ブレーキ・ダウンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブレーキ・ダウン
 > (レビュー・クチコミ)

ブレーキ・ダウン

[ブレーキダウン]
Breakdown
1997年【米】 上映時間:93分
平均点:6.66 / 10(Review 82人) (点数分布表示)
公開開始日(1998-01-24)
アクションサスペンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-07-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョナサン・モストゥ
助監督M・ジェームズ・アーネット(第二班監督)
演出M・ジェームズ・アーネット(スタント・コーディネーター)
パット・ロマノ(スタント・コーディネーター)
キャストカート・ラッセル(男優)ジェフリー・"ジェフ"・テイラー
J・T・ウォルシュ(男優)ウォーレン・"レッド"・バー
キャスリーン・クインラン(女優)エイミー・テイラー
M・C・ゲイニー(男優)アール
ジャック・ノーズワージー(男優)ビリー
レックス・リン(男優)ボイド保安官
ジャック・マクギー(男優)ベルズダイナーのバーテンダー
モイラ・ハリス(女優)
大塚芳忠ジェフリー・"ジェフ"・テイラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
勝生真沙子エイミー・テイラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
渡部猛ウォーレン・"レッド"・バー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
堀之紀アール(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
檀臣幸ビリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宝亀克寿アル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
西村知道ボイド保安官(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大谷育江ディーク・バー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
立木文彦ベルズダイナーのバーテンダー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
弘中くみ子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
原康義ジェフリー・"ジェフ"・テイラー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
堀越真己エイミー・テイラー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
玄田哲章ウォーレン・"レッド"・バー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
菅生隆之アール(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
平田広明ビリー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
飯塚昭三アル(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
沢木郁也ボイド保安官(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
福田信昭レン・カーバー代理(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
進藤一宏ディーク・バー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作ジョナサン・モストゥ(原案)
脚本ジョナサン・モストゥ
音楽ベイジル・ポールドゥリス
リチャード・マーヴィン(追加音楽)
作詞ジョナサン・モストゥ"This Game of Love"
撮影ダグラス・ミルサム
製作ディノ・デ・ラウレンティス
パラマウント・ピクチャーズ
マーサ・デ・ラウレンティス
配給東宝東和
美術ロバート・ドーソン[タイトル](メインタイトルの場面のデザイン)
編集デレク・ブレシン
字幕翻訳菊地浩司
その他ベイジル・ポールドゥリス(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
82.それほど期待して見始めた訳ではなかったけど、
短めの尺よし、テンポよしでぐいぐい引き込まれる面白さがある作品でした。
見渡す限り砂漠の真ん中のハイウェイでクルマどうしのトラブル。
スピルバーグの出世作「激突!」を思わせる作品の始まり。
しかし、ある事情で妻が蒸発。辻褄が合わない出会った人間の証言。
テンポよく展開を変えながら不条理サスペンスとしてよく出来た作品となっているし、
前半は妻の蒸発をめぐるミステリ・サスペンス、後半はアクション映画としての見せ場も十分です。
トレーラーと犯人は崖下へ。命拾いして放心状態のラストもまた、「激突!」のラストを思い出します。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-05-15 19:43:08)
81.《ネタバレ》 90分間ノンストップのサスペンス。難アリの邦題からは予想もつかないほどのスピーディな展開は目が離せません。カート・ラッセルの強さが超人的なのがちょっとアレだけど。
「激突!」を思わせる難癖つけられトラブルの恐怖→妻の失踪謎解きサスペンス→銀行での静かなる精神駆け引き→素人犯人らの意外なまでの凶悪ぶりにビビる、と怖がらせの種類が豊富なのです。いろんなタイプの緊張詰め合わせ。合間にハラハラカーアクションや肉弾戦、とサービスも満点。
犯人役のJ・T・ウォルシュの老獪な悪辣ぶりが嫌らしいほどにハマり、かなりの強敵なのですがそこはカート・ラッセル主演作ですから、ハラハラしつつも「ラッセルがやられるわけねえ」と絶大な信頼を置いて観られるのも心地良かったです。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-04-27 23:55:38)
80.カーアクションが本当に危なくてハラハラ。
迫力ある作品にするぞ!との作り手の気合を感じました。
雄大なアメリカの風景も良かった。
たんぽぽさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2018-12-07 19:14:17)
79.《ネタバレ》 最初出てきたトレーラーの運転手と次に出てきたトレーラーの運転手が同一人物なのか はたまた彼の勘違いだったのか答えが分からないまま 気になったまんまで最後まで鑑賞。(自分は違う運転手なんだろ 彼の勘違いだよなーて思いながら見てたんですが)とにかく、そこが気になり気になり落ち着かない(笑)途中で何度最初まで巻き戻してズルして答え合わせをしようかと思ったことか でもそんな見方は反則で面白さを欠くんじゃないかと思ったもんで ずっと我慢。
結局、見終えて答え合わせをしてみたところが
①眼鏡掛けてる掛けてないの違い有り。
②上着下に着ているYシャツが明らかに違う。
③帽子のワッペンがギャグかのように違ってる。 
④でもベルトの金バックルはほぼ同じ
という結論出てきた

ということはつまりは、少なからずは変装意識してたのか? なら、なぜ上着自体をガラッと変えない?(そこは変わってないし、わざわざインナーのYシャツだけ着替えてたワケは?) とまあ、そこは撮影上のトリックだったのだろうか それとも適当曖昧だったのか

いやはや、おかげでこちとら変なところで心踊らされてしまいましたよ とにかく答え合わせ出来ぬまんまに最後まで見通すという我慢の90分、正直誰が死のうが誰が助かろうがもうどうでもよかった とにかく早く答え合わせがしたかった。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-11-12 21:41:02)
78.サスペンスのつもりが、いつの間にやらノンストップアクションムービーに。単調な作りだけどそこが良い。
真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2018-03-11 23:30:41)
77.《ネタバレ》 もうね、この手のイライラ映画はウンザリなんですよ。激突とヒッチャーでしょどうせやりたいのは。でもね激突は姿が見えない恐怖ってのが興味を引く訳で、それが先への楽しみに繋がるんですよ。この映画はイヤな人ばっかり出てきて延々イヤな目に遭わされ続けるからひたすら不快なんですよ。やる事なす事何にも上手くいかないし、上手くいかないだけでなく失敗しまくるし、会う人会う人誰一人として味方になってくれないってどこの星の話ですかそれ。ひたすら暴行され続けた挙句に子供に銃を向けられた時はもういい加減にしてくれと俺の不快指数がMAXですよ。サスペンスとイライラを履き違えないでいただきたい。きちんと撃退出来たのと助かったので2点だけ加点。これが精一杯。
にしきのさん [地上波(吹替)] 2点(2016-10-30 18:28:54)
76.意外な展開ではなく、普通の展開で物語はどんどん進んでいく。
この手の映画として分かりやすくありがちな作品だが、主人公に本当にちょっと間抜け感があり、それが多少の緊迫感をもたらしている。
simpleさん [地上波(吹替)] 6点(2016-10-09 15:22:01)
75.《ネタバレ》 この手のミステリーサスペンスものって、誰が味方で誰が敵なんだ?という感じで話が二転三転していくからこそ観客は手に汗にぎって映画にドキドキできるのです。
しかしこの映画では残念ながらそういう展開は一切なし。
ひたすら単調な流れで主人公はいなくなった嫁をただおろおろと探すだけ。

これじゃたぶん全員グルなんだろうなぁ…と思って映画を観ていたらほんとにそうなんだから、もうなんだかもう。

あと、映画の中で9万ドルって言ってたけど、日本円にすると900万円。
2015年総務省発表の日本の一世帯あたりの平均貯蓄額が1805万円だから、その半分しかない。

しかもあの人数で頭割りでしょ?
一人当たりにしたらたかがしれた金額で、リスクなんかを考えるとぜんぜん割にあわない犯罪だと思うんですけど、そのへんどうなんでしょうかねぇ。
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 5点(2016-09-30 23:03:20)
74.《ネタバレ》  アクションというより、『ヒッチャー』を思い出すホラーテイストの強いサスペンス作品ですね。
 この作品は、凝りに凝ったサスペンスにはない、単純が故の恐ろしさがあります。誰がまともな人間なのか、判断できない中盤くらいまでが不気味で面白いです。軽トラックの運転手、レストラン『ベル』の人々、大型トラックの運転手ウォーレン、保安官、誰も信頼できない独特の不安定な雰囲気がたまらないです。
 ただ少しでも人間臭い欲求が見えてしまうと、底が知れてしまうので、怖さは半減してしまいますね。今回の動機は単純に『金』。それがわかったとたん、普通のサスペンスアクションになってしまうのは仕方ないことですが、前半の異様な雰囲気がなくなっちゃってちょっと残念です。
 前半はミステリー要素が否応なしに緊迫感を高めていました。やはり、「『正体がわからない』ということほど怖いものはない」とゆーことでしょう。
 しかしながら一番怖いシーンはと聞かれると、母親が子供に『撃って』と言ったシーンが一番怖かったかもしれないです。なんちゅー母親じゃ。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2014-10-06 11:57:47)
73.《ネタバレ》 かなりなにかどこかでみたことあるようなシチュエイションだけども良く出来てるなー。もうぅいかにも怪しいJTウォルシュが最高。弱弱しいカート・ラッセルもとてもいい(奥さんもさりげなーく美人だしw)。車が止まった原因が配線外れてるってのもちと問題だけど、多少の難点をかきわけるパワー感がナイス。終始B級テイストだけど、それに徹した清い制作姿勢が素晴らしい。変な邦題が残念だけど(普通に読めばブレイクダウンだよね!?)なかなか良作だとオモイマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 7点(2014-07-24 10:10:45)
72.《ネタバレ》 東宝東和によって意味不明な放題をつけられたり(ブレーキダウンって何?)、実は共通点の少ない『激突!』と無理やり関連付けられたり、ジョナサン・モストウが驚異の新人扱いされたりと(モストウは1989年に監督デビュー済)、日本公開時にはやや過剰な宣伝がなされていた本作ですが、肝心の中身は、小細工に走らず一気に見せる、竹を割ったようなサスペンスアクションとして仕上がっています。90分、本当にハラハラドキドキさせられました。。。
本作の構成は極めて秀逸で、『バルカン超特急』のようなミステリーものと見せかけておいて、実は『悪魔のいけにえ』の流れを汲むテキサスものの変種でしたという本編には嬉しくなりました。奥さんがいなくなるミステリー部分にしても、『フライトプラン』のようなおかしな引っ張り方はせず、設定のボロが出る前にさっさとネタバラシをして第2幕へ入ってしまうという思い切りの良さには感動しました。第2幕はノンストップのサスペンスアクションとなるのですが、上記の通り、根底にはテキサスものの精神が横たわっているため、通常のサスペンスアクションにはない不快感が作品のスパイスとなっています。また、犯人像もよく考えられています。この手のサスペンスアクションでは、どれほど不気味な人間にするかという方向性で犯人像が作られていくものですが、本作はそれとは正反対のベクトル、家庭を持ち、意外と良いパパだったりもするという設定を置くことで、その一方で部外者に対してはいくらでも凶暴になれるという残酷性をより強調することに成功しています。これを演じるJTウォルシュのねちっこい存在感も素晴らしく、私が心から死んで欲しいと思った悪役トップ5に名を連ねるほどの印象を残しています。。。
もうひとつ評価すべきは、カート・ラッセルの演技の幅の広さです。従来より多様な役柄を演じてきたラッセルですが、本作ではそんなラッセルの個性が作品に大きく貢献しています。序盤では、田舎者に絡まれても喧嘩になるのが怖くてヘラヘラと誤魔化すような男だった主人公が、徐々にバイオレンスに染まっていくという『わらの犬』的な役柄を見事モノにしています。後半では「普通の男がそこまでやれるか」とツッコミたくなるような過激なアクションもこなすわけですが、ラッセルが本来持つ個性によって、そこに大きな違和感を覚えないという点にキャスティングの妙があります。
ザ・チャンバラさん [DVD(字幕)] 9点(2014-07-15 01:22:19)(良:2票)
71.途中まで単なる『激突』のパクリだと思ってたが、途中からまさかの怒涛の展開になり、最後はダイハードに。ほんとについていけないほどノンストップでバカバカしいけど面白い。こんないろんなもんパクって寄せ集めたようなB級映画ですらこのレベルの出来になるからアメリカ映画は凄いw
Arufuさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-24 00:54:00)(笑:1票)
70.《ネタバレ》 後半、多少ご都合的にはなるが終始ドキドキさせてくれる・・・ので疲れた。
よりさん [DVD(字幕)] 6点(2012-03-10 23:37:58)
69.《ネタバレ》 興奮。スピルバーグの『激突」に近いという前評判でやや期待して見てました。中盤までは「それ程でもねーなー」だったのですが後半からのジェットコースターブリはすごい。主人公達が助かるのはわかっていてもハラハラする。最後の奥さんの行動を見て主人公が戸惑う様もいい。『激突』だとホラーが流行ってた所為か『未知なる』敵だったのが、本作だと家族も友人も持つ『隣に住む人と変わらない』敵だったのもよかった。よし、田舎に泊まろう! それにして人間ってのは冷徹なものだなぁ....。
reitengoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-05-03 09:44:35)
68.ダイ・ハードに匹敵するくらい面白かった。犯人たちがとても憎たらしいので、一発殴る、蹴る、などでも爽快な気分になる。誘拐ビジネスに手を染めていても、妻や子供の前では普通のパパを演じていた、というリアルな設定により、急に身近な話に感じられてくるのが良かった。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2011-03-19 00:03:15)(良:1票)
67.《ネタバレ》 主人公のわき見運転によって危うく事故りかける。その些細なミスが不条理なまでの恐怖の発端のように映される。スピルバーグ『激突!』である。スタンドでの会話、先で回転して止まるトラック。主人公夫婦とともに我々も不安でたまらない。しかしその後夫婦に訪れる恐怖の源は冒頭のわき見運転ではないことが判明する。中盤あたりでほぼ真相がはっきりとする。薄気味の悪い不安感が廃されてしまう。実にもったいない。映画史に残る傑作になり得たかもしれないのに自ら拒んでしまった。ところがここからもけしてつまらなくはならない。むしろカート・ラッセルには不似合いだった普通のおっさんが、いよっ!待ってました!と声をあげたくなるような本来のカート・ラッセルの顔になり、その後のほぼお決まりの、それでいて見応えのあるアクションを堪能できる。前半の不条理を痛快に撃破するカート・ラッセル。実に気持ちのいいアクション映画だった。そして冒頭で見せていた夫婦の関係はもちろんより強固となって一件落着。シンプルなオチが心地良い。
R&Aさん [DVD(字幕)] 7点(2010-05-18 14:26:16)(良:1票)
66.これは、良かった。J・T・ウォルシュのいかにも腹黒そうな悪党ぶりと「ダイ・ハード」ばりのカート・ラッセルの必死の頑張りに拍手!保安官が撃たれて気の毒でした。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-03-15 14:04:23)
65.悪役のJ・T・ウォルシュの存在感が目を引く。ドキドキ感が持続する佳作。
クロさん [地上波(吹替)] 8点(2009-03-15 19:18:29)
64.荒野で高速道路を走っていると、自分が「誰でもいい一人」になってしまう怖さがあるわけだ。そういうものは、たとえば都会の群衆の中でもっぱら感じられるものと思われがちだが、そこは田舎のほうが怖い。都会では全員が無名同士になるが、田舎ではガッチリ組まれたチームの中に無名のよそ者として入っていくことになるわけだから。というわけで前半はへんにリアルでけっこう怖かった。通り過ぎた車が向こうでターンしてこちらを見てる感じ。食堂での田舎の人たちの無関心、無表情。このまま不安感が持続する田舎の迷宮に入っていくって展開だとハリウッド映画にならないから、直接的暴力が襲ってきてレベルが一つ落ちる。でも上映時間90分ちょっとという手ごろ感が好ましい。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 7点(2009-02-24 12:13:48)(良:2票)
63.面白い。ウダウダ考える前に映画が終わる。
Junkerさん [DVD(字幕)] 7点(2009-02-19 00:45:22)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 82人
平均点数 6.66点
000.00%
100.00%
211.22%
300.00%
444.88%
51012.20%
61720.73%
72935.37%
81720.73%
933.66%
1011.22%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review3人
2 ストーリー評価 6.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review3人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 4.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS