湾岸道路のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > 湾岸道路
 > (レビュー・クチコミ)

湾岸道路

[ワンガンドウロ]
1984年【日】 上映時間:100分
平均点:7.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1984-09-29)
ラブストーリー小説の映画化
新規登録(2006-07-19)【パブロン中毒】さん
タイトル情報更新(2020-01-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督東陽一
キャスト草刈正雄(男優)杉本健介
樋口可南子(女優)杉本芙美子
池波志乃(女優)中島美智子
小林薫(男優)中村
清水健太郎(男優)佐々木
風祭ゆき(女優)ゆかり
長門裕之(男優)長沢先生
観世栄夫(男優)穴掘りの男
ウガンダ・トラ(男優)腹の出た中年男
松橋登(男優)カードの男
原田大二郎(男優)上司・谷沢
草笛光子(女優)杉本郁子
原作片岡義男「湾岸道路」
脚本東陽一
撮影川上皓市
製作植村伴次郎
前田勝弘〔製作〕
東北新社
企画植村伴次郎
配給東映
美術間野重雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.樋口可南子さんは決してグラマーではありませんが可愛くてセクシーですね。草刈正雄との関係も何となく納得できました。最近の映画は説明だらけで効果音がうるさい作品が多いですが、こういう乾いた感じの昭和の映画の雰囲気、良いですね。。。
みるちゃんさん [インターネット(邦画)] 8点(2020-04-30 14:03:29)★《新規》★
1.《ネタバレ》 とても印象に残っている映画なんです。
たぶんその昔、大好きだった彼が草刈正雄のバイクものが好きで(本人は中免すら持っていないくせに)、ビデオを借りてきて見たんじゃないだろうか。鑑賞したシチュエーションもおぼろげなのに、内容はけっこう印象に残っているんだなあ。
というのも当時私は小型から免許を取りに行って(女性は小型からじゃないとダメと言われた)、3ヶ月をダブって6ヶ月も行って、その後また3ヶ月行って中型をやっとの思いで取ったという経歴があったのだった。
それはそうと、当時この映画を見た私の感想は「強烈に不可解」でしかなかった。
この夫婦の行動がなにもかもすべて「理解できない」のレベルなのだった。まあ若かったから。
それなのに、なにかリッチで洗練されて静かでもの悲しいこの雰囲気、ぐっと来たんだよなあ。
今でも、あの夫婦のとった行動がすべて理解できるわけではもちろんなく。
「粗末にしてしまったダンナの気持ちを少しでも理解したい」から大型乗るって、まあそれが大型二輪でなくて、例えば「ギターが弾けるようになる」でも「釣りの達人になってみる」でもなんでも同じなわけだ。理屈からすると。ただ女が「大型取りに行く」のがどんなに大変なことか、肌身で感じていた私は、とても衝撃を受けたのだった。(私自身は大型取れるなんて考えたこともない。周囲の男性も何度も落ちてたし。)
草刈がパスタをつくって二人で食べるシーン、印象的だったな。汚れた英雄がその後ハゲたうえにかぶりものを使用することとなるとは夢にも思わなかったあのころだ。合掌。
パブロン中毒さん [地上波(吹替)] 7点(2006-07-19 23:09:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS