モディリアーニ 真実の愛のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > モ行
 > モディリアーニ 真実の愛
 > (レビュー・クチコミ)

モディリアーニ 真実の愛

[モディリアーニシンジツノアイ]
Modigliani
2004年【米・仏・独・伊・ルーマニア・英】 上映時間:126分
平均点:5.50 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー実話もの伝記ものロマンス
新規登録(2005-08-05)【梅桃】さん
タイトル情報更新(2015-06-27)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミック・デイヴィス
キャストアンディ・ガルシア(男優)アメデオ・モディリアーニ
エルザ・ジルベルスタイン(女優)ジャンヌ・エビュテルヌ
オミッド・ジャリリ(男優)パブロ・ピカソ
イポリット・ジラルド(男優)モーリス・ユトリロ
ウド・キア(男優)マックス・ジャコブ
ミリアム・マーゴリーズ(女優)ガルトルード・スタイン
ランス・ヘンリクセン(男優)フォスター・ケイン
小山力也アメデオ・モディリアーニ(日本語吹替)
中嶋聡彦パブロ・ピカソ(日本語吹替)
秋元羊介マックス・ジャコブ(日本語吹替)
牛山茂ジャンヌの父(日本語吹替)
磯辺万沙子ガートルード・スタイン(日本語吹替)
坂東尚樹フォスター・ケイン(日本語吹替)
村治学(日本語吹替)
島香裕(日本語吹替)
脚本ミック・デイヴィス
音楽ガイ・ファーレイ
製作フィリップ・マルチネス
製作総指揮アンディ・ガルシア
ダグラス・W・ミラー
マルコス・スリナガ
配給アルバトロス
編集エマ・E・ヒコックス
その他ウィノナ・ライダー(サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.自己陶酔、自虐映画。 監督、モディリアーニ、 ジャンヌ共々。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-02-11 21:12:51)
5.やたらとダラダラしていて盛り上がりにも欠けていて、見ていて疲れました。モデルの知名度やエピソードに寄りかかりすぎたのが敗因ではないでしょうか。いくら主人公が重要人物であっても、それを支えるサブキャラがきちんとしていなければその存在も光りません。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2008-10-02 03:45:59)
4.《ネタバレ》 自分は専門家ではないので詳細には分からないが、モディリアーニが酒と麻薬に溺れ、病気で若くして死んだことと、ジャンヌが二日後に後を追ったこと、ユダヤ系で家族が破産したこと、個展がすぐに中止になったような小エピソードは事実だろうが、あとは恐らくほとんどがフィクションと思ってよいだろう(サロンやサロンで発表された全ての絵も)。
本作の印象としては、悪いとは感じなかったが、特別よいとも感じられなかった。というのも、モディリアーニの人生と、モディとジャンヌの愛を、「深く」は描くことはできていなかったように感じる。「魂がみえたら君の瞳を描こう」というモディリアーニの内心にまで本作は迫ってはいなかった。
フィクションなのだから、エコールドパリの画家たちの生き様をもっと生き生きとかつ、破滅的に大胆に構築してもよかったのではないか。酒屋で半殺しの目にあうといった、間違った脚色に進んでしまったようだ(さらに、ルノワールにあのような自己の作品を否定するようなセリフを吐かせるのはちょっと聞き捨てならない)。
モディリアーニとジャンヌの「愛」に足りなかったものは、金とか、成功とか、そんな単純なものではない気がする。画家というのは、自分の頭では駄目だと分かっていても破滅的な生き方しかできない、普通の生活や、普通の人間の尺度には納まらない人種である。本作では、結婚や書類といったものにこだわり、モディリアーニを小さくまとめてしまった気がする。
また、映画の中で、力点を「モディリアーニVSピカソ」に置いてしまったことに多少問題があるかもしれない。「モディリアーニとジャンヌ」という関係を凌駕する関係を描いてしまっては、焦点がぼやけてしまうだろう。
彼らの「ライバル」と一言で済まされない関係、お互いがお互いを認め合い、畏怖し、高めあう関係はしっかりと描かれていた。彼らは「成功」したかどうかを抜きにすれば、似たもの同士であり、同時期に生きたお互いにとってかけがえのない存在、真のアーティスト同士とは感じられた。
劇中で登場した「ガキ(モディリアーニの分身)」のメリットが本作ではほとんど感じられない。こんな空想上の存在をスクリーンに登場させるならば、それ相応の役割を担うべきだろう。
六本木ソルジャーさん [DVD(字幕)] 4点(2006-10-15 00:01:27)
3.《ネタバレ》 アンディ・ガルシアよりもジャンヌ役の女の人の方がユダヤ系っぽくて、お父さんが結婚に反対してる意味が最初全然わからなかった・・。私的にはパトロンの女の人とかジャンヌのお母さんが、孫を取り戻しに行ったところとかのシーンがすごい良かった。歴史的背景を勉強してた方が、もっとよく判ったかもしれない・・・。今でも残ってる映画に登場する店にすごく行きたくなった。
さらさん [DVD(字幕)] 6点(2006-05-02 15:48:15)
2.《ネタバレ》 舞台はパリなのになんで英語(?)なんだ?とか、アンディ・ガルシアのアゴが
割れてるなぁ~とか、色々ありましたが・・・・。
コンペに向かって画家たちの作品作りの場面には鳥肌が立ちました。
最後は・・・・うううううーん その選択もありだろうけど・・・・・。
人間とは、愛と言うものは所詮エゴの塊なのだろう。
あずきさん [映画館(字幕)] 7点(2005-10-30 10:06:21)
1.泣かされたわー。 「あまりに悲しすぎて、心が空っぽになっちゃって涙も出ない」なんて…こんなに悲痛なことってあるかしら? それにしても…品行方正な芸術家ってものは存在しないのかしらね? 素晴らしい芸術を生み出すには、ちょっとイッちゃってるくらいじゃないとダメなのかしら? 芸術って難しいわね。 ところで…アタシは個人的にはエヴァの登場がうれしくって。 大好きなのー。 さすがスーパーモデル、退廃的な美しさがステキだったわー。
梅桃さん [映画館(字幕)] 7点(2005-08-05 17:20:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4233.33%
5116.67%
6116.67%
7233.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS