タンポポのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > タンポポ
 > (レビュー・クチコミ)

タンポポ

[タンポポ]
1985年【日】 上映時間:115分
平均点:7.22 / 10(Review 127人) (点数分布表示)
公開開始日(1985-11-23)
ドラマコメディグルメもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2022-03-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督伊丹十三
演出鈴木健二(演出助手)
キャスト山崎努(男優)ゴロー
宮本信子(女優)タンポポ
役所広司(男優)白服の男
渡辺謙(男優)ガン
安岡力也(男優)ピスケン
桜金造(男優)ショーヘイ
加藤嘉(男優)センセイ
大滝秀治(男優)老人
洞口依子(女優)カキの少女
黒田福美(女優)白服の男の情婦
津川雅彦(男優)マネージャー
加藤善博(男優)白服の男の子分
横山あきお(男優)中華そば屋のコック
松本明子(女優)アベック
村井邦彦(男優)アベック
久保晶(男優)大三元のおやじ
高橋長英(男優)課長
田中明夫(男優)部長
嵯峨善兵(男優)常務
加藤賢崇(男優)ヒラ
粟津潔(男優)ピスケンの手下
榎木兵衛(男優)ピスケンの手下
橋爪功(男優)ボーイ
上田耕一(男優)タンポポの客
高木均(男優)中華街のおやじ
関山耕司(男優)タクシーの運転手たち
辻村真人(男優)小さい乞食
大沢健(男優)いじめっ子たち
坪井木の実(女優)マナー教室の生徒
北見唯一(男優)歯医者
大月ウルフ(男優)医者
藤田敏八(男優)歯の痛い男
井川比佐志(男優)走る男
三田和代(女優)走る男の妻
原泉(女優)カマンベールの老婆
柴田美保子(女優)女助手
田武謙三(男優)刑事
林成年(男優)連れの男
中村伸郎(男優)老紳士
大友柳太朗(男優)ラーメンの先生
岡田茉莉子(女優)マナーの先生
脚本伊丹十三
音楽村井邦彦
作曲グスタフ・マーラー交響曲第1番「巨人」/第5番第4楽章
撮影田村正毅
笠松則通(撮影助手)
製作玉置泰
川崎隆(製作担当)
企画東海林さだお(企画資料協力)
配給東宝
美術木村威夫
編集鈴木晄
録音橋本文雄
柴山申広(録音助手)
照明加藤博美(照明助手)
その他目黒祐司(スチール)
あらすじ
女手一つで小学生の息子を育てながら夫が残したラーメン屋「来来軒」をきりもする未亡人タンポポの、努力の姿は報奨物でもラーメンの味のほうは・・・。見かねたトラック運転手ゴローが助け舟にと味の特訓を開始する。やがて浮浪者相手のグルメ指導者、味通のお抱え板前、幼馴染の土建屋などが「タンポポ・ラーメン」開店に協力するようになる。下町のキャリア・ウーマン誕生のストーリーに「食と味」をテーマにしたコントをちりばめ、黒澤映画から西部劇に至るまでの東西の古典的名画のパロディーを盛り込んだ味の、いや映画作品の逸品。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
127.《ネタバレ》 『お葬式』に続く伊丹十三の監督第二作目ですけど、この初期二作はサブカル寄りの視点が濃厚で次作『マルサの女』からは社会派的な作風に変化します。でもこの『タンポポ』こそが伊丹の作家性がもっとも色濃く出ているんじゃないかと私は感じます、海外でも評価が高いというのは納得です。 世はあの『美味しんぼ』の連載が始まったころ、膨らみ続けるバブル景気の熱気の中で日本人の関心が食に向き始めてきます。その中であえて伊丹が今でいうB級グルメ的な位置づけだったラーメンをテーマに選んだところは秀逸な観点で、これこそまさに食のサブカルと言えるでしょう。設定やディティールは“ラーメン・ウェスタン”と称するだけあって西部劇のカリカチュアと捉えることができ、登場人物たちを漫画チックなキャラにマッチした撮り方だと思います。ストーリーと並行して挿入される食にまつわるエピソードというか小話がこれまた絶妙。駆け出しの頃だった役所広司を始め、豪華な大物たちがショートコントみたいな寸劇を見せてくれるとはなんと豪華なことでしょう!でもまだ無名だった役所の白服の男の存在感は大したもので、とくに洞口依子との牡蠣のエピソードはヤバいですね。初期の伊丹作品では劇中に一か所はフェティッシュなエロをぶち込んでくるのがお約束ですけど、その中でも直接的な脱ぎや表現はないこのエピソードがエロ度最高峰じゃないかと自分は思います。そして食の映画でもっとも大事なのは、その料理がいかに美味しく見せるかということです。その点では本作でのラーメンは、たとえ深夜に鑑賞していても食べたくてしょうがなくなるまさに“飯テロ”と言ってもいいんじゃないでしょうか。今や定番のネギラーメンは、本作がきっかけで全国に広まったという説があるそうです。あとあまり認識されていないようですけど伊丹十三は音楽のセンスが絶妙で、役所広司のエピソードでのマーラーの使い方は『ベニスに死す』に匹敵するんじゃないでしょうか。 製作から35年経ちましたが、いまだ本作を超える食がテーマの映画は日本映画界では撮られていないのが現実です。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2021-12-18 22:14:38)
126.邦画の面白さが詰まったような映画。
暖かくて笑えてホロリはそうでもなかったが、なんとも言えない気分を良くさせてくれる。
関係ないエピソードは関係なさすぎたw
もう少し本編に近づけた方が良かった気がした。
たんたかたんさん [インターネット(邦画)] 9点(2019-09-23 10:31:54)
125.《ネタバレ》 さえないラーメン屋を立て直すだけの映画。
尺を稼ぐために関係ないエピソードを詰め込みすぎ。
役所広司のエロシーンのせいで少なくとも家族で見れなくなってる。
一番引っかかるのはタンクローリーのドライバーのおっさんがなぜラーメン屋の立て直しができるのかってところ。
ラーメン屋のレクチャーしてるあいだ、本業はどうなっているのかと言いたい。
承太郎さん [インターネット(邦画)] 5点(2018-12-23 03:15:41)
124.名シーンが多すぎる。文句なし。伊丹映画の真骨頂。「邦画はつまらない」と言っておきながらタンポポを見てないやつは信用ならん。せめて、40歳になるぐらいには見ておいてほしい。
よこやまゆうきさん [地上波(邦画)] 10点(2017-10-05 01:47:43)(良:1票)
123.《ネタバレ》 ”ラーメン・ウェスタン”と謳うように、偶然立ち寄った主人公がラーメン屋を再生させる、という内容は西部劇そのもの。
ストーリー運びはいたって真面目で、そのシリアスさと”ラーメン”というある種下らない題材とのギャップがシュールな笑いを誘う。
また、エログロ・シーンや食に関するエピソードが脈絡なく挿入され視聴者を混乱させるが、それは監督の味として、あまり捕らわれずに鑑賞するのが良いだろう。
テンポも良く努力の実るハッピー・エンドであるため、個人的には非常に楽しむことができた。
余談だが、この映画でラーメンを知り、その魅力にとりつかれた外国人は多いそうだ。
ラーメン文化の発展に貢献した功績に、一ラーメン好きとして敬意を表したい。
ポン酢太郎さん [DVD(字幕)] 7点(2015-01-22 15:00:04)(良:1票)
122.「僕は食文化に造詣が深いんですよ」とずっと言われ続けているようで、「ああそうですか」としか言えません。なーんかテンポも悪いし、ストーリーも当たり前すぎるし、挿入されるエピソードも言っちゃ悪いが汚らしいし。「つい食べたくなる」ような映像を目指したのでしょうが、伝わるのはその意図ばかりで、少なくとも当方の食欲はまったく感応しませんでした。伊丹作品は、やっぱりこの後の「社会派」のほうがおもしろいかな。
だいたい、肝心のラーメン自体がまったく美味そうではない。それはおそらく、時代のせいでもあります。今や美味そうなラーメンの画像は、ネットや雑誌にいくらでも転がっています。うちの近所にも、個性的で美味しいラーメン屋が複数あります。まさに「ラーメン戦争」の成果ですね。そういう環境に慣れると、“戦前”のラーメンは食べる気がしません。「レトロ味」ではありましょうが、もし現存すれば、きっと「食べログ」あたりで酷評されることでしょう。
「失われた20年」と言われ、成長が止まったように思われがちな日本ですが、少なくともサッカーとラーメンだけは大きく進化した。そう気づかせてくれたことが、この作品の最大の価値かなと。
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2013-07-19 15:27:09)
121.ラーメンが食べたくなる映画だということは間違いありません ( ‘ j j j ’ )/
アキラさん [DVD(邦画)] 7点(2013-05-28 02:42:03)
120.《ネタバレ》 なんとも風変わりな映画。
ラーメン店の再生ストーリーがメインだが、それとは関係ない食にまつわるエピソードが幾つも挿入される。
それはそれで結構おもしろく、食料品店で桃やパンをブニュッとする老婆や、死にかけの母が作るチャーハンなど印象に残る。
ただ、一つの作品としては散漫に感じるので、こうしたスタイルはあまり好みではない。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 5点(2013-05-24 00:13:20)
119.《ネタバレ》 本編だけで押し切れば良いのに、役所と情婦のエピソードが全く邪魔(他のエピソードも流れを止めてしまっている・・・)

それと改装後のタンポポは小奇麗過ぎやしないかい?
ラーメン屋ってのは脂ぎった店内に、大将の親指がスープに入ったまま『お待ち』って出される位の店の方が旨い!!という私の勝手なイメージ・・・

まぁ~、たかがラーメンされどラーメンてな訳で面白く観れましたけど・・・

あと当時40歳の宮本信子が、今では十分守備範囲の女性なのに気づき、つくづく自分も年取ったもんだな・・・と実感しました。



ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 6点(2013-05-18 16:44:17)
118.最初、じいさんがラーメンの食べ方を説明するシーンがめちゃめちゃオモろかった。
ケンジさん [DVD(邦画)] 8点(2013-05-15 22:38:10)
117.理屈抜きに面白い。桃のぷにぷにや母ちゃんのチャーハンなど、途中のエピソードも印象的。
nojiさん [地上波(邦画)] 10点(2013-05-12 17:56:51)(良:1票)
116.《ネタバレ》 自分にとっての映画の面白さは、
「何度も観たくなる」
「何回観てもオモシロイ」が結構な条件です。


多彩な人物のそれぞれの「食」にまつわるエピソード。
そのどれもが印象的。


もちろんラーメン屋のエピソードも大満足な映画です。
しんしんさん [DVD(邦画)] 9点(2013-05-08 11:08:05)(良:1票)
115.最近の映画で、「世知辛い世の中だけど、美味しい食べ物で人を幸せにしよう。自分のすぐそばにある豊かさに気づこう」みたいな胸糞悪くなるような映画が多くて、食にまつわる映画というのは避けてました。1発ネタだけで勝負してる風に思えちゃうんですね。しかし、実際観てみるとこれがなかなかどうしてどうして(笑)。凄く楽しい映画でした。「食」が題材の映画ではあるんですが、様々なジャンル映画の魅力をこれでもか!と、この一本の映画にありったけブチ込んでいます。西部劇、アクション、友情、恋愛、親子愛、犯罪、美、シュール、生と死、そしてセックス!まるで「これが映画だ!」と言わんばかりです。「映画」で「食」の魅力を表現するのではなく、「食」を通して「映画」の魅力を表現しようとしているようにも思えてくるんです。このへんが、ただ「食」を題材にした「だけ」の映画にはない魅力だと思います。「威勢がいいだけで1ヶ月で抜かれる店」とは違うぜ!って気概を感じます。
ゆうろうさん [映画館(字幕)] 8点(2013-01-23 01:44:52)
114.グルメファン特にラーメン通にとっては欠かせない映画だろう。大友柳太朗を初め懐かしの名優たちが多数出演するなど役者陣はすごい。音楽までマーラーやリストのクラシック音楽を使うのは凝っている。基本的には良い映画でおもしろいが、少々悪のりしているように思うのは私だけか。
ESPERANZAさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-10-29 23:41:14)
113.《ネタバレ》 かなりぶっ飛んだスーパー喜劇ですね。
なるとがペタッ。 (^w^)  
ここから始る怒涛のコメディ。
レストランでのメニュー選びのシーンで、最後、上層部たちの顔が変に色付けされてて まっ赤っか。 (^w^)  
うちの子に(おやつ) を与えないでくださいねって (猿のこどもか 君は。) (^w^)  

それに加えて役所と黒田福美、乳首にお塩を少々、レモン汁をジュワッと。良い子には見せちゃダメなシーンなんだが、そもそも伊丹十三作品、良い子だったら見ないだろうさ そこらへんは まあさ ヨシとしよう。なにかといろいろ面白かった。 でも、あとそうそう、大事なことだね エンディング、、 お乳にむしゃぶりつく赤ん坊のお顔というか お乳そのものをずっと眺めていたい次第ではあったが 画面左半分に流れ出してきたエンドロールのキャストだって確認したいわ お乳だってじっと眺めていたいわ 右見て左見て大変だったわ 最後、ほんと大忙しだった。     でも、一番馬鹿受けしてしまってたのって、スーパーに陳列してあるパンやらチーズやら食材を 手当たり次第に揉みしだいて逃げゆくあの婆さんだったんだよね。あのババアめコノヤロが! (≧∇≦) アハハハハ!
3737さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2012-08-29 21:42:20)(笑:1票)
112.《ネタバレ》 どうですいろんな食に関するお話もとりまぜて、単なるラーメン屋成功譚ではないでしょ?という入れ込み方が作為的すぎて、かえって発想の底が透けて見えてしまうのが難点。ただ、エンディングの授乳シーンがもたらす原始的な破壊力は、作品本体のメッセージときちんとつながっており、これがなかったらつまらなくなっていたと思う。あと、個人的には、あまりにピカピカに綺麗で上品すぎるラーメン屋って、美味しかったことないんだけどな。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-08-27 00:14:40)
111.どうして関係ない話が入るのかな? 全部「食」に関係してはいるけど…。これには賛否あるようだが、私は「否」の側で。特に変態プレイは要らなかった。タンポポさんとゴローさんたちの話は面白いです。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-08-25 16:30:24)
110.《ネタバレ》 いや~面白いなぁ。邦画でもこんな面白い映画があったんだ!
食を扱った映画なら、変に真面目に作るよりこんなタッチで作ってくれたほうが自分としては好き。
本編と関係ないエピソードがまた面白い。ちょっとエグいのもあるけれど、単なる箸休めを通り越してすごく味がある。泣き笑いしてしまうお母さんチャーシュー編も良いけれど、僕が感心したのはこどもアイスクリーム編で、「オヤツを与えないでください」と書かれたカードをぶら下げた男の子が、欲しそうに左手をニギニギしてしまうシーンだ(笑)まさに本能の成せる技が面白いなぁ。
ハッピーエンドなのも後味が良い。監督の才能を感じさせる作品。
mhiroさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2012-08-22 20:09:09)(良:1票)
109.伊丹作品の中では一番好きな作品。ラーメン屋が舞台、マカロニウエスタン風の展開と、
判りやすいオーソドックスなストーリーに、本筋とはまったく関係のない、
食に関する様々なエピソードを劇中に織り込んだ、何ともヘンテコな作りの映画。
にもかかわらず、これが最後までまったく飽きさせず、してやられたという印象を覚えてしまう。
キャスティングに関しては何も問題なく、いかにも役者という人ばかりが出演しているので、
安心して観ていられる。徹底的な「食」に対するこだわりが興味深く、大変面白く鑑賞できた。
MAHITOさん [ビデオ(邦画)] 7点(2012-08-19 03:58:35)
108.画面に映る人物が常になにかしらの料理を食っているという状態が最初から最後まで続く。だが、これがなかなか映像的に飽きさせない。出てくる料理がどれもおいしそうで、見ているこっちの方の食欲をそそるからだろうか。ストーリーは王道展開でこれも悪くない。
peeperさん [DVD(邦画)] 6点(2012-06-25 15:43:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 127人
平均点数 7.22点
000.00%
121.57%
200.00%
310.79%
443.15%
5107.87%
62318.11%
72721.26%
83426.77%
91310.24%
101310.24%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.77点 Review9人
2 ストーリー評価 6.25点 Review12人
3 鑑賞後の後味 6.76点 Review13人
4 音楽評価 4.88点 Review9人
5 感泣評価 4.12点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS