スパイダーマン3のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スパイダーマン3
 > (レビュー・クチコミ)

スパイダーマン3

[スパイダーマンスリー]
Spider-Man 3
2007年【米】 上映時間:140分
平均点:6.40 / 10(Review 205人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-05-01)
アクションサスペンスSFアドベンチャーシリーズもの青春もの漫画の映画化
新規登録(2006-08-09)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2014-11-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督サム・ライミ
助監督ダン・ブラッドリー(第二班監督)
演出ダン・ブラッドリー(スタント・コーディネーター)
キャストトビー・マグワイア(男優)ピーター・パーカー/スパイダーマン
キルスティン・ダンスト(女優)メリー・ジェーン・ワトソン
ジェームズ・フランコ(男優)ハリー・オズボーン
トーマス・ヘイデン・チャーチ(男優)フリント・マルコ/サンドマン
トファー・グレイス(男優)エディ・ブロック/ヴェノム
ブライス・ダラス・ハワード(女優)グウェン・ステイシー
ジェームズ・クロムウェル(男優)ジョージ・ステイシー警部
ローズマリー・ハリス(女優)メル・パーカー
J・K・シモンズ(男優)J・ジョナ・ジェイムソン
ビル・ナン(男優)ジョセフ・"ロビー"・ロバートソン
エリザベス・バンクス(女優)ベティ・ブラント
ディラン・ベイカー(男優)カート・コナーズ博士
テレサ・ラッセル(女優)エマ・マルコ
クリフ・ロバートソン(男優)ベン・パーカー
テッド・ライミ(男優)ホフマン
ブルース・キャンベル(男優)メイター・D
ウィレム・デフォー(男優)ノーマン・オズボーン/グリーン・ゴブリン
スタン・リー〔製作総指揮・1922年生〕(男優)タイムズ・スクエアの男
マイケル・パパジョン(男優)デニス・キャラダイン
マゲイナ・トーヴァ(女優)アースラ
エリヤ・バスキン(男優)ディトコヴィッチ氏
ルーシー・ゴードン(女優)ジェニファー・デューガン
猪野学ピーター・パーカー/スパイダーマン(日本語吹き替え版)
岡寛恵メリー・ジェーン・ワトソン(日本語吹き替え版【DVD】)
北乃きいメリー・ジェーン・ワトソン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
森川智之ヴェノム/エディ・ブロック(日本語吹き替え版)
本田貴子ベティ・ブラント(日本語吹き替え版)
小林沙苗アースラ・ディコヴィッチ(日本語吹き替え版)
江原正士メイター・D(日本語吹き替え版)
飛田展男ホフマン(日本語吹き替え版)
山路和弘ノーマン・オズボーン/グリーン・ゴブリン(日本語吹き替え版)
斎藤志郎(日本語吹き替え版)
勝部演之ベン・パーカー(日本語吹き替え版)
谷育子メル・パーカー(日本語吹き替え版)
石田圭祐(日本語吹き替え版)
佐々木敏ジョージ・ステイシー警部(日本語吹き替え版)
原作スタン・リー〔製作総指揮・1922年生〕
サム・ライミ(ストーリー原案)
アイヴァン・ライミ(ストーリー原案)
脚本アルヴィン・サージェント
サム・ライミ
アイヴァン・ライミ
音楽クリストファー・ヤング
編曲ピート・アンソニー
撮影ビル・ポープ
製作アヴィ・アラッド
ローラ・ジスキン
コロムビア・ピクチャーズ
製作総指揮スタン・リー〔製作総指揮・1922年生〕
ジョセフ・M・カラッシオロ
ケヴィン・ファイギ
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特殊メイクグレゴリー・ニコテロ
マシュー・W・マングル
特撮ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
カフェFX社(視覚効果)
美術ニール・スピサック(プロダクション・デザイン)
J・マイケル・リヴァ(プロダクション・デザイン)
レスリー・A・ポープ(セット装飾)
編集ボブ・ムラウスキー
クリス・イニス(編集助手)
録音ゲイリー・A・ヘッカー
ポール・N・J・オットソン
ケヴィン・オコンネル[録音]
スタントダン・ブラッドリー(ノンクレジット)
その他ピート・アンソニー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
205.ラストは少しワクワクしたが、長く感じた。
これ以降のスパイダーマンは観ないと思った。
へまちさん [DVD(字幕)] 5点(2018-01-02 21:48:01)
204.《ネタバレ》 ずっと見逃してきたので最近シリーズまとめて観てみましたが、正直自分には合いませんでした。致命的に感じるのがヒロインのMJで、顔立ちがどうというより表情に心の動きがないので不気味に感じる。なあキルスティン、あんたほんとはピーターみたいな男は嫌いだろ?ひるがえって大家の娘がとにかく愛らしくて、てっきりこっちとくっつく為のキャスティングなのかと思ってた。

このシリーズはとにかくリアリティのラインがおかしい。アクションが漫画チックなのはまあいいとして「感情のご都合主義」とでも言うか、ここで仲違いさせたいからこういうシュチュエーションで怒っといてね、というプロットが多すぎる。要はシリーズ3作全部勘違いの話じゃないか?あと大家の親父やレストラン給仕ブルース・キャンベルはいいキャラだが本筋に絡まない役が目立つとまとまりがなくなるんだよ。

とはいえこの3作目の後半からは面白く感じた。おそらく超人タッグマッチで忙しくなってリアリティのラインが統一されたせいだろう。だからわざわざ拍手喝采しにくるモブが超うざい。お前らはヘンリー・カヴィルのスーパーマンに虐殺されとけ。

個人的にはまったく合わない映画だがサンドマンのトーマス・ヘイデン・チャーチと大家の娘マゲイナ・トーヴァがとても魅力的だったので6点献上する。この二人他には大した映画に出ていないようだがなんでだ?
tubirdさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-12-17 22:45:55)
203.《ネタバレ》 おそらく観た人のほとんどが思ったであろう詰め込み過ぎの一言につきる。
製作がかなり混乱したであろうことがすぐわかるほどごちゃごちゃしている。
サンドマンとゴブリンだけでよかった。
気になったのが原作ファンにとっては特別な存在であるグエンとベノムを粗末に扱っているにも関わらず推されまくるMJ。
シリーズの最初から言っている「ある女の子にまつわる話」を貫いていて個人的には良いと思ったのですが、これも評判はイマイチのようで。
今回のキルスティンは少し持ち直してる気がする。
そっと・・・チタラダさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2017-09-19 00:23:56)
202.サム・ライミ/トビー・マグワイア組スパイダーマンの集大成ともいえる本作です。敵キャラもグリーン・ゴブリン・ジュニア、サンドマン、ブラック・スパイダーマンことヴェノムと3人もいて豪華でCGもバリバリです。
ただ、その反面キャラが増え過ぎた弊害として、詰込み過ぎでストーリー自体は散漫な印象は否めません。何も考えず、アクションだけを楽しむなら本作が一番だと思います。
スーパーマンはアメコミヒーロー最強といわれる超人ヒーロー、それに対してバットマンは生身の人間だけれども、大富豪としての財力で他のヒーローにも引けを取らない武装があります。ただ、どちらもメトロポリス、ゴッサム・シティといった架空の都市のヒーローです。しかし、さらにそれに対してスパイダーマンは実在の都市NYを舞台に活動し、「あなたの親愛なる隣人」と言われる(言ってる?)程、身近な存在です。また極々平凡で地味で若干いじめられっ子気味の高校生が蜘蛛に刺されたことをきっかけに超人的な能力を身に着けたということも親近感を抱く要因かと思われます。
元々サム・ライミ版スパイダーマンは、彼の昔のヒーローモノの作品「ダークマン」を原点としたB級臭さが、超大作にも関わらず、親近感が湧き身近な存在としていた気がします。
本作はCGバリバリで悪い意味で洗練され持ち味を失くしてしまっているようで残念です。ただ、集大成としてはこれぐらい派手な方が良いのかなとも思います。
最後にキルスティン・ダンスト。相変わらず、タイプじゃないですが、これで見納めと思うと少し寂しい気がします(笑)
映画の夢さん [DVD(字幕)] 6点(2016-06-21 23:43:30)
201.《ネタバレ》 サンドマン、改心しても警察官や警備員への暴行、強盗の罪は消えないです。ちゃんと罪を償いましょう。
たろささん [地上波(字幕)] 7点(2016-05-27 22:04:34)
200.《ネタバレ》 サンドマンが微妙でした。
spputnさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2015-05-17 20:35:21)
199.すんごい違和感。
やってることが市民を巻き込んだ壮絶な喧嘩。
インテリぶって、やってることは不良以下。
 
アニメならわかる。リアルドラマ風なのがいけない。
もっと劇画風にやってたら最高のエンターテイメント。
バランス感覚が日本のB級映画にも劣る低品質。
おでんの卵さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-17 01:14:48)
198.ジェームズ・フランコのファンなんです。ですが作品としては前作2の方が好きだったのでこの点。いやでも楽しめましたよ。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 7点(2013-07-21 22:13:42)
197.《ネタバレ》 後から回収できるかとかそんなことは考えずに、大風呂敷を広げるだけ広げて、あとは愚直に誠実にそれをまとめにかかる。これは、かつて日本でも、主として大映テレビが連ドラで行っていたことと同じである。あれを楽しめた人は、こちらも楽しめるだろう。●途中のブラックスパイダーマンのときに、ハリーに殴り込みに行く、MJに恥をかかせる、エディの細工を暴露して蹴落とす、といった、それまでの弱点を覆すかのごとき行動が、割と心地よく快調に描かれていて、「いいぞもっとやれ」と思ってしまう仕掛けになっている。しかし、その見る側の黒い邪な心を否定するのがもちろんこの作品のテーマであって、その一線を守り通しているからこそ、大風呂敷にもかかわらずそれをハリボテに感じさせない強靱さを持ち合わせている。
Oliasさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2013-05-05 01:55:04)
196.《ネタバレ》 憎悪や嫉妬、人間の心に潜む負の感情が暴発しまくりますね。
それはスパイダーマンをも例外ではありません。
やはりヒーローの前に一人の青年ってのがスパイダーマンの大前提だからでしょう。
そしてそれをすごく魅力的なカタチで描いていてアクションの質のみにあらずな映画に仕上がっています。
まぁ、それにしてもピーター、脇が甘いなぁ(笑)
ろにまささん [DVD(字幕)] 7点(2013-01-28 02:59:24)
195.《ネタバレ》 もうここまでくると、監督を始め俳優陣もスタッフもわざとやりたい放題やってますね。やっぱりこの映画の見所は、ブラックスパイダーマンでもサンドマンでもあるいは世界の平和を守るでもなくて、なにより世の女性からもっとも嫌われたヒロインであるMJとそんなどうしようもない女に振り回されて無駄に特殊能力を使っちゃうウジウジ男・スパイダーマンでしょう。いやぁこんなカップルに世界の平和が託されたと思うとやっぱり面白いね。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2012-09-23 16:23:57)
194.《ネタバレ》 皆さん、おっしゃっている通り、敵が多すぎて(それに伴う薄っぺらな人間描写もあって)ストーリにもついていけない。
とにかく中途半端ですね。漫画が原作だから、マンガとしてみればいいのかなァ…。
loveさん [地上波(吹替)] 4点(2012-06-30 18:25:49)
193.《ネタバレ》 このシリーズは回を増すごとに面白くなってる。監督の演出も1作目から見違える様に良くなってきていてまさに水を得た魚。1・2作のヒットもあり、馴染んだキャストと共に自信が付いた上で非常にやり易かったんでしょう。CG含め、アクションシーンは文句無しの出来映えで、ハリー扮するニュー・ゴブリンとの第一ステージから飛ばしまくり。スパイディのいつものふんわりした浮遊感は観ていて気持ちイイし、狭い路地、超高速での追跡劇にはテンション上がりまくり!これはUSJのアトラクションよりも観ているだけで面白い。ストーリーはいつものMJを絡めたハリーとの確執、伯父を殺した真犯人への怒り、そんな自分の心を蝕む黒スーツ(ヴェノム)と、てんこ盛りなんですが、その都度のシークエンスが面白いです。デイリービューグル社内のやり取りは相変わらず楽しいし、フレンチレストランの受付のおっちゃんは良い味出してるし、黒スーツのおかげで魅力を振りまくピーターの変化や面白可笑しなダンス。ジャズクラブでグウェンがコンパクトを閉じるカットやピーターがスーツをはだけてグウェンに巻き起こる風のカットなんかすごくツボでした。「スパイダーマン」って元々A級でない、こういうB級な雰囲気がぴったりマッチしてて、十分面白いからどうこう突っ込む部分なんかないと、僕は思いますけどね。(ノーラン・バットマンみたいなスパイダーマン、あんまり観たいと思わないしね)でも、ジャズクラブでMJがジャズボーカルを披露するラストシーンは一転、ぐっ、とアダルトにしっとりとした甘美でオトナな雰囲気。笑顔を交わす事なく見つめ合い、抱き合うピーターとMJ。親友を失い、また一つ大人になった2人と監督の演出。絶妙な締めくくりに相応しい、美しくも哀愁漂うラストシーンにホロっ、としちゃいました。
mikiさん [ブルーレイ(字幕なし「原語」)] 10点(2012-06-28 19:45:40)
192.主人公が苦悩や葛藤を繰り返す、人間臭くて完全無欠のヒーローでない所に
スパイダーマンの魅力があると思うんだけど、その苦悩や葛藤がもう完全に薄っぺらい方向へ。
恋人、親友相手にどうでもいい、しつこいほどのうじうじの繰り返し。
主人公の人間力があまりにも低くて、とにかくつまらないのひと言。
おかげで悪役二人のほうは完全なる描写不足、特にサンドマンのキャラ設定はうまく使えば、
もう少し内容の濃いものになったのに勿体なや。主人公が悩むんだったら、そっちの方でしょ。
最後は日本のクッさい青春ドラマをハリウッド風に演出したような
ベタベタシーンで締められちゃって、もう溜め息しか出てこなかった。
唯一の見所はやっぱりアクションシーン。これなら余計なストーリーなんて排除して、
仮面ライダー風の勧善懲悪ものにしたほうが、よっぽど楽しめたよ。もうこのシリーズはいいや。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 1点(2011-08-24 08:37:33)
191.《ネタバレ》 ヒマだったから見たんだけど、ここまでMJのビッチ具合が続くといい加減グーで殴りたくなる。もっといい女探せよと。
ベンのオジさん死亡の真相を今更ねじ込むのも強引だし、全体的に短編集を継ぎはぎで一本化した感じ。結局、サンドマンも消化不良のままフェードアウトするし、何がやりたかったのか意味不明。
シバラク・オバマさん [地上波(吹替)] 3点(2011-07-03 18:57:38)
190.なんかゴッチャゴチャですな。途中で「マスク」みたいなシーンは出てくるし。
特殊能力の得方も様々、蜘蛛に寄ってなる奴、科学実験に紛れ込んでなる奴、
遊星からの物体Xによってなる奴、
ニュー・ゴブリンだけはバットマンと同じ、金にものいわせた一般人?
それとアメリカ人に聞きたいんだがダンストはあちらでは美人の扱いなの?
日本でもブッサイクなのに美人扱いで主役張ってるのもいるから、
そういうのと同じポジション?事務所の力?
幸志さん [地上波(吹替)] 5点(2011-04-22 14:29:20)
189.《ネタバレ》 スパイダーマンにハズレなし!たまに何も考えずMARVELモノが見たくなり、実際結構見てきたが、三日もすればキレイサッパリ忘れてしまう中、このシリーズだけはちゃんと構えて見てしまう。皆さん結構辛い評価だけれど、140分があっという間に過ぎ去ってしまうこのスピード感は流石だし、詰め込み過ぎなエピソードも頭が混乱する訳でもなく、個人的にはいいのではないかな~と思う。同じく評価の低いMJも自分にとってはストライクだし(笑)、今回出番も少なかったが、JKシモンズの編集長は相変わらず面白すぎる(笑)お陰でTVドラマのCLOSERはマトモに見れないし(笑)。砂男はなあ・・・一般市民さえ巻き込んでなきゃ、まあ許してOKと思うんだけど・・・前半は切なかったね、娘ネタは反則です。MJへの嫌がらせダンスは格好良かったが、頭に浮かんだのはパルプフィクションの靴下ダンスだった。役者も年を取ったが、劇中のキャラクターの人生にも変化が現れてるし、NY市民も成長?している所が素晴らしい。最後は平凡なラストだったが、是非4もよろしくという感じでこれもOK。
masaovさん [DVD(字幕)] 8点(2011-01-30 21:18:10)
188.1=3>2の順。ヒーローものの求めているものが詰まっていた作品。展開がはやく、軽いタッチでストーリも明白。
たこちゅうさん [映画館(字幕)] 9点(2011-01-20 23:38:54)
187.ありがちな勧善懲悪のヒーローもの。キャラクターに思い入れのある人以外には厳しい。
ぷろぐれめたるさん [映画館(字幕)] 3点(2010-12-26 17:43:46)
186.このヒーロー、魅力が能力しかなくなってしまった。人間として好きになれん。正体を隠してる割に平気でマスクもとるし。
みぢこさん [ブルーレイ(字幕)] 0点(2010-12-19 15:32:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 205人
平均点数 6.40点
020.98%
120.98%
220.98%
3136.34%
4115.37%
52813.66%
64320.98%
74421.46%
83115.12%
9209.76%
1094.39%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.60点 Review20人
2 ストーリー評価 5.97点 Review38人
3 鑑賞後の後味 6.27点 Review37人
4 音楽評価 6.80点 Review36人
5 感泣評価 5.09点 Review32人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS