Menu
 >
 >
 > 13デイズ

13デイズ

Thirteen Days
2000年【米】 上映時間:145分
平均点: / 10(Review 134人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス政治もの歴史もの実話もの
[サーティーンデイズ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-10-30)【イニシャルK】さん
公開開始日(2000-12-16
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ロジャー・ドナルドソン
助監督J・デニス・ワシントン (第2班監督)
キャストケヴィン・コスナー(男優)大統領特別補佐官 ケネス(ケニー)・オドネル
ブルース・グリーンウッド(男優)ジョン・F・ケネディ大統領
スティーヴン・カルプ(男優)司法長官 ロバート・F・ケネディ
ディラン・ベイカー(男優)国防長官 ロバート・マクナマラ
ビル・スミトロビッチ(男優)陸軍大将 マクスウェル・D・テイラー将軍
マイケル・フェアマン(男優)米国国連大使 アドレー・スティーブンソン
ヘンリー・ストロジャー(男優)国務長官 ディーン・ラスク
ケヴィン・コンウェイ(男優)空軍大将 カーチス・ルメイ
ティム・ケルハー(男優)大統領特別顧問 デッド・ソレンセン
フランク・ウッド(男優)国家安全保障問題顧問 マクジョージ・バンディ
マディソン・メイソン(男優)海軍大将 ジョージ・アンダーソン提督
ケリー・コネル(男優)大統領報道官 ピエール・サリンジャー
チャールズ・エステン(男優)空軍パイロット ルドルフ・アンダーソン少佐
クリストファー・ローフォード(男優)空軍偵察作戦指揮官 ウィリアム・エッカー中佐
エド・ローター(男優)陸軍士官 マーシャル・カーター将軍
ジェームズ・カレン(男優)外交官 ジョージ・ボール
ステファニー・ロマノフ(女優)大統領夫人 ジャクリーン・ケネディ
オレク・クルパ(男優)ソ連外務大臣 アンドレイ・グロムイコ
エリヤ・バスキン(男優)ソ連駐米大使 アナトリー・ドブルイニン
ルシンダ・ジェニー(女優)ケニーの妻 ヘレン・オドネル
ダン・ジスキー(男優)ウォルター・"カム"・スウィーニー
オレグ・ヴィドフ(男優)ソ連国連大使 ヴァレリアン・ゾーリン
ロバート・ミランダ(男優)ケネディ大統領の運転手
ジョン・フォスター〔1984年生・男優〕(男優)Kenny O'Donnell, Jr.
レン・キャリオー(男優)元国務長官 ディーン・アチソン
原康義大統領特別補佐官 ケネス(ケニー)・オドネル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
安原義人ジョン・F・ケネディ大統領(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
森田順平司法長官 ロバート・F・ケネディ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
金尾哲夫陸軍大将 マクスウェル・D・テイラー将軍(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中庸助米国国連大使 アドレー・スティーブンソン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
秋元羊介空軍大将 カーチス・ルメイ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中博史大統領特別顧問 デッド・ソレンセン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
水内清光国防長官 ロバート・マクナマラ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小形満国家安全保障問題顧問 マクジョージ・バンディ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
仲木隆司海軍大将 ジョージ・アンダーソン提督(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
品川徹CIA長官 ジョン・マコーン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
三宅健太空軍パイロット ルドルフ・アンダーソン少佐(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山路和弘大統領特別補佐官 ケネス(ケニー)・オドネル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山寺宏一ジョン・F・ケネディ大統領(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
内田夕夜司法長官 ロバート・F・ケネディ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木勝彦陸軍大将 マクスウェル・D・テイラー将軍(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中秀幸国防長官 ロバート・マクナマラ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
内海賢二空軍大将 カーチス・ルメイ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
西村知道元国務長官 ディーン・アチソン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
横島亘大統領特別顧問 デッド・ソレンセン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本デヴィッド・セルフ
音楽トレヴァー・ジョーンズ
編曲トレヴァー・ジョーンズ
挿入曲ジョン・スコット〔音楽〕"Virga Jesse Floruit"
撮影アンジェイ・バートコウィアク
ロジャー・ディーキンス
製作ケヴィン・コスナー
アーミアン・バーンスタイン
ポール・ディーソン(共同製作)
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮マーク・エイブラハム
トーマス・A・ブリス
マイケル・デ・ルカ
イロナ・ハーツバーグ
配給日本ヘラルド
特殊メイクマシュー・W・マングル
特撮ウィリアム・ショート
シネサイト社(視覚効果)
美術J・デニス・ワシントン (プロダクション・デザイン)
編集コンラッド・バフ
字幕翻訳戸田奈津子
その他ポール・ディーソン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
134.あくまでも視点はアメリカからのキューバ危機。事件そのものを第三者の目から検証しているわけではないのですな。私はどっちかというとソ連側の言い分が聞きたい。“気取った高慢ちきのアメリカに一泡ふかせてやろう”とカストロと結託した「共産主義から見るキューバ危機」の方が面白いと思うんだけど。ちょっと間抜けな予感もするし。もしも実現したならキューブリックに撮ってほしかったなあ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-10-21 00:05:17)
133.《ネタバレ》 キューバ危機、米ソによる天下分け目のニラメッコ。ギリギリの外交戦略で乗り切ったまさに一触即発の13日間をアメリカ側の視点で追う本格・社会派政治ドラマ。互いの腹の底を探り合う緊迫の外交戦を臨場感あふれる演出で表現。沈着な名宰相として奔走する大統領補佐官をケヴィン・コスナーが好演。人物相関が分かりにくいのが惜しいです。
獅子-平常心さん [地上波(字幕)] 6点(2013-02-09 23:01:07)
132.中国との間の尖閣諸島領有問題がこじれにこじれ、反日デモで日本企業がボコボコにぶっ壊されるわ、尖閣に中国の大船団が迫っているわ、中国報道官の日本に対する悪口が日々エスカレートするわと、只事ではない事態に直面している最近の日本。その一方で我らが野田総理の存在感は薄く、彼は一体何をしているのだろうかと考えながらふと思い出したのが本作でした。。。
今回の鑑賞であらためて感じたのですが、この映画の面白さは異常です。本作は戦争に至らなかった事件を舞台にしており、見せ場らしい見せ場は皆無。あーだこーだと議論するおっさん達の姿が上映時間の9割を占めるという何とも暑苦しい内容ながら、これをアクション映画もかくやという娯楽作にまで高めているのです。ロジャー・ドナルドソンによる演出が素晴らしく、膨大な登場人物の入り乱れる複雑な物語を、極めて簡潔に仕上げています。映画全体のテンポの作り方や、イベントに向けての盛り上げ方も見事であり、この監督なくして本作は完成しなかったであろうと思います。。。
ただし、傑作にはなりきれていないという印象です。かつて『ダンス・ウィズ・ウルブス』を製作し、『JFK』にも主演したリベラル一直線のケビン・コスナーの影響か、本作は問題の捉え方があまりに一面的すぎるのです。何が何でも武力行使に持ち込もうとする軍人達が悪として断罪されており、危機を作った張本人であるソ連以上に否定的に描かれています。この手の映画は「あなたならどうしますか?」という問いを観客に投げかけてこそ価値があると思うのですが、製作側が善悪を断定してしまっているのでは楽しみが半減してしまいます。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 7点(2012-09-25 00:51:42)
131.《ネタバレ》 うむ、これはなかなか見ごたえがある  ケビン・コスナーいいですね この人はこういう役をさせたらバッチリ   しかし、あくまでアメリカ視点であり、史実に基づいて とはいえ どこまでホントかは…  まぁあまりそこら辺は言いっこナシでしょうね  政治的駆け引き 軍部との衝突 ギリギリの交渉  とてもスリリングでかつ大変勉強にナリマシタ
Kanameさん [DVD(字幕)] 7点(2011-12-25 09:26:02)
130.第3次世界大戦を回避すべくたたかった男たちのドラマです。戦闘機や海上のシーンはかなり限定され、大統領とその弟と側近達が室内で繰り広げるディスカッションが作品のかなりの部分を占めますが、これがなかなかの緊迫感にあふれ、重厚感のあるポリティカル・サスペンスとなっています。対ソ連にとどまらず、軍部やマスコミ、アメリカ国内、世界に対する情報戦なども見応え十分でした。2時間を軽く越える長尺ですが、無駄が感じられずその長さも全く気になりませんでした。
とらやさん [DVD(字幕)] 8点(2011-11-03 20:13:14)
129.自分たちは虎視眈々とキューバを狙い、ピッグス湾事件などを引き起こし、当時も攻撃寸前だったことは棚に上げてソ連のミサイル配備をさも奇襲されたかのごとくパールハーバーに例えるとかどんだけアメリカ視点やコラ!!というツッコミが浮かんだが、別にどうでもいいやと思ったほど面白い。大統領、政府の意思決定や、外交ってのはこうやるんだ。仲良く話し合えばなんでも解決すると思ってるおめでたい某国の草食系政権はこの映画でも見て勉強すべきだろう。まあやつら左翼だからソ連が悪者のこの映画は耐えられないかもしれんけど
Arufuさん [DVD(字幕)] 9点(2011-05-27 08:18:47)
128.アメリカにとっての敵側の実体の描写が無かったことでアメリカ政府の不安感や緊張感を共有した気になれるが、結末を知っている出来事にこの演出はハマっていない感じがした。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-04-14 16:45:32)
127.「24」に似ているなと思いながら見てました(作られたのはこっちの方が先だけど)。
個人的には「24」の方が好きです。
のははすひさん [DVD(吹替)] 5点(2011-03-20 23:05:11)
126.《ネタバレ》  世界を襲う核戦争の恐怖、何を考えているか全く理解できない敵の大国、安易な戦争に踏み出すことも辞さない軍部、そんな中で孤軍奮闘、人類の生存をかけてぎりぎりの平和への戦いを進める若き大統領とその弟、そして補佐官。やがて「よい人々」の努力で、世界は破滅の一歩手前から救われる。
 もしもこの映画が100パーセントのフィクションであったら、間違いなく10点満点なんですが。
 ところがこれは実際の事件です。それが一人の人間の目によって、一人の人間の考えに基づいて語られ、あたかも真実であるかのように受け止められるっていうのは、ちょっとどうよって気がします。
 実際の事件を描写するのに、上記のような極めて類型的な表現が用いられてることに疑問を感じるんですよ。
できたら、ソ連側、キューバ側からの視点も含めた作品が見たいですね。
平成24年9月3日再見 ケネディ、ロバート、マクナマラ、それから主人公、この4人の自分たちの責任の重さを痛感し、軍事的手段と平和的解決の間で揺れ動く姿がすごく良かった。
rhforeverさん [DVD(字幕)] 8点(2010-05-17 12:13:27)
125.《ネタバレ》  シビリアン・コントロールの重要性を思い知らされる映画でした。あの時ホワイトハウスに冷静な判断を下すトップがいなかったら、今頃この世界はどうなっていたのかと考えると恐ろしくなりますね。

 ホワイトハウス内の緊張感が最初から最後まで観ている側まで伝わってきて非常に見ごたえのある映画でした。
TMさん [地上波(吹替)] 8点(2009-08-25 09:46:04)
124. どの程度真実なのかわかりませんが、歴史的事実の一端を知ることができて良かったと思います。映画館で見られなかったのが残念です。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-03-09 17:55:00)
123.《ネタバレ》 こういう話は決して嫌いではないけど、なぜかあまり緊張感が伝わらず、のめり込めなかった。キューバ危機自体にあまり記憶が無いからかな?大統領より側近たちの方が存在感あったのは残念。
nojiさん [地上波(吹替)] 5点(2009-02-09 09:12:06)
122.《ネタバレ》 良質の政治ドラマ。心理戦の状況が緊迫感とともに伝わってくる。実際の米ソの外交戦ともなると、精魂尽き果てるんやろうなあ。国連大使のアドレーが、ソ連の大使をやりこめるシーンがかっこいい。美化はされているだろうが、アメリカの政治家は「戦っているいる」という志が感じられる。日本の先生方にもぜひ見ていただきたい。彼らのように、国民のために戦えとは言わないけれど、金まみれの利権政治は勘弁してね。
MARTEL1906さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2008-11-21 00:47:50)
121.緊迫感があり、それが途中で途切れないところが良かった。
息抜きシーンらしきものが無く、あらゆるシーンや会話が一つの方向に向かっているのを感じさせます。
実際のところ、キューバ危機なんて大国のエゴとエゴのぶつかり合いでしかなかったわけですが、『大国』ならではの事情もあるんでしょう。
日本人にはちょっとその感覚が本質的に分からない分、逆に緊張感を味わえたと思います。

キャスティングも実在の人物に比較的良く似た配役で、努力の跡が見えます。
ケネディ大統領は似てるというには少々苦しいですが、まあ雰囲気的には似てたかなと。
ロバート・ケネディはかなり良い線行ってたと思います。
kazu-chinさん [DVD(字幕)] 8点(2008-10-12 21:08:14)
120.《ネタバレ》 戦争にはならないと知っていながら凄い緊迫感が伝わってきました。
osamuraiさん [DVD(字幕)] 7点(2008-09-17 01:33:48)
119.戦争とは国と国の間ではなく、政府と軍部の間で繰り広げられているのかも知れない。ケネディは言う「軍は気楽だ。失敗しても非難するものはもう死んでいる」。なんとか戦争に持ち込もうとする軍との間で、本当の厳しい戦いは行なわれていたわけだ。この映画で見ると、キューバ危機とは、ケネディとフルシチョフがお互いの軍のタカ派を押さえ込めるかどうか、という危機であったらしい。軍があの手この手で挑発を試みるあたりが、面白くも怖いところ。アイルランド系カトリックの大統領の孤立も描かれていた。特別補佐官が「ダニー・ボーイ」を口笛で吹いて鼓舞する。でもまだこの時代は核戦争が具体的なイメージとして恐怖されていたが、それが抽象的なものになってしまっている現在のほうが、より深刻な危機ではないか。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 7点(2008-08-25 10:48:48)
118.《ネタバレ》 丁寧に作られた政治劇でした。完全に語り手であるオドネルの視点から描かれていて、知らない間にケネディ兄弟がメディアにタレコミしてたり、軍が勝手に演習したり、フルシチョフの安否がわからなかったりという状況を追体験できる構成にしたのは正解だったと思う。おかげで、すでにわれわれが結果を知っている事件であっても、その危機的な緊迫感を共有することができました。内容的には地味に作ってあるけれども、この後ケネディ兄弟に待ち受けている運命を考えると、オリバー・ストーンの『JFK』以上に、その事件についての「仮説」を語っていたようにも思えてしまう。ロジャー・ドナルドソン監督も、案外あなどれない。
ころりさんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-07-11 16:34:46)
117.スリル感が出て面白いかった。ケビン・コスナー上手い。
ジダンさん [映画館(字幕)] 7点(2007-10-26 19:07:14)
116.《ネタバレ》 実話で、最後の結末が見えてるせいか、あまり緊張感がなく途中だらだらしてしまった。
コスッタルイさん [DVD(字幕)] 4点(2007-08-02 12:59:12)
115.その国の視点で捉えると必ず正義になってしまうのだろう。
あるまーぬさん [ビデオ(字幕)] 7点(2007-07-25 23:13:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 134人
平均点数 6.55点
010.75%
121.49%
200.00%
300.00%
496.72%
51914.18%
63324.63%
73022.39%
82619.40%
9118.21%
1032.24%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review4人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 4.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS