Menu
 >
 >
 > テキサス・チェーンソー ビギニング

テキサス・チェーンソー ビギニング

The Texas Chainsaw Massacre: The Beginning
2006年【米】 上映時間:96分
平均点: / 10(Review 41人) (点数分布表示)
ホラーサスペンスシリーズもの
[テキサスチェーンソービギニング]
新規登録(2006-10-09)【.】さん
タイトル情報更新(2017-03-16)【イニシャルK】さん
公開開始日(2006-11-11
公開終了日(2006-12-28)
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョナサン・リーベスマン
キャストジョーダナ・ブリュースター(女優)クリッシー
ディオラ・ベアード(女優)ベイリー
R・リー・アーメイ(男優)ホイト保安官
アンドリュー・ブリニアースキー(男優)トーマス・ヒューイット/レザーフェイス
リー・ターゲセン(男優)ホールデン
坂本真綾クリッシー(日本語吹き替え版)
小島幸子ベイリー(日本語吹き替え版)
大塚周夫ホイト保安官(日本語吹き替え版)
京田尚子ルダ・メイ(日本語吹き替え版)
高山みなみアレックス(日本語吹き替え版)
浅野真澄(日本語吹き替え版)
原作シェルドン・ターナー(原案)
デヴィッド・J・スコウ(原案)
脚本シェルドン・ターナー
音楽スティーヴ・ジャブロンスキー
撮影ルーカス・エトリン
製作マイケル・ベイ
トビー・フーパー
キム・ヘンケル
マイク・フレイス
プラチナム・デューンズ
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮トビー・エメリッヒ
配給角川ヘラルド・ピクチャーズ
特殊メイクK.N.B. EFX Group Inc.
グレゴリー・ニコテロ
ジェイク・ガーバー
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
編集ジム・メイ[編集]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.《ネタバレ》  もう最っ高ですね。前作とは比較にならんくらい攻めてます。ってゆーかここまで見せちゃうなんて頭おかしーんじゃないのってレベルです。悪趣味の総決算です。
 『これはだれの舌だい?』『何のためにこんなことするんだい?』『バランスだよ。』セリフもクレイジーです。
 前作では多少誤魔化しちゃった惨殺シーンも、今作では全くの躊躇なし。もうばっつんばっつんいってます。
 『悪魔のいけにえ』と言えば、狂気の象徴とも言うべき『晩餐シーン』が個人的に好きなんですが、今作にはばっちり入っていますね。
 両足を切断されるおじさんに、舌を切り取られちゃったもう一人のヒロインなど、狂気がもう止まらない。
 サブ的に登場するアウトロー男女、これもストーリーに良い変化を与えています。
 反吐が出るような残酷なシーンの連続のなか、時折はさまれる爽快なシーン。
 これぞスプラッタムービーの最高峰。
 窓から飛び出すシーンなんかは、初代『悪魔のいけにえ』へのオマージュも感じさせます。
 『ビギニング』ですから、わかっちゃいたけど『目撃者0』。つまり『生存者0』ってことなんですよね。
 クライマックスの、希望から絶望への切り返しは息を呑む完成度。
 バッドエンディングは嫌いですが、これは完璧。
 でも二度と見ないけどね!
たきたてさん [DVD(字幕)] 9点(2017-05-25 11:08:39)
40.《ネタバレ》 偉大なオリジナルを損なわない程度には出来ている。

しかしまあリメイク・リブート・オリジンの嵐の中で、
委細を放つ作品はまれにしか現れませんね。

荒野を開拓した鬼才の真似をすることはどうやっても
チャレンジ精神が不足するのでしょう。

まあファンの顔、批評家の顔、オリジナルの製作者への配慮など
重荷も多いでしょうし、監督だってできることならオリジナルで
やりたいんだろうけれど予算的な問題もあるしだろうし。

凡庸に作り上げているだけでもたいしたものなのかも
しれません。
病気の犬さん [インターネット(字幕)] 5点(2015-07-29 18:13:59)
39.怖くはないですが無茶苦茶グロイです。耐性ない人は見ないほうがいいかも。
キリンさん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-31 03:59:05)
38.《ネタバレ》 まずは、トーマスの行う残忍な描写は、グレードアップしていたように思う。
生きている人間の腕を・・・なんてシーンは、やっぱりゾッとしたし、
皮をはがすシーンも、前作より気持ち悪さがアップしていた。
が、この映画わざとなのか、意図的なのか、
ホイト保安官役の、R・リーア・メイが名演技過ぎた。
視聴しながら、「どこかで見た顔だなぁ」と思い、ふと
「フルメタルジャケットのハートマン軍曹だ」と思い当たった。
そりゃこういう役がうまいのも頷ける。
理不尽に次ぐ理不尽、圧倒的な絶望感。視聴して嫌悪感が沸く。
ここまで、他人に嫌悪感を持たせる俳優もいないんじゃないだろうか?
よく考えると、目を背けたいくらい残酷なことは、ほとんどトーマスがしている
ホイトの行為は、銃や警棒などで、使用方法が残酷なわけではない。
ただ、ここにリーア・メイの叱責と、表情が加わるだけで
あっという間に狂人が出来上がる。しかもトーマスよりたちが悪い。
トーマスをけしかけているのは、ほとんどホイトなのだから。
それと人肉食の描写はいらないと思った。ほんとに蛇足で、
トーマスが前作で、一人の人間を余すことなく利用していた、
という設定が、無駄になってしまうし、狂人描写としてもイマイチ。
33人殺害されたということで、このシリーズ続きそうだが
前作のトレーラ・ハウスの住人は誰なのか、いまだ不明だ。
そういうもやもやも含めて、評価したい。
夜野比瑪さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-06-13 04:32:25)
37.《ネタバレ》 なかなか良かったですね~。前作にひけをとらないぐらいのクオリティと狂気。レザーフェイス誕生の秘密が明かされていくわけですが、そのレザーフェスの恐ろしさも去ることながら、(特にチェーンソーを持ったときの奴はヤバい!)ホイト保安官のイカレっぷりが半端ないです。こんな家族、絶対に遭遇したくないですね(^^;)彼らの狂気、あるいは被害者たちの復讐心、様々な負を感情を妥協なく描き切っています。印象深いのは、男性の顔をかぶってフォイスオフしちゃうシーン、それから、女性が森に逃げるところでチェーンソーもって勢いよく家を飛び出し追いかけるレザーフェイスのシーン。このシリーズは、他のスプラッターホラーと比べて「突き抜けてる感」があるので好きです。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 6点(2012-04-13 13:28:34)(良:1票)
36.《ネタバレ》 面白かった。ビギニングだから死なないのがわかってから絶望感満載。チェーンソーでバリバリ切り取るところまではっきり見せるから嫌悪感満載。ホルトのキチガイぶりがさらにいい。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-01-30 23:29:17)
35.《ネタバレ》 オリジナルの「悪魔のいけにえ」とは違った演出が多く、ホラーのリメイクとして大いに楽しめました。チェーンソーでの惨殺を隠すことなく見せた事、安易なハッピーエンドにしなかった事、ヒューイット一家のキャラクターが良く出来ていた事、等が個人的に良かったと思います。特に偽ホイト保安官は良いですねー。彼こそがキング・オブ・キチガイでしょう。
民朗さん [DVD(字幕)] 7点(2010-10-03 16:16:58)(良:1票)
34.レザーフェイスの出番が少なすぎる。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 4点(2010-09-05 23:36:11)
33.前作に引き続きこれも悪くない。
この乾いた感じの画面と恐怖感を煽る音楽がたまらない。
たんたかたんさん [DVD(字幕)] 7点(2010-09-04 01:45:54)
32.《ネタバレ》 キ○ガイ一家ヒューイット家で最強なのは、レザーフェイスことトーマスではありません。 ホイト保安官です! 世界のどこを旅してても、ホイトにだけは会いたくない……
伊達邦彦さん [映画館(字幕)] 5点(2010-08-06 04:53:57)
31.《ネタバレ》 レザーフェイスと狂気一家がおくる、前作以前の話。
この作品でレザーフェイスが死んでしまったら
前作と辻褄が合わなくなるため、彼は死にません。
生存者側より、レザーフェイス側が主役と言える映画。
シバラク・オバマさん [DVD(字幕)] 7点(2010-07-31 19:12:28)
30.リー・アーメイって人が誤解されて、日常生活で世間から辛い仕打ちを受けていないかって、心配になってしまった。このシリーズと、「フルメタル・ジャケット」でしか彼をみたことがないもんで。
センブリーヌさん [DVD(字幕)] 5点(2010-03-15 02:32:53)
29.「ビギニング」と言っても、レザーフェイスの生い立ちについては「セブン」風のタイトルバックで断片的な情報が与えられるのと、精肉工場からチェーンソーを持って帰るエピソードぐらいで、これぐらいなら誰でも想像がつきますよねという範囲のもののみです。要するに、そのルックスからいじめに遭って性根が歪んだウォーズマンみたいなやつだということです。今回レザーフェイスの出番は少なく、代わって前作でも輝いていたホイト保安官が映画を席巻します。キューブリックも惚れたリー・アーメイ先生の容赦のない罵倒、不条理を不条理とも思わない揺るぎのなさ、巨乳のお姉ちゃんがいれば躊躇せず乳を揉むストレートな人柄が炸裂。その暴れっぷりは「フルメタル・ジャケット」を完全に超えており、レクター博士やダースベイダーが物分かりの良い穏健派に思えるほどの壮絶な悪者ぶりを披露します。前作はレザーフェイスとの追っかけがメインでアクション映画のようになっており、ショックシーンの連続ではあるもののビジュアルへの偏重が恐怖の底にもなっていました。しかし本作は気の狂った人間から無茶を言われまくる不条理さが大幅に強化されたことで恐怖が底なしとなり、さらにパワーアップしたゴア描写との併せ技により、ホラー映画としては史上最高レベルに達しています。残酷慣れした私の友人も「これは怖かったなぁ」と大絶賛でした。不条理さが支配する独特の空気を作り上げ、また観客の先読みをリードして話を進めるなど、脚本はかなり練り込まれています。特にすごかったのが、一家の母さんとデブのおばちゃんが、足元に女の子が転がってるのに気にも留めず世間話をしているところ。このとんでもない世界観、被害者たちの絶望感は他にありません。そこからの逆転のカタルシスもきっちりと描いており、体に力が入りっぱなしの90分でした。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 8点(2009-06-19 19:03:56)(良:1票)
28.オリジナルのシリーズ、前作とも観ておらず、テキサス・チェンソー関連で初めて鑑賞。物語の時系列的には一番最初の話になるわけだからいいかも・・・なんて思ったのだが、「ビギニング」的なところは最初だけ、しかもレザーフェイスの出生と狂人一家に拾われた、ということだけで、狂人一家がなぜそうなったのかの説明もなし。で迷い込んだ若者グループを一人一人血祭りにあげる、恐らく前作もオリジナルもそうだったろう展開。逆に言えば単品ホラーとして観れるから、初見者にはそれでよかったのだろうけど、他を観てない私でさえこれは肩透かしだった。でもまあ単品とすれば、この系のホラー映画としての完成度は高い方なんじゃないだろうか。最後のお姉ちゃんが生き残るかやられるか、私には見当がつかなかったので、結構手に汗握った。
あっかっかさん [DVD(字幕なし「原語」)] 6点(2009-03-12 13:44:28)(良:1票)
27.《ネタバレ》 オリジナルのファンなのでとりあえずリメイク一作目とこれを鑑賞したわけですが、オリジナルのあの狂気じみた乾いた雰囲気がすごく好きで、嫌悪感とエンターテイメント性がギリギリ均衡を保っているのが気に入っていました。が、このリメイクシリーズ(特に今作)の場合、湿度が高すぎるっていうか…。湿りすぎてて嫌悪感しか抱きませんでした。ストーリーも救いようのないものなので、口直しが必要な映画です。
たっけさん [DVD(字幕)] 3点(2009-02-16 17:53:49)
26.《ネタバレ》 予備知識がなかったので観てる内にああこいつが生き残るんだなと思ったらあっさり×。内容が内容だけに鑑賞後の気分が良くなるわけないが、ある意味新鮮だった。
TAKIさん [DVD(字幕)] 6点(2008-12-25 23:32:42)
25.《ネタバレ》 目新しい要素はなくて
なんか前作と似たような展開だった
ただ残酷なだけというか
なにか物足りない
もう続編はいらないかな

ていうかやっぱり救いのない映画ってのは駄目なのかもしらんね
ネスさん [DVD(吹替)] 4点(2008-04-19 07:36:07)
24.《ネタバレ》 保安官の行動は前作は恐かったけど、今回は不快でしかなかった。というか作中で一番ヤバイのは保安官なんじゃないかと思うのに、このおっちゃんがどういう風に生きてあんなふうになったのかが描かれていなかったのが残念。
goreyさん [DVD(字幕)] 4点(2008-03-30 17:42:33)
23.全編に響く重い音楽はとても良い。あまりレザーフェイスは活躍してないのが残念。
真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2008-03-28 09:06:27)
22.《ネタバレ》 テキサスチェーンソー【ビギニング】、ということでタイトルからしてテキサスチェーンソーの前編であり、始まりであり、誕生を物語った映画です。つまり、タイトルを見るだけでレザーフェイスやその家族が皆無事であることが判っているわけです。
あとはレザーフェイスの誕生やあの狂った家族の経緯などを押さえつつ、いかにして迷い込んだバカップル達を全滅させれば良いのか。根も葉もない言い方をすればそれだけの映画です。
でも、判っていながら怖かったです。ここで驚かすのが判っているのに・・・怖いです。十分楽しませてくれました。
主人公と思われる女も外に逃げれば良いのにわざわざ家の中をコソコソ逃げ回ったりとじれったさタップリです。なぜか前作テキサスチェーンソーと同じような進み方をしていたのはちょっと不満でした。共通点が多すぎです。バカップルが4人だったり家を脱出したら生肉工場に行ったり、最後は車に乗ったり。この映画でオリジナルの進め方があっても良かったと思います。
それでもホラー映画としては十分な出来です。良かったです。

xxxsiroさん [DVD(吹替)] 8点(2008-01-17 14:58:15)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 5.93点
000.00%
112.44%
200.00%
312.44%
4819.51%
5614.63%
6717.07%
71229.27%
849.76%
912.44%
1012.44%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.80点 Review5人
2 ストーリー評価 4.12点 Review8人
3 鑑賞後の後味 4.12点 Review8人
4 音楽評価 4.33点 Review6人
5 感泣評価 1.25点 Review4人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS