トリスタンとイゾルデのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トリスタンとイゾルデ
 > (レビュー・クチコミ)

トリスタンとイゾルデ

[トリスタントイゾルデ]
Tristan + Isolde
(Tristan & Isolde)
2006年【米・英・独・チェコ】 上映時間:125分
平均点:6.91 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-10-21)
ドラマラブストーリー歴史ものロマンス小説の映画化
新規登録(2006-11-08)【ミスター・グレイ】さん
タイトル情報更新(2016-12-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ケヴィン・レイノルズ
キャストジェームズ・フランコ(男優)トリスタン
ソフィア・マイルズ(女優)イゾルデ
ルーファス・シーウェル(男優)マーク
ヘンリー・カヴィル(男優)メロート
ブロナー・ギャラガー(女優)ブラーニャ
デヴィッド・オハラ〔男優・1965年生〕(男優)ドナカー
マーク・ストロング〔男優・1963年生〕(男優)ウィクトレッド
ロナン・ヴィバート(男優)ボドキン
デクスター・フレッチャー〔1966年生〕(男優)オリック
ルーシー・ラッセル(女優)エディス
トーマス・サングスター(男優)トリスタン(少年時代)
平田広明トリスタン(日本語吹き替え版)
安藤麻吹イゾルデ(日本語吹き替え版)
てらそままさきマーク(日本語吹き替え版)
牛山茂ウィクトレッド(日本語吹き替え版)
内田夕夜メロート(日本語吹き替え版)
脚本ディーン・ジョーガリス
音楽アン・ダッドリー
編曲アン・ダッドリー
撮影アルトゥル・ラインハルト
製作エリー・サマハ
モシュ・ディアマント
リサ・エルジー
デヴィッド・ミンコフスキー(製作補)
製作総指揮リドリー・スコット
ジョン・ハーディ[製作]
トニー・スコット
フランク・ヒュブナー
マシュー・スティルマン
配給20世紀フォックス
編集ピーター・ボイル〔編集〕
その他アン・ダッドリー(指揮)
あらすじ
時は昔、暗黒時代のイングランド。幼き頃に両親を亡くしコーンウォールのマーク王に育てられた勇士トリスタンは、敵国のアイルランドとの戦で奮戦し勝利を収めるも敵の刃に倒れる。トリスタンが息絶えたと思った仲間たちは彼を海へと流した。だが、トリスタンは存命しており瀕死の状態でアイルランドの海岸に流れ着く。そこで彼を救ったのはアイルランド王の娘イゾルデであった・・・。 ヨーロッパ中世最大の恋物語とも言われるケルト説話『トリスタンとイゾルデ』を映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 よかった、と思いました。
地味だけど美しく儚く悲しい物語が情感豊かに描かれていたと思います。
トリスタンのフランコはこういう屈折した苦悩の様がホントはまりますね。マーク王はカッコよすぎだし。
欲を言えば、「トリスタンの忠誠心やその背景となるマーク王との係わりをもっと描いて欲しかった」とかありますけど全体的には及第点です。多分イゾルデが必要以上に露出していなかったからかな。恋に溺れきっちゃう寸前でとどまるからこそトリスタンも「いい男」たりえるのですから。
禁じられているからこそ燃え上がるという恋の本質がよく描けた佳作。蛇足ですがイゾルデ役の人がちょっとぽちゃ気味だったのも好感触と付け加えておきます。。
ぞふぃさん [DVD(字幕)] 7点(2011-11-04 12:58:56)(良:1票)
10.《ネタバレ》  映像的には満点でした。
ヒースの丘の上を流れていく雲、荒涼とした海岸、とても素晴らしかったです。
また戦闘シーンや決闘シーンも自分的には満足できるものでした。
ただ、ストーリー的には主役二人が……
イゾルテには、まだ同情すべき点もありますが、
トリスタン、忍べよ!ってところです。
彼が王より受けた愛情、恩義、あるいは王と二人で共有した夢、
それら全てよりも一時でも愛?が優先されるっていう恋愛至上主義には、いささか引きました。
だから、最後に彼が愛より国を選んだ時は、ほっとしましたが。
二人よりもマーク王によほど感情移入して見ました。
(ヒロインの女優が好みじゃないと、どうもいまいち、のれないってのは映画を鑑賞する姿勢としてかなり幼稚なのは自覚してるんだけど、自覚したからってどうなるものでもないですねw)
平成23年8月1日追記
恋愛部分以外は、よく出来た話だと思うんですよ。風俗にしろ、戦い方にしろ、非常に資料に乏しい時代を描くのによく上手に本当っポイ嘘をついてるなと。これくらい上手で真面目な嘘ならよろこんで騙されます。
ただ、イゾルテの人物像と恋愛パートがね。何、自分の人生と自由な恋愛を求める暗黒時代の王女w それから、あの本も笑えるなあ。あんなすごい恋愛至上主義、何時代のどこの国の人が書いたやら、ギリシャ哲学にも無いぞ、あんなまとまった文章。
この部分だけ本当っぽい嘘じゃなくて、露骨に嘘っぽい嘘で、白けました。
しかし、とことんイギリス人の女優とは相性悪いなあ。イギリス映画のヒロインの選考基準と、自分の女優の好みには何か根本的な隔たりがあるみたい(笑)
rhforeverさん [DVD(字幕)] 6点(2009-11-19 11:14:33)
9.《ネタバレ》 「ロミオとジュリエット」の基といわれる「トリスタンとイゾルデ」を現代風にアレンジし、トリスタン(ジェームズ・フランコ)とイゾルデ(ソフィア・マイルズ)の切ない恋物語。 マーク王(ルーファス・シーウェル)とメロート(ヘンリー・カヴィル)ら「敗者」の物語でもあり、マークはイゾルデから愛されず、メロートも叔父のマークから認めてもらえない。 すべてを知ったマークのとった行動は立派だったけれど、若いメロートは自分の一族よりも自分を認めてくれる敵方の人間を選んでしまう。 彼はその報いを受けるのですが、努力しても彼には運がなかったのでしょう。 死に際の「認められたかった…」とのセリフは重いものでした。 この企画を20年あたためていたリドリー・スコットが監督ではなく、彼を敬愛するケヴィン・レイノルズの作品で低予算でエキストラも少なく、出来としては7点クラスの作品かもしれませんが、スコットの壮麗な「グラディエーター」よりも心に響いた作品でした。 グリーンがかった画面、アイルランドの海岸と空が美しい。
レインさん [DVD(字幕)] 8点(2009-08-29 01:22:30)
8.《ネタバレ》 文字化けも直ったので改めて再投稿です。5~6世紀の物語ですが、風景の素晴らしさに圧倒されていました。イゾルデ姫に英国を指して「悪と悲哀の土地ですよ」と乳母が言うシーンなどは津軽海峡をも思わせるような沈潜な雰囲気を漂わせていました。また、フグの肝から取った毒でトリスタンは仮死状態に陥ってしまうなど、もうあの頃にそんなテトロドトキシンの知識があったということにビックリしました。その毒がアザミと樹皮で解毒できるとは思いませんが・・・。▼時を遡っても、女は「愛」求め、男は「名誉、義理、忠義・・・」などを求めるという宿命はまったく変化していないようで、その求めるもののズレが引き起こした悲劇と感じました。しかし、マーク王を演じた役者さんの眼の力には、大きな力を感じさせました。大好きな映画の1本になりました。
亜酒藍さん [DVD(字幕)] 8点(2008-01-14 19:52:20)(良:1票)
7.わかりやすくて普通によくできた映画だと思う。姫がイングランドに来てからのトリスタン役のジェームス・フランコの演技がリアルで引き込まれた。
Geneさん [DVD(字幕)] 8点(2007-06-15 14:38:41)
6.歴史上には「お前のほうが消えろ!」って女が多いんだよ。
mimiさん [映画館(字幕)] 7点(2007-05-02 20:23:40)
5.トリスタンはすっごいマーク王に忠誠誓ってるのに、なんかイゾルデがなぁ・・と思った。あと、もうちょっとストイックにお互い思ってた方が辛さが伝わるような・・ってかそれが原作か。トリスタン役の役者さんのちょっとけだるい雰囲気素敵でした。
ネフェルタリさん [ビデオ(吹替)] 6点(2006-12-20 23:57:44)
4.とにかくカット割が速い。じっくり見せてくれない。戦闘シーンなどは速度倍倍増。こういった伝説はもう少しどっしりと構えて撮ってほしいなあ。
彦馬さん [映画館(字幕)] 6点(2006-11-24 17:01:52)
3.《ネタバレ》 皮肉にもリドリー・スコット本人が監督した「キングダム・オブ・ヘブン」より、製作に回ったこの映画の方が数等面白い。イギリス中世史にまるで疎い自分にも、この当時のアイルランドとイングランド両国の力関係、紛争の経過について非常に理解しやすく描かれているし、主役二人が抱える苦悩が現代人にも共感しやすい内容なのが歴史劇にもかかわらずとっつきやすかったです。アイルランドの荒涼とした海岸ロケーション風景も魅力的。でもこの映画の中で要になるのは主役の二人ではなく、孤高のマーク王ですね。マーク王を演じた役者さんは「ロック・ユー!」での悪役も板についてたし、この人間味ある王様役も実に良い。中世史劇向きの風貌なんでしょうか?はなっからトリスタンが自分たちの抜きさしならぬ関係を王に打ち明けてたら、あの男気あふれる性格なら納得してくれたと思うんだけどなあ・・・。どうだろ。トリスタンの王に対する忠誠心が深いゆえ、段々と「この女さえいなければっ!」ってソフィア・マイルズの存在自体がうっとしくなってくるW
放浪紳士チャーリーさん [映画館(字幕)] 6点(2006-11-10 14:57:01)
2.ソフィア・マイルズが頑張ってました。表情が豊かで、将来を期待させてくれます。映画はどの役も、堪え忍んでいる、という印象です。もっと感情を爆発させてくれれば、もっと面白い映画になったと思います。愛を選ぶか、忠義を選ぶか、究極の選択です。
shoukanさん [映画館(字幕)] 6点(2006-11-09 23:34:49)
1.説話であり類型本がいくつか出ている物語なので詳しくは知りませんが、少なくとも大まかなストーリー展開以外かなり大本からアレンジが加えられています。人物設定も異なりますし媚薬や竜退治やイゾルデと同名の恋敵など物語の有名どころは登場しません。竜退治などはけっこう期待していたのでガッカリしたのですが…これがなかなか丁寧に作られていて面白いのです。もちろん高名な悲恋劇の古典もいまや単純過ぎるお話ですし、かりにも指導者たる者達がとるお間抜けな行動の連続には唖然としますが、あくまで二人の愛がテーマなので焦点を絞ったのでしょう。トリスタンとイゾルデ、それにマーク王の三者三様の想いが存在するなかで、若い二人がキッパリと決心することができず愛と忠義の間で揺れ動く姿が切ないです。それに今の時代、興行目当てで本当は安易にCGの竜など2、3匹出して景気付けたいところだろうし、惚れ薬や恋敵も使いたいアイテムでしょう。しかしそうはせず敢えて直球勝負で挑み、若手起用でほぼマイナーな役者で撮ったのは物語を伝えようという製作者サイドの真摯な意気込みを感じますので、とても好印象なのですよ、ええ。
ミスター・グレイさん [映画館(字幕)] 8点(2006-11-08 18:18:05)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 6.91点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6545.45%
7218.18%
8436.36%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS