バッドアス!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バッドアス!
 > (レビュー・クチコミ)

バッドアス!

[バッドアス]
BAADASSSSS!
(HOW TO GET THE MAN'S FOOT OUTTA YOUR ASS)
2003年【米】 上映時間:108分
平均点:6.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-10-01)
ドラマ実話もの伝記もの
新規登録(2006-06-22)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2007-02-13)【みんてん】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マリオ・ヴァン・ピーブルズ
キャストマリオ・ヴァン・ピーブルズ(男優)メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ
ジョイ・ブライアント(女優)プリシラ
T・K・カーター(男優)ビル・コスビー
テリー・クルーズ(男優)ビッグT
オシー・デイヴィス(男優)メルヴィンの父親
ニア・ロング(女優)サンドラ
ポール・ロドリゲス[男優・1955年生](男優)ホセ・ガルシア
ソウル・ルビネック(男優)ハワード・カウフマン
クレオ・トーマス(男優)マリオ
ジョン・シングルトン(男優)デトロイトJ
グレン・プラマー(男優)怒りの黒人<ブラザー>
アダム・ウェスト(男優)バート
レイン・ウィルソン(男優)ビル・ハリス
原作メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ
脚本マリオ・ヴァン・ピーブルズ
音楽タイラー・ベイツ
撮影ロバート・プライムス
製作マリオ・ヴァン・ピーブルズ
製作総指揮マイケル・マン
あらすじ
伝説の映画「スウィート・スウィートバック」の制作秘話を、「スウィート~」の監督メルヴィン・ヴァン・ピーブルズの息子マリオが映画化。コメディー映画「ウォーターメロンマン」で成功を収めた黒人監督メルヴィンはしかし、苛立っていた。世間が公民権運動・ブラックパワーの台頭で盛り上がる中、映画だけが相変わらず保守的で、黒人を「道化」扱いしている。「真の“ブラザー”の為の映画を撮ろう!」と決心するメルヴィン。しかしそれは彼の、短くも激しい闘いの始まりであった・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.題材になっている映画を知らないのですが、すごく興味が湧いてきました。無い無いづくしの映画をいかにして作り上げたか、その過程がテンポよく描かれてます。息子を主人公にしたら、その苦労や心境がもっと伝わってきたのかもしれません。
shoukanさん [DVD(字幕)] 6点(2008-02-23 18:25:23)
1.「スウィート・スウィートバック」と続けて鑑賞。当時、黒人としては数少ない成功した監督だったメルヴィンが、(白人が主流である)映画会社からさかんに「ウケるコメディーを撮れ」と言われ続けていたにもかかわらず、少ない予算と日数、その他諸々の障害を乗り越えて「スウィート~」を完成させ、ヒットさせたという実話を元にしているのだから、話は勿論面白い。ただ、これは仕方のないことなのかもしれないけれど、オリジナルの「スウィート~」に比べてしまうと、どうしてもパワー不足のように感じてしまう。この作品の中でもメルヴィンが、周りから「独裁者」と言われるくらい唯我独尊の振る舞いで映画を作っていたという事、或いは徹夜で編集作業をしたせいで危うく失明しかけたエピソードなども語られているのだけれど、思うに実際は、ここで描かれてるよりももっともっとkey違いじみててスリリングな現場だったんじゃないか、と思うのだ。そう思うと、やっぱりこの作品は、普通のハリウッド作品にありがちな、ありふれたサクセスストーリーのように感じてしまう。んんん、題材が面白すぎる、というのも映画にとっては善し悪しだな。ただ、当時の状況がわりと丁寧に説明されているので(ってその“親切さ”が映画のパワー不足の要因であるとも思うのだけれど)、黒人映画の歴史に興味のある人は観てみて損はないです。
ぐるぐるさん [DVD(字幕)] 7点(2006-06-22 19:24:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS