スパングリッシュ 太陽の国から来たママのことのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと
 > (レビュー・クチコミ)

スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと

[スパングリッシュタイヨウノクニカラキタママノコト]
Spanglish
2004年【米】 上映時間:131分
平均点:6.71 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-01-14)
公開終了日(2006-04-28)
ドラマコメディロマンス
新規登録(2005-11-28)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2019-08-30)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・L・ブルックス
助監督ブルース・A・ブロック(第二班監督)
キャストアダム・サンドラー(男優)ジョン・クラスキー
ティア・レオーニ(女優)デボラ・クラスキー
パズ・ヴェガ(女優)フロール
クロリス・リーチマン(女優)エヴァリン
ジェイムズ・ランカスター(男優)
トーマス・ヘイデン・チャーチ(男優)
森川智之ジョン・クラスキー(日本語吹き替え版)
渡辺美佐〔声優〕デボラ・クラスキー(日本語吹き替え版)
津村まこと(日本語吹き替え版)
大西健晴(日本語吹き替え版)
東條加那子(日本語吹き替え版)
脚本ジェームズ・L・ブルックス
音楽ハンス・ジマー
挿入曲クリスティーナ・アギレラ"Ven Conmigo (Solamente Tu)"
撮影ジョン・シール
製作ジェームズ・L・ブルックス
リチャード・サカイ
コロムビア・ピクチャーズ
ジュリー・アンセル
リチャード・マークス[編集](共同製作)
製作総指揮ジョーン・ブラッドショウ
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
衣装シェイ・カンリフ
編集リチャード・マークス[編集]
ティア・ノーラン(共同編集)
その他ブルース・A・ブロック(プロダクション・コンサルタント)
ジョナサン・ローラン〔男優〕(assistant: Mr. Sandler)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.《ネタバレ》 喜怒哀楽の激しいデボラのキャラが楽しい。
ティア・レオーニのような美女がこんなエキセントリックでコミカルな役をやるとギャップにやられる。
『天使のくれた時間』では理想的な妻だったけど、今回はその真逆。
全然悪気はないのだが独善的で無神経なところもあるので周りが振り回される。
家政婦として雇われた英語のできないフロールもやたら自尊心が強くて媚びることはなく、子供のことが関わると言いたいことをズケズケ言うものだから、間に挟まった夫のジョンがたまったものではない。
それでも悪人は一人もいなくて心根はみんな温かいので、ハートウォーミングなドラマで癒される。

貧しいヒスパニック系と富裕層のアメリカ人のギャップを浮き彫りにした社会派の側面も。
ただのコメディではなく、貧富の差や人種の違いからくる誤解や葛藤を巧みに描いた佳作。
シリアスなものをしっかり描いているからこそ、おかしみも活きてくる。

デボラはどうしようもないバカ女だけど憎みきれない。
娘のクリスティーナにエリート学校辞めさせるフロールは、親としての教育方針とはいえちょっとやりすぎ。
それでも娘が素直でいい子だから、反発しながらもちゃんと母の愛を受け入れる。
ただ、あの状況では子供なら友達のできた学校に執着してもう少しゴネるのが普通で、すぐに母に寄り添ったのは聞きわけがよすぎてリアリティに欠ける。
冒頭とラストにあるクリスティーナの大学入試の小論文は、その真っ直ぐな成長ぶりがうかがえて良い演出だった。
飛鳥さん [インターネット(字幕)] 8点(2013-06-28 21:18:26)
16.楽しめた。勝手に感動物と思い込んで見たら中身ほぼコメディー(^O^)サンドラーとレオーニだし♪しかしレオーニが霞むパズ・ヴェガの美しさたるや!ラブラ犬笑える(笑)
movie海馬さん [地上波(字幕)] 6点(2012-04-10 22:11:42)
15.《ネタバレ》 期待していた程でもなかった、というか期待していた物とは違いました。

キャスティングは、とても良かったです。特にヒステリックで強烈なキャラクターのデボラを演じたティア・レオーニの顔芸、もとい突き抜けた演技が最高!
役者の力あってこその、コメディとしてのこのクオリティだと思います。
ただ、ハートフル・コメディと聞いていたので想像していたよりも遥かにシリアスなストーリーに驚きました。シリアスなテーマをコメディ・テイストで描いて成功した作品は山ほどありますが、この作品ではそれがマイナスになっていた気がします。
なんというか、脚本と演出のテンポが噛み合っていないような感じです。

内容としては、フロールの母についてもさることながら…個人的には、成長したクリスティーナが見事に影響を受けている事に違和感が。
いくら成長したと言えども18歳の少女が全てを受け入れ、あんな小論文を書くのかと。なんだか人間味が感じられなくて、最後の最後に少しガッカリしてしまいました。

それと、やはりジョンとフロールのロマンスは必要なかったのではないかな?
ヤツさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-12-20 02:58:47)
14.《ネタバレ》 フロールの気持ちも理解できるが、やっぱりクリスティーナの人生だから、彼女の意見を尊重してあげてほしかった。これもアメリカの現実の一つなのだろうとは思う。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-05-20 21:08:56)
13.高いお金払ってあんなわがままなメイドは雇いたくないと思った。プライド高すぎ。
HRM36さん [DVD(字幕)] 5点(2010-01-16 20:16:48)
12.《ネタバレ》 自由の国であり移民大国であるアメリカでさえ、異なる人種間が理解しあうことが簡単でないことを教えてくれる作品でした。何というか、アメリカという国の中に目には見えない国境が引かれているみたいですね。ストーリー的には人種間のすれ違いやそれぞれの家族のあり方についてユーモアを交えながら描いており非常に楽しめるものになっています(出演者たちの演技も素晴らしいです)。

 ラストのフロールの決断については、ちょっと前までの日本だったら支持する意見が多かったんでしょうが、今は「何で?」と疑問視する方も多いんじゃないですかね。まあ、この作品では(主に白人により形成されている)アメリカ文化を揶揄している部分が多いですけど、一つの国家の中で様々な民族意識が強情なまでにぶつかり合うのもどうかと個人的には思います。
TMさん [DVD(字幕)] 8点(2008-05-10 21:28:29)
11.典型的アメリカンでポジティブなWASPの母親、そして片意地を張りながらアメリカ文化になじもうとしないメキシカンの母親。どちらも子供にとっては不幸な環境に思えました。劇中の料理はどれもおいしそう。特にA・サンドラーが夜食(?)につくった目玉焼付サンドイッチ+ビールにはよだれが出そうです。

kaaazさん [DVD(字幕)] 7点(2008-03-15 00:42:50)
10.ファミリーコメディが好きなので、かなり楽しめました。ロマンティックな部分も魅力的です。そして、キャストが素晴らしいと思いました。皆個性的ですが、どこかにいそうです。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 9点(2007-11-26 17:46:25)
9.パズ・ヴェガ、きれいですねえ。それだけでも観てよかったと思ってしまいました。でも、ちょっと自分勝手な登場人物が多くて、感動する以前に、イライラしてしまって、あまり楽しめませんでした。
かねたたきさん [DVD(吹替)] 5点(2007-08-18 15:21:59)
8.コメディとしては上質。でもそれだけにシリアスな部分がどうにも私にはしっくり来ませんでした。ママ役の役者さんが美しかったのは印象的。
ライヒマンさん [DVD(字幕)] 6点(2007-07-08 22:21:15)
7.こういう、親の好みや事情に子供が振り回される、っていうのはよくあるのでは。でもティア・レオーニの天然ママがいちばん子供子供しててほんとに楽しく面白かった。しかし、そのキャラクターでもってシリアスな方向に話を進めてしまうこの映画。場面場面はコメディータッチなのに話の本筋はシリアスというところがこの映画のよう解らんところです。それにしてもあのオカンばあさんが天然娘ママに「今日は行くな」とか言って止めたりしなかったら、すべてはなんとなくまるく収まってたのではと思いますが、笑。
メロメロさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-05-19 00:15:44)
6.シェルビー・ブルースの英語とスペイン語の同時通訳場面が面白い。娘が感化されないように周囲との関係を絶つことが正しいことなのかどうかは分からないが、母親の揺るぎない愛と信念を感じる趣深い作品だった。
PINGUさん [DVD(字幕)] 7点(2006-12-20 04:26:01)
5.《ネタバレ》 これは愛情の物語ですね。作品の雰囲気が良く会話劇も楽しくて何時間でもこの家族と使用人の物語を見ていたかった。最後のレストランのシーンには魅せられました。そして何と言ってもパズ・ヴェガの魅力に尽きます。まさに"ゴージャス"で惚れぼれしてしまいました。
ギニューさん [DVD(字幕)] 8点(2006-11-09 20:37:28)
4.この映画2年前に飛行機の中で見ました。なんだか自分だけの宝物を見つけたような、とっても暖かい気持ちになりました♪
さらさん [DVD(字幕)] 9点(2006-09-21 14:44:22)
3.もうなんと言ってもパズ・ベガ♪ 彼女を見ているだけで幸せ気分!♪
しかし脚本的にはこの映画の良さは判りにくいだろう?特にこの国に住んでいたら…。
「幸せであることの定義」を常に身を取り囲む物質の量と貨幣的価値や他者からの評価に求めてている自分たち(西海岸生活者&アングロサクソン)を自己批判的に皮肉りながら、でも決してその事実を変節はしない事を踏まえて「笑い飛ばしている」映画なんてそれ以外の文化圏で受ける訳がない…。それにしてもパズ・ベガ♪(笑)
crushersyuさん [DVD(吹替)] 8点(2006-07-17 19:20:14)
2.とにかく長い。これと言った山場がないので、中盤飽きてくる。つまらないと言い切る程ではないけど、だからと言って心に残る物もない。
よっさんさん [DVD(字幕)] 4点(2006-06-23 09:43:28)
1.涙がだだ~っと出る感動作らしいと聞いていたんだけど、ちょっと違っていた感じです。映画の中の裕福な白人夫婦(アダム・サンドラーとティア・レオーニ)はヒスパニック系の使用人にも人として平等に接しようとし、子供の教育問題にまで手を差し伸べようとする。しかし、それは実は裕福であるがゆえに満たされない自分の中の何かを埋めようする妻の偽善であったり、不仲の妻との間で愛情に飢えた夫の下心の裏返しであったりする。善良で進歩的な白人夫婦と高潔な(そして美人の)ヒスパニック系シングルママの心温まる交流が描かれ、口当たりの良いホームドラマのようでいて、そうしたアメリカの裕福な白人の偽善性や豊かさの中で満たされない飢餓感のようなものも毒味として盛り込まれている。アメリカでは結構ヒットしたそうですけど、「そうだよ。俺たちは貧しいけれど心まで貧しいわけじゃない」というメッセージにたぶん「下流社会」の少なからぬ人々が共感したのかな。
しまうまさん [映画館(字幕)] 6点(2006-01-26 17:59:26)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 6.71点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
415.88%
5317.65%
6423.53%
7317.65%
8423.53%
9211.76%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review4人
2 ストーリー評価 6.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 3.66点 Review3人
4 音楽評価 3.50点 Review2人
5 感泣評価 3.00点 Review2人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

2004年 62回
作曲賞ハンス・ジマー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS