おかしな奴(1963)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > おかしな奴(1963)
 > (レビュー・クチコミ)

おかしな奴(1963)

[オカシナヤツ]
1963年【日】 上映時間:110分
平均点:9.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマコメディ
新規登録(2006-07-31)【青観】さん
タイトル情報更新(2019-06-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督沢島忠
キャスト渥美清(男優)三遊夢歌笑
三田佳子(女優)おひさ
南田洋子(女優)春藤ふじ子
佐藤慶(男優)しゃもじ
加藤嘉(男優)高水為吉
石山健二郎(男優)三遊亭金楽
田中邦衛(男優)藤田三吉
渡辺篤(男優)あんま宅悦
十朱久雄(男優)円八師匠
清川虹子(女優)高水やす
坂本武(男優)春藤喜一
脚本鈴木尚之
配給東映
美術北川弘
編集田中修
録音小松忠之
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.おかしな奴とは、まさしく渥美清の事を指している。そう思わせるだけの魅力で多くの笑いを提供してくれた渥美清が話せば、本物の咄家にも負けない話芸で楽しませてくれてます。この作品の渥美清の演技には俳優、渥美清としても人間渥美清としての面白さを見せてくれていて、この作品を見ると、これ程の笑いを提供してくれた渥美清の凄さと日本映画界における渥美清の功績、そして、死は多くの映画関係者にとっても痛手である。一度で良いからチャップリンとの共演作品が見たかった。
青観さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2016-09-15 22:17:04)
1.《ネタバレ》 小林信彦先生の評価は低かったけど、個人的にはツボにはまりまくった逸品。本作は、終戦直後の爆笑王・先代三遊亭歌笑の、不遇な少年期を経て一躍時代の寵児となり、やがて迎える壮絶な事故死までが描かれている。扮するは後年の喜劇王・渥美清。私は映画の一部やラジオなどで歌笑の落語を聴いたことがあるが、渥美清が真似る口調は驚くほど巧い。また、石山健二郎扮す師匠もモデルの三代目金馬に大変ソックリで、「しゃもじ」なる兄弟子の佐藤慶もずっと一席聴きたくなるほど絶品。劇中での芸名は明かでないが、渾名が「しゃもじ」の三遊亭銀馬という兄弟子は実在している。尤も映画とは異なり、芸も余り評価されなかったらしく、ちゃんと戦後も生き延びている。かくして虚実織り交ぜた話ながら、誇張も映画的な味付けとして実に楽しく、テンポの良さに繋がっている。一方で史実も丁寧な描写が多く層が厚い。あと忘れてならないのは佐藤勝の哀愁に満ちた音楽。これがラストでも功を奏し涙滂沱。まさに心の殿堂に入れておきたい大傑作だった。
丹羽飄逸さん [ビデオ(邦画)] 10点(2008-02-11 19:22:33)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 9.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
9150.00%
10150.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS