イン・ハー・シューズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > イン・ハー・シューズ
 > (レビュー・クチコミ)

イン・ハー・シューズ

[インハーシューズ]
In Her Shoes
2005年【米】 上映時間:131分
平均点:6.70 / 10(Review 90人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-11-12)
ドラマコメディ
新規登録(2005-08-26)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2020-03-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督カーティス・ハンソン
キャストキャメロン・ディアス(女優)マギー・フェラー
トニ・コレット(女優)ローズ・フェラー
シャーリー・マクレーン(女優)エラ・ハーシュ
マーク・フォイアスタイン(男優)サイモン・スタイン
ブルック・スミス(女優)エイミー
ノーマン・ロイド(男優)ソフィールド
リチャード・バージ(男優)ジム・ダンバース
エリック・バルフォー(男優)グラント
アンソン・マウント(男優)トッド
ケン・ハワード〔男優・1944年生〕(男優)マイケル・フェラー
朴璐美マギー・フェラー(日本語吹き替え版)
坪井木の実ローズ・フェラー(日本語吹き替え版)
翠準子エラ・ハーシュ(日本語吹き替え版)
山像かおりエイミー(日本語吹き替え版)
中田譲治ジム・ダンヴァーズ(日本語吹き替え版)
楠見尚己マイケル・フェラー(日本語吹き替え版)
白熊寛嗣グラント(日本語吹き替え版)
中博史(日本語吹き替え版)
竹口安芸子(日本語吹き替え版)
落合弘治(日本語吹き替え版)
出演イワナ・ミルセヴィッチキャロライン(写真)
脚本スザンナ・グラント
音楽マーク・アイシャム
編曲クリス・ボードマン(ノンクレジット)
撮影テリー・ステイシー
製作リドリー・スコット
リサ・エルジー
カーティス・ハンソン
製作総指揮トニー・スコット
配給20世紀フォックス
特撮ジョン・C・ハーティガン(特殊効果)
衣装ソフィー・カーボネル
字幕翻訳松浦美奈
その他ケン・クーグラー(指揮)
あらすじ
無職のマギー(キャメロン・ディアス)は典型的な負け組女。彼女は弁護士の姉の家に居候中に、姉の恋人と寝てしまう。姉はショックを受けて仕事をやめ、ドロップアウト。住む所が無くなったマギーは、家族に絶縁させられた叔母を老人ホームで見つけだし、そこで生活をはじめた。するとマギーはその老人ホームで突然大ブレイク!姉妹が反発しあいながらも生きる意味を見出し、静かに再生していく秀逸なヒューマンドラマ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
90.《ネタバレ》 ダメダメな妹キャメロン・ディアズとしっかりものの姉トニー・コレット。どこにでもありそうな姉妹の話ですが、それぞれに問題を抱えています。客観的に見ると「どうしてこんなことするの!?」と思うところもありますが、それが人生。他人の悩みはだいたい大した問題ではないように思えるものです。それでもキャメロンがとてもチャーミングでついつい応援してしまいます。特にエンディングで、姉を見送った後にスキップしながらパーティーに戻っていく後姿を見ると「ぜったいに幸せになってね!」と思わずにはいられません。キャメロンのファッションもとても素敵です。キャメロンファンは大満足だと思います。
みるちゃんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 8点(2019-08-12 04:23:46)
89.《ネタバレ》  ん~、良い映画っぽくしているし、実際そうなんでしょうが、・・私は微妙でした。
 マギーとローズ、タイプは違えど他者への依存心が強いという点では似たもの同士。
 依存心が強い人間というのは、とかく自己中になりがちです。二人の自己中心的な振る舞い、言動を見ていると、とても愉快な気分にはなれません。
 もっとコメディコメディしていれば良いです。ですがこれはかなり真面目に作られたドラマ。正直『楽しさ』よりも『痛さ』のほうが目についてしまいます。
 それに、これは私の価値観の問題ですが、途中で仕事を投げ出す人間が嫌いです。
 仕事にプライベートを持ち込む人間も嫌い。
 そーゆーわけで、主演の二人、どちらにも感情移入できないんだから、見ていて楽しいわけがないんです。
 二人以外にも、父親の後妻、こいつがまじで性格悪くて胸糞が悪くなります。
 もちろん、エラやスタインのような良心的な人間も多くいます。
 『誌の朗読』や『お買い物ビジネス』のようにハートフルなエピソードも良い味出しています。
 姉と妹の心の変化、成長、人とのつながりを通し、泣けるシーンや感動するシーンだってあります。
 ただどうしても『ダメ人間が良いことすると、とても良い人に見えちゃう』心理が働いているような気がして、素直な気持ちになれないんです。前半の妹、後半の姉、どうしても好きになれない。
 二人に共感できないってのが致命的。映画としても面白いかどうかは人によると思います。
たきたてさん [DVD(字幕)] 5点(2017-04-17 02:12:38)
88.ちょっといい話ではあるし、気になるセリフも無いではない。キャメロン・ディアスも魅力的。だが、全体的な退屈感がどうしても漂う。
落ち着いて観れば、そして自分が女性なら多少は評価が変わるのかもしれない。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-01-10 19:25:58)(良:1票)
87.ごく普通の映画。
可も無く不可もなく。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 6点(2014-09-05 01:14:57)
86.ツッコミどころが少ない、よく練られた話だと思います。
Kさん [DVD(字幕)] 6点(2014-05-12 22:55:35)
85.《ネタバレ》 まあ、ボケ~ッと見るにはいいんじゃないでしょうか。ちなみに自分の男を寝取った妹を許せる女性はあまりいないと思います。
イサオマンさん [地上波(邦画)] 4点(2013-09-29 23:31:55)
84.《ネタバレ》 私は姉妹モノに弱いのかもしれない。これまたぐっときた良いお話でした。前半はあまりのキャメロンのダラシなさに辟易し、トニ・コレットの華の無さに胸が痛み、と乗れなかったのだけどS・マクレーンの祖母が登場するあたりから俄然引き込まれていきました。人生の先輩諸氏から薫陶(?)を受け、プライドを取り戻してみるみる生き生きしてくるキャメロンが素敵です。家族が抱えていた過去がじわじわと明るみになって、思い出を姉妹と祖母とで暖めなおして共有する、その過程でトニ・コレットの笑顔がN・Yでのこわばったものではなく、ほっこりとほぐれてゆく。じーん。家族というつながりの、確かな暖かさを女たちで確認することは、なんだかとても幸福なのです。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-11-15 01:09:20)
83.読字障害や家族関係、人間的成長などちょっとどれも中途半端。個人的に主人公が好きになれなかった。
nojiさん [地上波(吹替)] 5点(2012-10-06 20:15:31)
82.キャメロン・ディアスの笑顔が可愛い。ただのコメディじゃなく意外と深いテーマがあるなぁっと感心しました。
真尋さん [DVD(吹替)] 6点(2012-03-06 15:54:33)
81.《ネタバレ》 姉妹愛に思ったより深いテーマも練り込まれていた。キャメロンの適役だとは思うけど、そろそろこの手の役もしんどくなってきたかな?という印象も受けた。おばあちゃんが小粋で良かったです。
civiさん [地上波(吹替)] 5点(2012-01-09 15:32:37)
80.ブスで賢い姉と美人でバカな妹の兄弟愛を描いた話。どちらも嫌なところもあるけど憎めないキャラでついつい二人を見守ってしまう作品でした。
たこちゅうさん [DVD(字幕)] 6点(2011-12-16 00:51:52)
79.《ネタバレ》 一見ノーテン気なラブコメかと思いきや 実は結構重い人間模様が描かれています  キャメロン・ディアス トニ・コレット シャーリー・マクレーン この3人のキャスティングがうまくはまっており、しっかり見ごたえのあるものになってますね  しかしキャメロンはこういう役、似合ってんなぁ(露出度も高いしね) この全く違うタイプの姉妹の和解 女の姉妹って仲がいい人多いもんね 男の兄弟は大体仲が悪いけど(苦笑) 教授との詩の朗読シーン …これは良かった でも個人的に「おっ!?」と思ったのは 冬のフィラデルフィア 姉は弁護士をやめ犬の散歩の仕事をはじめる で、犬を連れながら階段を駆け上がる(そう、ここはアノ階段ですよ!) 弾むような足取りで ふっきれたかのような素晴らしい笑顔で    靴という見えるものを中心としながら、姉妹・親子・時間 そして絆 という見えない物をうまく描いた秀作でアリマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 7点(2011-06-23 08:53:43)
78.役者の演技を観るだけでも楽しめる。キャメロンのああいう役は言わずもがな、トニ・コレットもうまい。コミカルかつシニカルなセリフが小気味良い。ストーリーとしては別にどうっていうことはないが、教授と詩を読むシーンが最高。
Balrogさん [DVD(字幕)] 6点(2011-05-14 11:10:44)
77.3人のキャストは魅力、でも映画はいまいち・・・ 難読症のキャメロンと元大学教授の「授業」はいいエピソードだったし、作品を下支えするトニ・コレットはあいかわらず巧いのだけど長く感じてしまった。 継母と祖母の描き分けも極端で、「血のつながった人がいい人」にしとくのって単純じゃないかな。 トニの妙にいい人な新カレはユダヤ系、異母妹のユダヤ教からの改宗が問題視されたりと、原作者や映画会社の民族性も反映された作品。 リドリー・スコットが製作なのは意外、「テルマ&ルイーズ」といい女性映画にも関心アリ?
レインさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-05-13 07:00:07)
76.《ネタバレ》 ○期待したがそれほどでもなかった。正反対とまではいかないが、映画を通して主人公があまりにも変化しすぎている点に違和感を感じた。あと、少し退屈した。○キャメロン・ディアスの美貌に見とれてしまった。30代であのスタイルとはすごい。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 4点(2011-05-07 10:20:59)
75.キャメロンの鍛えられた身体と足の長さに目が奪われた。しかし『レイチェルの結婚』と似たような展開に気付いてからはどうも話が読めて楽しめなかった。 ディスレクシアを扱った映画を見たのが初めてだったので、その部分は興味深かった。ただし、眉つばではあるが。
おっちょさん [DVD(字幕)] 5点(2010-08-15 22:31:37)
74.姉妹の気持ちがよく描けていた。ハッピーエンディング。
HRM36さん [DVD(字幕)] 8点(2010-07-06 13:25:01)
73.家族っていいものだ
くまさんさん [DVD(字幕)] 6点(2010-06-07 04:42:12)
72.《ネタバレ》 姉妹の喧嘩と仲直りを見せ付けられる退屈な映画。という印象しか残っていない。皆様の評価は高いようだが、私はのめりこむことが出来ず、客観的に姉妹喧嘩を見ていただけである。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 5点(2010-04-29 01:04:24)
71.私にも妹がいるのだが、姉妹の心のずれとか感慨深い映画だった。何年か後にまた見たい。
りえりえさん [DVD(字幕)] 8点(2010-01-24 00:03:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 90人
平均点数 6.70点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
455.56%
51213.33%
62426.67%
72123.33%
82325.56%
922.22%
1033.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.12点 Review8人
2 ストーリー評価 6.70点 Review10人
3 鑑賞後の後味 7.27点 Review11人
4 音楽評価 5.71点 Review7人
5 感泣評価 6.14点 Review7人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2005年 63回
助演女優賞シャーリー・マクレーン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS