あゝ声なき友のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > あゝ声なき友
 > (レビュー・クチコミ)

あゝ声なき友

[アアコエナキトモ]
1972年【日】 上映時間:105分
平均点:7.00 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(1972-04-29)
ドラマ戦争もの小説の映画化ロードムービー
新規登録(2006-08-01)【TM】さん
タイトル情報更新(2021-05-10)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督今井正
助監督山根成之
キャスト渥美清(男優)西山民次
森次晃嗣(男優)松本軍一
小川真由美(女優)(女優)島方静代
北村和夫(男優)百瀬大吉
田中邦衛(男優)
長門裕之(男優)川瀬三吉
新克利(男優)羽鳥良介
加藤嘉(男優)西野入国臣
市原悦子(女優)町よしの
金井大(男優)国本
財津一郎(男優)辰一
大滝秀治(男優)弁護士
北林谷栄(女優)老婆
織本順吉(男優)署長
悠木千帆(1943年生まれ)(女優)女中
春川ますみ(女優)百瀬の妻
香山美子(女優)花香
松村達雄(男優)松本清友
田武謙三(男優)尾上団十郎
荒木道子(女優)女園長
志垣太郎(男優)市原礼
江原真二郎(男優)八木隆弘
吉田日出子(女優)西賀紀子
長山藍子(女優)八木千恵子
倍賞千恵子(女優)上辻美喜
加島潤(男優)
小森英明(男優)
山本幸栄(男優)
山谷初男(男優)
今井健太郎(男優)
梅津栄(男優)
江角英明(男優)
光映子(女優)
田中筆子(女優)
谷よしの(女優)
戸川美子(女優)
水木涼子(女優)
村上記代(女優)
原作有馬頼義「遺書配達人」
脚本鈴木尚之
音楽小室等
製作杉崎重美
高島幸夫
松竹
内藤誠(製作)(製作主任)
企画今井正(ノンクレジット)
鈴木尚之(ノンクレジット)
渥美清(ノンクレジット)
高島幸夫(ノンクレジット)
配給松竹
美術森田郷平
編集大沢しづ
録音松本隆司(調音)
中村寛
照明佐久間丈彦
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 復員兵が戦友の遺書を配って歩く話なのだろうな、と思いながら見始めたら、最初の小川真由美との絡みが妙に長い。何だこれは、と思っていたら、それが本筋にすっと絡んでくるトリッキーさ。そして本題の遺書配達では、一番ぞくっとしたのは、倍賞千恵子や市原悦子のパートのように、「結局たどり着けない」部分をきちんと盛り込んでいること。そう、全部が全部たどり着けたら、それはおかしいというか、都合良すぎるよね。それから例えば、いざ配達できても、相手先からは感動とか涙とか感謝のリアクションは全然ない。このトーンの統一も、作品に気品と節度をもたらしています。一方で、最初は進駐軍放出鍋の街頭販売を一緒にやっていながらその後着実に出世していく財津一郎が、いい感じのアクセントになっています。●作品としてのキズは、輪島のパートで主人公が突然正義の味方になってしまう点かなあ。この部分だけ、急にテンションが高くなって浮いています。ここは、真実はあくまでも灰色の向こう側にしておいて、それでも長山藍子はすべてを飲み込んで江原に寄り添っていく、とかの方が心理の綾が出たのではないかと思います。
Oliasさん [DVD(邦画)] 7点(2021-05-12 00:34:33)★《新規》★
6.これといったドラマはないけど、「手紙が重い」とか、終戦後の残された家族の様子が生々しく描かれていて印象的。渥美清の誠実な役柄も良かった。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-12-31 11:38:30)
5.《ネタバレ》 所属していた部隊でただ一人生き残った男が、復員後、亡き戦友たちが書いた最後の手紙をその親族に渡すために全国を渡り歩く姿を描いた今井正監督の反戦映画。今井監督の「喜劇 にっぽんのお婆ちゃん」に脇役で出演していた渥美清が企画の段階からかかわり、主演した作品で、この頃、「男はつらいよ」シリーズで人気を得ていた彼の寅さんだけではなく俳優としてもっといろんな役を演じてみたいという意欲が感じられる作品となっていて、コメディータッチのシーンは一切なく、非常にシリアスな展開だが、今井監督らしいメッセージ性の強い力作で、映画としては佳作といっていい出来。しかし、春川ますみや財津一郎、松村達雄など「男はつらいよ」シリーズでも何度か見かける面々が何人か出ている(倍賞千恵子も出てるし。)こともあってか、渥美清のシリアスな演技に妙な違和感を感じてしまうのも事実。確かに今井監督はこういうテーマの映画にはうってつけの監督で、さっきも書いたように見ごたえのある力作に仕上げているし、これも繰り返しになるかもしれないが、寅さんのイメージを打破したかった渥美清の意欲も分かる。だがもし、今井監督でなく、野村芳太郎監督や山田洋次監督など渥美清と付き合いの深い監督がこの映画の監督だったら、この映画の印象はまったく違うものになっていたかもしれないし、なによりも渥美清という俳優の持ち味がもっと発揮される映画になったかもしれない。見終わってついそんなことを考えてしまった。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 7点(2013-03-14 14:00:31)(良:1票)★《更新》★
4.寅ちゃんにしては、えらいシリアスやなあ・・・。
ケンジさん [DVD(邦画)] 7点(2012-01-26 22:42:37)
3.寅さんシリーズを見始めた頃、この映画と出会った。「家族」「故郷」などの映画にも出ていた渥美さんだが、これらの映画は倍賞さんが主役で渥美さんはちょい役だった。
しかしこの映画は渥美さんが主役、寅さんのイメージしかなかった私には、新鮮だった。
映画は渥美さんが、戦友の遺書を届けてまわる物語だが、実にシリアスだった。託された思いもさまざまであれば、受け取る側の境遇もさまざま、喜ばれたりありがたがられたりするものばかりではなかった。そのあたりに戦争の残した傷跡を見ることができる。戦争は人の運命を大きく変えてしまうものだった。
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 7点(2011-09-29 09:17:34)
2.寅さんこと渥美清の命日にあたる2012年8月4日の昨日改めて再見!以前観た時はあまり面白く感じられなかった。今回再び観てもそれほど面白いとは感じない。しかし、何だろう?俳優渥美清という人の演技を観るとこの人の演技は演技というよりもまるで渥美清そのものが映画の主人公のように思えてきてならないのである。要するに演技していても演技していないような錯覚を覚えずにはいられなくなる。この映画の渥美清演じる男には他の渥美清、寅さんで見られるような哀愁漂うものが感じられない。それだけに何か歯痒い。それは監督が山田洋次監督でないからかもしれないし、喜劇と悲劇は紙一重という言葉があるとすればこの映画には悲劇的要素はあっても喜劇的な要素なんて全くない。だって監督がシリアスな映画ばかりの今井正監督だからというのもあるであろう。「青い山脈」というユーモアの効いた青春映画も撮ってはいても今井正監督と言えばどうしてもシリアスな映画というイメージが離れない。イメージという意味では渥美清の持つイメージからは想像出来ない映画として印象に残る映画です。好きとか嫌いとか面白いとか泣けるとかいうような映画ではないけど、それでも一流の監督によって一流の俳優が一流の演技によって見応えある映画になっている。改めて渥美清がいない現在の日本映画における大きな損失を感じたまま観終わった。寅さんのようにまた見たい。何度も見ては笑い、泣き、共感出来る映画でないけど観るに値する映画としていつまでも心に残りそうなほどの映画です。もし、この脚本のまま山田洋次監督が撮っていたらどうなったかなあ?全く違う映画、良い意味での別の映画になっていたかもしれないし、いやいや、やっぱり今井正監督で良いのかもというような気持ちにもさせられる。 (2012年8月4日再見)
青観さん [DVD(邦画)] 7点(2008-09-21 11:54:41)(良:1票)
1.《ネタバレ》  戦争に翻弄される人たちの姿を、遺書を配達する男を通して描いている作品です。渥美清主演ですが、喜劇では無く非常にシリアスな作品になっています。
 何というか、一つ一つのエピソードが非常に物悲しく、そこに小室等の哀愁漂う音楽が上手くマッチしてるんですよね・・・・・・。
 声高に反戦メッセージを叫んでいるわけではありませんが、非常に戦争とは何かということを考えさせられる作品でした。
TMさん [地上波(邦画)] 8点(2007-01-10 20:59:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6114.29%
7571.43%
8114.29%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS