どろろのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > どろろ
 > (レビュー・クチコミ)

どろろ

[ドロロ]
2006年【日】 上映時間:138分
平均点:4.19 / 10(Review 93人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-01-27)
アクションアドベンチャーファンタジー漫画の映画化
新規登録(2006-10-09)【TRUST NO ONE】さん
タイトル情報更新(2019-03-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督塩田明彦
演出チン・シウトン(アクション監督)
下村勇二(アクション指導)
キャスト妻夫木聡(男優)百鬼丸
柴咲コウ(女優)どろろ
瑛太(男優)多宝丸
原田美枝子(女優)百合
中井貴一(男優)醍醐景光
杉本哲太(男優)鯖目
原田芳雄(男優)寿海
麻生久美子(女優)お自夜
土屋アンナ(女優)鯖目の奥方
劇団ひとり(男優)チンピラ
中村嘉葎雄(男優)琵琶法師
きたろう(男優)占い師
でんでん(男優)子捨て村の住民夫婦
春木みさよ(女優)子捨て村の住民夫婦
清川元夢(男優)
原作手塚治虫「どろろ」(手塚プロダクション)
脚本NAKA雅MURA
塩田明彦
音楽安川午朗
福岡ユタカ
編曲小林武史「フェイク」
Mr.Children「フェイク」
主題歌Mr.Children「フェイク」
撮影柴主高秀
製作TBS(「どろろ」製作委員会)
朝日新聞社(「どろろ」製作委員会)
電通(「どろろ」製作委員会)
S・D・P(スターダストピクチャーズ)(「どろろ」製作委員会)
WOWOW(「どろろ」製作委員会)
毎日放送(「どろろ」製作委員会)
プロデューサー平野隆
配給東宝
特撮浅野秀二(VFXプロデューサー)
美術丸尾知行(美術監督)
衣装黒澤和子(衣装デザイン)
編集深野俊英
録音井家眞紀夫
照明豊見山明長
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
93.技術が乏しいのか金が足りないのか、ほんの10年前の作品がこの程度の映像や造形であることに失望しました。
そして”どろろ”が鬱陶しい。
(余談ですが、本作から10年以上経った今でも彼女が出てくると鬱陶しいのは気のせいでしょうか。)
主人公の設定は興味深いだけに、全体的に非常に残念な作り。
ここまで退屈なら、せめて100分にまとめてほしかったです。
明らかに続編を匂わせていますが、作らず正解としか思えません。
牛若丸さん [DVD(邦画)] 2点(2017-10-10 22:46:46)
92.原作ファンです。誠に遺憾な出来映え。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2015-01-22 17:55:32)
91.《ネタバレ》  CMで赤い髪の妖怪が暴れているのを見て、無条件で見たいと思っていた映画です。
 そいつさえ見られれば、ストーリーなんてどうでも良かった。
 ところが、意外とストーリーがちゃんとあるし、次から次に妖怪が出てくるので、個人的にはとても楽しく鑑賞しました。ただ後半になるにつれて盛りさがっちゃったのは残念です。特にラスボスはちょっと・・・
 小さい頃に仮面ライダーやウルトラマン、ゴレンジャーなんかを、ストーリーそっちのけで戦闘シーンだけを楽しんでいた人たちには、ある種のノスタルジーを感じさせてくれる映画かもしれないです。
 ただし、ドラマの「オレンジデイズ」なんかで、妻夫木さんや柴崎コウさんのファンになっちゃった方には、この映画では二人の良さは完全に殺されているので注意が必要です。
たきたてさん [DVD(邦画)] 7点(2012-05-10 16:07:34)
90.設定や雰囲気は好きだけど話がまったく面白くない
eurekaさん [地上波(邦画)] 3点(2012-05-10 13:03:56)
89.冒頭、集落で売られている子供がぷくぷくに肥えてて血色がよくてなんかそれだけで見る意欲が失せた。それでも最初の数分はすごく気合が入って頑張っているんだけど観ているうちにどんどん苦痛が増して耐えられなくなってしまった。とにかくCGがひどいですね。なんで邦画のCGってあんなカクカクしてて不自然なんだろう、嫌になります。
どぶん子さん [地上波(邦画)] 4点(2011-06-10 13:40:13)
88.ダメな邦画の典型。
アフロさん [DVD(邦画)] 3点(2011-06-03 00:52:36)
87.どろどろ映画
民朗さん [地上波(邦画)] 1点(2010-12-17 23:42:29)
86.《ネタバレ》 原作ファン、邦画ファン、妻夫木ファン、柴崎コウファンの全てを敵に回しそうな映画。最低な映画の上にグロいシーンで不快になるのは奇しくも「デビルマン」と一緒です。
はじめの蜘蛛の妖怪あたりのシーンはがんばっていたのにその後の戦闘シーンはしょぼい、百鬼丸に魅力のかけらもない、極めつけは大人の女しか見えない柴崎コウが「俺が大泥棒のどろろ様よ~(ポンポン)」・・・MWといいガラスの脳といい手塚治虫先生原作の映画はなぜ駄作ばかりなんでしょうか。
ヒナタカさん [DVD(邦画)] 1点(2010-07-26 19:47:11)
85.《ネタバレ》 【原作未読】荒廃した世界に現われるヒーロー。舞台に相応しくおぞましい怪物を華麗に撃退するが、実はこのヒーローこそがもっとおぞましい怪物でした。といった物語の冒頭つかみの部分は個人的に格好良いと思うし大好きなんですが…その後登場する怪物たちやストーリー展開に関しては多くのレビュワーさんたちに同意。
個人的には大好きな俳優さんですが、中井貴一さんは他の映画でも同様に悪役を演じても『悪』を表現しきれない役者さんに思えます。それと柴崎コウさん。いつの時代の・どんな職業の・どんな人生を歩んできた・誰の役を演じても、【素の自分】のパワーを大爆発させて乗り切っちゃう人ですね。女版・竹中直人と呼んであげたい。
FBIの滝さん [DVD(邦画)] 4点(2009-08-30 06:31:09)
84.評価できるのはストーリーくらいか。 CGやぬいぐるみ相手に奮闘する百鬼丸に哀愁を感じました。さすが役者はすごいなぁと思った。最初の蜘蛛女はまぁまぁ迫力あったけど、子供の幽霊はクオリティ低すぎて言葉が出ません。ウルトラマンに倒されそうな怪獣も出てきたし、もう何が何だか。
ライトニングボルトさん [地上波(邦画)] 4点(2009-02-21 02:24:34)
83.《ネタバレ》 原作を見ててとてもお気に入りで、邦画のはきっとがっかりするだろうと敬遠してましたが、テレビでやっていたのでついつい見てしまいました。やっぱり見なきゃよかった・・・。化物のCGが浮きすぎ、柴咲コウのどろろがひどい(あれではもはや別キャラ)、話が坦々と進みすぎ、エンドはいったいなんなの?売れたら続編つくるの?もうやめて~!!と原作の設定をことごとく無駄にしてる感じがしました。
とむさん [地上波(邦画)] 3点(2009-01-14 01:55:58)
82.手塚治虫作品は平気で人体を切ったり繋げたりするから苦手だ。生まれの経緯でどう妖怪と関わりがあるのか?そういうのを”こじつけ”と言う。そして相変わらずの糞CG、ゲームやアニメは世界一なのに何故この分野だけ何時まで経ってもアメリカの足元にも及ばないのか不思議でたまらない。セガとかゲーム会社か、押井の所が元になってCG会社を1から作り直せよ。柴咲コウ=性格がきついというワンパターンキャラもいい加減ウンザリである。
まさサイトーさん [地上波(吹替)] 3点(2009-01-13 01:00:48)
81.子供だましにもなってないあのショボいCGを見よ。ヒットすれば続編も・・・ハズしたら黙殺も・・・みたいな魂胆が見え見えで原作者に無礼。見せたかっただけ、やってみたかっただけで全く理にかなってないアクションも無駄。醍醐の最期なんて真面目なのかコントなのか分からず失笑。ロケも日本で出来たんじゃ?柴咲コウがむかつく。
Kの紅茶さん [地上波(邦画)] 2点(2009-01-12 12:04:02)
80.なんといっても柴咲コウの演技の下手さ。雰囲気とか良いのに、コイツが喋りだすと萎える。「どろろとはおいらのこった!!」公開当時、狂ったようにこのフレーズがCMで流れてたのを思い出した。
真尋さん [地上波(邦画)] 2点(2009-01-12 10:53:00)
79.セットや衣装はなかなかだし、
妖怪も悪くなく、和風ホラーの雰囲気が出ていたと思う。
しかしストーリーが暗く、見ていていらいらしてくる。
どろろは黙っていればメチャ可愛い。
しかし性格が悪く、喋り出すと本当に鬱陶しい。
舞台背景はだいたいよかったが、現代風のダンサーやプラチューブなど
場違いなものも一部にあった。
最初のほうで矢が刺さりまくっているのにピンピンしている景光も
なんじゃこりゃと思わせる。
さん [地上波(邦画)] 6点(2009-01-12 01:00:33)
78.初めの方が良かったので、これはそこそこ面白いかもと期待したけれど、全く駄目だった。CGがしょぼ過ぎるし、映像的に浮いていると言う感じでよくなかった。戦闘シーンが戦隊ものレベルに感じて見ていてしょぼく感じるところがあった。妖怪を倒していくと自分の身体が戻っていくと言うのは面白い題材だと思うのにそれが上手く活かされていないと思った。物語は薄っぺらくなっていたし、登場人物たちの言動にも疑問が感じる部分があったりとで人間描写にも甘さを感じた。全体的に盛り上がりにも欠けていたので、最後ぐらいもっと派手にやって欲しかった気がした。
スワローマンさん [地上波(邦画)] 3点(2009-01-11 23:44:04)
77.もっと暗くて怖い世界観にしてほしかったです。妖怪の質感がなんともチープで。戦隊ヒーローものに出てくる敵みたいで。妖怪がダメならもっと人間の恐ろしさを盛り込んでもよかったんじゃないでしょうか。
しっぽりさん [地上波(邦画)] 4点(2009-01-11 23:14:54)
76.尺が長い…。もう少しコンパクトに纏められれば。後半の妻夫木のアクションはアイコラにしか見えなくなった。
j-hitchさん [映画館(邦画)] 4点(2009-01-02 20:26:14)
75.《ネタバレ》 原作未読。とにかく柴咲さんがうるさくてウザくて仕方なかった。なんだあの喋りは。他にもツッコミどころ満載でなんとも言えません。鳥妖怪シーンの「殺気」には笑いしか出ません。良かったのは冒頭の蜘蛛妖怪シーンのみ。その部分だけに3点。
がんなさん [DVD(邦画)] 3点(2008-11-06 15:55:41)
74.《ネタバレ》 身体がなくなる説明が長すぎで、最後は尻切れっぽい。
妻夫木も柴咲コウも、違和感ありあり。
fragileさん [DVD(字幕)] 4点(2008-09-15 20:36:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 93人
平均点数 4.19点
000.00%
133.23%
288.60%
32021.51%
42526.88%
51718.28%
61415.05%
766.45%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.16点 Review12人
2 ストーリー評価 4.10点 Review20人
3 鑑賞後の後味 4.55点 Review18人
4 音楽評価 4.93点 Review15人
5 感泣評価 2.66点 Review15人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS