サラ、いつわりの祈りのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サラ、いつわりの祈り
 > (レビュー・クチコミ)

サラ、いつわりの祈り

[サライツワリノイノリ]
The Heart Is Deceitful Above All Things
2004年【米・英・仏・日】 上映時間:96分
平均点:6.60 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-05-07)
ドラマ小説の映画化
新規登録(2006-07-12)【アンナ】さん
タイトル情報更新(2012-04-13)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アーシア・アルジェント
キャストアーシア・アルジェント(女優)サラ
ジミー・ベネット(男優)ジェレマイア(幼少時代)
ピーター・フォンダ(男優)祖父
オルネラ・ムーティ(女優)祖母
ジョン・ロビンソン〔男優・1985年生〕(男優)アーロン
マリリン・マンソン(男優)ジャクソン
マイケル・ピット〔男優〕(男優)バディ
ジェレミー・レナー(男優)エマーソン
キップ・パルデュー(男優)ルーサー
ジェレミー・シスト(男優)チェスト
マット・シュルツ(男優)ケニー
ベン・フォスター[男優](男優)
ウィノナ・ライダー(女優)精神科医(ノンクレジット)
脚本アーシア・アルジェント
撮影エリック・アラン・エドワーズ
配給ファントム・フィルム
アーティストフィルム
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.雰囲気と設定で押し切られた感が否めない。心に残らない。事実は小説より奇なり、を超えられていないのでは?
Leannán-Sídheさん [DVD(字幕)] 5点(2007-07-29 10:53:31)
4.《ネタバレ》 子供がひたすら健気で、母親がひたすらバカでも親子という絆からは逃れられないんだなって思いました。いきなり冒頭から里親から引き離される設定だったが、もう少し里親の所での幸せな様子から入った方が、対比としては子供の辛さが増したのではないだろうか?アーシアは本当にお父さんに顔が似てますね(笑)演技も上手いけど、脚本に監督と才能人だなって思いました。ただ物語としてみると、もう少し救いが欲しいです。逃げても引き離されても結局親子は戻る。それを運命と呼べばそれまでだけど、幸せの形なんてそれだけではないと思った。だから最後、子供がサラに寄り添った瞬間、淡い期待を持って観ていた観客の私を残念な方向で裏切ってくれた。物悲しくなってしまったので2度観るのは辛い作品だなと思いました。
まさかずきゅーぶりっくさん [DVD(字幕)] 5点(2007-02-26 14:21:03)
3.《ネタバレ》 当時リロイが好きで期待して見ました。原作をかなり端折っているものの、勢いよくまとめられていて素直に面白かった。出演陣もマイクピット、マリリンマンソン、Jロビンソン、ウィノナ等楽しめる。アーシアのイタリア訛りもドイツ訛りの代わりで丁度良いし。ただ肝心のリロイがすべて嘘だったという今となってはなんとな~く空しい作品。
Vanillaさん [映画館(字幕)] 7点(2006-11-25 16:53:54)
2.敢て、セクシャルなシンボル的なものを一切映さないことで、こういった話にありがちな湿度の高さがない。ソレが良かったのか悪かったのか良くわからない。ただ出演者の演技がすばらしかった。特にアーシアの存在感はすごい・・・。ちょっと大きくなったジェレマイア役は『ノイズ』の双子だったなんて・・・。へぇ~将来とっても楽しみ♪
さらさん [DVD(字幕)] 7点(2006-07-24 14:02:31)
1.《ネタバレ》 アーシア・アルジェント、監督・脚本・主演というだけ、予備知識もなく借りた。いやぁ、初っ端は息子のジェレマイアが可哀想で仕方なかった。アーシアの演技も上手だけど、ジェレマイア役の子も演技上手いんだ。マジ泣きしてるみたいだった。愛にも色んな形があるとは思うけど、こういう愛の形は間違ってるんじゃないかな。サラは精神的にはまだまだ子供。“母親である事”がどんなものかを知らないサラはドロップアウトした社会にジェレマイアをさらし、時には深く傷つける事も。男はとっかえひっかえ、体を売ってお金を稼ぐ姿を見せる、子供一人を残し駆け落ち、そして仕舞いにはドラッグまでも与える。でも、そんな母親をジェレマイアは理解し、受け止めてしまう。大きくなったジェレマイアを演じた子役は双子で、アーシアがシーンに分けて2人を撮影したよう。この双子の子達もいい味出してて、イカれちゃってるアーシアに負けないくらいの存在感が出てて良かった。脇役もなかなか豪華なもので、マンソンのノーメイクなんかも見れますぞ。ウィノナはこの作品が復帰1作目となっている。個人的に気に入ったのが「エレファント」主演のジョン・ロビンソン君。出演シーンは少ないが、パパ役のピーター・フォンダに“お仕置き”されるシーンでの表情が絶妙。サラがあのように育ってしまったのも、家庭環境が多いに関係してると思う。あの父親じゃあ、グレるのもムリない。この作品は原作者のJ・T・リロイという自伝的小説を映画化。リロイさんは、日本での知名度は全然高くないけど、あちらではかなり有名な人らしい。セレブにもファンが多いとか。アーシアはもちろんの事、脇役で出演してるマンソンやマドンナ、そしてコートニー・ラブからも絶賛されてるそう。役作りのために金髪に染めたアーシアはどとこなくコートニーに似ていると思う。しかし、実際は自伝的小説なんてウソ!ぜーんぶフィクションなんだそうざます。J・T・リロイという人物も実在しないらしい。なんだかガッカリよ。まぁ、実物しない人物であっても、このような衝撃的な原作を忠実に再現したアーシアはスゴイ。アーシアの演技はもちろんのこと、子役、脇役たちの演技にも注目して観てほしいです。「今までにない映画を作りたい」と言ってるアーシア。その通りでしたわね。
アンナさん [DVD(字幕)] 9点(2006-07-17 21:59:03)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.60点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5240.00%
600.00%
7240.00%
800.00%
9120.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 1.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS