ペイ・フォワード/可能の王国のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ペイ・フォワード/可能の王国
 > (レビュー・クチコミ)

ペイ・フォワード/可能の王国

[ペイフォワードカノウノオウコク]
Pay It Forward
ビデオタイトル : ペイ・フォワード
2000年【米】 上映時間:123分
平均点:5.97 / 10(Review 328人) (点数分布表示)
ドラマファンタジー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-06-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミミ・レダー
演出バディ・ジョー・フッカー(スタント・コーディネーター)
キャストハーレイ・ジョエル・オスメント(男優)
ケヴィン・スペイシー(男優)
ヘレン・ハント〔1963年生〕(女優)
ジム・カヴィーゼル(男優)
ジョン・ボン・ジョヴィ(男優)
アンジー・ディキンソン(女優)
ジェイ・モーア(男優)
マーク・ドネイト(男優)
キャスリーン・ウィルホイト(女優)
田原アルノ(日本語吹き替え版)
小林優子(日本語吹き替え版)
てらそままさき(日本語吹き替え版)
斎藤昌(日本語吹き替え版)
宮本充(日本語吹き替え版)
青森伸(日本語吹き替え版)
木下浩之(日本語吹き替え版)
脚本レスリー・ディクソン
音楽トーマス・ニューマン
編曲トーマス・パサティエリ
撮影オリヴァー・ステイプルトン
スティーヴン・S・カンパネリ(カメラ・オペレーター)
製作ピーター・エイブラムズ
スティーヴン・ルーサー
ロバート・L・レヴィ
製作総指揮メアリー・マクラグレン
配給ワーナー・ブラザース
美術レスリー・ディリー(プロダクション・デザイン)
ローレンス・A・ハッブス(美術監督)
編集デヴィッド・ローゼンブルーム
字幕翻訳松浦美奈
スタントウィリアム・H・バートン
その他メアリー・マクラグレン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
328.もっといい映画だと思ったけど、とんでもない映画だった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-04 00:42:05)
327.公開当時以来の久々鑑賞。
少しだけ、少しだけ無理のない範囲で、普段はできない赦したり分たりしようかなって思う映画です。無理は良くない。映画もそう言ってるよ!
吹き替えで見たのですが、当時字幕で見た時は気づけなかった、ケビンスペイシーの語り口調の変化が見えて良かった。吹き替えも悪くないね。
ところで、割と好きなんですが、思いのほか評判悪く驚き。ラストの展開だよね。
ぬーとんさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2014-03-24 02:29:05)
326.結末がひどすぎる。

ただ、母は本来の意味通りであるアダルトチルドレンの典型例だなーと。
アルコール依存症の母に育てられ、本人もまた依存症…
子供を愛していると言いながらも理性的に感情を制御できずぶったり、飲まないと誓ったお酒を飲んだり、男(子供の父親)に依存したり…。
こんな痛い母親、実際にいるんだろうなーとリアルに見ることができた。

登場人物の痛々しさにリアリティがあったのは良かったが、結末は…
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-12-14 20:15:10)
325.《ネタバレ》 クソみたいな世界を変えるために、三人に善意を渡してその輪を広げていく。
善意のマルチ商法的拡散ともいえるが、ユートピア的アイデアでうまくいくはずもない。
それで世界がよくなるほど性善説はとれないけど、理想としてはそうあってほしいとは思う。

火傷のコンプレックスから勇気を出して踏み出したシモネット先生と、それを受け入れたアーリーン。
母との情事が少年に見つかって慌てふためくシモネット先生が微笑ましい。
シモネットには暴力父にガソリンで大火傷を負わされた酷い過去があり、少年に自分の姿を重ねて気にかける。
この三人を軸に話は展開していくが、これらの役を演じたオスメント、ヘレン・ハント、ケヴィン・スペイシーがとてもいい。

少年が苛められている同級生を助けて殺されてしまうのは、現実を思い知らされる。
現実社会のニュースでも同様の事件が報じられるたびに、正義感や誠実さがバカバカしくなってくる。
追悼に集まる群衆の姿は、少年が大きな影響を残したという救いとして描かれたのだろう。
でも、それは本当の救いとは感じられず、映画としては少年を死なせてほしくなかった。
後味はけっして良くない。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 6点(2013-07-02 22:15:22)
324.《ネタバレ》 良いことを言ってるようなのだけど、鑑賞後にはスッキリしないものが残った。それはトレバーが死んだからではない。結局、この映画の中には自分の息子に火を放って満足感に浸る奴とか、更生すると言い続けて出来ない奴とか、イジメを制止された程度で人を刺し殺すような奴がいる。善意を拡げて行く提案も、一部の者の間でしか巡回しないような限界を覚えるのだと思う。また、一日一善的なアクションでは無く、誰かを「幸せ」にするというニュアンスだけど、他者の「幸せ」を量るのはとても難しいことだと思う。少なくとも、自分を犠牲にしてやることではない。事故性が高いけど、イジメの制止に入ったことでトレバーは彼を刺した少年の「不幸」を当確にしました。そのあたりにもテーマに対する矛盾を覚えるのだと思います。ラストシーンはトレバーの遺志が継がれて行くという描写ですが、「死んで2階級特進」的にも見えて好きじゃない。穿った見方をしていることを自覚しつつも、もう少し上手いまとめ方があったように思う作品でした。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-05-31 00:33:10)(良:1票)
323.《ネタバレ》  「非常に勿体無いなあ」というのが正直な感想ですね。
 「自分が受けた恩を他の3人に返す活動」という非常に興味深い題材を、素晴らしいキャスト陣が演じるというのに、どうしてこんな仕上がりになってしまったのかが良くわかりません。まあ、簡単に言えばファンタジーのように見せかけたドロドロの昼ドラという感じです。

 まあ、アメリカという国が「ペイ・フォワード」という素材をおとぎ話としても成立させられない位病んでしまっているということなんでしょうか・・・・・。個人主義・自由であることの重圧は非常に伝わってきました。
TMさん [地上波(吹替)] 4点(2012-11-17 11:10:58)
322.《ネタバレ》 感動しました。だけどなんだったんだろうって感じで印象がぼやけます。
主題がどこかつかめなかったです。
主役のオスメント君って当時は天才子役なんていわれてましたっけ。
独特の美少年で天使のような顔してますね、、、
それにしてもおもしろい顔ですね!
彼が世界を変えようとする話でしたっけ?
彼は普通の少年ですが聖人のようになって観客に伝えます。
彼の提案は面白いと思いました。「恩返しは出来ないんだ」なるほど。「それを次に渡すんだよ」そんなことは初めて聞いた。そんな感じで
なんだかユニークな視点で良いことを伝えてます。

いままで滞っていた善(みたいなもの)が少しだけ動き出しそうになるのがこの映画のいいところです。

実際に善意を渡されても「それが続かないんじゃ?」「次に渡さない人がいるのでは?」と思ってしまうのは、やはり自分がそれをやる自信がないからです。
トレバーのいっている事は正しい、、、ただそれは理想だ、、、と思ってしまうのは、僕が次に渡さない人間だと思うからだ。
「誰もやらないだろう」と思っていたら、それは「自分がやらない」でした。
アルコール中毒の父親、、、憎むべきですが、それを受け入れる母親も問題。
本来は子供を守るべき母親が女の立場でアル中男を選んでしまうというのが許せない。
火傷を負った先生、、、ベッドシーンではホラー映画のようなグロすぎる演出だった。
糞ガキどもは、臆病なクセして粋がってナイフなんて持ってんじゃねぇ!頭にくるなぁ!
残念なことに火傷の跡のシーンの生々しさと、ナイフのシーンの怒りが強く残って、
人を癒すところが漠然としてしまいます。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 5点(2012-03-08 22:38:54)
321.少年が善意を人へと人へ渡していく物語。とっても夢や希望があって良い題材。しかし映画の中では現実の暗い部分があって少年の行為もなかなか上手くいかない。そんなやり取りが観ていて考えされられる内容でよかった。

しかし、なぜあの終わり方?意図がいまいちわからなかった。もっと自然に終わればスッキリするのに。
たこちゅうさん [DVD(吹替)] 6点(2012-03-04 22:41:25)
320.《ネタバレ》 ◆「誰かから恩を受けたらそれを三人の人に回す」ということをテーマとしている時点ですごい作品だと思います。私も常日頃自分なりに親切にしようと努めており、「親切」とは何かをそれなりに考えているので、勉強するつもりで鑑賞しました。◆結論としては、「この作品の詰めが甘いと感じる自分はまだまだ青いのだろうか?」と自身が揺らぐような気持ちにさせてくれる映画でした。◆私が「詰めが甘い」と感じた点をいくつか述べます。①この作品の中での「親切」とは具体的に「人に、大きな変化をもたらす、あるいはそれを食い止めるために何かをする」ということなんでしょうか。道端のごみを拾うとか席を譲るとかその程度のことは良い事に入らないのかなと感じました。②母親がとった「自分の母親を許す」行動というのは、「親切」としてしまっていいのでしょうか。「母親を許す」というのは人に言われてやる「親切」程度の動機でできることなのでしょうか。③ケビン・スペイシーはなんで付き合うのを渋ったんでしょうか。火傷の過去があるのか、ただ単に今の単調な生活を他者の介入によって壊されたくないということなのかよくわかりませんでした。ラストのトレバー君の発言にハッとさせられる様子を見ると、恐らく後者のようですが、ではあえて火傷を負った人物設定にせずともいいのでは、と感じました。◆ラストの解釈ですが、トレバー君が死んだのはあのラストにつなげるため以上の意味を私は感じませんでした。下手したら、「良いことしたら死ぬかもよ」という因果応報的な解釈もできてしまう余地のある良くないラストだと思います。ラストももっと、トレバー君が親切にするための努力をしている場面を映したり、変に時系列をいじくらないほうが素直に感動できると思いました。そこも甘いと思います。◆でも、そんなことでは語れない何か監督の思いがあるのかもしれません。それは今の時点ではぼんやりとしかわかりません。難しい作品だと思います。
もりたろうさん [DVD(字幕)] 7点(2012-02-18 03:12:20)
319.《ネタバレ》 オスメントくんはホント小賢しいガキンチョがよく似合います。締めはちょっと悲し過ぎる気がしますが、すんごい堅物の教師が母親に気に入られるためにシャツを選んだり、偶然を装って会いにいくところとか、不器用ながら思いを伝えたり、苦しかった過去を話すところなど大好きなシーンです。他にもヤク中ホームレスが自殺しそうな人に自分を救うためにコーヒーを飲んでくれ!って言うシーンもいいですね。それにしてもオスメント母ちゃんはすんごい肉食系だ。色んな人にこの映画を見せて現実でもやってみたいもんです。
とむさん [DVD(字幕)] 8点(2011-10-17 00:42:33)
318.《ネタバレ》 興味深いのに脚本が詰め切れてないままラブストーリーも併行するので主題の軸がぶれてしまっている印象。主人公を殺す設定なら視聴者が納得いくだけの理由が欲しいし、恩送りがムーブメントになったというエピソードも雑なままラストのキャンドルのシーンに行ってしまうので違和感だらけ。いろいろ残念。
時計仕掛けの俺んちさん [地上波(吹替)] 4点(2011-09-04 01:01:33)
317.一人の少年を主人公にした、ハートウォーミングな感動作。
テーマはとてもいいんだけどね。彼の起こした行動がやがて奇跡を・・・。
という物語の核が、どうにもしっくりと伝わってこない。その過程が丁寧に描かれておらず、
かなり省略されていて、その分、母親絡みのサブストーリーの描写が必要以上に多すぎ。
中盤は誰が主人公なのか、よくわからなくなった。
終盤からラストに関しても、なんとか感動作にまとめちゃおうといういかにも安直な展開で、
シナリオの粗っぽさを感じるばかり。男の子はとてもかわいい顔をしていて、
普段からちょっと寂しげな表情が、作品の欠点を多少なりともカバーしていたかな。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 3点(2011-07-26 05:41:11)
316.《ネタバレ》 ちょっと退屈感があるなあ。Pay it fowardの題名もその考え方もいいんだけど、エピソードが弱い。まあネズミ講とかチェーンメイルにも繋がるんでその辺気にはなった。オスメント君の子役らしさ、ケビンスペイシーの一般人らしさの演技はさすがのものでした。
タッチッチさん [DVD(字幕)] 5点(2011-04-06 15:25:03)
315.やっぱりラストがなぁ・・・途中まではまずまずの作品。
zackさん [地上波(吹替)] 5点(2011-03-15 18:46:37)
314.《ネタバレ》 公開時わりと期待して映画館に足を運んだので、がっかり度がひどく「意外と面白くない」の4点。なんというか、制作者たちがやりたかったことって、ハーレイ君を刺した悪ガキを指して「こういうのが居るから、世の中良くならないんですよ!」とか「ほら、こんなふうにして理想世界は崩れるんです。だから酷いことはやめようよ!」とか、そういうことを世間に言いたいために作られたみたいな感じで・・・観た後、むかーしの「問題提示して放りっぱなし」スタイルだった『中学生日記』を見せられたような、非常に感じ悪い味が尾を引きました。靴や小銭欲しさだけに平気で人を撃ち殺す人間が実際にいる地球のなかで、自分はこの映画のラストのイメージくらいは現実に生きる上で持っているし、手放しにハッピーなまま話が終われば、この映画のラストのようなケースを思って「そんなうまくいくとは限らない」とも思うでしょう。けれど、素人でも想定してしまう最悪のケースを、まんまラストに放って「これ問題ですよね。どう思います?」って安い道徳教材ビデオみたいなオチ見せられても、ひどく上から目線で子供扱いされたような気分で一気に冷めてしまいました。2度と観ていません。
だみおさん [映画館(字幕)] 4点(2011-01-04 13:58:28)(良:1票)
313.《ネタバレ》 悪くなかったのに最後で全て台無しにしちゃった感あり。ラストシーン気持ち悪い。
すべからさん [DVD(字幕)] 5点(2011-01-03 18:59:45)
312.つまりチェンジ・ザ・ワールド=フェノミナンってことですね。大きな展開とごく小さなプライベートの展開の同時進行はいいです。でも主人公が死ぬ必要ありますか?フェノミナンは納得ですが、こっちはイマイチ。
nojiさん [地上波(吹替)] 5点(2010-08-05 22:46:50)
311.《ネタバレ》 脚本が甘すぎ。現実感無し。御伽噺か。第一、逃げる泥棒の逃亡の手助けをすることが、善意か?結末も含めて胸糞悪くなる映画ですな。
ダルコダヒルコさん [地上波(吹替)] 3点(2010-07-31 00:19:53)
310.《ネタバレ》 観ているとホノボノとします。しかし、善意のマルチ商法・・・なんとなく善か悪かの違いでシステムが同じってのがどうも受け付けなかった。
円軌道の幅さん [DVD(字幕)] 3点(2010-02-15 20:52:17)
309.《ネタバレ》 楽しめましたが心には響きませんでした。
最後に死なないパターンを頭で考えてみましたが奇跡的に助かるというのも嘘くさくて違うのかなと。でも刺されること自体がありえない気がするのでもう少しオオッとなるラストを考えて欲しかったです。キレイな作品ですが後味は悪い。
whitecatさん [インターネット(字幕)] 5点(2010-01-19 00:15:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 328人
平均点数 5.97点
041.22%
182.44%
2103.05%
3226.71%
4309.15%
55617.07%
65917.99%
75917.99%
84112.50%
9226.71%
10175.18%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.37点 Review8人
2 ストーリー評価 6.16点 Review12人
3 鑑賞後の後味 4.50点 Review12人
4 音楽評価 3.55点 Review9人
5 感泣評価 5.28点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS