ポストマン・ブルースのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > ポストマン・ブルース
 > (レビュー・クチコミ)

ポストマン・ブルース

[ポストマンブルース]
(POSTMAN BLUES ポストマン・ブルース)
1997年【日】 上映時間:110分
平均点:7.68 / 10(Review 79人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-08-16)
アクションサスペンスコメディロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-06-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督SABU
助監督行定勲
キャスト堤真一(男優)沢木龍一
遠山景織子(女優)小夜子
大杉漣(男優)殺し屋ジョー
堀部圭亮(男優)野口修二
清水宏(男優)(男優)土門泰三
伊藤洋三郎(男優)飯田康則
寺島進(男優)前田三郎
SABU(男優)黒川祐二
滝沢涼子(女優)殺し屋ラン
田口トモロヲ(男優)篠原一郎
麿赤兒(男優)半田寛次郎
近藤敦(KONTA)(男優)木村
平泉成(男優)松平機動警邏隊隊長
田中要次(男優)
原作SABU(原案)
脚本SABU
製作石川博
日活
テレビ東京
プロデューサー掛須秀一(ポスト・プロデューサー)
真木太郎
片嶋一貴
配給日活
編集掛須秀一
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
79.なぜこんなに評価高いのかわからない映画。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 2点(2014-09-29 23:20:05)
78.《ネタバレ》 的外れな推理で警察の捜査が迷走、とんでもない濡れ衣で追われる郵便局員。
勘違いとすれ違いが巻き起こす喜劇だが、リアリティなどクソ喰らえとばかりにマンガチックにぶっ飛ばすおバカコメディ。
警察がマヌケすぎてサスペンス性はなく、コントを見ているようではある。
単調すぎる仕事に嫌気がさすのはわかるが、郵便物を届けずに勝手に開封するというのは、実際に時折りニュースで見かけて不快になる事件だけに主人公への共感を損なう。
二人が手をつないで結ばれるラストは、ファンタジーっぽくて良かった。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 5点(2013-06-12 00:26:47)
77.サブ監督の走る映画に飽きた感はあったが、これはちょっと泣ける話だった。
afoijwさん [DVD(邦画)] 6点(2012-01-04 03:07:02)
76.《ネタバレ》 出だしの部分はかなりいい感じで、これは期待できるなと思いましたが、まったくダメでした。「勘違いから犯罪者にされてしまい、どんどんエスカレートしていく」というコンセプトは好きなんですが、人間の反応にことごとくリアリティや必然性がなく、単なるペープサートになってしまってます。あと、プロットがうまくかみ合っていませんね。ストーリーだけでもしっかりつくれば、見れるものになったかも・・。堤真一はやはりうまく、遠山景織子はやはりかわいい。その二つに3点。
コウモリさん [インターネット(字幕)] 3点(2011-10-03 14:04:34)
75.ラストはうるっときたが、それ以外はそれほど面白くなかった。というよりポストマンとしての倫理観を問われるシーンがあるので不快になった。全国のポストマンに対して失礼な内容に思えてしょうがない。
きーとんさん [DVD(邦画)] 4点(2010-09-23 02:10:29)
74.これは面白かった。
丁寧な脚本の組み立てで最後まで飽きない。
まだまだ邦画も捨てたもんじゃないと感心した。
極力アクションシーンを抑えながら、平凡な郵便局員の日常が暴走していく様はお見事。
警察側の勘違いがエスカレートしていくにしたがって、観客の笑いも加速していくという仕掛けが秀逸。
見終わったあとに「すっきり爽やかな気分」とはいかないけれど、映画が持つエンターテインメントの奥深さを垣間見れて、すっかり得した気分になった。
mhiroさん [ビデオ(邦画)] 7点(2010-07-10 00:14:31)
73.《ネタバレ》 郵便屋の仕事の単調さを描いた前半は、これからの展開に期待をさせて良かったものの、コミカルな刑事達が登場した辺りから、段々、この映画そのものが鬱陶しくなってきた。

刑事達の登場は端役なら何とか辛抱できたかもしれないが、後半に行くに従ってどんどん物語の中心に出てくるもんだから、いよいよもってストレスが爆発。
しかも、中途半端に長い。
刑事達が悪ノリする後半が、とにかく長く感じた。

全体的に安っぽい邦画という印象。
そして、自分には到底合わないシニカルな笑い。
「邦画は安っぽい」というイメージを増長する、A級戦犯的な作品。
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 0点(2009-09-14 02:40:12)(良:1票)
72.いやぁ~、かなりオモシロイ映画ですね。主役・脇役、それぞれ輝いてます。「ありえねぇ」具合も、この映画を調和させるギリギリの範囲に収まっているように感じられ、うまく出来ていると思いました。
チェックメイト・キングIIさん [DVD(邦画)] 8点(2008-05-25 08:22:43)
71.ところどころ笑えるシーンはあるのだが、コメディにしてもあり得ない展開が多くて、いまひとつ入り込むことができなかった。
茶畑さん [DVD(邦画)] 5点(2008-05-06 23:17:22)
70.面白いんだけど、なんだろう。さんざん馬鹿げたギャグで押しといて、最後にホロリとさせるのはちょっと反則。というか、非常に観ていて居心地が悪い。また、『レオン』や『恋する惑星』のパロディはいかにも時代を感じさせます。大杉漣は良かった。
フライボーイさん [DVD(邦画)] 6点(2008-04-02 11:21:49)
69.面白い要素が、たくさん絡んでいただけに、最後にドカーンと欲しかった。
Yoshiさん [ビデオ(邦画)] 6点(2008-03-23 11:27:02)
68.面白い!!!!ラブロマンス、男の友情、ハードボイルド、任侠、刑事ものサスペンス、レース、全てのおいしいとこどりで、全体的にはコメディ。笑えるし、腹が立つし、泣ける。
緩やかに伏線を散りばめる前半から、なだらかな右肩上がりを見せて、いつの間にか手に汗を握っています。
芝居がかったシリアスでアホなセリフ回しと、躍動感溢れる印象的な映像。映画はこうでなくっちゃ。キャストも皆、一心にアホやってて素晴らしい。満腹です。邦画で3本の指に入るお気に入り映画です。
すべからさん [ビデオ(字幕)] 10点(2008-02-28 14:45:33)
67.《ネタバレ》 面白かった。最後のdirect by SUBUと出る瞬間に9点献上。殺し屋ジョー、大好きだー。ラストの自転車シーン、追ってきた二人の荷台に何かしら載ってたのが笑えた。あと、マイナスの一点は警察は証拠品(指)押収しないでマスコミ公表してもいいのかよっ、てところが気になったので。
みことteaさん [ビデオ(邦画)] 9点(2008-02-12 22:02:33)
66.《ネタバレ》 いつか観たいなと思っていながら機会に恵まれず、やっと観ることができました。
コメディー・パロディー・アクション等々いろいろな要素が詰まっていて軽快で楽しくそして最後はじんわりとした映画でした。
警察の思い込みに端を発し、主人公を中心に展開する日常の中の非日常的な出来事がおかしく、またユニークなキャラの面々を取り巻くエピソードも秀逸です。
特にストーリーの中盤からテンポが上がる中で「このように展開してしまって、映画の落としどころはどうなる・・・」と一人でどきどきして、久し振りにエンディングを期待させる邦画に出会いました。
緑の制服と赤のマフラーそして堤真一の笑顔、遠山景織子の清楚な眼差しが印象に残
ってます。このような映画はミニシアター系の劇場で観るともっとその価値を感じることができたかもと思います。
たくみさん [ビデオ(邦画)] 7点(2008-01-13 20:41:39)
65.コメディだと知らずに観たので、序盤は勝手な設定や展開に閉口してしまっていたのですが、それに気付いてからはわりと楽しんで観れました。
でも、コメディだからといってリアリティをないがしろにしてしまったら、状況をつくっても感情移入できなくなるので如何なものか。
カラバ侯爵さん [ビデオ(邦画)] 5点(2007-07-12 16:34:47)
64.《ネタバレ》 コメディとシリアスが極めて微妙なバランスで成立している映画。(「ノッキンオンヘブンズドア」でもこんなこと書いた気がする)
律儀に左折時に手を挙げる殺し屋ジョー、本名常雄。面白い。
警察が馬鹿みたいに疑っていって、無茶ばっかりしているのに、筋としてはきちんと成り立っている。不思議な映画。
ラストはあれでいいのか。まあ旅立っちゃったってことで。
θさん [DVD(邦画)] 7点(2007-01-08 22:06:04)
63.《ネタバレ》 あらすじをザッと読んだ限りでは、荒唐無稽なストーリーだけが売りの奇を衒った演出の日本映画かと思ったのですが、実際に観てみると「よくもまぁ、これだけ上手いこと話が繋がるもんだな」と驚いて感心してしまいました。作品全体のテンポは極めて良く、物語のスピーディーな展開にはガイ・リッチーの犯罪映画にあるような小気味良さが感じられます。特に"全国殺し屋選手権"のシーンは傑作。終盤は「ちょっと人が死にすぎじゃない?」とも思ったけど、まさかラストへの伏線だったとは…。明らかに非現実的なんだけど、やけにリアルなところもあってこの映画、完全にやられてしまいました。参りました!
かんたーたさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-09-14 19:08:18)(良:1票)
62.《ネタバレ》 前回、人命軽視の点で酷評して3点を入れました。改めて観ました。すみません。8点に訂正します。だからといって人命軽視の点は譲れません。8点にしたのは、大杉蓮さんと堀部圭亮さんの演技とキャラに参ったからなんです。ブラックコメディなんですけど、とにかく脚本が計算しつくされている。爆発シーンがなくても、美男美女を起用しなくても、面白いものは面白い。本は読めば、読者がその情景をイメージできるのですが、映画は映像で楽しめる。そこに本にある筋書きが絡めば…、うん、お金をかけなくてもいい映画ってできるんです。やっぱり何か(2ちゃんねる)やりながら映画を観るのはいけませんね。すみません。ホントにごめんなさい。
どんぶり侍・剣道5級さん [ビデオ(吹替)] 8点(2005-06-24 18:19:06)
61.これ程、チャリをこぐシーンが多い作品も珍しい。大杉漣が(自転車の)左折の合図をしたのには笑った。
トシ074さん [地上波(字幕)] 7点(2005-06-24 17:05:55)
60.《ネタバレ》 あまり面白くなかった。点数が高かったので見たけど、期待していたほどではなかった。期待しすぎたかな?まず、警察があほすぎる。切られた小指だけでばらばら殺人と判断する警察はいない。確たる証拠もそろっていないのに、殺人犯だと決め付けたり、狙撃したりする低脳ぶりには、映画ながら「ありえない」と興冷めしてしてしまった。かなりこじつけと思われる部分が目に付いた。中盤の警察が出てきたあたりから、ありえない展開だったので、引き込まれなかった。冷めた目で見てしまった。
 ただ、遠山景織子はすごく美しかった。きれいではなくて美しいって感じだった。遠山景織子の切なさのある美しさに5点献上。あと、魚屋の帽子が{2046}だったのは、ウォンカーウェイなのかな?
MARTEL1906さん [ビデオ(字幕)] 5点(2005-04-14 01:31:14)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 79人
平均点数 7.68点
011.27%
100.00%
211.27%
311.27%
422.53%
556.33%
678.86%
71012.66%
82126.58%
92126.58%
101012.66%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review5人
4 音楽評価 6.33点 Review3人
5 感泣評価 7.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS