水滸伝(1972)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > 水滸伝(1972)
 > (レビュー・クチコミ)

水滸伝(1972)

[スイコデン]
The Water Margin
(水滸傳)
1972年【香】 上映時間:120分
平均点:5.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
アクション時代劇歴史もの小説の映画化
新規登録(2005-07-27)【カニ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督チャン・チェ
パオ・シュエリー(共同監督)
ウー・マ(共同監督)
助監督ジョン・ウー
演出タン・ツァ(武術指導)
ラウ・カーリョン(武術指導)
ラウ・カーウィン(武術指導)
チェン・チュアン(武術指導)
キャストデヴィッド・チャン〔男優〕(男優)燕青
丹波哲郎(男優)盧俊義
黒沢年男(男優)史文恭
クー・フェン(男優)宋江
ユエ・ホア(男優)林沖
ウォン・チュン(男優)石秀
ティ・ロン(男優)武松
ファン・メイシェン(男優)李逵
リリー・ホー(女優)扈三娘
チェン・ルイ(男優)王英
ウー・マ(男優)時遷
チョン・プイ(男優)花榮
ティエン・チン(男優)李固
チン・ミャオ(男優)長官
タン・エンツァン(男優)曽密
ホアン・ペイチー(男優)曽索
チェン・チュアン(男優)曽魁
ワン・クワンユー(男優)曽昇
チャン・ヤン(男優)柴進
チェン・カンタイ(男優)史進
ダニー・リー(男優)張順
ジェームズ・ナム(男優)開達
ラウ・カン(男優)李成
リー・マンチン(男優)薛覇
ラン・ワイリー(男優)相撲相主
ワン・チン(男優)相撲手
コー・フェイ(男優)(ノンクレジット)
ユエン・シュンイー(男優)(ノンクレジット)
ウォン・ハー(男優)(ノンクレジット)
フォン・ハックオン(男優)(ノンクレジット)
脚本ニー・クァン
チャン・チェ
音楽チェン・ユンユー
フランキー・チェン(ノンクレジット)
撮影クン・ムートー
製作ラン・ラン・ショウ
ショウ・ブラザース
プロデューサーチュア・ラム(プロダクション・マネージャー)
美術ジョニー・ツァオ
編集コー・チンフン
字幕翻訳岡田壮平
あらすじ
梁山泊の首領・晁蓋が敵将・史文恭(黒沢年男)に殺された。義に熱い梁山泊一派は早速仇討ちのための策を練る。しかし、強敵を打ち破るのにはどうすれば? 悩む宋江(谷峯)に軍師・呉用(金峯)曰く「盧俊義さえいれば史文恭を破れるはずです」早速呉用は李逵(樊梅生)を連れ、盧俊義(丹波哲郎)の勧誘に向かうのだが…。 中国四大奇書のひとつとして有名な長編古典史劇「水滸伝」の第64回から68回を映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.ひどい。3流以下。久しぶりに見た「そのコケ具合を誰かに言いたい。」作品。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2020-01-30 22:41:19)★《新規》★
2. 原作なんぞは大昔に読んだため、盧俊義と燕青が仲間になる件といわれても「ああ、そんな所もあったよね~」程度でストーリーの記憶などは全く無い。だから、これが原作に忠実なのかどうかはよく分からないけれど、恐らくはだいぶん整理して切り詰めてあるのだと思う。
 水滸伝の原作は、確かに面白いけれど無駄も多くて、登場人物も多いし入り乱れていて分かり難いからね。そういった意味ではよく出来たホンだとは思うが、それでも話の展開はかったるい。
 お前ら盧俊義で遊びすぎだろ?! くらい、何度も助けかけては失敗し、最後は梁山泊総出の救出劇となる。その割には助けてからの展開は結構雑で、駆け足と言うより猛ダッシュで話が進む。そして最後はお約束の両軍入り乱れての大乱闘。
 70年代前半と言えば、香港映画は日本映画に追い付けとばかりに、積極的に日本映画界から技術を吸収していた頃。この映画では、ショウブラザーズの看板スター総出演の中に丹波哲郎と黒沢年男がゲスト出演しているのだが、これが単なるお飾りではなく、重要な役どころを占めているのが日本のファンとしては嬉しいところ。ラストは丹波と黒沢の対決だしね。
 特に丹波哲郎は、正直言って大味な芝居の大根役者だと思っていたのだが、その大味さがこの作品では大陸的と言っても良い“味”になっている。そうか、やはり彼は世界の丹波だったんだ!?w そしてさらに驚くことに、丹波と黒沢が元気に功夫的な闘いを披露している。日本人のクンフースターは倉田先生だけではなかったのだ!w
 何はともあれ、今現在の観点からすると、映画として面白いかどうかはさて置き、観ておいて損の無い作品ではあります。
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-09-28 16:56:43)
1.《ネタバレ》 ごくごく当たり前のことを言うようですが、元となった物語が膨大な原作の一部なので、原作未見者としてはどうもシックリ来ないというのが正直な感想です。

冒頭は酒飲みシーンは梁山泊の英雄たちに扮したおなじみのスターがズラリ。その顔ぶれの豪華さを眺めるだけでも嬉しくなったり。
続いて首領が殺され、話し合いの結果、盧俊義の助けを請うということに…と、ここまでは結構ワクワクして見ていたんですが。物語はその後、盧俊義が下男・李固の裏切りによって捕まり、梁山泊の連中が盧俊義を助けようという話に突入。こっからは「危ういところで救出→結局捕まる→危ういところで救出」の繰り返しで単調さを生んでしまっております。

結局のところこの映画は“盧俊義救出作戦”。
ただそれだけに終始しており、原作未見者としてはこの部分だけ見せられても「?」になってしまい、中途半端な印象を持ってしまってもそれはしょうがない。(そもそも原作見ていない私が悪い)

となれば、ここはひとつ思い切って見方を変えるしかない。
黒沢氏曰く「感心するどころか逆に呆れた」というくらい贅沢にしっかり作ってある(作りすぎている?)セット・衣装。ズラリと並ぶ豪華なスターの顔ぶれ。流麗な剣戟アクション。豪華な作りの映画なので、とにかく純粋にそれを堪能したいところ。

クライマックスには“梁山泊の英雄VS史文恭率いる軍隊”という見せ場を持って行き、しっかり盛り上げてくれる上、丹波哲郎と黒沢年男が剣を交えるという何やら奇怪な見せ場がメインとして用意されており、“やらされている感”が見え隠れするんですけど、日本人としてはなんか嬉しくなったり。

また、全体的にウエスタンを意識した画作りをしているらしいので、今の目で見てもユニークで斬新な演出が多いのも、この作品の捨てがたい魅力のひとつであります。
特に真剣なシーンに、エレキギターや女性ボーカルのハミングが飛び交うという奇抜な選曲センスは必見でしょう。
カニさん [DVD(字幕)] 7点(2005-09-06 14:25:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 5.33点
000.00%
100.00%
200.00%
3133.33%
400.00%
500.00%
6133.33%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS