Be Cool/ビー・クールのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > Be Cool/ビー・クール
 > (レビュー・クチコミ)

Be Cool/ビー・クール

[ビークール]
Be Cool
2005年【米】 上映時間:118分
平均点:5.44 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-09-03)
コメディシリーズもの犯罪もの
新規登録(2005-06-29)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2015-05-02)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督F・ゲイリー・グレイ
キャストジョン・トラヴォルタ(男優)チリ・パーマー
ユマ・サーマン(女優)イーディ・アテンズ
ヴィンス・ヴォーン(男優)ラジ
セドリック・ジ・エンターテイナー(男優)シン・ラサール
アンドレ・ベンジャミン(男優)ダブ
ロバート・パストレッリ(男優)ジョセフ
クリスティーナ・ミリアン(女優)リンダ・ムーア
デビ・メイザー(女優)マーラ
ハーヴェイ・カイテル(男優)ニック・カー
ザ・ロック(男優)エリオット・ウィルヘルム
ダニー・デヴィート(男優)マーティン・ウィアー
ジェームズ・ウッズ(男優)トミー
アリエル・ケベル(女優)ロビン
セス・グリーン(男優)ミュージックビデオのプロデューサー(ノンクレジット)
出演スティーヴン・タイラー本人役
エアロスミス
ジーン・シモンズ(KISS)本人役
RZA本人役
アンナ・ニコル・スミス本人役
ウィル・アイ・アム本人役
ステイシー・ファーガソン本人役(ファーギー名義にて)
原作エルモア・レナード「ビー・クール」
音楽ジョン・パウエル
挿入曲シェール"A Cowboy's Work Is Never Done"
エアロスミス"Cryin'"
ボブ・ディラン"Knockin' On Heaven's Door"
ジェームズ・ブラウン[主題歌]"The Boss"
撮影ジェフリー・L・キンボール
製作ダニー・デヴィート
ステイシー・シェア
デヴィッド・ニックセイ
マイケル・シャンバーグ
製作総指揮F・ゲイリー・グレイ
エルモア・レナード
配給20世紀フォックス
美術マイケル・コレンブリス(プロダクション・デザイン)
衣装ベッツィ・ヘイマン
マーク・ブリッジス[衣装]
編集シェルドン・カーン
スタントJ・J・ペリー
その他デヴィッド・ニックセイ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.《ネタバレ》 なんか、ネガティブなコメント多いですが自分は楽しめました。
鑑賞当日「・・ショーティー」も鑑賞。
翌日仕事忙しく、疲れて帰ったら、また観てしまった映画。
ボロミさん [インターネット(字幕)] 8点(2017-08-07 20:29:13)
15.ザ・ロックの眉毛だけだなー。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 4点(2008-02-21 17:03:52)
14.あまり期待してなかったですけど
まぁまぁ楽しめました。
音楽業界って意外とめんどくさそう。
エアロスミスのライブ映像がかっちょいいです。
ちょっぷさん [DVD(吹替)] 5点(2008-01-14 11:47:36)
13.笑えるシーンが結構あっておもしろかったけど全体的にはさほどおもしろいとは思わなかったです。ザ・ロックのキャラが最高でした。
ギニューさん [DVD(字幕)] 6点(2007-12-25 20:07:23)
12.《ネタバレ》 ユマ!トラボルタ!ダンスシーン!あの映画か、あの映画なのか!?
少々ニヤリとするも、これはどうなんだという思いも微かに残ったりして。
映画界から音楽業界に鞍替えしたとはいえやってることは同じ。
策を弄してのハメ合い、毒というか捻りが足りないか。
エアロスミスが出たりと、エンターテイメント性は増している。
リンダという大型新人歌手のプロデュース、
この一連のストーリー展開が少々魅力に欠けるように感じた。
話が膨らみ過ぎで退屈はしないが、それほど夢中にもなれなかった・・みたいな。
中途半端な抜き具合で、トラボルタがパッとしない印象を受けた。
ユマは綺麗、登場時の水着からファッションが頻繁に変わるので視覚的に楽しめた。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-05-15 06:28:43)
11.《ネタバレ》 ハリウッドめ、まいったか、これがThe People's Eyebrowだ!
永遠さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-12-12 02:08:57)
10.ユマ・サーマンが凄い綺麗。しかもセクシーすぎて内容は別にどうでも良くなってしまった。映像もMTV観てる気分でした。極めつけはエアロスミスの『Cryin』のライブシーン。ファンとしては「ダダダダァ~ン」の音が聞けただけで痺れる。しかも何気に一緒に歌ってしまった。もうここだけ観れただけでもう満足。


TRUST NO ONEさん [DVD(字幕)] 7点(2006-06-18 03:48:35)
9.あっら~ど~したら良いのかしら?この映画。単純に楽むってこともできないし・・・
出演者の豪華さで満足するしかないのかしら・・・?スティーブンまで出演してるのにぃ。
さらさん [DVD(字幕)] 3点(2006-05-22 15:37:56)
8.足りない・・・足りなすぎる。
longsleeper21さん [DVD(字幕)] 3点(2006-05-04 14:10:47)
7.《ネタバレ》 ゲット・ショーティの続編とはいえ、カネとマフィアと女が絡むハナシで、トラボルタとユマを使うというキャスティングは、いったい何を考えているんだ???どうしてもあの作品と比べてしまうわけでしょ、やっぱり。それを思わせるダンスシーンまである始末で。なんでこんなカネをかけて、例の作品の二番煎じを見なければならないのか。シャレで済ますには、開き直りすぎなんでねーの? ロック様とスティーブン・タイラーが出ていたことで、この点数にしておきますけどね。。。
ダブルエイチさん [DVD(字幕)] 4点(2006-05-02 20:43:28)
6.《ネタバレ》 ヘンな人テンコ盛りでした。間が抜けた奴ばっかり。でも、もーちょっとブッ飛んだものを期待してたかな。個人的には元プロレスラーのザ・ロックが俳優志望のゲイのサモア人役で、ツルツルの水色スーツに赤いブーツをはいてお尻プリプリさせて、フォーゥ!と鏡の前で歓声あげてたり、チリ・パーマーに演技力を認めてもらおうと、なぜか「Bring It On!」(チアーズ!)の1シーンを演じてみたり、カントリーで女心を唄って、「男の歌を唄ったほうがいい」とアドバイスを受けて素直に納得してたり、なんてところがモノ凄いツボでした。ラストにはあの筋肉をご披露してサモアのダンス(?)で盛り上がって、ニコール・キッドマンの相手役になれてよかったね。ってワタシはいったいどこ観てるんでしょう?
宝月さん [映画館(字幕)] 6点(2005-09-16 11:48:11)
5.タランティーノが監督だったらもっと面白く作れるはず。
たまさん [映画館(字幕)] 4点(2005-09-11 18:41:55)
4.3千300円払って映画館に観にいったけど、面白い!!てか娯楽!!

こういう映画は昼間に観に行きたいね!!てか、めちゃ豪華!!華やか!!!サイコー!


カフェ俺!さん [映画館(字幕)] 8点(2005-09-07 21:31:30)
3.期待どおり変なキャラはいっぱい出てきたが、どうも最近のトラボルタは、めっきり“いい人”になってきているよーな。いや映画の中では、そんなにいい人ってわけでもないんだが…小娘の歌とスター性にほれ込んで、あんなことやこんなことをやるっていうのがどーもねぇ。年なのかなぁ。どーせだったら、しょっぱなにヤラレタやつみたく、「自分がのし上がるために」とか「女をゲットするために!」とか、もっと「自分が、自分が」ってやってくれたほうが、楽しかったよーな。結果論だけれど、小娘を売る(ひいてはプロデュース料ががっぽり入ってくるんだけれど)ってのが、中途半端にいい人っぽくてヤダなぁ。でも、ユマ・サーマンのファッションには、相変わらず楽しませてもらったし、適度なギャグも満載で、笑えることには笑えた。煮え切らないコメントでスマヌ。
元みかんさん [映画館(字幕)] 5点(2005-09-03 21:51:01)
2.ジョン・トラボルタって、こういうちょっとひねくれた感じの役をやっているときの方が、明らかに楽しそうですね。映画自体は、特に可もなく不可もない程度によくまとまった普通のコメディです。しかし、エアロスミスのメンバーはえらく小綺麗なお坊ちゃんルックスになってしまったなあ。
Oliasさん [DVD(吹替)] 4点(2005-08-19 16:37:43)
1.前作のゲット・ショーティは見ていないけど結構楽しめた。94年トム・ハンクスのまさかの2連覇により幻となったパルプフィクションでの主演男優賞。そのトムの看板を見て、エコカーを渋々選び好感度を上げようとするところは、役のチリ・パーマーではなくトラボルタ自身を演じていたので思わず吹き出してしまった。またユマ・サーマンの登場シーンは「見てはいけないモノ」を見ているようで色んな意味でドキドキしてしまった。この2人また踊ってます。それとジョニーデップはあの店を手放したそうです(機内上映)。
デヘデヘさん [映画館(字幕)] 7点(2005-07-19 16:54:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 5.44点
000.00%
100.00%
200.00%
3212.50%
4425.00%
5212.50%
6318.75%
7318.75%
8212.50%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.66点 Review3人
2 ストーリー評価 5.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 3.66点 Review3人
4 音楽評価 8.50点 Review4人
5 感泣評価 3.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS