クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦
 > (レビュー・クチコミ)

クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦

[クレヨンシンチャンデンゲキブタノヒヅメダイサクセン]
1998年【日】 上映時間:99分
平均点:7.32 / 10(Review 68人) (点数分布表示)
公開開始日(1998-04-18)
アクションドラマSFコメディアドベンチャーアニメシリーズもの犯罪ものスパイものTVの映画化漫画の映画化ネットもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-12-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督原恵一
演出水島努
矢島晶子しんのすけ
ならはしみきみさえ
藤原啓治ひろし
こおろぎさとみひまわり
真柴摩利風間くん/シロ
林玉緒ネネちゃん
佐藤智恵ボーちゃん
鈴木みえマサオくん
三石琴乃お色気
玄田哲章筋肉
石田太郎マウス
山寺宏一バレル
松島みのりママ
速水奨ブレード
塩沢兼人ぶりぶりざえもん
滝口順平大袋博士
増岡弘アンジェラ青梅
佐藤ゆうこセーギ
高田由美よしなが先生
富沢美智恵まつざか先生
納谷六朗園長先生
IZAMIZAM
臼井儀人マンガ家
中嶋聡彦士官
原作臼井儀人
脚本原恵一
音楽荒川敏行
宮崎慎二
齋藤裕二(音楽協力)
作詞IZAM「PURENES」
中島みゆき「ひとり上手」
作曲SHAZNA「PURENES」
中島みゆき「ひとり上手」
編曲SHAZNA「PURENES」
荒川敏行「ひとり上手」/「大都会」
主題歌SHAZNA「PURENES」
矢島晶子「とべとべおねいさん」(名義「のはらしんのすけ&アクション仮面」)
玄田哲章「とべとべおねいさん」(名義「のはらしんのすけ&アクション仮面」)
挿入曲富沢美智恵「ひとり上手」(ノンクレジット)
臼井儀人「大都会」(ノンクレジット)
撮影旭プロダクション
梅田俊之(撮影監督)
東京アニメーションフィルム(撮影協力)
プロデューサー茂木仁史
太田賢司
制作シンエイ動画
テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ
高橋渉(監督)(制作進行)
配給東宝
特撮堤規至(CGI)
作画原恵一(絵コンテ)
湯浅政明(原画)
末吉裕一郎(原画)
金子志津枝(動画)
マッドハウス(動画)
堤規至(作画監督/原画)
高倉佳彦(原画)
原勝徳(キャラクターデザイン/作画監督/原画)
安藤真裕(原画)
大塚正実(原画)
京都アニメーション(動画)
林静香(原画)
美術Production I.G(仕上)
京都アニメーション(仕上)
野中幸子(色彩設定)
石田卓也〔クレイアニメ〕(ねんどアニメ)
野村可南子(美術補)
松谷早苗(仕上検査)
編集岡安肇
小島俊彦
録音大熊昭(録音監督)
田中章喜(ミキサー)
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
68.《ネタバレ》 6.5点
そういやしんちゃんの映画はおもしろかった気がするなー程度で
暇つぶしに見たら意外とおもしろかった

他の映画でこんなストーリーで出されたらぶち切れてるところだけど
しんちゃんはこんな感じがいいね
そこまで退屈だと思った時間も無かったし
後半30分はとてもよかった(特にしんちゃんの絵本からのぶりぶりざえもんの消失受け入れ)

まったく期待していなかった分点数は甘め
メメント66さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-10-08 15:45:08)
67.《ネタバレ》 毎回毎回家族愛が主題になるのは宿命だけど、今回はもう一家族加わって効果的になっていた。個人的に下剤飲ませるところのくだりはかなり笑えた。映画館でみててもあれは笑ってしまうような気がする。
空耳さん [インターネット(字幕)] 5点(2016-05-06 17:27:44)
66.可もなく不可もなく、という映画。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 4点(2014-09-15 11:42:03)
65.《ネタバレ》 原監督に今もう一回作りなおしてみてほしい。そしたらきっと名作になるだろう。
no_the_warさん [DVD(邦画)] 7点(2012-11-11 19:06:04)
64.《ネタバレ》 東京湾の屋形船から始まって、香港、ウズベキスタン(?)あたりの砂漠など、次から次へとシーンが変わる冒険的な構成は、子供が最もワクワクする手法で、大人になっても「子供の頃に観たあの映画、面白かったよなぁ・・・」と印象に残る内容だと思います。ラストのぶりぶりざえもんもいいですが、この映画で一番好きなのは、まつざか先生が熱唱する「ひとり上手」です(笑)
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-04-15 22:12:10)
63.《ネタバレ》 映画でしか「クレヨンしんちゃん」を知らない私には、ぶりぶりざえもんを語る資格は無いのかもしれないが、これはぶりぶりざえもんのための映画でした。自分勝手で利己主義ですぐに日和って信用できない。そんな最低に近い奴が、改心して人助けをして消えて行く様に感動する。生みの親のしんのすけが、彼を更生させるために用意したお話がとても良かった。それだけで、観た価値があった気がする、というのは言い過ぎか…。以下余談。先日、仕事でお付き合いのある女性と食事したときに聞いた話。中学生の息子をデキちゃった婚と笑う40代の素敵な方でした。曰く「亭主とは長く見知った間柄で、全く良いところが無くてむしろ嫌な奴だったけど、何かの折に優しくされたことがあり、その時だけ魅力的に見えてデキちゃった」らしい。普段が低空飛行だと、平均的な行いが高得点になる。見知らぬご亭主のその顔が、ぶりぶりざえもんにオーバーラップしました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2011-01-01 17:41:50)(良:1票)
62.《ネタバレ》 ぶりぶりざえもんのぶりぶりざえもんによる全ての子供達の為の、クレしんファンの為の映画。ぶりぶりざえもんが立っているだけで笑える。しゃべるだけで笑える。こんなキャラはぶりぶりざえもんだけだ。そんなぶりぶりざえもんが頑張る。自己中で利己的。へたれ。そんなぶりぶりざえもんが生まれて初めて他人のために命をかける。困っている人がいる。命を投げ打ってでも助けようとする。なぜならぶりぶりざえもんは救いのヒーローだから。救いのヒーローとして生まれてきたから。大勢の人の命を救って消滅するぶりぶりざえもん。それを知るのは生みの親、しんのすけだけ。息子との別れ。親友との別れ。しんのすけの頬に伝う涙。これで感動しないワケが無い。書いてて泣けてきた。 しかしながら改めて読み返すとエライ駄文だ。
bolodyさん [DVD(邦画)] 8点(2010-08-07 00:34:47)(良:1票)(笑:1票)
61.《ネタバレ》 スパイ映画仕立てのお色気と筋肉も良いが、やはり本作はぶりぶりざえもんが素晴らしい。
しんちゃんが作るぶりぶりざえもんの話が最高です。
きーとんさん [DVD(邦画)] 8点(2010-07-18 16:32:14)(良:1票)
60.《ネタバレ》 なんでクレヨンしんちゃんで格闘アクションをだらだらと見なけりゃいかんのだ。ストーリーもイマイチだし、イザムとか寒いし、子供向けサイドのしんちゃんはちょいときつい。平気で銃をぶっぱなし人を殺そうとする悪役が拷問になると急にギャグになるというのもなんか不自然で、シリアスな展開に無理やり挿入されるギャグのバランスが微妙。
とか思いながら退屈しがちで観てましたが、終盤のブリブリざえもんの活躍は熱く、切なかったです。鑑賞後の後味はとても爽やかなものとなりました。
なのに、エンディングテーマで再度トーンダウンさせられてしまいました…。
すべからさん [DVD(邦画)] 6点(2009-08-29 12:51:18)
59.《ネタバレ》 映画になると急に家族愛が強くなる、野原家。子供なのに正義感が強く最善の努力を怠らない、かすかべ防衛隊。不条理で無秩序なシナリオは相変わらずで、しんちゃんの大人をおちょくったKYっぷりも含め、本作は一層拍車がかかってる気がします。もうこのクレイジーな物語を楽しむしかない、っていう感じ。にしても、しんちゃんの発想力はドラッギー過ぎるので、面白い反面、今後の行く末が心配ですw
VNTSさん [DVD(邦画)] 6点(2009-06-24 20:24:48)
58.《ネタバレ》 妻投稿。クレヨンしんちゃんの原監督の映画は「誰のための映画か」がはっきりしている。暗黒タマタマは「家族のための映画」、、嵐を呼ぶジャングルは「ヒーローのための映画」、オトナ帝国は「ヒーローになれない大人のための映画」、戦国大合戦は「明日殺されるかもしれない人たちのための映画」・・・・。私はこれらの映画に全部感情移入したし、泣いた。でもこの「豚のヒヅメ」だけは、どうしても自分に一体化できない事が悔しい映画だ。なぜならこの映画は「男はつらいよ」以上に男のつらさと強さを描いた「男のための映画」。描写される家族の絆やお色気と正義の絆も、男が守りたくなるだろうなという描写がなされ、息子を助けると同時にみさえを気遣うひろしや、ひろしに操縦桿を握らせて(元)妻を助けに行き、最後は敵もみんな助けようとする心の広さを見せる筋肉に、きっと私の旦那みたいな野郎どもは物凄いトルクやボルテージを感じるんだろうなと思った。■■でも今回「男の生きざま」を体現しているのは「家族のいる」男たちよりも「一人ぼっち」のぶりぶりざえもんに他ならない。旦那は「女の子にとって大切なことは幸せになることだが、男の場合はそうじゃない」と酔っ払って言っていたことがあったけど、それを体現しているのがぶりぶりざえもんだ。破壊兵器として生まれながらも、男らしく女の子を助け、最後は存在そのものを否定され抹消されるという人間として最大の悲劇をも受け入れる彼の姿に、私は「男というものはこういうものなのか」と涙が止まらなかった。■■本当にいい映画である意味悔しい映画。特にクレヨンしんちゃんとぶりぶりざえもんがタマタマという名の男の象徴を掴み合い、「立派だぞ」と喚くシーンでは、女の私が立ち入れない悔しさを感じてしまった。私が立ち入ったら「変態」になっちゃうからね(汗)。
はち-ご=さん [DVD(吹替)] 10点(2009-03-27 19:39:13)(良:2票)
57.《ネタバレ》 なんといってもぶりぶりざえもんが最高ですね。しんちゃんがつくった絵本の話もよかったですし、最後のおしりで飛行船を浮き上がらせるシーンなんかは、涙がでるほどでした。普段馬鹿な事ばっかりやってるやつが、ときどき真面目になるのって、ある意味卑怯ですよね(笑)子供たちが砂漠を歩くシーンなんかは、ストーリー的には何の関係もないのですが、自然の雄大さをあらわした、良い意味での無駄シーンだと思います。ボーちゃんの「大丈夫、ここは地球の上」や、筋肉の「命を粗末にする奴は俺がぶっ殺す」など、名言も数多く登場します。こども向けアニメらしい、都合の良いストーリー展開も見られますが、それを補って余りあるおもしろさです。
hum7en-j%:?#?さん [DVD(邦画)] 8点(2008-07-23 19:17:11)
56.しんちゃん、頭いい!
Yoshiさん [DVD(邦画)] 7点(2008-03-13 00:15:14)
55.クレヨンしんちゃんでこんなに笑うとはおもわなんだ。
クレヨンしんちゃんの映画には名言が多いし、何よりセンスがいい!
norainuさん [DVD(邦画)] 9点(2007-12-08 23:50:49)
54.お色気拷問シーンでは毎回爆笑します。バトルシーンもそこそこ迫力あるし、それから風景(とくに星空)がすごく綺麗で、そこだけアニメ見てる気がしないです。そして何より、ぶりぶりざえもん、かっこよすぎる。。。なんで再登場しないのかなってずっと思っていましたが、声優さんがお亡くなりになられていたんですね。今更ですがご冥福をお祈りいたします。あと、なにげにあの食えない感じのする博士も好き。
深々さん [ビデオ(邦画)] 7点(2007-08-31 11:15:18)
53.《ネタバレ》 開始1分で引き込まれ、爆笑し、最後には・・・。シュールな部分とハチャメチャな部分が見事に調和しているだけでなく、ウイグルあたりの山々や満天の星空といった「無駄」な部分もちゃんと挿入している事に感動。「自ら作り上げたクレヨンしんちゃん」という世界観を真摯に追求し、思う存分昇華させた脚本と演出は、面白い映画はどういうものなのかを教えてくれるような気がする。
ヤブラシ・ガイカンさん [ビデオ(邦画)] 10点(2007-08-01 17:04:46)(良:1票)
52.けっこう好き。ぶりぶりざえもんが本当に良い。
にあさん [DVD(吹替)] 6点(2007-03-22 01:34:57)
51.声優さんが良い仕事してる映画だねー!全員の声がこんなに豪華でしっくりくるのも珍しくない?とりわけ筋肉さんが一番合ってる気がするww。この映画、雰囲気とか映像は古い感じだけど、本当に泣き路線のさきがけなんだろうね・・。すごい良い話だった・・。家族の関係もいいし、友達の関係もいいし、やっぱりしんちゃんとぶりぶりざえもん!!素敵でした。
ネフェルタリさん [DVD(字幕)] 8点(2007-02-25 09:56:58)
50.やっぱり塩沢兼人が演じるぶりぶりざえもんは最高ですね。懐かしく観れました。ただストーリは、ぶりぶりざえもんのくだりはすごく良かったけど、それ以外では取り立てて印象に残ったシーンはないので、この点になりました。
はりねずみさん [DVD(邦画)] 5点(2007-02-08 20:18:37)(良:1票)
49.《ネタバレ》 たまたまビデオ屋においてあって新作だったから借りようと思ってみました。特にその頃は別にクレしん好きではなかったから特になんの思いもなく観た。面白かったし感動した。まじでウルッときました。ブリブリざえもんは皮肉たっぷりで僕は好きじゃないキャラでした。相変わらずの行動がたんたんとつづいていってそしてクライマックス!夕陽に消えていったブリブリざえもんは本当のヒーローです!人が人を救う理由に大きな意味はないんですね。ただ笑顔だけで。いや、笑顔だからこそかも知れません。そして最後に言わせてください!ブリブリざえもんは本当のヒーローです!
ランニングハイさん [DVD(字幕)] 10点(2006-05-04 22:58:49)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 68人
平均点数 7.32点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
434.41%
5913.24%
61116.18%
71014.71%
81927.94%
9710.29%
10913.24%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review5人
2 ストーリー評価 7.33点 Review6人
3 鑑賞後の後味 8.14点 Review7人
4 音楽評価 7.66点 Review6人
5 感泣評価 7.66点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS