家路(1943)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > 家路(1943)
 > (レビュー・クチコミ)

家路(1943)

[イエジ]
Lassie Come Home
ビデオタイトル : 名犬ラッシー/家路
1943年【米】 上映時間:88分
平均点:6.25 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ドラマシリーズもの動物もの
新規登録(2005-12-23)【マイアミバイス】さん
タイトル情報更新(2012-06-27)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フレッド・M・ウィルコックス
キャストロディ・マクドウォール(男優)ジョー
エリザベス・テイラー〔女優・1932年生〕(女優)プリシラ
ドナルド・クリスプ(男優)ジョーの父親
エルザ・ランチェスター(女優)ジョーの母親
ナイジェル・ブルース(男優)ラドリング公爵
エドマンド・グウェン(男優)ローリー
メイ・ウィッティ(女優)
原作エリック・ナイト
脚本ヒューゴ・バトラー
音楽ダニエル・アンフィシアトロフ
あらすじ
名犬ラッシーの映画版第1作。ヨークシャーに住むカラクルー家は貧困から、利口な飼い犬ラッシーを侯爵家に売ることになってしまった。ラッシーはいつも4時になるとカラクルー家の少年ジョーを迎えに学校へ行っていたのだったが・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 Lassie Come Homeで邦題を名犬ラッシーとしてしまいそうなところ、敢えて「家路」としたセンスは見事。
前半のスコットランドに行くまでのストーリーは、家庭内の環境や親子関係の描き方などにアラが出ていてちょっとお子様向けな印象があったのですが(公爵がやたらと高圧的だったり、金がないと言いながらもモリモリとおやつを食べている)、その一方で後半の「家路」を突き進むラッシーの描写は良かったです。
道中の過程で4つのプロットが挿入されていて、羊飼いの犬とのバトル、老夫婦に助けられ、行商人に女王様扱いを受け、ビルの窓から飛び降りて怪我を負いながらもはるばるとヨークシャーの自宅まで辿り着くまでの過酷な旅は、どのプロットにもハラハラドキドキさせられたりホッコリと心温まるような物語があったりと非常に見ごたえのあるものだったと思います。
この映画のラッシーは出てきたどの人間にもなつこうとはせず余り愛想が良いとは言えない雰囲気を出していて、誰にでもすぐになついてしまうような犬もそれはそれでまた可愛らしくて良いのですが、ご主人様の所にのみ近づいて行って愛情を受けようとする姿はまさに忠犬ぶりを感じさせて格好良かったです。
もっつぁれらさん [映画館(字幕)] 7点(2012-12-22 10:27:35)
3.ラッシー・シリーズ1回目の作品。
TVドラマでも放映されていたけど、ラッシーといえばコリー、コリーといえば頭がいいという、
子供時代に植えつけられた記憶が甦った。ホントに頭がいい。
ストーリー展開はあくまでオーソドックスでよく聞く話だが、全般的に良質な作りなので、
爽やかな感動を与えてくれる。少女時代のエリザベス・テイラーもかわいい。
ぜひお子さんとご一緒にどうぞ。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2011-08-15 10:11:01)
2.私の子どもの頃テレビで放送されていた「名犬ラッシー」のドラマ、映画版はエリザベス・テーラーの記念すべき映画デビューとなった。
我が家でも犬を飼っていたが、犬という動物はかわいがればかわいがるほど飼い主になつき忠犬となる。散歩にでかければ必ず着いてくるし、道に迷っても必ず家に戻ってくる、本当に賢い動物だ。
この映画でもコリー犬ラッシーの賢さは随所に見ることができる。少々できすぎという感もないが、心温まる物語である。
ところで蛇足だが、この映画の少年と少女は後に「クレオパトラ」という映画で再び共演することになるのだが、当時はどちらも名子役であった。
ESPERANZAさん [地上波(字幕)] 6点(2011-05-26 18:57:46)
1.《ネタバレ》 ワンコインDVDを買って観ました。犬が主役の映画だからワンコインってワケでもないと思いますが、やはり泣いてしまいました・・・。純朴な人間が減っている世の中において、何と勇敢で無垢で愛らしいことか!出れないように柵を作ってもジャンプしたり掘ったり、可愛がってくれたご主人に会う為のラッシーの大冒険に「頑張れ!」と心から応援したくなる秀作です!ハッピーエンドだろうなあと予想出来てもやっぱり感動!起承転結しっかりしてて、やっぱり動物モノは癒されますね!あとリズの演技は子供の時からやはり上手かったです。ラッシーって女の子だったんですね、知らなかったワン。
まさかずきゅーぶりっくさん [DVD(字幕)] 8点(2006-08-24 13:35:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 6.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4125.00%
500.00%
6125.00%
7125.00%
8125.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review2人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 8.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS