プリティ・ヘレンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プリティ・ヘレン
 > (レビュー・クチコミ)

プリティ・ヘレン

[プリティヘレン]
RAISING HELEN
2004年【米】 上映時間:119分
平均点:5.45 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-03-04)
公開終了日(2006-04-28)
ドラマラブストーリーコメディ
新規登録(2005-11-28)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2013-01-05)【レイン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ゲイリー・マーシャル
助監督エレン・H・シュワルツ
キャストケイト・ハドソン(女優)ヘレン・ハリス
ジョン・コーベット(男優)ダン・パーカー牧師
ジョーン・キューザック(女優)ジェニー・ポートマン
ヘイデン・パネッティーア(女優)オードリー・デイヴィス
スペンサー・ブレスリン(男優)ヘンリー・デイヴィス
アビゲイル・ブレスリン(女優)サラ・デイヴィス
ヘレン・ミレン(女優)編集長 ドミニク
ショーン・オブライアン(男優)ポール・デイヴィス
アンバー・ヴァレッタ(女優)マルティナ
ジョセフ・マッゼロ(男優)ピーター
パリス・ヒルトン(女優)アンバー
エレン・H・シュワルツ(女優)
トレイシー・ライナー(女優)
ゲイリー・ジョーンズ[衣装](男優)
キャサリーン・マーシャル(女優)
ヘクター・エリゾンド(男優)(ノンクレジット)
ラリー・ミラー(男優)(ノンクレジット)
音楽ジョン・デブニー
挿入曲サイモン&ガーファンクル"At The Zoo"
ヒラリー・ダフ"Sweetest Pain"
デヴィッド・ボウイ"Fashion"
撮影チャールズ・ミンスキー
製作アショク・アムリトラジ
デヴィッド・ホバーマン
製作総指揮マリオ・イスコヴィッチ
エレン・H・シュワルツ
配給ブエナビスタ(全米配給)
ギャガ・コミュニケーションズ
美術スティーヴン・J・ジョーダン(プロダクション・デザイン)
ウィリアム・ハイニー
衣装ゲイリー・ジョーンズ[衣装]
編集ブルース・グリーン[編集]
その他ギャガ・コミュニケーションズ(提供)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.ゲイリー・マーシャルもケイト・ハドソンも得意とはいえないのに見たのは、アビゲイル・ブレスリンが出てるから。 監督としては、自分の映画に2本も起用していながら他の映画(「リトル・ミス・サンシャイン」)で有名になったのは、ちょいとシャクなんでは? 「サイン」の次あたりであれのようにママが死んでしまう役、泣きの演技が上手。 ヘレンの養子の一人で兄スペンサーと共演、ヒポ(カバ)のぬいぐるみが小道具で、靴ひもを結ぶエピソードがよかったです。 ストーリーは説得力なく、作りも古く、ヘレンも魅力なく。(世話になった牧師さんに誘われると、急に小バカにした態度に出るのがカンジわるかった)
レインさん [DVD(字幕)] 5点(2013-05-03 07:00:00)
10.DEVOかよw
Mazelo Nostraさん [DVD(字幕)] 4点(2011-10-16 19:09:42)
9.この作品をラブストーリーの棚に置いて欲しくないんだよなー。邦題のせいかな。ケイトは頑張ってたと思うけど、役にあまり魅力がなかったかな。いまひとつ。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 5点(2008-07-20 14:30:38)
8.《ネタバレ》 ラブストーリー色は薄くコメディチックな映画でした。主役のヘレン役のお姉ちゃんの豊かな表現力が光ってました。飼っている犬の名前がオリガミだったり、飼い亀の腹にドクロマークを書き込んだり、女の子のお気に入りの人形の名前がヒポ(その子が書ける字はそれだけ)だったりと、細部に笑いを散りばめていて仄々した目で見ることが出来ました。肝心のラブストーリーですが学校の校長(牧師)とするっていうのは日本人から見たらどうも慣れ親しめない気はしました。総じて面白い映画だったと思います。
xxxsiroさん [DVD(吹替)] 7点(2008-01-17 19:29:41)
7.《ネタバレ》 くらーい気分の時に観たので、なんか明るくなれた。近所の奥さんやお姉ちゃんすごいわ。日本のおばさんもあれぐらい堂々とオバサンしてもいいと思うよ。相手を思っているからこそ、人にぶつかって行くのがカッコイイ。「デスパレートな妻たち」のリネット役の人や「SEX and the CITY」のエイダンの人が出ているのもちょっと発見でした。
グレースさん [DVD(字幕)] 7点(2007-09-11 19:43:28)
6.アメリカンポップに親しみやすさを感じる。子どもが可愛いかった。母性が目覚めるような作品。犬の名前がオリガミというのが面白い。
PINGUさん [DVD(字幕)] 6点(2006-12-20 04:02:11)
5.《ネタバレ》 子育てとはそんなに甘いもんじゃあないのだよ、ヘレンくん。復職して、で、また子供たち引き取って、どうしようっていうの。「二兎追う者は一兎をも得ず」っていうでしょ。ヘレンときたら仕事に男に子供、3つも追ってるんだもの。先々どうなるかは目に見えているわよ、まったく。まぁ、映画だから、ありえないハッピーエンドもありってことでいいかと言い聞かせてこの点数。
あやりんさん [DVD(字幕)] 5点(2006-12-09 16:04:06)
4.《ネタバレ》 過去の栄光を背負っているおじさんは、もうまったく若いやつのことが分からない。
「今何が流行っているのかなあ。若い子は何を考えているのかなあ。」
無理をしてでも、ウケるものをつくらなければならぬ。
なぜならおじさんは、ゲイリー・マーシャル様であるからだ。(おじさんというよりおじいさんだけど)
「そうだ、このごろ姉妹の確執を描くのがオンタイムらしいぞ。これならきっと外さなくて済む。」
「それだけでは心もとないので、〝母性〟を絡めとけばマチガイないであろう。なにしろ〝母性愛〟はハリウッドではオールマイティのカードであるからな。」
「それで要所要所に大音量で歌入りの曲を流しておけばよい。」
「相手役の男は、とにかく万人ウケのするハンサムなら誰でもいいぞ。」
「犬の名前はオリガミがいいぞ。意味はよく知らないが他の映画でも聞いた名前で、オリエンタルでタイムリーだろ。」
ああ困ったことだ。
おじさんはそんなに無理してまで映画を撮らなくてもいいよ。
同じおじさんといっても、コメディのセンスがあるロブ・ライナーとは違うのよ。
あーたの場合は、平均年齢50歳以上の枯れたキャストを集めて、しんみりと人生の秋でも語ったほうが向いてると思うわよ。
今どき、アフターファイブにディスコで踊り狂うのが趣味だなんて、日本のOLですら考えないって。そんなくたびれるだけのこと。おまけにお約束のように初対面の男をお持ち帰りですか。エイズも性病もなんのその。いつの時代の話だって。それで15歳の姪がプロムの夜に初モーテルですか。相手はDJ。すべて書き割りの世界。想像力の貧困なおじさんの思いつくことといったらこの程度なんですねえ。
というわけで、「全く」面白くなかった。もともとケイト・ハドソンが嫌いであるうえに、彼女の「妹性」を悪方向に押し出すようね下品なキャラ。計画性も責任感もゼロ。スタンドプレーを賞賛し、なんでもその場しのぎで片付けてなんの自省もないおバカなヘレン。「こういうのが現代の女性像にマッチしてウケるであろう」と思っているマーシャル様は、救いようがない情報不足であるうえにセンスもなし。彼の時計は80年代で止まったまま…ケイト・ハドソンはあまり作品に恵まれないタイプかも。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 3点(2006-10-22 13:25:11)
3.《ネタバレ》 主役がケイトだからなんとか観れたという感じ。いくら遺言でも、子供を3人もそれもいきなり引き取るか疑問。全面的にもっとコメディの要素を押し出したほうが面白かったかも。ダン牧師の「ケ~ブルガ~イ」とデートを申し込まれたすぐ後にみんなで悪口を言うところはすごくおかしかった。単純な話しなので時間も短めの方が良いと思う。
よっさんさん [DVD(字幕)] 5点(2006-09-06 00:04:14)
2.んー微妙かな。ケイトの笑顔だけが救いです。中途なドラマにするならもっとコメディ要素を取り入れてほしかったなぁ。ゲイリー・マーシャル作品の常連俳優が結構出ていて探すのがおもしろかったです。「プリティ・プリンセス」で勲章を授けられた警官の俳優がご近所さんの役で出ていたのは笑えました。しかし相変わらずケイト(エージェントが悪いかもしれないが)は作品選びが下手やと思いました。魅力的な女優なのだからもっと上質な作品に出てほしい。
ギニューさん [DVD(字幕)] 6点(2006-08-21 19:52:28)
1.敏腕のキャリアガール(ケイト・ハドソン)が他界した姉夫婦の子供を預かって、子育てと仕事の両立させようと奮闘する心温まるコメディです。キャリアガールとして格好良いケイトはイケイケで、一昔前のバブル期のテレビドラマみたいです。子供たちを預かってそこから落ちて、それでも人生を肯定的に楽しんでいこうとする、そういう展開で予想できる範囲の内容です。子供の異性付き合いに対してすごく厳しいのが、これがアメリカの現状なのか、たまたま、そのように描いているだけなのか、どうなんでしょう。欲を言えば、どうしてケイトがどうして子供たちを引き受けたのか、もう少し説得力ある説明が欲しかったです。ケイトの極上の微笑み、大口開けての馬鹿笑い、意味のないズッコケを見るだけで楽しめるならば、充分お薦めです。
カオナシ3号さん [DVD(字幕)] 7点(2006-08-21 16:46:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 5.45点
000.00%
100.00%
200.00%
319.09%
419.09%
5436.36%
6218.18%
7327.27%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.66点 Review3人
2 ストーリー評価 6.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review3人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 7.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS