ナイル殺人事件(1978)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ナ行
 > ナイル殺人事件(1978)の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ナイル殺人事件(1978)

[ナイルサツジンジケン]
Death on the Nile
1978年上映時間:140分
平均点:6.69 / 10(Review 71人) (点数分布表示)
公開開始日(1978-12-09)
サスペンスシリーズものミステリー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2023-09-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ギラーミン
キャストピーター・ユスティノフ(男優)エルキュール・ポワロ
ベティ・デイヴィス(女優)ヴァン・スカイラー夫人
マギー・スミス(女優)バウアーズ
ミア・ファロー(女優)ジャクリーン
アンジェラ・ランズベリー(女優)サロメ・オッタボーン
ジョージ・ケネディ〔男優・1925年生〕(男優)アンドリュー・ペニントン
オリヴィア・ハッセー(女優)ロザリー・オッタボーン
デヴィッド・ニーヴン(男優)レイス大佐
ジョン・フィンチ(男優)ファーガソン
ジャック・ウォーデン(男優)ベスナー医師
ロイス・チャイルズ(女優)リネット・リッジウェイ・ドイル
サイモン・マッコーキンデル(男優)サイモン・ドイル
ジェーン・バーキン(女優)ルイーズ・ブルジェ
ハリー・アンドリュース(男優)執事頭バーンスタブル
I・S・ジョハール(男優)チョドリー氏
サム・ワナメイカー(男優)ロックフォード
田中明夫エルキュール・ポアロ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
鳳八千代ヴァン・スカイラー夫人(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
高林由紀子バウアーズ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
武藤礼子ジャクリーン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤田淑子リネット・リッジウェイ・ドイル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中村正[声優]レイス大佐(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小川真司〔声優・男優〕サイモン・ドイル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
内田稔ベスナー医師(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
津嘉山正種ファーガソン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宗形智子ルイーズ・ブルジェ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
北村和夫アンドリュー・ペニントン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
関弘子サロメ・オッタボーン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
二木てるみロザリー・オッタボーン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
阪脩船長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
郷里大輔(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
荘司美代子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作アガサ・クリスティ「ナイルに死す」(ノンクレジット)
脚本アンソニー・シェーファー
音楽ニーノ・ロータ
撮影ジャック・カーディフ
アレック・ミルズ(カメラ・オペレーター)
製作ジョン・ブラボーン
リチャード・B・グッドウィン
配給東宝東和
美術ピーター・マートン(プロダクション・デザイン)
ブライアン・アックランド‐スノウ(美術監督)
衣装アンソニー・パウエル
編集マルコム・クック
字幕翻訳清水俊二
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
71.生まれて初めて女の子とデートした時に観に行ったと記憶しているのですが、どうしても年齢が合わない。リバイバル?の時でも観たのだろうか?

当時観たときは、犯人は分かったが(この人が犯人にしないと、お話として成り立たないなという理由で)どうやったのかは分からなかったけれど、久々に観たら(内容は全て忘れていた)、犯人も手口も分かった。

年齢を重ねることの意味を見出した作品だった。

ただ、最初に観たときは、すごくきれいな映像で記憶があったのだが、アマプラで観た映像は決してキレイという感じではなかった。
これもまた、時間というものの意味のような気がした。
みんな嫌いさん [映画館(字幕)] 6点(2023-12-29 15:13:50)
70.《ネタバレ》 公開当時観にいきました。懐かしい〜。
前半はナイルの観光を愉しみながら登場人物の因果関係が明らかに、後半は殺人事件発覚後のポアロの謎解きへと展開していく。
J・ギラーミン監督は「タワーリングインフェルノ」など登場人物が多い映画を捌くのが上手で今作でもその才能を発揮している。
全体的に中弛みも無く、最後までテンポが良い。ニーノ・ロータの音楽もいいですね。
オールスターキャストも見応えがあり、1級のミステリー、エンタメに仕上がっている。
個人的には第三の殺人はかなり無理があると思うが・・。
ピーター・ユスチノフのポアロ役は巨漢すぎて原作のイメージでなないが、まぁいいか(笑)
とれびやんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2023-02-18 20:07:09)
69.初見。人が死なないと成り立たない点と謎解きに強引な点がままある推理小説モノ。後々浮かんでくるツッコミどころが鑑賞中には押さえ込まれる力業があった本作。「ザ・ジェントルマン」デヴィッド・ニーヴンを筆頭に華のあるキャストの格調高い演技のお陰でしょう。お目当てベティ・デイヴィスと渡り合い一歩も退かないマギー・スミスに+1点。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 8点(2021-05-05 01:22:01)
68.《ネタバレ》 リメイク版公開に向けての予習。ナイル川を往く船内で次々と起きる殺人事件。豪華俳優競演。「ロミオとジュリエット」から10年、麗しのオリヴィア・ハッセーがちょっぴりおばさんになって出演。名探偵ポワロ、太った体格の割にキレキレの推理ショーはさすがだけど目前で5人も殺されるのは不用意過ぎるぜぃ。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2021-02-28 05:11:22)
67.《ネタバレ》 見ている間は楽しい娯楽映画。それ以上、求めてはいけません。ポワロもので、オリエント急行より落ちるが、それなりの映画。
にけさん [映画館(字幕)] 6点(2019-01-21 14:58:03)
66.最初のうちは、バタバタと登場する人物の名前と関係性を把握するだけで手一杯。見覚えのある役者はジョージ・ケネディとオリビア・ハッセーぐらいなので、けっこう焦りました。
で、気づいたら濃いキャラの客たちが絶妙な規模の客船に乗っていたわけですが、いかにも芝居がかっていていい感じ。しばし現実から逃避して、一緒にクルージングを楽しんでいるような気分に浸れます。一連の殺人事件は、濃いキャラ一座による余興といったところでしょうか。
というわけで、エンディングを見ながら久しぶりに一抹の寂しさを覚えました。もう下船させられるのかと。
眉山さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2017-06-07 02:18:24)
65.《ネタバレ》 こういった古典的で、いかにもな感じのミステリーは嫌いではありません。2時間ドラマレベルくらいの見応えはあると思います。
ただ、母親が殺された直後に、ニコニコしながら婚約を報告する娘というのはちょっとあり得ないような。これがイギリスの常識なのか?
マー君さん [DVD(邦画)] 5点(2017-06-04 12:20:44)
64.子供のころ、TV放映された時以来、久々に見ました。トリックや犯人、結末を知っていての感想となります。初めて見たときの印象は、ものすごいトリックだなあ、と感心しました。数十年ぶりに見返すと、いろんなところにヒントとなることが散りばめられています。つまらない映画はたいていストーリーを忘れてしまうものですが、この映画は記憶どおりでした。こんなにヒントを見せちゃっていいの?なんて思いながらの鑑賞でした。
shoukanさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-02-11 16:49:23)
63.子どものころに大々的に宣伝して公開されていた作品。どんなに名作かと期待して見たら...犯人が予想どおりで拍子抜けしました。多額の予算をかけ、有名俳優を揃えた2時間ドラマ、といった感じ。2時間ドラマだったら、殺人に至ったやむにやまれぬ理由を犯人が語るところですが、この映画の犯人たちの動機はやむにやまれぬものではなく、そこがこの映画に感動できない最大の理由。
俳優についてのコメント。ピーター・ユスティノフ:名前からしてロシアの俳優さんかと思ったら、多国語が話せるそうで、この作品では英語と流暢なフランス語を披露。オリヴィア・ハッセー:うわあ~、若くてきれい。アンジェラ・ランズベリー:私は『ジェシカおばさんの事件簿』を見ていたので、この人のほうが探偵に見えました。この『ナイル殺人事件』ですでにおばあちゃんに見えましたが、計算すると当時はまだ52~53歳。おばあちゃんに見えるのはメイクでしょうか。
殺人が起きるまでが長すぎる。もうちょっと短くまとめられるのに。
チョコレクターさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-02-01 11:27:22)
62.原作も知らないし初めて観たが、オーソドックスな展開と推理。
ただし、犯人が想像ついてしまったので驚きが無かったのが残念。映画自体も落ち着いた雰囲気が漂うのは、そういった時代の作品だろうか。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-01-24 23:32:56)
61.《ネタバレ》 監督がジョン・ギラーミンということで、スリリングなサスペンスやシリアスな心理劇などは期待していなかったので、それなりに良いんじゃない、と思ってしまった。とは言え、まず被害者に殺意を抱く人が集まる過程がいまひとつ。結婚したら急に新婚旅行に付いてきた、という唐突感がどうもねぇ。まあ殺人事件ものであればそこは仕方が無いか。しかし、これはどうだ。殺人に至る過程が、あまりに分刻みの予定通りの行動を作り上げていないか?そんなに上手くいく訳がない、という冷めた気分になる。いや、偶然に上手くいったんだと言われれば、そうか、と言うしかないが。まあ、そこはまだ良い。まだね。でもねぇ、ポアロはどうしようもない。これでは普通の常識的な探偵以外の何者でもないではないか。盗み聞きにはめっぽう強い、ぐらいが特徴である。あの、奇行が趣味(?)の、空気が読めない、どこの国の人か分からないような、一方で、推理がずば抜けて優れているフランス人とはどうしても見えない。え?フランス人じゃないって?だ、だから、私は、フランス人には見えないと言っているのだ。
パセリセージさん [地上波(字幕)] 7点(2016-01-16 19:31:22)
60.《ネタバレ》 事件に居合わせた全員に犯行の可能性と動機がある。ポワロはそれぞれに事情聴取するのだが、全員に対してあからさまに犯人だと決め付けるような挑発的な物言いをする。これはあまりにも無礼で、ドラマとしては違和感を覚える。コロンボも無礼ではあるが、もっとリアルに婉曲的な攻め方をするし人間味あふれるやりとりがある。こういう点で、本作は推理ドラマというよりも推理ショーに近い印象。
犯行手口にも無理がある。サイモンが撃たれた状況で、一人になって犯行を行うだけの時間を作るのはほぼ不可能。騒ぎを聞きつけて誰かが部屋に来る確率のほうが高く、抜け出すのはリスクが高すぎる。また、母親が殺されているのに、ロザリー(オリビア・ハッセー)が下船時にポアロにうれしそうに婚約報告しているのも呆気にとられる。
犯人も含めて何人も死んでいるのに、それを防げたかもしれないポワロたちは憂いもなく、事件解決で何事もなかったかのような表情。つまり、あくまでも机上の推理クイズの延長戦上にある映画だということ。それがわかった上で、推理クイズを楽しめればよし。
飛鳥さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-06-20 00:13:41)
59.《ネタバレ》 犯人はすぐに判りましたが、どことなく呑気なポアロが気に入りました。それにしても乗船客全員を疑って嫌味な推理を聞かせて揺さぶりをかけるなんてやり過ぎでしょう。下船するときには全員かれのことが嫌いになっていたことでしょう。またポアロがコブラに襲われるシーンがありましたが、あのコブラは犯人が用意したものなのでしょうね。大佐にあっけなく殺されましたけど。なんしても退屈しのぎには良い映画かと思います。
ぽじっこさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-09-17 16:26:45)
58.《ネタバレ》 前半、ピラミッドの上に颯爽と現れるミア・ファローを見て、お前は戦隊ヒーローかと突っ込んでしまうのであった。
それは置いておいて、やけに長い前ふりを終えてようやく豪華客船での不可思議な連続殺人になだれこむ。豪華客船といっても、頑張れば私にも乗れそうなレベルの客船だったが、容疑者が多すぎては作りにくいのでまあこんなもんだろうと思った。
肝であるそこからの展開と謎解きは、良くも悪くも皮肉にも、古き良きミステリ映画というところか。見たのが比較的最近なので、こうした時代の作品を参考にした後発作品をすでに見ている以上、話の無理と古さが目につくのは仕方のないことかも知れない。上映時に見ていれば、エジプトの風景に圧倒され、それに引きずられて内容も楽しめたかもと感じた。俳優陣も豪華だし。
それにしても、早くから事件の渦中ど真ん中に居ながら連続殺人を全く防げず、何ら有効な手も打てず、犯人に翻弄された揚句その自殺も許すポワロのどこが名探偵なんだろうかと罰当たりな印象を抱いたのも否定できない。「名探偵が最初から居れば連続殺人にはならない」というのはミステリでよく言われることだが、ここは映画の盛り上がりと興行のことをポワロが計算して、わざと泳がせたのだと(それで死者が増えることの倫理的是非は棚に上げて)思いたい。
カツルギさん [DVD(字幕)] 5点(2014-04-07 23:59:43)
57.豪華版エジプト周遊の旅に連れて行ってもらった気分。スクリーンいっぱいに広がるナイル河や古代遺跡の悠久さ。映画としての風格は堂々たるもの。観て楽しく、謎めいてぞくぞく。正直ぞくぞくでもないけど。ワタクシみんなが部屋に入る前に犯人わかっちゃいました。そういう人多そう。火サスなんか見るよりはよっぽど目の肥やしになるし、地上波2時間枠におすすめ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-12-14 00:00:18)
56.《ネタバレ》 公開時に劇場で観ましたが、特に面白いという感想を持たなかった作品です。犯人捜しを楽しむ推理小説をそのまま映像化した印象で、映画としての面白さが希薄だからだと思います。被疑者の動機の説明に大半の時間を費やし、ポワロがいちいち聞き耳を立てているのがワザとらしい。現代の探偵や刑事が現場にいたら穴だらけの犯罪トリックも、当時としては良く出来ていた方かも知れませんが、謎解きに快感を覚えるほどでは無い。個人的にはエルキュール・ポアロというおっさんが嫌いです。嫌味なオヤジですよ。だから髭も嫌い。俳優陣はかなり豪華なんだけど、現在の目にはエジプトの遺跡や川沿いの風景に目が行きました。ちなみに、ジョージ・ケネディの放石殺人未遂は放置して良かったのかな?
アンドレ・タカシさん [映画館(字幕)] 4点(2012-05-05 02:02:15)
55.《ネタバレ》 よーく考えたら 初アガサ^^ ご縁あって鑑賞致しました。 少々、いやどちらかといえば「わざとらしい」登場人物たち   だってそんなに敵対する人ばっかり乗らないでしょ  もうぅいかにもな展開  かなり大げさ演技でまるで舞台劇のよう   だがしかーし!面白かった(それかい) 正直古典だろ~と思ってナメてました(スミマセン)  俺ってこういうのにニブイんだよなぁ  全然分からんかった~~  まぁある意味幸せですね(苦笑)  アガサ原作の名作と呼ばれるものいっぱいあるので、これから楽しみデス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-04-12 09:07:10)
54.映画が始まってすぐに、わかりやすく登場人物、事件がおこる環境、流れが理解できるのはおきまり。
今作に関しては、開始早々の私の推理が見事に当たってしまったため、『オリエント急行~』や『情婦』ほどの面白さはなく、消化不良気味だった。
場所が、私の大好きなエジプトという点のみがプラス点。
バトルコサックさん [DVD(字幕)] 4点(2011-12-19 05:16:37)
53.海外ミステリー、またはロケ地の雰囲気を楽しむ作品。
犯人探しの過程やトリック等は薄っぺらい。
ミステリーに重々しい雰囲気やドキドキ感を期待している方、横溝作品的な内容が好きな方には、全くの不向きだと思う。
なおてぃーさん [DVD(吹替)] 5点(2011-11-15 22:38:28)
52.名探偵ポアロが果敢に挑むミステリー。
遊覧船は豪華だが決して大きな船ではなく、トリックがバタバタしていて少し無理があるので、
謎解きの段階ではどうしても小粒な印象を受けてしまう。
映画館で鑑賞した時は面白いなと思ったのだが、テレビで再視聴した時は、
(あれ?こんなショボかったっけ?)という印象に変わってしまった。
たぶん大きなスクリーンで見たナイルの素晴らしい風景が、ストーリーをカバーしていたのかと。
もちろんアガサ・クリスティーの原作なので、お話が破綻しているというわけではなく、
ミステリー物としては十分楽しめる範囲の作品だと思う。
MAHITOさん [映画館(字幕)] 6点(2011-08-13 07:06:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 71人
平均点数 6.69点
000.00%
100.00%
200.00%
311.41%
422.82%
51216.90%
61825.35%
71825.35%
81318.31%
945.63%
1034.23%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.25点 Review4人
4 音楽評価 4.66点 Review3人
5 感泣評価 1.33点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1978年 51回
衣装デザイン賞アンソニー・パウエル受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1978年 36回
外国語映画賞 候補(ノミネート)(外国映画賞として)

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS