ソウ2のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > ソウ2
 > (レビュー・クチコミ)

ソウ2

[ソウツー]
Saw II
2005年【米】 上映時間:100分
平均点:6.50 / 10(Review 205人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-10-29)
公開終了日(2006-01-20)
ホラーサスペンスシリーズもの
新規登録(2005-09-06)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2010-07-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ダーレン・リン・バウズマン
キャストドニー・ウォールバーグ(男優)エリック
ディナ・メイヤー(女優)ケリー
フランキー・G(男優)ザビエル
エマニュエル・ヴォージア(女優)アディソン
トビン・ベル(男優)ジョン/ジグソウ
ショウニー・スミス(女優)アマンダ
グレン・プラマー(男優)ジョナス
山路和弘エリック(日本語吹き替え版)
乃村健次ザビエル(日本語吹き替え版)
岡寛恵アディソン(日本語吹き替え版)
平川大輔ダニエル(日本語吹き替え版)
宇垣秀成ガス(日本語吹き替え版)
辻親八ジョナス(日本語吹き替え版)
藤貴子アマンダ(日本語吹き替え版)
石田太郎ジョン/ジグソウ(日本語吹き替え版)
脚本ダーレン・リン・バウズマン
リー・ワネル
音楽ドン・デイヴィス[音楽・1957年生]
チャーリー・クロウザー(テーマ音楽)
撮影デヴィッド・A・アームストロング
製作マーク・バーグ
オーレン・クールズ
製作総指揮ジェームズ・ワン
ピーター・ブロック[製作]
リー・ワネル
配給アスミック・エース
特撮C.O.R.E. デジタル・ピクチャーズ(視覚効果)
編集ケヴィン・グルタート
あらすじ
ある日、残虐かつ奇妙な殺人事件が起き、犯人は刑事エリックを名指しで挑発してきた。その手口と類似点から連続殺人犯ジグソーの影が浮かび上がる。一方、時を同じくするかのように拉致された8人の男女。不気味な小部屋に閉じ込められた彼らの中には、エリックの愛息ダニエルが含まれていた。そして今再び、ジグソーの繰り出すゲームが始まるのだった…。大ヒットした「SAW」の第2弾。前作の謎が今明らかにされる!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
205.《ネタバレ》 ソウマラソン中、現在3まで見てレビューしています。
個人的には1>3>2って感じです。3がけっこう不評で驚きました(笑)

2が自分に合わなかった点としては、ひとつはオチがなんとなく想像できてしまったところ。いや、録画っていうのには確かに騙されたんだけど。大筋が予想の範囲内だった分インパクトに欠けました。

あと、マッチョがうざすぎて。被験者たちも、ああいう背景のメンツなんで、足並み揃えて団結する方がおかしいんでしょうが、それにしても魅力も無いしただ死んでいくだけみたいな。
5点にしようか迷いましたが、なんだかんだ最後に1の部屋にたどり着いたり、おお!と思う場面もあったので6点に。
ハービィさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2018-06-09 23:21:41)
204.《ネタバレ》 ヒット作の続編は難しいというのは本当によく言われる事ですが、ソウ2はがんばってたと思うんです。
高くあげられたハードルをギリギリクリアしてきて、「お、この製作者は違うのか?」と世間に思わせてくれました。

しかし3からは、なんだろうこれじゃない感。
そっちじゃないんだよ!って感じなんですよね。

さてソウ2、証拠をでっちあげられて牢屋に入れられた人たち、そりゃもともと悪人なんでしょうけど、しかしここまで撒き餌扱いされると主義主張に関係ないただの無差別殺人に近いのではないか、と。
1作目は謎多き犯人像にもうちょっと何かあるんじゃ?と思わせといて、今回は変な謎解きが入った結果、逆に底の浅さが見えちゃった感じなんですよね。

まぁそれでも「おお!そうだったのか!」という驚きは1作目同様にあるわけで、本当にこのシリーズ、2までは面白かったと思います。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-01-30 12:41:23)
203.《ネタバレ》 警察無能すぎるだろう、とツッコミつつも警察と同じ引っ掛けにまんまと騙されてしまったのだった。
でも1作目ほどの驚きはなく、全体的にジグソウのゲームを解くというよりも、参加者が勝手に殺し合いを始めて自滅するので、あまり面白くなかった。
ヴレアさん [インターネット(字幕)] 4点(2017-11-04 21:18:42)
202.「続編では群れで出す」というモンスターもの映画の鉄則をきっちり応用して、今回のゲームの参加者は大量増加、その上にゲームを見守る警察陣も大量参加で一気ににぎやかになりました。お約束のグロ・シーンはシリーズ後半作に較べるとまだ大人しめですが、その分心理的な嫌悪感を与えられた感じが強いです。地味な絵面でしたが、自分的には注射器のプールは背筋がゾクゾクするほどおぞましかったです。監督が代わっているのに早回しやカットショットの過剰なまでの多用は前作と変わらずというかエスカレートしている感じで、製作に廻ったとはいえジェームズ・ワンの強いコントロールが感じられます。ラストのカットなんかを観ると、この映画は三作目と二本でひとつの映画と言う感じがしますね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-10-27 22:07:35)
201.《ネタバレ》  個人的な好みで言えば1作目より今作のほうが好き。どちらもミステリー要素があるのですが、今作のほうがわかりやすくてスッキリします。
 前作で、ジョンに対し事務的に『死』の宣告をしたゴードン医師。それが許せなかったジグソウ。今作のゲームは、今までで最も簡単であり、最も皮肉に満ちています。たった一つの条件、『他者の生を大事にする』、これにさえ気付けば、難なくクリアできるというのが最大のポイント。
 全員が力を合わせれば全員助かる『金庫のゲーム』。首の後ろの番号を、虹の色彩の順番に並べるだけで良い。もし『自分さえ助かればよい』という選択をするのであれば、個々人に用意されたゲームへのチャレンジへと移行します。今作の挑戦者が選んだのはこちらのゲーム。ですが、『他者の生を軽んじる選択』に対し用意された個々人へのゲームは、そのほとんどがクリア不能のデスゲームなわけです。
 マシューズ刑事にしても、狙われた理由はおそらく他者の人生を踏みにじったからでしょう。そこでジグソウは最後のチャンスを与えることにします。マシューズ刑事が目の前に座る末期癌患者の『生』を尊重するだけでクリアできる、究極の心理ゲーム。この期に及んでもし『自分』と『自分の息子』のことしか考えず、他者の生を軽んじるのであれば、即ゲームオーバー。
 結果、マシューズ刑事はこのゲームに失敗。瀕死のジグソウが言い渡す『ゲームオーバー』は自分ではなく、マシューズ刑事に向けてのもの。言葉通りの意味なわけです。
 今作でのゲームは『心理トリック』がメイン。物理的なトリックはほとんど引っ掛け問題。その単純な構図がゆえに、鑑賞中の『面白さ』と答え合わせの『衝撃』を共存することができたのかもしれません。
 それにしても、『もしかして脱出できるのか。』とやっとたどりついた先が、前作のゲームのステージだったときの絶望感といったら、言葉にできないくらい素晴らしいですね。
 末期癌患者最大の生命力をほこるタフネス・ガイ、ジグソウ。悪のカリスマ。ポストレクター。
 これからもお元気で。命を軽んじるものたちを正しい道へと導いてください。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2017-06-18 14:24:10)(良:2票)
200.なるほど、今回も想像しなかった仕掛けがあった。考えれば大したことでは無いが、気が付かないで騙される方が楽しい。
ただし、映画自体はグロいので楽しいとは言い難い。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-12-29 13:07:39)
199.まず大きな路線変更、前作が密室に二人という、緊迫感の有る中でのサスペンスだったのですが、
今回は複数の人間対ジグソウというパニック形式を採っているという事、
前作の面白さはもしかしたら相手が真犯人なのではないか、
という不信感によるものだったけれども、今回はまあそうではないだろう、と意識の元で観る事になる。

ここでの方向転換は微妙な作業できっとかなり神経をつかったのだろうけれど、
概ね二作目としては及第点になったのだと思う。

回答は実は目の前にあるという、皮肉も単純でこうしたどんでんがえしスリラーが好きな人間には、
正直、やっぱりね。という程度のものではあるけれど、見せ方が巧いせいで、すんなりと見られる。

唯一ギミックの部分がちょっと単純で、その部分ももう少し頑張ってほしかった。
撮影・演出はともかくアイデアがちょっとね。ここ頑張らないと実は何にもならないのですよ。

まあ、及第に出来ただけでも素晴らしい、しかし5点。
病気の犬さん [DVD(字幕)] 5点(2015-12-16 20:23:22)
198.1に比べて残酷描写がパワーアップし終盤のハラハラドキドキも2の方がある。
ただし結末が1の秀逸さに較べてかなり落ちるのだが、それでもどんでん返しと言えるレベルにある。
1が気に入ったら観るべき。
たんたかたんさん [インターネット(字幕)] 7点(2015-11-04 13:17:47)
197.《ネタバレ》 内容は1とほぼ同じだよね。敵はおまわりさん。数人監禁のゲーム。共通点と出口を求めて死んでいく。この辺は飽きない。今回はおまわりさんの子供利用。同時中継トリック。三輪車軽く登場!こんなに間近でジョン氏を見るのはこの作品から。おまわりさんにボコボコにされにこやかにしているラストは、ジョンの不死身さを改めて感じさせた。おまわりさんって言い方はくどいか、これからも出てくるもんね、エリックさんだっけ^^
新しい生物さん [インターネット(字幕)] 5点(2015-10-16 05:03:35)
196.1と同様、非常に面白い。
シリーズものだが、まだまだ飽きずに観れる
ドクターペッパーさん [インターネット(字幕)] 8点(2015-10-15 21:12:18)
195.続編は駄作と言われがちな映画界の中でここまで完成度を落とさなかったことが賞賛。
SAWの世界感をしっかり継承してるし、カメラワークや期待感が持てるクライマックスも健在。
そういう意味でいえば1か2かと言われれば2を選ぶね。気が付けばジグソウのファンになってる自分。
Mighty guardさん [地上波(字幕)] 8点(2015-07-26 23:52:32)(良:1票)
194.《ネタバレ》 だっせえ……。話は好きです。シリーズ最高傑作とされる『1』並みに好き。本作を最初に見たからかもしれませんけど、初見時の衝撃は忘れられません。本作では監督がジェームズ・ワンからダーレン・リン・バウズマンに交代しています。ジェームズ・ワンは制作に携わるのみ。メガヒット作の続編など成功するわけがないということを理解したのでしょうね。私は、本作をジェームズ・ワンが監督していればもっとクオリティの高い映画になったのではないかと思います。彼の映像センスは素晴らしい。一方、ダーレン・リン・バウズマンはとにかくダサいのです。意味不明な加工、早回し、気取ったカメラワークなど、到底理解不能。もちろん、画面構成は撮影監督が行うということは知っています。ならば、せめて編集くらいはどうにかならなかったのかと。本作を境に本シリーズはどんどんクオリティが下がっていくのもしょうがない。ジェームズ・ワンは賢かったのです。
カニばさみさん [インターネット(字幕)] 7点(2015-01-31 20:21:00)
193.《ネタバレ》 マラソン鑑賞中。改めて連続で鑑賞すると公開当時とまた違う印象を受けました。続けて観ると結構イケていますね。
パート2は1と同等レベルの評価を付けたい。「ただ最後まで話ができれば良い」「息子は安全な場所にいる」等、ジグソウが嘘をついていないのが高評価に繋がっています。意外と名作かもと感じさせる部分がなくもない。

今回は人数が多いので個別の拷問クオリティは低めです。マッチョ男が力技で動いてしまうせいで結構グダグダ感がありますが、人が集まればあんな風にグダグダになるものです。全体的な雰囲気自体は前作同様に「こじんまり感」をシッカリ残してくれていたので好印象でした。結構イイ、意外とイイ。
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 6点(2015-01-15 17:20:37)(良:1票)
192.パート1のときのクオリティを期待したら、拍子抜け。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-27 00:24:26)
191.《ネタバレ》 連続猟奇殺人鬼ジグソウによる密室殺人ゲーム第2弾。死に至る神経ガスをうたれた8人が妖しい館に閉じ込められます。ストーリーうんぬんよりグロくてエグいです。今作も続編を匂わす終わり方、“ゲームオーバー”。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2013-02-01 00:59:57)
190.《ネタバレ》 大ヒットした作品の続編なんて大抵は駄作だけど、本作は例外的に出来が良かったです。
ビデオのトリックは秀逸な演出でした。ジグソウの言う「最後まで付き合えば良い」と言うのも納得ですが、どうしてもそう言うわけにはいかずに墓穴を掘ってしまうと言う展開はグッド。
それに加えてアマンダの再登場も良かった。この2点で並以上の出来になったと思います。
いい調子。3作目も期待できそう。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 8点(2013-01-07 21:58:15)(良:1票)
189.《ネタバレ》 やばい、こういうの苦手なのに続編を観てしまった、、、 痛そうなシーンが盛りだくさん;; でもちょっと慣れてきた?耐性が出来てきつつあるのか??  まぁグロい内容には変わりはないけどね  前作のような錬りに練った展開も素晴らしいけど 個人的にはこれぐらいの練り込み具合でも十二分   最後にあの部屋がでてきたときは正直テンション上がってしまったね  3?どーしよーー 観たいような観たくない様な  これって制作側の思惑にまんまとはまったってコト!?(苦笑
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-08-16 14:32:28)
188.いろいろな映画の影響が感じられる作りではあるけど、面白く観ることができた。ただ1作目同様、犯人の動機についてはイマイチ。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-05-04 15:39:26)
187.《ネタバレ》 1作目はけっこう知的好奇心をくすぐるような切り口で、そこがなかなか楽しめたのですが、2作目は冒頭のつかみから生理的に逆なでするグロ路線で「もう完全にそっち路線で狙うわけやね」とガックリ。知的なつかみは後からあるかもと、とりあえず増えた出演者の多彩を見守ることにしたけど、パズルを解いて行くようなスリルはかなり薄くなって、見せたいのはグロだけだと確信。完全にスプラッタ映画を観るモードに意識を切り替えました。クライマックス、1作目と繋がる意表をついた展開と思いきや、とくに大したことじゃなく「同じ場所使いました」ってだけの話でした。パパ警官まんまとハメラレ過ぎでバカ。というか、他のみんなもあまりに慎重さがなくて、グロいこと起こすためにわざとバカに動いてるでしょと突っ込まざるを得ない出来上がりでした。
だみおさん [DVD(吹替)] 3点(2012-03-04 05:29:55)
186.《ネタバレ》 この度『SAW』シリーズを制覇する決意をし、ただいま第二作目。

前作ではさながら脱出ゲームのような、限られた空間・限られた範囲で手がかりを探しヒントを探し、脱出手段を探すというものでしたが、今回は家一軒丸ごとを範囲としてしまったため、前回ほど知恵を絞る要素が無かったのが残念です。前作では死体のテープレコーダーひとつをとるのに、やれシャツを脱ぎ、やれバスタブの栓をつなげてようやく取れるという工夫が必要だったのに対し、今回は行き当たりばったり的に罠にはまったりヒントを得るのが前作から比べると結構な違和感でした。まあそれも含めてこれはジグソーじゃなくてアマンダがやりましたよ、ってことなんでしょうか。罠や人選の設定に対する深みの無さもそう考えれば納得です。

しかしこのシリーズはある意味映画界に革命をもたらしましたね。それまでも怖いだけの映画ならいくらでもありましたが、まさか「痛い」映画を作る人が出てくるとは。このシリーズの創始者は仁侠映画か北野映画でも観たのだろうか。どこらへんからインスパイアされてこんな痛い映画を作ろうと思ったのか。いやはや頭が下がります。少なくとも映画界に「痛い」映画という新ジャンルを作ったのですから。その功績には脱帽。ま、観る人をかなり絞る映画ですがね。

2011.06.03現在の点数分布;
『SAW』→8点
『SAW2』→6点
TANTOさん [DVD(字幕)] 6点(2011-06-04 01:15:21)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 205人
平均点数 6.50点
000.00%
131.46%
210.49%
341.95%
4146.83%
5199.27%
65124.88%
76230.24%
83617.56%
9146.83%
1010.49%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.37点 Review16人
2 ストーリー評価 6.54点 Review35人
3 鑑賞後の後味 6.30点 Review33人
4 音楽評価 6.27点 Review18人
5 感泣評価 2.80点 Review15人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS