アキハバラ@DEEPのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アキハバラ@DEEP
 > (レビュー・クチコミ)

アキハバラ@DEEP

[アキハバラアットディープ]
2006年【日】 上映時間:119分
平均点:5.60 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-09-02)
ドラマサスペンス青春もの
新規登録(2006-09-03)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2019-01-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督源孝志
キャスト成宮寛貴(男優)ページ
山田優(女優)アキラ
忍成修吾(男優)ボックス
荒川良々(男優)タイコ
三浦春馬(男優)イズム
板谷由夏(女優)ユイ
松尾政寿(男優)加藤則之
寺島しのぶ(女優)渡会藤子
萩原聖人(男優)遠坂直樹
佐々木蔵之介(男優)中込威
森本レオ(男優)
田口トモロヲ(男優)
神取忍(女優)
田口浩正(男優)
原作石田衣良『アキハバラ@DEEP』(文藝春秋刊)
脚本源孝志
音楽小西康陽
主題歌AAA「Let it beat!」
挿入曲山田優『REAL YOU』
撮影袴一喜
製作東映(「アキハバラ@DEEP」製作委員会)
東映ビデオ(「アキハバラ@DEEP」製作委員会)
企画遠藤茂行
伊藤満
配給東映
録音山方浩
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 オープニングで@DEEPの面々の職業と年収がタイプされるところが興味深かった。なんて言ってたかなぁ…「ネット社会の肉体労働者」的な形容をしていたけど、確かにその通りですね。この10年ほどで急速に普及したインターネット環境を作っている人たちの労働条件は、ほとんどが苛酷で低賃金です。なので、ナカゴミから超高額の提携オファーを断ったときに、ホントかよと思いました。課金されないソフトで遊ばしてもらったネットの海への恩返し、というような理屈でした。その感覚に実感がないから、よく分からない。自分の乏しい知識では、ネット系のビジネスは媒体や利権を扱わない限り、決して楽にならない。ストーリーの動機部分にケチをつけてますが、彼らの20年後を心配しての意見ってことで…。映画としては面白かったですよ。弱者が団結してデカイ奴にひと泡吹かせるって、楽しめるテーマです。山田優が可愛いです。それが格闘をやってるという設定がよろしい。しかも、そこそこ様になってるし。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-07-20 00:40:41)
4.《ネタバレ》 DVDパッケージのコピーは、『秋葉原版IWGP(池袋ウエストゲートパーク)』。でも自分の先入観は『7人のおたく』のほう。お手軽に笑えて楽しめるライトな作品を予想していました。しかし意外やシリアス。アキバ系カルチャーの世界で生きる5人の若者が主人公です。彼らの住みかはネットの海。その願いは、自由に海を泳がせて欲しいということ。海は誰のものでもありません。だからみんなでこの恩恵を享受しましょう。設定される敵は、海の覇者。力で海を占有し、さらには主人公たちの夢を強奪します。強大な敵に対して、彼ら“アキハバラ@DEEP”の面々は、どう立ち向かうのか。構成はシンプルで分かり易いです。でも、腑に落ちません。彼らは皆アウトサイダーです。既存のルールに捕らわれない世界で生きることを選んだ者たち。いや選ばざるを得なかったのかもしれません。それが、アキバ文化の世界であり、@DEEPという場所だったはず。だから其処を愛してやまないのです。大切な場所を守るために戦わねばならなかったと。ここまでは理解できます。彼らを応援したいとも思います。しかし暴力に対抗する手段が同じ暴力とはこれ如何に。“目には目を”である必要性を感じません。そこに、製作者の安易さを感じとってしまいます。何故、クライマックスをありふれたアクションにしてしまったのでしょうか?アキハバラである必然性も、アウトサイダーである必要性もありません。アキバカルチャーというキャッチーな素材を、客寄せに利用したかっただけのように見えてしまいます。でも、それでは底が浅いのでは。彼らには、既存の枠に捕らわれない、自由な発想で立ち向かって欲しかったと思います。ゲームでもいいし、アニメでもいいです。アイデンティティを誇示しなかったら意味が無いと思うのです。結果的にトンデモコメディになる可能性は高いですし、収拾がつかなくなるかもしれません。でもその深みに踏み込まなければ、アキバ文化を扱う価値はないと思いました。彼らの自我は、そんなDEEPな場所にあるのですから。ところで話題は冒頭に戻ります。JR秋葉原駅近くの公園といえば、ある公園が思い出されます。昭和通り口。某タワー型書店と道を挟んだ場所にある小さな公園。横はラーメン屋でした。もう10年以上行っていませんが、今もあるのでしょうか。あのパーク(公園)なら“DEEP”だと思います。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 5点(2007-09-26 18:21:55)★《更新》★
3.《ネタバレ》 何か全然興味のないところからスタートして、コレを観る機会を得た。
いや、山田優ちゃんが可愛いなーと思ったのが切っ掛けで観たんだけど、実は。
俺的には嫌いじゃなかったりするんだけどね、このコミック的展開。
ただやるならもっとコミック的に弾けて欲しい気がするね、変な悲壮感を取っ払って。
画的には駅前で待ち合わせしてるあの画が凄く好きだったなー。
秋葉に根を下ろす人にとっちゃOPはちょっとクルんじゃないかな?
だからもっと秋葉特有のエピソードも欲しい気がするんだけどね、ネタの宝庫なんだし。
あの連帯感羨ましいし俺も混ぜて欲しいなと思えた。(笑)
感動したのは奪還する計画を主人公とアキラが皆に内緒で進めてたとき、疎外感を受けた仲間が一体化するところ。
ベタベタで使い古された演出&画なんだけど…ダメだ、やっぱ感動するわ…泣きそうになるし。(汗)
それとせっかく漫画的な話なんだからさ、各キャラクターのビフォア・アフターが見たかった。
いや、半年後とかそういうのでも良いからさ、あの後どうなったのか?要はあの事件の後、皆は何を得て捨てたのか?それを知りたい。
それが「自分たちが作った検索エンジンの奪還」という物理的なものなのか?
それとも「これからも自由な日常」という無形的なものなのか?
「それは見た人の感想に任せます」ってのは物語としちゃ悲しいな、と思う。
あと、BGMが圧倒的にダメでした。(優ちゃんの曲は盛り上がるけど)
最後に山田優ちゃんのメイド姿に萌えた俺はダメ人間でしょうか?(舌打ちプリーズ★)
映画の奴隷さん [DVD(邦画)] 6点(2007-05-15 11:56:45)
2.《ネタバレ》 意外に面白かったです。アキハバラでのオタク話と思いきや普通に共感できます。山田優の舌打ち「チッ!」にちょっとキます。@DEEPの皆さんそれぞれキャラが立っているのでちゃんと群像劇にもなっています。アムロ・レイのスーツやジェットストリーム・アタックにチョイとニヤリとします。
まにさん [映画館(字幕)] 6点(2006-09-06 04:41:04)
1.最初のレビューのようなので少々緊張しますが、。なぜか見慣れたアキバの街並みやガンダム小ネタにニヤリとさせられたりもして途中までは凄く楽しめたんですが終盤になるにつれ、ご都合主義のような展開。かなりテンション下がりました。役者さんはみんな頑張っていたように思いますし、面白そうなストーリーだからもう少し考えてリアリティを持たせたらもっと面白くなったと思うんですけどね。少し惜しい気がします。
クルイベルさん [映画館(字幕)] 5点(2006-09-04 08:41:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.60点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5240.00%
6360.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 2.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS