Menu
 >
 >
 > ミンボーの女

ミンボーの女

1992年【日】 上映時間:124分
平均点: / 10(Review 59人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスコメディヤクザ・マフィア
[ミンボーノオンナ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-09-24)【イニシャルK】さん
公開開始日(1992-05-16
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督伊丹十三
助監督山川元
キャスト宮本信子(女優)井上まひる
宝田明(男優)総支配人
大地康雄(男優)鈴木勇気
村田雄浩(男優)若杉太郎
大滝秀治(男優)プールの老人
伊東四朗(男優)入内島
中尾彬(男優)伊場木
小松方正(男優)花岡組組長
我王銀次(男優)若頭
ガッツ石松(男優)プールのヤクザ
不破万作(男優)伊場木の子分
上田耕一(男優)入内島の子分
加藤善博(男優)指をつめられる男
有薗芳記(男優)入内島の子分
津川雅彦(男優)外務省高官
きたろう(男優)おどかされる男
三谷昇(男優)フロント課長
三宅裕司(男優)百万ドルの笑顔のフロントマン
柳葉敏郎(男優)鉄砲玉
六平直政(男優)ロビーのヤクザ
小木茂光(男優)入内島の子分
渡辺哲(男優)明智刑事
睦五郎(男優)花岡の子分
高月忠(男優)大親分の子分
久遠利三(男優)役員
鶴田忍(男優)経理部長
矢野宣(男優)力石執行官
大河内浩(男優)花岡の子分
田中明夫(男優)大親分
鈴木正幸(男優)警官
エド山口(男優)ホテルマン
久保晶(男優)ホテルマン
武野功雄(男優)ホテルマン
米山善吉(男優)ホテルマン
片岡五郎(男優)ホテルマン
矢崎滋(男優)裁判長
藤浪晴康(男優)刑事
佐古正人(男優)保健所長
関山耕司(男優)大親分
櫻井淳子(女優)総支配人の娘
柳生博(男優)ゴルフ連れの社長
結城美栄子(女優)総支配人夫人
庄司永建(男優)
脚本伊丹十三
音楽本多俊之
立川直樹(音楽監督)
撮影前田米造
製作鎌田賢一(製作担当)
玉置泰
プロデューサー川崎隆(プロデューサー補)
配給東宝
美術中村州志
編集鈴木晄
録音小野寺修
白取貢(録音助手)
岩倉雅之(録音助手)
照明矢部一男
赤津淳一(照明助手)
その他IMAGICA(現像)
あらすじ
サミット開催を控えた名門ホテルロイヤルコート。だがヤクザの溜まり場としてホテルの品位を落としている為開催権をライバルホテルに奪われそう。支配人はヤクザ排除に悪戦苦闘するが悪化の一途を辿りついにはミンボー(民事介入暴力)専門の弁護士に依頼する事になった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
59.暴力団の恐怖は控えめですが、その分誰でも見やすい仕上がりに。
伊丹十三襲撃事件まで起こした作品ですから、内容はソフトでも
中身はそれなりにリアルだったのでしょうね。
このテーマでエンターテイメントとして仕上げる腕はさすがです。
デミトリさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-02-05 23:42:32)
58.社会派映画だけど、堅苦しくなくてわかりやすいエンタメ性もある。
ゆすりたかりの暴力団の手口を明らかにしてやりこめる痛快作。
伊丹監督の才能と勇気に拍手。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 7点(2014-04-20 20:30:18)
57.ヤクザにこの映画の感想を聞いてみたい。
ケンジさん [DVD(邦画)] 8点(2013-06-21 09:37:00)
56.《ネタバレ》 伊丹監督の映画は引き込まれますね♪

ホテルマンの成長ぶりが見ていて頼もしいです。

とても惜しい監督を亡くしたと感じます。
しんしんさん [DVD(邦画)] 9点(2013-05-08 10:59:18)
55.
プール断念ゴリラのガッツ石松、
腰抜けゴリラの大地康雄、
肩パッドゴリラの渡辺哲と
三人のゴリラ俳優の起用が適材適所の場所でズバリはまる。
暴力団メインの話でなぜにこんなに楽しめるんだろう さすがの伊丹さんですね。
シッペ返しは高くついたが、私らはあなたのその偉大な功績に拍手を贈る。
3737さん [DVD(邦画)] 9点(2013-02-15 23:48:46)(良:1票)
54.伊丹作品、相変わらず目のつけどころがいいですね。ただ、展開のほとんどが予想の範囲内で、驚かされるようなシーン・印象に残るシーンも特にありませんでした。こういうテーマをコミカルに描くことで口あたりはよくなりましたが、逆に軽くなりすぎたような気もします。あまり好きな作品ではありません・・・。
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-12-16 23:14:58)
53.《ネタバレ》  芸が細かい!恐喝の手段って、こんなにいろいろあるんですね。
 ゴキブリはよくある手ですが、バッグにゴルフですか・・・
 伊東四朗なんか、最初全然ヤクザに見えない。
 はじめはまず油断させる。そしてスナック(キャバクラ?)での「飴と鞭」。あれは怖いです。
 ですが一番怖いのは、打算や計算をまったくしない鉄砲玉のような下っ端。
 実際井上まひる弁護士(宮元信子)を刺したのは、おそらく状況を全然理解できていない下っ端ですからね。
 話も理屈も通じず、まったく行動が予測できない相手が一番怖いです。
 父が昔スナックを経営していた時に、ヤクザ関係のお客が一番多かったそうですが、この映画に出てくるような計算高い人ってあんまりいなかったみたいです。
 ほとんどは何も考えていない人達。
 後先考えない、計算もしない。
 そんなこちらの理解の範疇超えてくる人達が一番怖いです。
 映画はめちゃめちゃ面白かったです。
 オススメです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 9点(2012-07-04 16:01:18)(良:1票)
52.《ネタバレ》 お見事の一言  伊丹監督といえばマルサの女的イメージ 宮本さんなんて特にね  しかし、いやーよく造ったよ  ある意味、伊丹さんは日本のタブーに挑戦し続けた人で、間違いなくこの人にしか撮れない映画がある   キャスティング・撮影・構成共に素晴らしい!  そしてこの内容の真実性は例の事件(襲撃されてしまいましたね、監督ホント大変だったでしょう)で証明されています   なんかすっごく勉強になったし「屈しないこと」っていうことが、ちょっと分かった気がします&ラストの爽快感は半端ないすね! いやーホントお見事でゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 9点(2012-06-13 17:33:16)(良:1票)
51.《ネタバレ》 志の高い映画ですね、素晴らしいです。
きっちり面白さも散りばめられていてエンタテインメント性も文句なしです!
最後の大地さんとやくざの対峙は凄かったですね。
銃のない日本でもこんな手に汗握る決闘シーンを撮れるなんて。
現代(といってももう20年も経つんですね)日本の社会を舞台にすることで多くの人の共感(今作では妨害もあったようですが)を呼んで、取り込み、結局は社会に生きてる人達すべてを出演者にしてしまう作品づくりに感服するばかりです。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 8点(2012-05-25 16:00:32)(良:1票)
50.ヤクザ映画ていうとどうしても暴力だけを売りにして、ヤクザそのものの本質というものをきんちと描かない監督が沢山、いる中で、やはり伊丹十三監督は何かが違う。単なるヤクザ映画にしてない。ヤクザそのものの恐ろしさと弱さとの両方をきちんと余すことなく描いている点がこの監督の持っている才能であり、人間観察の鋭さというものをここでもまた感じることが出来る。どんな内容、どんな題材の映画でも伊丹十三監督という人は映画というものの強さ、利点を大いに生かして観る者に映画監督とは何なのか?映画に対して常に全力で撮っているというものを感じるさせるのである。正に映画に命をかけて撮っている。健全な一般市民を金の力や暴力によって脅かす存在であるヤクザ、暴力団と言われる人達、そんな非人間的な者に対し真っ向から立ち向かって見せた伊丹十三監督の心意気は賞賛に値する。
青観さん [DVD(邦画)] 8点(2012-05-22 22:46:08)(良:1票)
49.おもしろかったです。いわゆる暴力団ってのがわかりやすく描かれておりました。
すたーちゃいるどさん [DVD(邦画)] 8点(2012-03-24 21:41:37)
48.《ネタバレ》 山崎努氏のいないマルサの女。
なたねさん [DVD(邦画)] 6点(2011-10-08 17:08:14)
47.とにかく面白い。中尾、伊東などのヤクザ側のキャラと、ホテル側のキャラが素晴らしい。
Balrogさん [DVD(邦画)] 7点(2011-09-19 22:49:02)
46.相変わらず目の付けどころが良く、
RPGゲームで主人公たちが成長していくような展開なので、飽きることなく鑑賞できる。
宮本信子はほとんど「マルサの女」だが、キャスティングには問題なし。
こちらも役者の使い方がうまい。伊丹作品を見慣れた人にとっては、少々新鮮味に欠けるかも。
でも面白いっス。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 6点(2011-08-21 11:32:55)
45.《ネタバレ》 面白いなァ。伊丹監督はNHKスペシャルで取り上げるような硬派なテーマを老若男女わかりやすく、エンターテインメントとして仕上げる職人ですね!民暴対策の羅列で終わるのではなく、大地さん、村田さん、宝田さんとそれぞれにきっちりとした持ち場を与えているので、カタルシスがハンパないです。もし監督が存命でしたら、昨年世間を賑わせた「身元不明の100歳」等をテーマにした作品を撮って欲しかったですね。それにしても大滝秀治さんはおいくつなんだろう?特捜最前線の頃からソフトバンクのCMまで全く変わってませんよね?
かんちゃんズッポシさん [DVD(邦画)] 8点(2011-01-04 14:35:07)(笑:1票)
44.《ネタバレ》 暴力団のゆすりの手口の数々とそれにどう対処すべきかを娯楽性豊かに描いた痛快作。キャスティングが絶妙で、とりわけ支配人を駆けゴルフに誘いスキャンダルの罠を仕掛ける伊東四郎が印象的。監督の伊丹十三が襲撃されるほど暴力団を本気で怒らせたヤバくてためにもなる作品。伊丹十三監督作の中でも最も好き。
きーとんさん [地上波(邦画)] 8点(2010-09-18 16:41:29)
43.伊丹監督の情報映画というか、手口紹介映画というか、“現場主義”がよく表われた作品。こう複雑になった社会では、背景を分析していってはキリがなくなってしまう。そこで何事かが起こっている現場だけに好奇心を絞り込んでいく。現場のレベルでナマなものだけが、現代では確実な手応えを与えてくれるもので、そこに固執しよう、と割り切った姿勢が感じられる。暴力団と警察と企業、それらの関係を構造として見、解剖していくのではなく、それらが接触する面だけを剥がしてスクリーンに広げていく。暴力団と警察の背後にある政界での癒着などには思いを馳せず、このホテルのロビーだけの限られた中での正義を描く。もちろんこれは大きな弱点で、社会を捉える映画として最も重要である批評性を捨ててしまう訳である。でも、この世の中を大局的に分かったように扱うよりは、まず確実な部分だけでつかんでみたい、という作者の姿勢も尊重してみたいのだ。大局的な論は、突き詰めると抽象性の幕によって時代との間に境が作られてしまっているような感覚が残る。この幕に対するいらだちを監督は強く意識していたのではないか。日本の社会派映画の、とかく大局の論に走りがちな欠点を、もしかすると乗り越える役割りを担うのではないか、とこのころの伊丹監督には期待してたんです。手口の陳列として面白かったし、いつもながらの過剰なサービス精神にはゲンナリさせられるところもあるが、「暴力団は他人に屈辱を与えるから嫌だ」ということはあまり日本の映画ではちゃんと描かれてこなかったことで、そこを買います。仁侠映画好きな私が(フィクションと割り切って楽しんでるんですが)時々思う後ろめたさを贖罪する意も込めて。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 7点(2009-12-23 12:08:42)(良:1票)
42.これはすごく良かったです。社会派のテーマを実に解りやすく見せてるし、キャスティングには非の打ち所がありません。考証がきっちりされているので、問題となっている事象にリアリティがあります。従業員のストレスによる血尿など、インパクトのあるエピソードを効果的に織り込み、テンポの良い展開で最後は爽快に決めてくれる。伊丹監督は実存する社会問題を、映画というエンターテーメントにまとめ上げるのが本当に上手いですね。あー、しかしこれが生かせるような状況には…立ちたくないよな~。
あっかっかさん [地上波(邦画)] 8点(2009-05-06 13:14:47)
41.《ネタバレ》 伊丹十三監督の「女」シリーズは基本的にどの作品も同じプロット。宮本信子演じるスゴ腕のプロが問題を解決していく爽快感がウリ。ワンパターンと言えなくも無いですが、どれも娯楽映画として高い水準にあるのが素晴らしいです。本作もそんな作品のひとつ。今回の「女」は民事介入暴力専門の女弁護士。ただ主役は彼女ではありません。彼女はあくまでキッカケであり手段。暴力団に相対する主人公は、一介のホテルマンです。彼らは最初何も持っていない。女弁護士のサポートを受け、徐々に戦う術を身につけていくのが見所。大切なのは相手を知ること。怖い時に目を瞑るともっと怖くなる。震えた時ほど眼を見開かなければならない事を本作は教えてくれます。ただ、現実にはこう簡単には行かないだろうという事も想像できます。深いようで浅い、浅いようで深いのが暴力団。怯えずされど侮らず。出来ることなら、彼らと関わり合いなく人生を過ごしたいものです。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 7点(2009-04-15 20:54:29)(良:1票)
40.ミンボー(民事介入暴力)担当の女弁護士が主役の民間人対ヤクザの話。キャストよし、音楽よし、テンポよし、笑いよしでとにかく面白い映画。ただ、民間人相手に金をせびるセコすぎるヤクザが敵なだけあって、敵キャラが安っぽくて頭悪すぎて負ける気がしないところが難か。ヤクザってあんなに暇なのか。ヤクザとはかかわりたくない。
オープニングのかっこよさは神懸かってます。
すべからさん [DVD(字幕)] 8点(2008-10-09 15:11:01)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 59人
平均点数 7.27点
000.00%
100.00%
200.00%
311.69%
400.00%
546.78%
61220.34%
71118.64%
82440.68%
958.47%
1023.39%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review5人
2 ストーリー評価 8.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 8.33点 Review6人
4 音楽評価 7.33点 Review3人
5 感泣評価 5.33点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS