三年身籠るのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 三年身籠る
 > (レビュー・クチコミ)

三年身籠る

[サンネンミゴモル]
3 Year Pregnant
2005年【日】 上映時間:99分
平均点:3.00 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-01-28)
ドラマコメディ小説の映画化
新規登録(2006-02-05)【亜流派 十五郎】さん
タイトル情報更新(2008-07-22)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督唯野未歩子
キャスト中島知子(女優)冬子
西島秀俊(男優)
木内みどり(女優)桃子
塩見三省(男優)
丹阿弥谷津子(女優)
鈴木一真(男優)代理店男
綾田俊樹(男優)ビリヤード店店主
関敬六(男優)おじいさん先生
相築あきこ(女優)
平野稔(男優)
戸田昌宏(男優)
坂本爽(男優)
原作唯野未歩子「三年身籠る」(マガジンハウス)
脚本唯野未歩子
製作大村正一郎
多井久晃
特殊メイク織田尚特殊造型
編集日下部元孝
録音北田雅也
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.持論だけど、設定で嘘を付いたら、その嘘を取り巻く部分にはリアルを貫くことが良い映画の条件だと思っている。例えば、エイリアンやターミネーターという存在で大嘘をついても、それ以外の描写をしっかり人間に寄せてリアルに固めてあるとドラマは迫真する。これはSF作品に限らずどんなジャンルの映画にも言えることです。でも、この映画は、嘘を嘘で上書きし続けているような印象です。妊娠期間の嘘→手術しない嘘→周囲がそれに異議を唱えない嘘…etc。結果、登場人物全員がフワフワと宙を漂っているようで誰にも共感できず、何が言いたいのか良く分からない。ずるずるとだらしなく時間を費やしているとしか思えなかったです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2009-01-26 04:28:28)
3.小説か漫画で読むなら起伏があって楽しいかもしれないけどこれを映画にされるとかなりつまらないですね。話がブツブツ途切れてつながりがないですね。オセロの人も素人演技で正直2時間付き合うのにつかれる。この人の株はこれでかなり下がったんじゃないでしょうか。役者の演技、カット割り、撮影、監督、脚本全てにおいてクオリティの低い作品に思います。
たかちゃんさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2007-09-26 22:28:28)
2.《ネタバレ》 冬子と緑子姉妹が、生理的に受け付けなかった。
なんて言うかなぁ~中途半端な作品。
あずきさん [DVD(字幕)] 3点(2007-05-06 06:42:12)
1.《ネタバレ》 オセロ中島主演ゆえにコメディを予想していたのですが、違いました。たしかにコメディの味も感じます(1箇所だけ大爆笑しました)。でもその実は結構シリアスなドラマ。男と女の“生き物”としての違いを、まざまざと見せつけられた気がします。オスとメスの違い。父と母の違い。さらに女と母の違い。男→父の変化よりも、女→母の変化は、より劇的なのでしょう。考えてみれば、「身籠る」という言葉からもその事がうかがえます。自身の体の中にもう一つの命を籠もらせる。他者の介入を一切許さない長期間に及ぶ関係は、あらゆる対人関係と一線を画します。三年身籠ったことも、それを“よし”とした主人公の選択も、常職では考えられません。自分は中島をコワイと思いました。でも“母の本質”はこういうことなのかもしれません。男としても、父としても興味深く観させていただきました。ちなみに多彩な料理も見所だとか。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 6点(2007-03-23 18:55:18)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 3.00点
000.00%
1125.00%
2125.00%
3125.00%
400.00%
500.00%
6125.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS