ステイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ス行
 > ステイの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ステイ

[ステイ]
Stay
2005年上映時間:101分
平均点:4.22 / 10(Review 32人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-06-03)
ドラマサスペンスミステリー
新規登録(2006-09-03)【パブロン中毒】さん
タイトル情報更新(2011-10-07)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーク・フォースター
キャストユアン・マクレガー(男優)精神科医 サム・フォスター
ナオミ・ワッツ(女優)ライラ・カルペッパー
ライアン・ゴズリング(男優)ヘンリー・レサム
ケイト・バートン[女優](女優)レサム夫人
ボブ・ホスキンス(男優)医師 レオン・パターソン
B・D・ウォン(男優)医師 レン
ジャニーヌ・ギャロファロ(女優)医師 ベス・レヴィ
エリザベス・リーサー(女優)アテナ
マーク・マーゴリス(男優)ビジネスマン
脚本デヴィッド・ベニオフ
撮影ロベルト・シェイファー
製作アーノン・ミルチャン
エリック・コペロフ
配給20世紀フォックス
特殊メイクジョン・キャグリオーネ・Jr
スティーヴ・ジョンソンズ・エッジFX社
特撮ルイス・モリン(視覚効果製作総指揮)
バズ・イメージ・グループ(視覚効果)
スティーヴ・ジョンソンズ・エッジFX社(特殊効果)
美術ケヴィン・トンプソン[美術](プロダクション・デザイン)
ジョージ・デ・ティッタ・Jr(セット装飾)
ティム・グライムス(小道具)
編集マット・チェシー
あらすじ
事故を起こし爆発炎上したクルマから奇跡的に生還したヘンリー。彼は担当医となった精神科医サムに対し、3日後に自殺すると予告する。一方、サムの同棲中の恋人ライラもまた、過去の自殺未遂から、今もって不安定な心を抱え続けていた。ヘンリーの自殺を阻止すべく奔走するサム。そして、彼の周囲に不思議な出来事が起こり始める。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.《ネタバレ》 超ネタバレですが、これを知っといた方が感動できると思います。
運転していた車がパンクし横転、同乗していた彼女と両親を死なせてしまい
不幸にも即死することが出来ず、事切れるまでの間、
状況と自責の念・ほんの少しの助かりたい気持ちから走馬灯(ストーリー)を観る
この走馬灯 が 本編

結果的に現実と繋がるのは、
・両親を殺してしまった・指輪は自分の物・彼女も横に乗っていた・死ぬ時間と場所 くらいで
後は無理矢理サスペンス映画にしようとしている感じがしてしまいました。

ラストの悲しい演技・演出は◎
サスペンス映画として鑑賞していたため、どういう設定なのか?を考えながら観てしまいました。
そのため、走馬灯だとわかった後、素直に感動することが出来ませんでした。

キャストや役柄はとても合っていたと思うので
サスペンスではなく、走馬灯だとわかった状態でヘンリー目線で
自責の念 + 絶望 + 少しの生への渇望 + 少しの記憶の混濁 という映画にした方が良かったのではないかと思いました。

自分のせいで何かを犠牲にすることがあった時に自分も即死したいと思える。
そんな映画でした
メメント66さん [インターネット(字幕)] 4点(2020-09-22 23:02:49)
31.《ネタバレ》 丁寧に考えて作ってあるのに、なんでこんなに面白くないんだろう…??と思いながら見て、最後にその理由が分かった気がした。

要するに『ジェイコブス・ラダー』的な映画なんだが、正面から堂々と描いておらず、オチがわからないように、自分(ヘンリー)ではなくサムとライラを中心としたストーリーにしているのが、なんとゆーか姑息に感じた。不自然だし。

このオチなら、もっとヘンリーの内面と人生にずんずん踏み込んで描くべきなのに、サムを主役の視点に据えたせいで、それができなくて軽くなった。
代わりにサムとライラの関係をこねくり回して描いているが、そもそも二人はヘンリーと無関係だし、ヘンリーの一瞬の妄想にすぎないのに、ここまでしつこく描く必要ある??
観客を騙すためのフェイクにしつこく力入れて描かれても、オチのひねりが全くないから、拍子抜けするだけだったよ。

それこそ、『ジェイコブス・ラダー』に比べて、オチの重さも哀しみも余韻も、すべてが薄くて軽かった。
製作者側の空回りを感じます。残念。
りりらっちさん [インターネット(字幕)] 3点(2020-06-16 12:58:50)
30.《ネタバレ》 うーーむ・・・こんだけ引っ張ってこういうこと!? ・・・まぁ久しぶりに「こういうのに」当たった感じ(苦笑) 感覚的なところはわからなくもないけど、これを芸術性とかいうほどの器量はないかなぁ。コメントもあんまり正直浮かばない内容でゴザイマシタ
Kanameさん [インターネット(字幕)] 2点(2020-05-25 20:54:23)
29.《ネタバレ》 最後のシーンですべてがわかり、そこで私の中では素晴しい映画の1つになりました。

自分が年を重ねるにつれて、死についてよく考える様になった。死んだらどうなるのかな、消えてなくなるのかなとか。
だから、この様な死と向き合う映画は心打たれてしまいます。

特にポイントは、「もうすでに死んでいた」 のではなく、「走馬燈を見ていた」というところだ。死ぬ直前の走馬燈を私たちは見せられていたのです。
事故を起こし、自分以外の家族が死んでしまい、悲しさ、後悔、自分もすぐ後を追うであろうという中での走馬燈。それを考えただけでも泣けてきてしまいます。苦しさ、後悔の中で亡くなっていった姿が可哀想でなりません。
ブリーバンデカンプさん [インターネット(字幕)] 7点(2020-05-22 02:11:42)
28.《ネタバレ》 事故を起こした自分を責めて、死なせたのが自分とは無関係の人たちだと思いたいと願いつつも、自分は許されたい、申し訳なかったと思っているんだ、ということもわかって欲しい。
もしも家族を自分の運転で死なせてしまったら、こんなふうに考えるかもしれないなと思わせる。
よく練れた脚本で、ラストシーンで合点がいったので我慢して見て良かったかな。
ナオミ・ワッツは包容力のある女性の役が似合うし、ライアン・ゴズリングは、繊細な役が似合う。
でも、一般受けはしないよね、この映画。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 6点(2019-04-29 10:27:34)
27.《ネタバレ》 感覚的にこんな映画は好きなので高評価です
落ちは多分ね と思いながら見ていたのであまりがっかりはしませんでした。
また見たいと思える映画でした
かじちゃんパパさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-10-01 14:32:11)
26.《ネタバレ》 <メモ>事故を起こして恋人と両親は死んでしまう。主人公ヘンリーは即死を免れるものの,自分と周囲の状況を理解して絶望的な思いになる(許してくれ)。事故現場の後ろを走っていたサムとライラが救助にあたるものの徐々に意識は遠のいていく。そんなときヘンリーの頭の中ではサムとライラを中心にして,1つのストーリーを自分の人生をからめて作っていく・・・・映像が美しい。本の並びなど美しい。一見サスペンス風に見せながら,全然違うので,そういうのを期待しながら観るとがっくりくる。何の情報も無しで,ふと目にすると,映像のスタイリッシュさに引き込まれて最後まで観てしまう。何か,そんな映画。
蝉丸さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-09-18 18:05:04)
25.《ネタバレ》 死ぬ前の走馬灯の話じゃ支離滅裂で当たり前か・・・必死に話についていこうと集中して観てたのに、凄い損してしまいました。
よりさん [DVD(字幕)] 2点(2010-05-01 23:53:09)
24.《ネタバレ》 
ボーズ・オブ・カナダの曲を映画にすると、
こんな感じかなぁ…
他人の夢の話を聞かされるほど、
つまらないものはありません。
それも話し下手な人から聞かされたら最悪。
海之松さん [DVD(字幕)] 2点(2009-09-13 13:57:34)
23.《ネタバレ》 評価が低いので少し驚きましたが、感覚の映画なので、そうなるのかな~と思いました。謎が解けるのを期待した方には「裏切られた感」があるのでしょうか?私的には初めて「死を肌で理解した」時の感覚に非常に近いので高評価です。私は甥が産まれた時、「生命」を頭でも理屈でも心でもなく触感に感じ、同時に「死」がストンと私の中に入ってきました。産まれてきた以上いつか死ぬ。死亡率は100%です。孤独と淋しさと共に、命がとても小さく愛しいものであると感じました。その時の皮膚感覚とこの映画で表現されるものがとても近いのです。話が進むにつれ、これが現実でない事が分かってきましたので、私はてっきりユアンの方が意識不明なのかと思っていました(彼が車の事故に巻き込んだのかと)彼を看取った後、二人は「眠れそうにない」と言いましたが私もそうなるな、と思いました。彼に訪れた「瞬間」はいつか私にも訪れるからです。いつ、どんな形で「死」が舞い降りてくるか誰も知りません。これは普通の男性の、年間何万件もある普通の事故死です。「普通の男性」にも生きて来た人生があり、大切な人がいて、奪われた時の悲しみ、苦しみ、その想いは偉人やヒーロー達と変わらないのです。そして「死」も。それをここまで表現したこの映画は、見えにくいけれど深い映画だと思います。(個人的感想なのですが、観賞は吹替の方がいいかも知れません。主役二人の男性の息づかいの演技がすごく上手いんです!似てるし←これがポイントですね)
果月さん [DVD(吹替)] 8点(2009-06-15 09:41:37)
22.溜めて溜めて溜めて、寸止めされたような気持ち。後味悪い。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 2点(2009-03-01 20:38:33)
21.なんとなく最初から、オチが予想できたので気楽にNYの映像とユアンを堪能したという感じ。真っ向勝負で映画を楽しみたいという方は手を出さないほうがよろしいかもしれません。映像は本当にキレイで(特にブルックリン橋!)眠れない夜にBGM代わりに流すと雰囲気サイコーだと思います。
グレースさん [DVD(吹替)] 4点(2008-05-12 01:26:35)
20.ラストまできて「ああ、そういうことだったのか・・・たぶん」という感じで観終わりました。そのラストまでが、なんかありそうだっていうだけで興味とか惹きこまれるモノはなかったです。でも映像はなかなかのもので、かなり凝ってますね。最初、ヨーロッパが舞台かと思ったほどアメリカぽくなかったです。雰囲気や色彩は好みですし、雨のシーンや衣装に音楽もいいですね。センス良いと思います。ぼーっと眺めてビジュアルに酔うのにはもってこいの作品でしょうか。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-08-03 22:27:20)
19.《ネタバレ》 時間的にはそうでもないが、冗長に感じられた。
つまるところ「夢落ち」のようなものだが
では、今際の際に生み出された幻想世界が面白かったかと言うと
微妙と言わざるをえない。
ミステリー?サスペンス?様々な予想を考え、浮かべるも尽く裏切ってくれた。
ユアンとナオミが支えてくれているものの、彼らがもし不在だったら・・・。
映像に対する努力は垣間見えるが、もう少し脚本を練って欲しかった。
ドロドロとした事件が一つ欲しかった、単なるファンタジーで終わっている。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-07-30 18:57:27)
18.最後にすべてがつながってくるのかと期待していたが、つながらなかった。
理解力不足なのかとも思ったけど、ちょっと難しすぎです。
りえりえさん [DVD(字幕)] 4点(2007-07-19 14:24:58)
17.これをこれからご覧になろうとしている方へ・・・・やめておきましょう。時間の無駄でしょう。
yoshi1900olololさん [DVD(字幕)] 2点(2007-05-30 19:07:47)
16.《ネタバレ》 夢オチにしては人称が一定しておらず、他人称までの幻想したとするには、人称変化のの繋ぎの表現が甘すぎて、同感できない。昨今増えた夢オチ映画のために、それらをいくつか見てきた人には、前半で夢オチ映画の予想がなされるが、同じ夢オチで似たような展開なら「-less」のほうがはるかに出来がいい。「シックスセンス」や「マルホランド・ドライブ」とは比べるのも失礼な程の駄作。
ダルコダヒルコさん [DVD(吹替)] 3点(2007-05-04 00:16:10)
15.作り手の熱意だけが熱く空回っているなぁ。でもこの雰囲気作りは嫌いじゃないです。映像の懲り方なんかもこの手の映画としてはうるさすぎず、ほどよくスタイリッシュでやり過ぎ感も感じませんでした。NYを舞台にしているのにあまりNYらしくないのは主人公がユアン・マクレガーだからなんでしょうけど、同じ街でもマクレーン刑事がドタバタ駆け回っているのとはずいぶん感じが違いますね。やはり特筆すべきは映像の作り込み方。インテリアや登場人物のファッションにも徹底的なこだわりが見えて好きな人には楽しめる映像ではないかと思います。特にナオミ・ワッツの衣装は最初から最後まで素晴らしいものばかりでした。地下鉄やNYの夜景など、雰囲気一発で乗れる人にはお勧め出来ると思います。ストーリーはツッコミどころ満載ですが、こういう映画はあまり細かいことは考えずに環境ビデオだと思って楽しむのがコツではないでしょうか。個人的には「ドニー・ダーコ」や「ガタカ」のテンションが楽しめる方に是非お勧めしたいです。何度も見たいかと言われると、うーんそれほどでも、というしかありませんが。ジャニーン・ギャロファロが出ているというので借りて見たんですけど、あんまり出番が無い上に暗い役だったので(映画自体あんまり明るくはないですが)、ファンとしてはちょっと期待はずれかな。主人公がジュード・ロウだったらあと2点ぐらいあげたかったですね。

anemoneさん [DVD(字幕)] 6点(2007-04-05 02:51:53)
14.なんだ・・・?夢おち?見ててもさっぱり話の展開がわからない。最後に来て、全てがつながってくるのかと思ったら別にそういうわけでもなかったし・・・2時間無駄にした。
SAKURAさん [DVD(字幕)] 0点(2007-03-14 12:46:11)
13.とんだ茶番に付き合わされた。
これを作ったのはただ単に映像系の人なの?
全く物語というものを理解していない。ただただ絶句。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 0点(2007-03-02 14:21:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 4.22点
026.25%
100.00%
2618.75%
3618.75%
4515.62%
526.25%
6515.62%
739.38%
839.38%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 3.25点 Review4人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS