宮本武蔵(1973)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > 宮本武蔵(1973)
 > (レビュー・クチコミ)

宮本武蔵(1973)

[ミヤモトムサシ]
1973年【日】 上映時間:148分
平均点:6.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
アクションドラマ時代劇小説の映画化
新規登録(2005-10-12)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2021-02-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督加藤泰
助監督三村晴彦
キャスト高橋英樹(男優)(男優)新免武蔵・宮本武蔵
田宮二郎(男優)佐々木小次郎
松坂慶子(女優)お通
フランキー堺(男優)本位田又八
倍賞美津子(女優)朱美
木村俊恵(女優)お甲
任田順好(女優)お杉
笠智衆(男優)沢庵和尚
細川俊之(男優)吉岡清十郎
佐藤允(男優)吉岡伝七郎
穂積隆信(男優)祇園藤次
加藤武(男優)岩間角兵衛
石山健二郎(男優)壬生源左衛門
有島一郎(男優)小林太郎左衛門
諸角啓二郎(男優)岡谷五郎次
谷よしの(女優)
河野秋武(男優)木村助九郎
谷村昌彦(男優)佐助
明石潮(男優)笠屋の主人
汐路章(男優)研屋耕介
大前均(男優)宝蔵院阿厳
仁科明子(女優)お光
戸浦六宏(男優)宍戸梅軒
加藤嘉(男優)長岡佐渡
米倉斉加年ナレーター
原作吉川英治「宮本武蔵」
脚本野村芳太郎
ジェームス三木(「山下清泉」名でクレジット)
音楽鏑木創
撮影丸山恵司
製作三嶋与四治
内藤誠(製作)(製作主任)
杉崎重美(製作補)
配給松竹
美術森田郷平
衣装松竹衣裳株式会社
編集大沢しづ
録音小尾幸魚(調音)
照明三浦礼
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.スピーディな展開。前半は吉岡一門との死闘が中心に描かれ、後半の最初には、その後の戦いのダイジェスト(宇宙戦艦ヤマト劇場版の中盤みたいな感じで、さすがに端折り過ぎ)、そして後半のメインは小次郎との対決。武蔵映画として、オイシイところは一通り押さえた構成となっております。特に巌流島の対決、クライマックスを飾る晴れやかな対決という描かれ方ではなく、雨の中での薄暗い情念のたぎるような戦いとして描かれているのが注目されます。劇中、何度か登場する、半分水中からの(正直よくワカラン)アングルの映像と、その集大成のような、雨の中の決闘。また本作、宮本武蔵を主人公とした映画というより、武蔵に関わった人々の群像劇みたいな作りになっています。武蔵に関わった人々は皆、不幸になっていく。いや不幸ではなくとも、人生を狂わされていく。いや、狂わされた人もいるけれど(オババ怖過ぎ)、皆が皆、ただ狂わされたとも言えない。クライマックスに向けて彼らが武蔵の元へと吸い寄せられるように集まってくるのが良いですね。運命的でもあり、また自らの力で歩もうとしている姿でもあり。高橋英樹はあくまで看板であって、本作に主人公がいるならば、それはフランキー堺だと思います。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2012-10-09 21:55:44)
2.全体の作りがえらく適当で大味で、武蔵の武芸者としての凄味も伝わってこなければ、かといって人間的に新たな何かを掘り出して描写しているわけでもないんだなあ。脇役の人たちも、その場その場で使い回されれているだけで、筋書の中で効果的に機能しているとは言い難いです。田宮二郎の存在感にかなり救われていると思います。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-03-05 01:53:32)
1.《ネタバレ》 加藤泰監督が松竹で手がけた「宮本武蔵」。先に内田吐夢監督、中村錦之助主演の東映版5部作を見ているわけだが、本作はあのシリーズ5本分と同じ話を2時間半にまとめているためにかなりダイジェスト的な仕上がりになっていて、関が原のシーンの後、いきなり武蔵が村へ帰ってきて千年杉に吊るされたり、その後もやたら早い展開で、吉野太夫や、箸でハエを捕まえるエピソードなど東映版で印象的だった部分がカットされまくりで、映画に深みがないのは残念。特に中盤あたりは吉岡兄弟との対決や一乗寺の決闘が足早に描かれておりちょっと見ていて疲れる。武蔵とお通のラブシーンや、小次郎に怖気づいた武蔵が一度は勝負の申し出を断るなど、本作オリジナルらしきシーンもあるのだが、全体的に見るとやはり大味な凡作という印象しか残らない。キャストにしても武蔵を演じる高橋英樹は濃すぎるし、(錦之助の武蔵ってここまで濃くなかったような。)又八を演じるのがフランキー堺というのも違うだろと思ってしまう。それにお杉ババを演じるのが本作で脚本を書いている野村芳太郎監督の「八つ墓村」で濃茶の尼を演じていた任田順好で、なんかただ単に怖いだけの存在に描かれてるのも不満が残る。沢庵和尚を演じているのが笠智衆というのも御前様にしか見えず違和感を感じた。ただ、お通と小次郎に関しては東映版よりもこちらの松坂慶子と田宮二郎のほうがいいと思う。特に 小次郎を演じる田宮二郎は東映版の若い高倉健よりも断然渋くてかっこよかった。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2009-05-09 01:06:09)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5266.67%
600.00%
700.00%
8133.33%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS