンス・ジマー
ジェームズ・ドゥーリー(追加音楽〔ノンクレジット〕)
リチャード・ハーヴェイ(追加音楽〔ノンクレジット〕)
ニック・グレニー・スミス(追加音楽〔ノンクレジット〕)
ブレイク・ニーリー(追加音楽〔ノンクレジット〕)
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕(ノンクレジット)
撮影サルヴァトーレ・トチノ
製作ジョン・コーリー〔製作〕
コロムビア・ピクチャーズ
ブライアン・グレイザー
キャスリーン・マッギル(製作補)
製作総指揮トッド・ハロウェル[製作総指揮]
ダン・ブラウン〔原作〕
制作ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(日本語吹き替え版【DVD/ブルーレイ】)
東北新社(日本語吹き替え版【DVD/ブルーレイ/フジテレビ】)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮エリック・J・ロバートソン(視覚効果監修)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
美術アラン・キャメロン(プロダクション・デザイン)
衣装ダニエル・オーランディ
編集ダニエル・P・ハンレイ
マイク・ヒル[編集]
録音アイヴァン・シャーロック
オムニバス・ジャパン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
字幕翻訳戸田奈津子
日本語翻訳松崎広幸(日本語吹き替え版【DVD/ブルーレイ/フジテレビ】)
その他リチャード・ハーヴェイ(指揮)
キャスリーン・マッギル(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ニック・グレニー・スミス(指揮)
あらすじ
夜のルーブル美術館。謎の修道士によって館長が銃撃される。彼は自らダヴィンチのデッサンの如き姿となり息絶える。不可解な暗号を残して。フランス警察の捜査線上には、館長と面会を約束していたハーバード大のラングドン教授が浮かび上がるが、館長の孫娘ソフィーによって彼は逃亡する。そして、彼らの逃避行はキリスト教の謎に迫る旅へと続いていくのだった。名匠ロン・ハワードがダン・ブラウンのベストセラーを映像化!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
246.《ネタバレ》 ​ラングドン教授登場の巻
そしていきなり巻き込まれて大変な目に会う。
公開当時学のない高校生の僕にはサッパリでしたが、インフェルノついでに再度鑑賞。
このシリーズはやはり根深き歴史の因果と謎解きの見せ方(ラングドンのイメージ)の妙技がたまらない。歴史的回想も良くできていまし、キリストの子孫が代々守られ生きてきたという設定、それをダヴィンチやニュートンに掛けて事実かどうかはさておいても説得力のある物にしてるのも面白いですし、クリプテックスは本作のアイコン的小道具になっていてちょっと欲しくなります。フィクションと史実、そして現実に存在するモノを上手にMIXされた世界はとても面白いです。
サスペンス部分も、敵か味方かわからない展開が上手くストーリーを牽引しています。それに天使な刺客もなかなかイッちゃってるキャラクターなのがたまりません。ジャンレノの手を全く緩めない執拗な追跡も結構ハラハラしました。
オチも「マジでそうかも!」と思わせるムー的な終わり方でたまりませんね。
なかなか長尺な映画ですが、後味も良く満足感を得られる作品でした。
えすえふさん [インターネット(字幕)] 6点(2016-11-26 22:37:20)
245.キリストや宗教に何の知識も縁も無い自分には退屈で長いだけの映画でした。
謎を解いたら次の謎を解く、脱出ゲームの映画版・・・と言った所でしょうか。
その手の歴史に興味がない時点で楽しめない事が確定でした。
デミトリさん [地上波(邦画)] 3点(2016-11-07 00:26:13)
244.《ネタバレ》 ○公開当時原作は読んだが、ようやく鑑賞。○ほとんど忘れていたが、こんなシーンあったなぁと思いながらも、ついていくのがえらくしんどかった。宗教的な話はどうも疎い日本人に理解しがたい部分もあるだろうが、それよりも何よりも情報量の多さ。登場人物がただただ説明しているだけの印象。○随所に挟まれるアクションシーンや印象的なシーンも緩衝材とはならず。○それにしてもオドレイ・トトゥは大人っぽくなった。「アメリ」の頃の女性が好む女性らしさから男性が好む女性らしさになった。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2015-10-18 01:19:35)
243.《ネタバレ》 お前ら!
いつまでたっても終わらないってのはこの映画かい?
多分50分くらい前からエンディング始まってんだよ。
JFさん [DVD(吹替)] 5点(2014-10-08 13:38:08)
242.《ネタバレ》 2回目の鑑賞。一回目の鑑賞では印象に残った点①リアルな事故場面②マゾ野郎の全裸オナニー場面③最後の寺院の美しい情景、、、それだけだった。
そして2回目に見た。
なかなか面白く、なんとも偉大な美しさを感じさせる内容でした。
話がとても大きい感じですので、「宗教のスペクタクル」だなって思いました。
ただ、絵を投げつけたり、絵にメッセージを書き込んだりするのは絵画好きな人だったらキレるかもしれません。
宗教の新事実(?)には驚きましたが、
なんとなく教会はキレる内容かもしれません。

芸術性の高い作品を目指していると思いますが、だったらアクションとかいらないのかなとか思ったり思わなかったり。
あと暗い場面が多いんですね。それでトムハンクスもジャンレノもソフィーも黒い服着着てるから、余計に暗い。地味だ。
最後の寺院(調べてみたらロスリン礼拝堂というらしい)の場面はやっぱ美しかった。
なかなか芸術的で壮大な謎は「芸術の秋」にピッタリといった感じの映画でした。

ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 6点(2012-11-29 01:11:33)
241.殺害された美術館館長の残したダイイングメッセージから、
頭脳明晰の大学教授が謎を解明していくミステリー。
教授と行動を共にするヒロインが、「それはどういう意味があるの?」
「なんでそうなったの?」と、鑑賞者に代わって質問してくれる何とも親切な作り。
ただそういうシーンがすごく多く、あくまで謎解きに終始した展開なので、
当然ながらドラマとしての出来は今イチ。終盤は単なるこじつけのような気も。
その謎解きの内容に関しては、歴史好きの人、キリスト教に精通している人なら
問題なく楽しめると思うけど、普通の日本人が即座に100%理解するのはちょっと難しいかも。
人によっては置いてきぼりを喰らう場合もあるので、鑑賞する際はご注意を。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 5点(2011-10-16 01:09:25)
240.公開当時、大そう話題になったけど、評判悪くて見に行かなかった映画。
今見たら、ダヴィンチっていうよりキリストの話だったんでビックリ。
宗教知識のない自分でも、大金かけてキリスト教のトンデモ解釈してることはわかる。
だから、「うわあ、こんなこと言っちゃっていいの?」という別の観点からのサスペンスは楽しめる。
このあたり、大金かけてトンデモ話を大真面目にできるハリウッドはうまいなあ。
日本でも「天武天皇は朝鮮人だった」とか「信長の暗殺の黒幕は正親町天皇だった」とか、大金かけた大作映画できないかなあ。
日本人は自粛民族だから、やっぱりムリかなあ。
まかださん [DVD(邦画)] 5点(2011-06-11 20:20:00)
239.《ネタバレ》 劇場公開当時、大~~~変話題になった本作品 今頃になってやっと鑑賞致しました;  こりゃーきっとものすごく難解で複雑で芸術的な内容なんだろうと想像してましたが… 正直言うと「なんじゃこりゃ」ですね いきなり最初のダイイングメッセージからもうダメ あんなこと死ぬ間際の人がしますか? おまけにダ・ヴィンチ・コードという割にあまりそんなに謎解き感が薄い(無いとは言いませんが) つかモナリザ全然関係ないじゃん! DVD特典ディスク映像をみたうえでの感想ですが、、、ロンハワード監督の個人的な想い、それはルーブル美術館に対してや主演のトムハンクスに対してやその他いろいろ・・・が強すぎて映画としての面白味が淡くなっているような気がします  ワタシ的に宗教観の違いはあまり気にはなりませんでした それよりも歴史的な「深さ」があまり一般の人たちに伝わりにくい構成が惜しい…かなと  いろいろな制作上の制約を乗り越えて撮影された大変美しい映像と重厚な音楽 名優トムハンクス始め素晴らしい俳優の方々の演技力には感服致します  んーーー!ルーブル美術館行きたいなー!!
Kanameさん [DVD(字幕)] 4点(2010-10-15 08:56:39)
238.可もなく不可もなく。キリスト関連の話はおもしろかった。オドレイ・トトゥ老けたなぁ。
すたーちゃいるどさん [地上波(吹替)] 5点(2010-06-19 23:18:25)
237.イベントが発生しすぎて、内容を整理する暇がまったくありません。完全に詰め込み過ぎでしょう。原作未読ですが、内容に沿って撮っただけという感じ。演者も豪華な割に平凡です。演技する暇もなかったのでは。
色鉛筆さん [地上波(字幕)] 5点(2010-05-30 19:51:04)
236.《ネタバレ》 映像はきれいだし、2時間半以上の上映時間も時間ほど長くは感じなかったけど、原作を読んでないせいか内容が自分の劣った頭ではわかりにくかった。イアン・マッケランは悪役だろうな~と思ってたらその通りだったけど、いつかミュータント能力を発揮しそうに見えてしょうがなかった。
ほかろんさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2010-05-29 18:50:08)
235.映像も美しかった。悪役がわざとらしいくらいに悪い顔だった。
HRM36さん [地上波(吹替)] 7点(2010-03-03 23:41:43)
234.2時間半、ひたすら退屈でした。原作の要約に終始するだけで話がまったく面白くなく、映画ならではの工夫や見せ場を入れているわけでもなく、わざわざ大金かけて映画化する必要があったのだろうかという印象です。せっかく映画というメディアを使いながら、謎のほとんどをイアン・マッケランに喋らせて終わりでは芸がなさすぎます。また、銃で撃たれた館長がその場で素っ裸になり、大の字に寝転んで息絶えるというダイイングメッセージの残し方は、映像化すると驚くほどマヌケです。このような文章と映像のギャップを埋める作業が脚本や監督に求められる機能のひとつなのですが、本作ではそれがほとんど機能していません。ロン・ハワードは仕事をしていたんでしょうか?ハワードは常に堅実な仕事をする人だけに、ここまで雑な仕事には驚きました。。。そもそも長大な原作を一本の映画にまとめることが不可能だったとも言えます。駆け足のダイジェストになってしまった結果、原作未読者にとっては情報量が多すぎて話を追い切れないし、既読者にとっては映画版ならではの見せ場に欠けた、ただのおさらいにしかなっていない。結局誰も喜ばない中途半端な出来になっています。「ダ・ヴィンチ・コード」の映像化に手を挙げたのは映画界のみならず、「24」の原案にするという意見もあったそうなのですが、2時間半にムリに詰め込むよりも、「24」にしてしまった方が良かったと思います。主人公がラングドン教授からジャック・バウアーに代わった「ダ・ヴィンチ・コード」って、それはそれで面白そうだし。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 2点(2010-02-08 00:14:52)
233.物語が淡々と進み、内容もあまり理解できない。
一般受けしなさそう
のははすひさん [DVD(字幕)] 3点(2010-02-04 00:02:22)
232.よくわからない部分が多かったのですが、それでもそこそこは楽しめました。謎解きなんかは思ったよりもチャチで普通のミステリーといった感じです。
もんでんどんさん [地上波(吹替)] 6点(2010-01-07 14:45:01)
231.どうせ私には難しくて分からないだろうと思って観ました。
その割には、けっこう楽しめました。
有名な俳優さんを豪華に使っていますものね。
そのお陰かも。
たんぽぽさん [地上波(吹替)] 5点(2010-01-06 20:42:57)
230.タイトルからのイメージで観進めたこともあり肩すかしを食らった。なによりも細部にズサンさを感じる。
円軌道の幅さん [DVD(字幕)] 1点(2009-12-22 11:19:10)
229.観たのは2回目ですが、面白かったからではなく自分の背中を鞭で打つシーンがあるのは一体どの映画だったっけ、ダイ・ハード3か?などと気になったからで、結局それ以外はほとんど印象に残っていませんでした。そのうち間違い無くまたそうなるでしょう、浅いんですよね、話が。分厚い本を映像化するのも楽ではないとは思いますが、結構ヒドイもんです。それにしても例のシーンの痛い事と言ったら・・・ あ、別にそういう趣味じゃありませんよ。否定すればするほど怪しくなりますが、本当に。
HLB傭兵さん [DVD(字幕)] 4点(2009-12-12 01:43:28)
228.ものすっごく淡々としている。観客はただただ垂れ流される情報に対して受身になるばかりで想像の余地を与えてもらえない。
難解なサスペンスの皮をかぶったエンターテイメントの皮をかぶった単なる妥協だらけの糞映画。
bolodyさん [映画館(字幕)] 3点(2009-07-09 02:13:19)
227.まさに評判通りとはこのこと。大前提として日本人向けの映画ではないのだろう。最初から最後までトム・ハンクスの講義を聞いて映画が終わってしまったような印象がある。まあ謎解き自体は最初のフィボナッチ数列辺りまでは楽しめたが、後半になるにつれだんだん論点がバラバラになり、結局宗教感などの問題になってきてしまったのでちんぷんかんぷんに。まあ、キリスト教の世界は海より広いってことだけはわかった。
ドラりんさん [DVD(吹替)] 4点(2009-06-11 19:39:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 246人
平均点数 5.06点
010.41%
162.44%
2104.07%
3239.35%
43213.01%
57630.89%
65723.17%
72911.79%
8124.88%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.64点 Review25人
2 ストーリー評価 5.03点 Review32人
3 鑑賞後の後味 4.70点 Review30人
4 音楽評価 5.50点 Review22人
5 感泣評価 2.78点 Review14人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS