ウルトラマン物語のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウルトラマン物語
 > (レビュー・クチコミ)

ウルトラマン物語

[ウルトラマンストーリー]
1984年【日】 上映時間:93分
平均点:7.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1984-07-14)
アクションSFシリーズもの特撮ものTVの映画化モンスター映画
新規登録(2005-09-06)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2020-05-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督高野宏一
助監督神澤信一(監督補)
演出筧正典(ライブフィルム監督・特殊技術)
川北紘一(ライブフィルム監督・特殊技術)
野長瀬三摩地(ライブフィルム監督・特殊技術)
佐川和夫(ライブフィルム監督・特殊技術)
東條昭平(ライブフィルム監督・特殊技術)
冨田義治(ライブフィルム監督・特殊技術)
高野宏一(ライブフィルム監督・特殊技術)
本多猪四郎(ライブフィルム監督・特殊技術)
満田[禾斉](ライブフィルム監督・特殊技術)
石丸博也ウルトラマンタロウ
野沢雅子少年タロウ
石田太郎ウルトラの父
池田昌子[声]ウルトラの母
堀内賢雄ウルトラマン
金内吉男ナレーター
小室正幸ウルトラマンジャック
音楽菊池俊輔(作曲)
宮内國郎(作曲)
冬木透(作曲)
作詞円谷皐「ウルトラマン物語~星の伝説~」/「愛の戦士タロウ」(ペンネーム「谷のぼる」)
阿久悠「ウルトラマンタロウ」(ノンクレジット)
作曲菊池俊輔「ウルトラマン物語~星の伝説~」/「愛の戦士タロウ」
編曲菊池俊輔「ウルトラマン物語~星の伝説~」/「愛の戦士タロウ」
主題歌水木一郎「ウルトラマン物語~星の伝説~」/「愛の戦士タロウ」
こおろぎ'73「ウルトラマン物語〜星の伝説〜」
製作円谷皐
企画円谷皐
プロデューサー円谷皐
制作円谷プロダクション
配給松竹
美術山口修
若狭新一(造型)
編集浦岡敬一
照明小野晃
その他小学館(掲載)
東京現像所(協力)
円谷プロダクション(提供)
松竹富士(提供)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.ウルトラマンタロウの子供の頃から大人のヒーローになるまでの成長過程の中でタロウがどのようにして強くなるか?その描かれ方にウルトラマンファンだけでない全ての男達に向けて、諦めるな!諦めさえしなければ何とかなる。というメッセージをウルトラの父からの特訓で見せるウルトラマンタロウ、子供向けと思わせておいて、実は大人向けとも思わせる作品です。ウルトラマンタロウの他のウルトラ兄弟までも見せてくれてるのでウルトラシリーズのファンなら普通に楽しめる作品になってます。それにしても、子供のウルトラマンタロウとウルトラの母とが一緒に居るだけで、鉄郎とメーテルが居るみたいで、銀河鉄道999ファンの私としては嬉しくなってしまいます。編集変的な感じに対する不満もあるけれどウルトラシリーズファンである者として色んな意味でもウルトラシリーズに対する愛を感じる事が出来るので低い点は付けられませんでした。
青観さん [DVD(邦画)] 7点(2016-09-01 20:31:21)(良:1票)
1.《ネタバレ》 タロウのいじらしい特訓や家族推しのせいか初期ウルトラシリーズファンからは愛されていないらしいのですが、私はこのファミリー向けのウルトラシリーズから入った世代なんで抵抗はないです。
この映画もよく観てました。
改めて観て子供向けとして良くできていることを再発見しました。
こういう子供向けシリーズをけなすのは簡単やけど、それはしたくないですね。
CBパークビューさん [ビデオ(邦画)] 7点(2016-07-03 07:28:40)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
72100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS