DOOM ドゥームのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > DOOM ドゥーム
 > (レビュー・クチコミ)

DOOM ドゥーム

[ドゥーム]
Doom
2006年【米】 上映時間:113分
平均点:5.04 / 10(Review 23人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-04-01)
アクションホラーSFモンスター映画ゲームの映画化
新規登録(2006-09-03)【ジムザムとジョニー5】さん
タイトル情報更新(2007-01-25)【.】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンジェイ・バートコウィアク
演出ジョー・ダン(スタント・コーディネーター)
ディオン・ラム(格闘指導)
キャストカール・アーバン(男優)ジョン・グリム(リーパー)
ザ・ロック(男優)サージ
ロザムンド・パイク(女優)サマンサ・グリム
デクスター・フレッチャー〔1966年生〕(男優)ピンキー
リチャード・ブレイク〔男優〕(男優)ディーン・ポートマン
脚本ウェズリー・ストリック
音楽クリント・マンセル
撮影トニー・ピアース=ロバーツ
製作ジョン・ウェルズ
ヘニング・モルフェンター(共同製作)
配給UIP
特殊メイクウォルド・メイソン
マシュー・スミス
クリフ・ウォーレス
スタン・ウィンストン・スタジオ
特撮ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
編集デレク・ブレシン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.《ネタバレ》 話に特に意味は無い。
ゲームの世界っぽい。
SFはみんなそうかもしれないけれど・・・
最初の状況説明からはじまって、設定、話はこび、描写・・・
「ゲームっぽいなー、何かのゲームが原作なのかな?」と思ってたら(そうなのかも、特に調べてないので知りません)
無敵?になってからの描写がゲームの主人公目線、まったくのゲームになった・・・。
でも?(だから?)爽快感も特に感じられず。

暇なときに気楽に何か見たいというときに、趣味が合えば、いいのかもしれない。
スズメッキの魔女さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2019-09-21 09:52:11)
22.《ネタバレ》  王道の娯楽アクション映画ですね。

 序盤に研究所の職員達が逃げ惑い、閉ざされるドアに挟まれて手首が千切れちゃうシーンなど、掴みも上々。
 盲腸の手術痕によって、怪物が元人間だと気が付く件も良かったし、BFGを発見するシーンに関しては、原作未プレイな自分ですらテンション上がるものがありました。
 「後ろにいるんだな?」って台詞も、お約束だけど面白かったです。
 そして何といっても、クライマックスのFPS風演出が楽しい。
 ゲームならではの臨場感を映画的手法として取り入れたという意味においても、非常に価値ある数分間だったんじゃないかな、と思います。

 その一方で、ゲームとは違い「主人公が誰なのか分からない」という映画ならではの特徴を活かし「隊長役のザ・ロックではなく、カール・アーバンこそが真の主人公だった」というネタも盛り込んでいるのですが……
 これに関しては、ちょっと微妙に思えてしまいましたね。

 まず、種明かしを勿体ぶっているせいで衝撃が薄れている点が痛い。
 唐突に豹変させるのではなく、段階を踏んで丁寧に「実は隊長は主役ではなく、悪役」と描写するのは誠実だと思いますが、ちょっとやり過ぎかと。
 せめて、命令に従わない部下を殺した時点で種明かしをしていても良かった気がしますね。
 その時点で観客としては「こいつがラスボスか」と分かっているのに、その後も隊長は味方側のままストーリーが進行し、最後になってようやく明確な敵となる形なので「そんなの、とっくに分かっていたよ」と白けてしまうんです。
 今となっては悪役のザ・ロックって結構貴重だし、上手く描いてくれていたら、ラスボスとしての暴れっ振りを素直に楽しめたかも知れないなと思うと、非常に残念。

 ストーリーの流れとしては「隊長に殺された同僚達の仇を討つ主人公」という形なのに、主人公と同僚が全然仲良く見えなかったというのも難点ですね。
 唯一まともに交流し、絆が窺えたのはヒロイン格の双子の姉だけであり、彼女だけは死なずに共に生還する訳だから、敵を倒しても復讐のカタルシスなんて皆無なんです。
 これは如何にも寂しいし、勿体無い。

 そういう細かい部分を、もうちょっと何とかしてくれたら「傑作」と言えそうなポテンシャルは窺えただけに、惜しくなってしまう一品でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 5点(2017-09-12 21:31:10)
21.《ネタバレ》 エイリアン&ゾンビ両方パクっちゃった的バカ映画 前半は結構退屈で、日本人らしいナントカかんとかクマノスケとか言う奴が瞬殺されたりする くまのすけの前に何故カツヒコが付くんだ、日本人なめんなよ 相変わらず、アジア人がザコキャラ扱いなのは腹立たしい 途中で主人公だと思われてたドウェイン・ジョンソンが急に敵になる 変わってカール・アーバンが主人公となってなんだかわからない物をお姉ちゃん先生に注射されてからは、さらに無敵のヒーローになるテキトーな展開 以降突然ガンシューティングシーンが一人称視線になると急にFPSゲームのようなビジュアルでそこは結構楽しい 何故、最初からこれをやらなかったのか ストーリーも姉弟の確執とか伏線ぽいセリフもあるがほぼ回収されることは無かった どちらにしろ特に目を引く所は無く、銃等のガジェットも悪く無いが、10年前の当時ならまぁまぁだったかもしれないが、今さらとりたてて見る必要もないだろうと思わせる程度だった
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-04-26 14:38:05)
20.《ネタバレ》 エイリアンVSプレデター2商法再び。造形の粗を目立たせたくないためか、予算がなかったのかとにかく照明が暗い映画。火星に開いた地獄の門の設定をありきたりの感染モノに変えたり最後にFPSっぽいシーンを無理矢理入れてみたり、何じゃこりゃ?
自分もDOOM初代のリメイクであるPC版DOOM3のファンでありそれを意識していることもわかったが、さすがにこれは原作を作ったidソフトウェアに謝るべき出来。
シバラク・オバマさん [DVD(字幕)] 4点(2013-11-18 19:16:27)
19.《ネタバレ》 まぁまぁ面白かったと思いますよ。テンポが凄く良いし、微妙なB級感が笑えるし。マックの本名、クマノスケってのが、あまりに唐突で、その後ず~っと考えちゃいましたね。クマノスケて、いつの時代の人やねん、、みたいな(笑)。ストーリー的には今一歩な感が否めないし、ロック様以外の登場人物が、もう少しキャラが強かったらな~とは思うのですが、中盤の予想外の展開は驚きで、それ自体楽しめましたね。やっぱりロック様が主人公で、完全無欠のヒーローなんだと思ってたら、中盤になって人々を皆殺しにしろと命じ、仲間を撃ち殺すという暴走が始まる。そして主人公キャラが入れ替わるわけです。あるいはまた、突如として始まるゲーム画面。あれ、かなりのクオリティでしたね。ただ、若干酔いましたけどね(笑)。アクション娯楽作としては一応合格点。ゲームのファンは尚の事楽しめるでしょう。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-25 17:38:48)
18.原作ゲームにドップリはまった身としては、もう少しモンスターのバリエーションを増やして欲しかった。それには、脚本をゾンビ物とは違う方向性へ変える必要があるが…。
ラストの一人称視点とカメラの動きは、本編中のそれよりも、ゲームの雰囲気を良く表現していてニヤリとしてしまった。
へろへろさん [インターネット(字幕)] 5点(2010-01-06 18:14:25)
17.《ネタバレ》 まあ普通のエイリアン映画。
最後のゲーム視点はいらない。冷めます。
とまさん [地上波(字幕)] 4点(2009-10-03 12:04:54)
16.《ネタバレ》 ロック様のファンとしてはまだプロレスに戻ってきてほしいと思っているわけでありますが、本人にその気がない以上どうしようもないわけで。ただ、今年のレッスルマニアではプレゼンターで出てくるとのこと。もしかして翌日のレッスルマニア当日も?との期待もしております。それでこの映画ですが、テンポも良くなかなか面白かったです。肉弾戦中のネックスプリングなんかはプロレス時代を思い出させてくれました。終盤のゲーセンの体感ゲームみたいな奴も悪くないですね。
ディーゼルさん [DVD(字幕)] 7点(2008-03-23 22:30:17)
15.《ネタバレ》 結構はらはらさせてくれるし、かなりえぐいシーンがあって、観終わって疲れた。 PCゲームのDOOMを題材にした映画だけど、私もかなりこのゲームにははまったのでどんな感じで映画化されたのかは気になっていた。 結論から言うと、うまい。 ストーリーはかなりべたに進行していく。 でもこのまま行くのかと思ったら後半にうまく盛り上げてくれた。 こういう展開になるとはまったく予想していなかった。 最後のほうにDOOM酔いで知られるFPS(一人称シューター)が登場する。 ここでえぐさ爆発になるけど懐かしさが勝ってでうれしくなった。 怪物もゲームに似ているのが登場したし(DOOM3がベースになっているようだ)、なによりもゲームでも強力な武器だったBFGの登場が良かった。 BFGは映画ではBio Force Gunとなっていたけど主人公のThe Rockはちゃんと本来のBig F#@king Gunって言っていた。 映画ではあまり活躍の場が無かったのはやはり武器としては強力すぎたということだろう。 ミリタリーオペレーションの非情さをここまで明確にこういうホラー映画で描くというのも珍しい。
称えよ鉄兜さん [DVD(字幕なし「原語」)] 8点(2007-09-19 14:58:11)
14.《ネタバレ》 かなり昔(スーファミ?)にゲームは体験した憶えあり。もう攻略関係なく力押しゴリ押しでやってました。映画に関してもそんな感じがする。一見頼りになりそうな特殊部隊が出てくるところまでは期待がもててよかったのだが、彼らが無策のまま特に活躍する場もなく、退場していき、しまいには“ゾンビ映画もどき”になってしまったのは残念。前半まともな隊長が後半豹変する様は『戦国自衛隊』の千葉真一を思い出させられた。ゲームを模した画面は面白い試みで、結構楽しめた。全体としてはやはり特に可も無く不可も無い、1回観たらもういいや映画としかいえないかなぁ。
いわぞーさん [DVD(字幕)] 5点(2007-07-16 18:06:57)
13.《ネタバレ》 ザ・ロック!!なんかゲッソリ?顔周りに絞った感がありました。
敵の正体、その他色々割れる辺りがピークでもあるしダレ始めでもある。
ゲーム視点、面白いけどそれまでのゴチャッとしたストーリー展開があるのと
酔うし馴染めないしで、ニヤリとさせる以上の効果を発揮していない。
ゲームの映画化ってことを印象づけるために冒頭でやるぐらいでもよかったのでは。
姉弟である意味ってあったのかな?怪物になるかもしれないのに、凄い姉だ。
感染するかは賭けだし、何も作中で説明されてないし・・。
無敵化してからのクライマックスで、見た目には派手だが緊迫感は無い。
軍曹に超人に至れなかった→怪物化→失敗、みたいなスメルがするので。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-05-20 17:52:57)
12.軍事訓練を受講してから撮影された作品の為、リアリテイが出ていたの楽しめるアクション映画の作品でした。
SATさん [DVD(字幕)] 5点(2007-04-21 07:02:10)
11.《ネタバレ》 監督さんはカメラマンから進出した人なんですねえ。他の監督作品は未見であるが。
いつものように、ゲームのことは全く知らず(私はシューティングができない)、純粋にサバイバルホラーとして消費しようと思ったのだった。
まあ、映画「バイオハザード」と大して変わらない設定なわけだが。そこは映画の規模や監督脚本の力量の関係で、「バイオ」には数段落ちることは確かである。
緊迫感が足りないし、脚本も安い感じが否めないし、アラを探せばそれこそキリがない。が、ことB級映画については、「減点方式」ではなく「加算方式」によりいいところを拾って評するのが正しいというものでしょう。
で、本作の場合は見どころといえば目玉である「ザ・ロック」出演と、「いかに特殊部隊らしく見えるか」を楽しむということだと思う。まあ、それ以外の部分が拾えない出来であるともいう。
特典によれば、軍事アドヴァイザーには退役したばかりの元将校を迎え、俳優陣はプラハで本格的な軍事訓練を受け(たことになって)ている。この映画で最も力を入れたのは、「特殊部隊」をリアルに描く、という部分であったわけだ。…その結果は、それなりに出たというべきか。
それにしてもザ・ロックの肉体美といったら、画面いっぱいに占領して当然といえる堂々たるもの。また、この人は顔面もなかなかだ。肉体だけでなく顔もアップに恥じない堂々のスター顔である。ゴツいだけでなく、演技も「大根」というほどでもないのだから、大したものだ。頭も良さそうだ。天は二物を与えることもあるのか。
戦闘場面では、デストロイヤーの最後の闘いが見ごたえがあった。…ケガはしなかったのだろうか、と思うくらいに迫力があったなあ。あれだけの見せ場を与えられれば、あの俳優さんも本望というものだろう。
個人的にはポートマン役(エロ兵士ですね)の俳優さんが、面白かった。こんなに色々な表情を見せられれば、なんだかもうけたような気もする。いつもヘラヘラしているのに、戻って怪物退治を命じられたときはものすごーく情けない顔になる。人間のずるさ、弱さを演じさせたらピカ一、という俳優さんではないだろうか。拾い物だ。
兄妹の名前が「グリム」ですかあ。とかくB級は長所を探しましょう。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 5点(2007-03-13 12:05:33)
10.ザ・ロックは特殊部隊の隊長役が似合ってるなーと。かっこいいのに後半でおかしくなっちゃうのは残念でした。特殊部隊が武器を駆使してクリーチャーを殲滅するのは、エイリアン2やバイオハザードの系統なんですが、内容はそれらと比べるとしょぼいですね。
kenzさん [DVD(字幕)] 4点(2007-02-11 19:18:17)
9.バイオハザードより数段面白かった。「ハウス~」も面白かったけど、こういう原作のあるゲームを映画化するのであれば、何かを捨てる潔さが必要でしょう。妙に余所行きにかっこ付けして、世界観の押し付けや理屈付けはしないで欲しいので、素直に楽しめました。
リニアさん [DVD(字幕)] 7点(2007-01-28 13:20:24)
8.《ネタバレ》 そんな簡単に突然変異起こすか!というツッコミはなしにしても、ひどいストーリーだ。ゲームのプロモみたい。
フィリップ・バルカシジクさん [DVD(字幕)] 1点(2006-11-23 06:20:09)
7.《ネタバレ》 こりゃゲームらしさが完全にマイナス方向に作用してしまってるなぁ。アンジェイ・バートコウィアクっていったっけ?ヒップホップ・カンフー三部作(『ロミオ・マスト・ダイ』とかね)見たときも思ったんだけどこの監督、「ここぞ!」という時に盛り上げたり、物語の流れに緩急をつけたりする演出力がイマイチ足りないんだよね。クリーチャーが画面にその姿を露にするまで引っ張るだけ引っ張って、ようやくクリーチャーが画面に姿を現したと思いきや、RRTSのメンバーは大した攻防も出来ずにバッタバタやられてくばかり。おそらく原作ゲームを大いに意識したであろう一人称シューティングの映像手法は斬新だけど、映画のスパイスに成り得ているかと言うと微妙。第一、ゲーム知らない映画ファンにとっちゃ「何事?」と思うだけでしょ。原作ゲームをプレイした方にした分からないネタもふんだんにあったんだろうけどね。ところでクライマックスの格闘シーンでリーパーも軽々と鉄筋を曲げていたような気がしたけど、結局彼もクリーチャー化してしまったのかな?
カニさん [DVD(字幕)] 4点(2006-10-23 01:20:52)
6.ラスト付近のゲーム視点は凄く面白い。かなり酔いました。DOOMじゃないんですが一人称視点のゲームはやるので、まったくその通りの映像に感動しました。ストーリーとかは何か普通でした。
亜空間さん [DVD(字幕)] 6点(2006-10-18 19:36:42)
5.《ネタバレ》 途中までは「エイリアン2」を彷彿させる内容でそこそこ惹きつけられたのですが、後半以降シナリオがやや破綻ぎみの印象を受けました。例えば”軍曹”ことザ・ロックが急にただのサイコ野郎になっちゃったり(のっとられたの??いつのまに??)、あるいは敵モンスターの設定も染色体がどうとかなんか複雑で良く解らないし(頭悪くてドゥームすいません・・・)、さらにはラストでもいきなりマトリックス系のナグリ決闘に突入しちゃったりと、思わず「何でやねん!!」とエセ関西弁で突っ込む事もしばしばでした(最後の手榴弾オチもなんかスターゲイトみたいだし・・・って知ってる人いるのか??)。もっとも元のゲーム自体は未プレイながらも、一人称視点のシークエンスはなかなか面白く感じたのでその点は評価しても良いかなって思います。まぁSFアクション映画として雰囲気は決して嫌いではないので(ゾンビ風のテイストとかも)、設定をもっとスッキリさせてシンプルにストイックなカッコよさを突き詰めた作品だったら良かったのにな~なんて思いました。
ぶらきさん [DVD(吹替)] 6点(2006-10-17 01:24:40)
4.それこそゲーム程度の話。特典映像で次々出てくるアメリカのオタク系人種を眺めている方が楽しい。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 3点(2006-10-14 01:12:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 5.04点
000.00%
114.35%
200.00%
314.35%
4626.09%
5834.78%
6313.04%
728.70%
828.70%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.40点 Review5人
2 ストーリー評価 4.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review4人
4 音楽評価 5.40点 Review5人
5 感泣評価 3.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS