恋するための3つのルールのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 恋するための3つのルール
 > (レビュー・クチコミ)

恋するための3つのルール

[コイスルタメノミッツノルール]
Mickey Blue Eyes
1999年【米・英】 上映時間:102分
平均点:6.00 / 10(Review 46人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-09-23)
コメディヤクザ・マフィアロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2007-12-16)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ケリー・メイキン
キャストヒュー・グラント(男優)マイケル・フェルゲイト
ジーン・トリプルホーン(女優)ジーナ・ヴィターレ
ジェームズ・カーン(男優)ジーナの父 フランク・ヴィターレ
バート・ヤング(男優)マフィアのボス ヴィート・グラツィオージ
ジェームズ・フォックス〔男優〕(男優)マイケルの上司 フィリップ・クロムウェル
ジョー・ヴィテレッリ(男優)ヴィートの配下 ヴィニー
マーク・マーゴリス(男優)
音楽ベイジル・ポールドゥリス
撮影ドナルド・E・ソーリン
製作チャールズ・マルヴェヒル
製作総指揮エリザベス・ハーレイ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
美術トム・ウォーレン[美術]
衣装エレン・マイロニック
字幕翻訳太田直子
その他チャールズ・マルヴェヒル(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
46.気軽に楽しめる作品です。特にヒロインのお父さん役ジェームズ・カーンが好きだなぁ。ブラックな中身も軽いタッチでコメディにしていて、だいぶありえない設定ですが、その軽さが好きです。
LOISさん [地上波(吹替)] 6点(2014-05-21 14:32:33)
45.ヒュー・グラント主演のロマンティック・コメディー。
思ったよりコメディー色は強くなく、数々のエピソードが笑いに直結していないせいか、
どうしても中だるみを覚えてしまう。一応お話はうまくまとめているし、
ラストの捻りもあるのだが、こちらも古いパターンでありきたり、先が読めてしまった。
この手のコメディー作品としては今一つ。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 3点(2011-08-04 14:21:04)
44.ヒュー・グラントとマフィアなんて全く無縁な感じですが、これがコメディー調でありながらも妙に真実味もあり巧い具合にマッチして面白い楽しい作品になってます。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-08-16 23:20:21)
43.《ネタバレ》 茶番に憤って、あの場で娘を殺すように部下へ命じるなんて展開は理解に苦しむ(直情径行のマフィアという設定でも「あの場で」ではただの馬鹿です)。
解決をいかに扱うかが何よりの芸当ですからね・・・評価は下がる。
カラバ侯爵さん [地上波(吹替)] 3点(2007-12-13 15:46:22)
42.ひどい邦題は数々あるけど、この作品もそのひとつ。ヒュー・グランドを好きな訳ではないけど、彼がジーン・トリプルホーンにメロメロの青年役というのが、メチャ違和感。
Mirandaさん [地上波(字幕)] 5点(2006-08-17 23:50:02)
41.全く予備知識は無くノッティングヒルみたいなベタベタラブコメディを予想して見始めたら、なぜか結婚を拒否る彼女、そしてクレメンザっぽいおっさんとジェームズ・カーンが出てきた瞬間どういう映画か理解しましたよ。いや~このアナライズミーをもっと庶民的にした話、マフィア映画好きにはたまりませんな。大人数で見たのですが、マフィア映画のパロディ的な部分が多く、マフィア映画好きほど笑い始めるのが早かった(事が起こった瞬間にそれがどういうことか理解できる)のでマフィア映画好きの人にはよりお勧めできます。それにしても主人公は「マイケル」、ヒロインは「ジーナ(スカーフェイス)」、ボスは「ヴィート」ってのは名前遊びでしょうか。もっとこの手のマフィア映画やってくれ~(このレビューでマフィア映画って5回も言ったな…)
Arufuさん [DVD(字幕)] 9点(2006-05-21 22:51:43)
40.お父さんのキャラクターがよかったです。時間もちょうどイイし、くすりと笑える箇所もたくさんあって、良い休日を過ごせました。
やいのやいのさん [地上波(吹替)] 6点(2006-03-16 19:01:51)
39.流石ヒューちゃん!!いい味出してる。恋愛ものかと思ったらコメディーだったけど、かなり笑えて良かった。
地理10/2005さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-10-28 16:58:33)
38.いやぁ、面白いよコレ! コメディというよりも、とことんマヌケなのが非常に良い。テンポの遅れた笑いというのは、斬新で楽しくってしょうがない。無理してマフィアを演じるマイケルと、仕事はキッチリやりとげるマフィアの面々が滑稽でたまんない。ジェームズ・カーンを起用しているところといい、『ゴッド・ファーザー3』を踏襲するところといい、…て、チャールズ・マルヴェヒルってひと、『ゴッド~3』の製作に関わってますがな。納得。この映画は、我が家の棚のマフィア系ジャンルのDVDでは、燦然と輝くコメディとして君臨しております。平均点が低い理由は、”3つのルール”の3つにこだわる必然性が全く無かったこと。これだけが残念に尽きます。タイトルで損していて非常にもったいない。ヒュー・グラントが演じているだけあって、アメリカン・コメディというよりも、ブリティッシュ・コメディの要素が強いです。
どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(吹替)] 8点(2005-09-12 23:42:46)
37.確かにラヴ・コメディと言うよりもマフィア・コメディだし、カルチャーの違いを笑いにするパターンも非常にありがち。キャスティングからしても新鮮味に欠けてます。特にジーン・トリプルホーンに魅力が足りない為、前半が全く面白くない。それに事故とは言え、人を撃ち殺した彼女に何のお咎めも無くハッピー・エンド? 荒唐無稽なコメディ映画にしたって、これは気の利いた設定とは思えません。さて、謎が謎を呼ぶ問題の「恋するための3つのルール」ですが、私の解釈は以下の三つ。①“R”は発音しない。②“T”は“D”で発音する。③喋らない。いかがなもんでしょうか? 3点献上。
sayzinさん [地上波(字幕)] 3点(2005-04-10 02:16:13)
36.意外と面白かった。ヒューグラントのキャラクターのせいかもしれないけど。あのお父さんのマフィアっぽくない優しいところが良かった。だけどどこが3つのルールなの?タイトルは空振りのような気がします。
civiさん 5点(2004-10-27 16:39:01)
35.確かに、笑える。でも全体のシナリオが今ひとつ。ヒュー・グラントに+1点で、全体評価は5点。軽く見たい人、端折って見たい人向けかも?じっと見る映画ではない気がした。マフィア系コメディだと、「アナライズ・ミー」のほうが笑えて、作品自体面白かったような?
joumonnさん 6点(2004-10-27 04:26:47)
34.《ネタバレ》 どちらの題もよくなかったと思う。内容はおもしろいのにもったいない。最後にジーナが撃たれたときは、え、こんなんで終わっちゃうの?と思ったけど違ってよかったです。生きてましたね。
トナカイさん 7点(2004-07-10 20:09:01)
33.結構、おもしろいと思います。邦題は、滅茶苦茶ですね。かといって、ミッキー・ブルー・アイズだともっとわからないでしょうね。
じろうさん 7点(2004-06-24 01:12:15)
32.やくざのオヤジね~ まあ,コメディってことで.この手の主人公はヒュー様にお任せします.
マー君さん 5点(2004-06-16 21:02:30)
31.笑えるとこは笑えるが、笑えないところは笑えない。
PADさん 5点(2004-06-04 14:47:16)
30.予備知識なしで、いったいどんなラブロマンスなんだろうと思いきや…。【ラブコメ大好き!】さんのレビューを見て理解しました。3つのルールってそうゆうことだったのね。邦題に騙されました。そうゆう名前の付け方は止めてもらいたいわ。まっ内容は面白かったんで、良しとしよう◎
西川家さん 7点(2004-05-19 16:40:56)
29.英国と米国のカルチャー・ギャップが面白かった。それにしても、ヒュー・グラントの走り方って変。オカマみたいにグーの手で振り回しながら走るのだけは止めていただきたい。
c r a z yガール★さん 7点(2004-04-03 06:22:15)
28.楽しめました。マフィアの真似をして悪っぽく見せようとしたヒュー・グラントの表情が印象的でした。ジェームズ・カーンやバート・ヤングの脇役たちも良い味出してたし、ジーン・トリプルホーンも良かったです。分かってはいても最後のオチにはニンマリでした。深く考えなければ楽しめる作品では。
ゆきむらさん 8点(2004-03-29 16:21:07)
27.ヒューの出演作はこれを含め4本しか観ていないので、確としたことはいえないのですが、イギリスが舞台で、市井の普通の人々が脇役で出ていないとこの役者は活きないのかな、という気がしてしまいました。主人公がオークション会社の雇われで、その婚約者がマフィア関係者の娘という設定は悪くはないのですが、面白いとは感じられませんでした。多分、主人公の役柄がそんなに優柔不断でないところがそう思わせる原因なのかもしれません。
南浦和で笑う三波さん 4点(2004-03-29 03:06:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 46人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
348.70%
436.52%
5817.39%
61430.43%
71021.74%
8510.87%
924.35%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.40点 Review5人
2 ストーリー評価 5.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.33点 Review3人
4 音楽評価 6.00点 Review3人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS