顔役(1965)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 顔役(1965)
 > (レビュー・クチコミ)

顔役(1965)

[カオヤク]
1965年【日】 上映時間:91分
平均点:5.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
アクションドラマヤクザ・マフィア
新規登録(2005-07-27)【東京50km圏道路地図】さん
タイトル情報更新(2014-09-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督石井輝男
キャスト鶴田浩二(男優)中神
高倉健(男優)早見
天知茂(男優)花岡
三田佳子(女優)真弓
藤純子(女優)民子
佐久間良子(女優)玲子
長門裕之(男優)吾郎
大木実(男優)柏田
待田京介(男優)染谷
曽根晴美(男優)安積
江原真二郎(男優)宮田
宇佐美淳也(男優)尾関
内田朝雄(男優)山脇
安部徹(男優)檜山
神田隆(男優)吉川市長
大村文武(男優)殺し屋
潮健児(男優)武藤総長
佐々木孝丸(男優)島崎
小林稔侍(男優)
日尾孝司(男優)
遠藤辰雄(男優)
河合絃司(男優)
関山耕司(男優)
安藤三男(男優)
室田日出男(男優)
蓑和田良太(男優)
脚本石井輝男
笠原和夫
深作欣二
音楽八木正生
撮影星島一郎
企画俊藤浩滋
吉田達
配給東映
美術中村修一郎
編集田中修
照明元持秀雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 石井輝男監督による鶴田浩二と高倉健のダブル主演のヤクザ映画で、脚本に石井監督のほか、深作欣二監督と笠原和夫という「仁義なき戦い」のコンビが参加しているという豪華さを感じさせるパッケージの映画で、これだけでなにか期待させるものがあるのだが、実は本作は当初は深作監督が笠原和夫の脚本で手がける予定だったものだが、脚本でもめて(このときもめた二人が後年、「仁義なき戦い」で一世を風靡するのだから世の中分からない。)深作監督が降板、かわって石井監督が脚本を手直ししててがけたもの。話としては笠原和夫らしい見ごたえのありそうな感じなのだが、石井監督が好き放題やってしまったという感じで、どこかカルトめいていて変な映画という印象があるし、脚本にも不備を感じる。高倉健が劇中で「網走番外地」の主題歌を歌っているのはご愛嬌かもしれないが、これだけで本当に「網走番外地」シリーズの一本を見ているような気にさせられるのはちょっと違和感があるし、クライマックス近くで健さんの恋人である孤児院の職員(三田佳子)が夜中に孤児院でピアノを弾きながらこの歌をうたっているのもシュールで、これがシリアスなクライマックスの緊張感を若干削いでいるような気がする。佐久間良子演じる鶴田浩二の妻が目が見えないという設定がまったく生かされておらず、むしろその設定は空気と化している。最初の脚本ではどうなっていたのかが気になってしまった。ほかにもいろいろツッコミどころが多く、脚本段階での混乱ぶりがうかがい知れる。でも、そういうツッコミどころの多いところも含めて見る前に思ったより楽しめたのは事実。しかし、やはりもっと普通にやってもよかったのではと思ってしまうのもまた事実ではある。高倉健や鶴田浩二、それに天知茂はいつものようにカッコ良かったし、まだお竜さんを演じる前の藤純子もかわいらしい。撃たれた後にパンを食べながら死ぬヤクザは思わず笑ってしまった。印象に残るシーンがないというわけでもなく、鶴田浩二が詰めた指を親分が「こんなものは鳥の餌にもならない」と突き返すシーンはとくに印象に残る。でもやっぱりこの映画、あまりおすすめはしないな。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 5点(2014-08-21 17:58:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
51100.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS