スキャナー・ダークリーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スキャナー・ダークリー
 > (レビュー・クチコミ)

スキャナー・ダークリー

[スキャナーダークリー]
A Scanner Darkly
2006年【米】 上映時間:100分
平均点:5.36 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-12-09)
アクションドラマSFアニメ犯罪ものミステリー小説の映画化
新規登録(2006-02-05)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2019-10-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・リンクレイター
キャストキアヌ・リーヴス(男優)ボブ・アークター
ウィノナ・ライダー(女優)ドナ・ホーソーン
ロバート・ダウニー・Jr(男優)ジム・バリス
ウディ・ハレルソン(男優)アーニー・ラックマン
ジェイソン・ダグラス[男優](男優)
マルコ・ペレラ(男優)ドナルド
小山力也ボブ・アークター(日本語吹き替え版)
石塚理恵ドナ・ホーソーン(日本語吹き替え版)
高木渉ジム・バリス(日本語吹き替え版)
山野井仁アーニー・ラックマン(日本語吹き替え版)
木村雅史(日本語吹き替え版)
藤原啓治(日本語吹き替え版)
牛山茂(日本語吹き替え版)
脚本リチャード・リンクレイター
挿入曲レディオヘッド"Fog"他
製作アーウィン・ストフ
アン・ウォーカー=マクベイ
製作総指揮ジョージ・クルーニー
ジョン・スロス
スティーヴン・ソダーバーグ
ジェニファー・フォックス
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 アニメだという情報だけで見たが想像以上の物だった。しかもドラッグモノですか。
とにかくロトスコープという手法で作られたアニメーションは凄まじい、ヌルヌルとした動きと歪んだ背景が自然の様でとても気持ちが悪い。そして面白い。
前半は頭がおかしくなった連中の奇天烈な行動をとことん見せてくれる。どこまでもテンションは低く、気分を最低にさせてくれる。でも幻覚の描写もなかなか。
SF的な要素もあるけれど地味なのであのヘンテコスーツ以外は特にコレと言って目新しいモノは無い。というか気持ち悪いよアレも!
後半になるにつれ主人公のキアヌもドラッグに犯され、どうしようもない廃人と化して行く。そして無駄話とアホな世界から現実のサスペンスへ。
どんでん返しのような展開は面白かったです。しかし救いも後味も最悪。
見れば見るほどドラッグはやりたくないもんだなとつくづく思います、制作者の狙いもバッチリ僕に当っていました。
えすえふさん [DVD(吹替)] 6点(2016-06-23 01:53:06)
10.ディック作品×ジャンキーもの、という意味では原作者ファンとしては違和感のない(というか、想定内の違和感のある)作品に仕上がっていたと思う。映像の処理はなかなか凝っていて面白い。ただ、オチの不親切さというか肩すかし感というかほっとかれ感はいかにもディックなんだけど、映像がちょっとポップ過ぎて重厚感が足りない感じがした。鈍い頭痛と吐き気がするようなあの読後感がないのは物足りない。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-05-30 22:34:10)
9.この手法をとったメリットとデメリットでこんな感じというところでしょうか。
お金や技術的な問題・出演者のイメージはこのアニメ調にする事によって目的は果たせたと思いますが、全体がページをめくるようにあっさりとしてしまったのは、表情などの演技が伝わりにくくなり、その分淡々と進行してしまってついてけない人を生むんじゃないかと。
ストーリーはかなり人の心の闇を描いている良い作品だと思います。しかしながら、2次元的に表現される世界が人間の心の機微も1コマにしか表現できずに、本なら読むスピードでコントロールできるところを映画ではその間が死んでしまっているように思う。ドラッグ系としてはギリアム作品にも似ていて、ダークな表現はタランティーノぽくも見える。(ギリアム・タランティーノ作品と)違うのは逝っている度が低いところじゃないかな。もっとインパクトや強弱あった方がいい。
森のpoohさんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-03-09 22:01:41)
8. 選択される作品。
 原作を読んでいる人間には場面が面白く、自分が期待しているシーンがあれば名作となりうる。単品として観ればどうしようもなくグダグダで救いようもない代物。どちらにゆれるかはディックをどう解釈しているのか?。或いは知っているのか?。で分かれる。
 多分にマニアック。
swamiziさん [DVD(字幕)] 7点(2008-01-01 21:00:56)
7.SFサスペンス映画と思いきや、よくあるジャンキー映画でした。ただ、映像が実写とアニメ(デジタルペインティング?)を合体させた奇抜な表現のために、ほかのジャンキー映画よりサイケデリック感が出てると思いますが、残念なのは、せっかくこーゆう奇抜な表現をつかったなら、もっと奇抜な世界を描けたと思うのに、中身は単なる実写の人間にアニメ(ペインティング?)を重ねただけ。SFな世界じゃなくて町並も今の時代と同じ。冒頭の体中虫が這うシーンや、色々な人間に移り変わるスーツなんかのおもしろい映像もあることにはあるんだけど、ちょっと少なかったです。大半はどーしよーもないジャンキーのダラダラした生活につき合わされます。まー、ジャンキー映画はそーゆうもんなのですけど、観てるほうもダラダラしてきます。それゆえにクライマックスのたたみかける展開はよかったです。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 5点(2007-09-11 22:05:21)
6.ヤク中の演技が上手かった。ぐらいで、内容は正直微妙。最後に、ヤクへの忠告映画ってことを知って、ならいいかな~くらい。新しい映像はまぁがんばってるなーとは思いましたが、、、とにかくなんともいえない映画
マキーナさん [DVD(字幕)] 5点(2007-08-25 22:11:40)
5.映像美に魅入ってしまった。
実写とアニメを組み合わせることにより、
リアリティとシュールレアリスムとを並び立たせた。
麻薬中毒者の幻覚を表現するのには、まさにうってつけと言えそう。
俳優のチョイスも、完全に狂ってて良い。

新しい表現手法…というか、眼の付け所と、
テーマとの見事なマッチング。
もっと評価されてもいい作品だと思う。

彬彬さん [DVD(字幕)] 9点(2007-08-07 16:09:40)
4.《ネタバレ》 実写っぽいアニメが新鮮だが、右脳と左脳が分裂する薬物とかがあんまりピンと来なかったかな。虫がブワァッと噴き出すとことかグロテスクな描写の映像はリアルでした。日本のアニメはやっぱりいいなぁ~と再確認(笑)
うさぎ大福さん [DVD(字幕)] 5点(2007-07-28 20:26:37)
3.とにかく脚本がへったくそ。
これじゃあ、オチだけの内容じゃないか。
映像で遊ぶのは結構ですが、物語の勉強をしてから始めて欲しい。
ひとつの使い道のためだけに登場させたあのスーツにはがっかり。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 0点(2007-06-01 17:58:56)
2.これはとても不思議な映像体験。原作未読ですが、この脚本は・・・。敢えて映像にする意味があったのか「?」とか思ったり。ドラッグを捜査する捜査官が自ら溺れていくのは新鮮味もないけど、その分この作品自体は新鮮です。全編アニメなんだけど、普通に実写で撮ってからそれを基にアニメにしてるんですよね。何故そんな面倒くさい事したのか狙いは分からないんですが。で、展開は若干分かりにくく、中だるみもあり、展開も地味なので他のディックの映像作品(「ブレラン」「トータルリコール」「マイノリティリポート」)みたいなものを期待して観たらガッカリするかもしれません。ただあの人物が実はウィノナだったのか等、見応えはあり、終わり方も切ないながらある意味での救いも感じます。キアヌは「マトリックスやったばかりでまたSFはイヤだ」と言って初めは断ったみたいですが、同じSFでも全然違う!この作品の方が現実味を帯びた内容です。面白いと思えるかどうか、賛否両論は必至の作品です。ご覧になった方のレビューが楽しみです。
まさかずきゅーぶりっくさん [DVD(吹替)] 5点(2007-05-27 22:36:32)
1.・・・なんだか非常に刺激的な映像体験でした。ドラッグで2時間弱位トリップしてました、ってな状態とでも言ったらいいのか・・・。観終えた後、この映画がご贔屓映画「スクール・オブ・ロック」や「恋人たちの距離」の監督だった事にも二重の驚きでしたね。でも、なにゆえこんなわざわざ手間のかかる事をしたんだっ?って疑問も最後まで頭をもたげ、衝撃と疑問符が交互に鑑賞中襲ってくるというトランス状態で、映画の内容とは全く乖離した部分で僕の頭を悩ませてくれた映画です。ウィノナの最初の登場シーンの台詞は、例の「あの事件」のパロディかと笑わせてもらいましたが、やっぱり最近の彼女はなんとなく痛々しさが見え隠れしてますね。ロバート・ダウニー・Jrは過去の経験を生かした(?)ドラッグ中毒演技が巧かったです。キアヌも良かったけど、こういうタイプの映画だと、彼らの演技でさえ自由に操作出来てしまうんじゃないかって考えてしまいます。外観変化自由自在のウェットスーツみたいな洋服(?)の造形がイマイチ。これまでにない、変わった種類の意欲的実験作には違いないけど、じゃあ好きかどうかと聞かれると、う~ん・・・。
放浪紳士チャーリーさん [映画館(字幕)] 5点(2006-12-10 10:44:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 5.36点
019.09%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5545.45%
6327.27%
719.09%
800.00%
919.09%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review3人
4 音楽評価 4.00点 Review2人
5 感泣評価 4.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS