アリア(1987)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ア行
 > アリア(1987)の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

アリア(1987)

[アリア]
Aria
1987年上映時間:96分
平均点:7.25 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
オムニバス音楽もの
新規登録(2006-04-24)【オットー・クレンペラー】さん
タイトル情報更新(2013-07-01)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニコラス・ローグヴェルディ「仮面舞踏会」
チャールズ・スターリッジヴェルディ「運命の力」
ジャン=リュック・ゴダールリュリ「アルミード」
ジュリアン・テンプルヴェルディ「リゴレット」
ブルース・ベレスフォードコンゴルト「死の都」
ロバート・アルトマンラモー「アドリス」
フランク・ロッダムワーグナー「トリスタンとイゾルデ」
ケン・ラッセルプッチーニ「トウランドット」
デレク・ジャーマンシャルパンティエ「ルイーズ」
キャストテレサ・ラッセル(女優)ゾグ王「仮面舞踏会」
バック・ヘンリー(男優)プレストン「リゴレット」
ビヴァリー・ダンジェロ(女優)ギルダ「リゴレット」
エリザベス・ハーレイ(女優)マリエッタ「死の都」
ジュリー・ハガティ(女優)(ノン・クレジット)「アドリス」
ジュヌヴィエーヴ・パージュ(女優)(ノン・クレジット)「アドリス」
ブリジット・フォンダ(女優)恋する女「トリスタンとイゾルデ」
ティルダ・スウィントン(女優)若い娘「ルイーズ」
ジョン・ハート(男優)俳優 レオンカバレ「道化師」
ソフィー・ワード(女優)若い女 レオンカバレロ「道化師」
脚本ニコラス・ローグ「仮面舞踏会」
チャールズ・スターリッジ「運命の力」
ジャン=リュック・ゴダール「アルミード」
ジュリアン・テンプル「リゴレット」
ブルース・ベレスフォード「死の都」
ロバート・アルトマン「アドリス」
フランク・ロッダム「トリスタンとイゾルデ」
ケン・ラッセル「トウランドット」
デレク・ジャーマン「ルイーズ」
撮影ハーヴェイ・ハリソン「仮面舞踏会」
ゲイル・タッターサル「運命の力」
カロリーヌ・シャンプティエ「アルミード」
オリヴァー・ステイプルトン「リゴレット」
ダンテ・スピノッティ「死の都」
ピエール・ミニョー「アドリス」
フレデリック・エルムズ「トリスタンとイゾルデ」
ガブリエル・ベリスタイン「トウランドット」「道化師」
マイク・サウソン「ルイーズ」
配給松竹富士
美術スティーヴン・アルトマン[美術]「アドリス」
リチャード・モリソン[タイトル](タイトル・デザイン)
衣装シュナ・ハーウッド
編集トニー・ローソン〔編集〕「仮面舞踏会」
ロバート・アルトマン「アドリス」
マイケル・ブラッドセル「トウランドット」
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.《ネタバレ》 オペラ歌曲の映像化というコンセプトの短編集。ただ、その映像は美術面で本気で(金掛けて)つくられている訳ではなかったり、アヴァンギャルドさもそこそこ止まりだったりで、やや中途半端な感じ。もっと美しさをマジになって追及したり、幻想的な映像にするんだったらCGとか多用したりすれば、更に面白くなりそう。オペラファンとしては、ぜひもう一回同じコンセプトでやって欲しい企画である。

印象に残ったのはまず、ゴダールの『アルミードとルノー』。歌われるアリアは抜粋。バロック・オペラを背景に、黙々と筋トレするマッチョと陰毛全開の全裸女が戯れるという正真正銘のアヴァンギャルド謎映像(「飛び」具合としてはこいつだけは中々)。流石のゴダール(誉めてない)。

あとはフランク・ロッダムの『トリスタンとイゾルデ』。アリアはもちろん『愛の死』。この短編集の中でも一押しの名曲に添えられるのは、意外にも相当にハイレベルな「濡れ場」。だが、ありそうでなかったこの取り合せは(と言うかオペラじゃ無理だし)、率直にかなり面白く観れた。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 5点(2020-10-24 01:00:01)
3.《ネタバレ》 K・ラッセルの『トゥーラン・ドット』を目当てに鑑賞。古代エジプトの宮廷みたいな登場人物たちの怪奇な世界は、実は交通事故で瀕死の女性が観た夢だったといういかにもケンちゃんらしい映像は、そのチープさが魅力で面白かったです。この映画に参加した10人の映画作家の中で、妄想ワールドとしてはずば抜けていました。でももっとも衝撃を受けたのはD・ジャーマンの『ルイーズ』で、もうそれは素晴らしい映像詩です。 オペラに関心がない人でも、これは観て損は無い至福の映像詩集です。本作はアマゾンの中古DVDで50,000円(!)の値が付いているのにはびっくり、でもレンタル落ちの中古ヴィデオとはいえ10円で手に入ったのはとてもラッキーでした。
S&Sさん [ビデオ(字幕)] 8点(2012-12-19 22:21:28)
2.《ネタバレ》 少々バラつき感があり、難解な印象もあるオムニバス作品。
その難解揃いな作品群の中にあって、難解な作品を連発してきた“ジャン=リュック・ゴダール”の作品が、一番解りやすかったというのは、ちょっとした驚きというか、皮肉。

本作の中で一番良かったのは、フランク・ロッダムが監督で、ブリジット・フォンダが主演した"Liebestod"という短編。
若き美男子と車でラスベガスに向かい、ホテルで情事を交わし、ブリジット・フォンダが自らの腕を割れた瓶のかけらで傷つける。
これだけの内容だが、これが凄まじい映像美!
ブリジット・フォンダが、ラスベガスに向かう車内で、涼しげに髪の毛をなびかせ、哀しげな横顔を見せる序盤から、既に映画でしか表現できない美しさを感じた。
この一本を観ることができただけで、他が駄作でも許せてしまう。
それだけ素晴らしい掌編だった。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 6点(2012-09-16 10:47:56)
1.《ネタバレ》 言い出しっぺですが、こんなに早く登録されるとは思ってなかったです。スタッフ等で情報提供いただいた方にも感謝いたします。
私はこの映画を東京池袋のロサ会館で、15年くらい前に観ました。映画ファンとしては駆け出しの頃、ナイーブな若い頃でした(今は古い映画はかからなくなりました。DVD普及のせいでしょう)。
オムニバスで、複数の監督がオペラのアリアからのインスピレーションで短編を製作したものです。
が、私が語りたいのは、データ配列の順に出てしまってますが、フランク・ロッダムという人が撮った「Lovers」という一編です。
ワーグナー(私はワグネリアンと言われる分類に入るかもしれません)の「トリスタンとイゾルデ」のラスト(イゾルデの愛の死)を使用し、名前不明ですが男とブリジット・フォンダの日本語でいう心中を描いたものです。
死の前にこの二人は愛し合うのですが、この美しさは絶対に文章では表現できません。この時男の方にボカシが入ったのですが、これはいけないと思いました。それまで、表現の自由とボカシは最高裁までいって争われたことを知ってましたが、生まれてはじめてその意味がわかりました。一口に言って「こんな美しい映像に余計なことをするとは何事か!」です。
全部で9編あったはずですが、私はこれに痺れてフラフラしながら出口へ向かい、ブリジット・フォンダという名を、劇場前のプレスでチェック、メモして池袋西口の雑踏のなかに消えました。モツ焼きとホッピーをしたたかにやって、次の日は部屋で死んでました。
今考えると、いつの間にかブリジットは(天下をとりそうになりながら)、B級専門になっちゃいましたが。
高いお金を払ってレンタル落ちのVHSを入手しましたが、リージョン1(私はこのためにDVDリージョンフリープレイヤーを購入しました)でDVDを持ってます。
もしレンタル店のはしっこにでも見つけたら、騙されたと思って観てみてください。
あー、何かいけませんね。主観ばっかり。しかも長過ぎ。しばらくしたら書き直すかも知れません。
拝。
オットー・クレンペラーさん [映画館(字幕)] 10点(2006-04-26 21:36:23)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 7.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5125.00%
6125.00%
700.00%
8125.00%
900.00%
10125.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS