釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ツ行
 > 釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!
 > (レビュー・クチコミ)

釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!

[ツリバカニッシジュウナナアトハノトナレハマトナレ]
2006年【日】 上映時間:107分
平均点:2.83 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-08-05)
ドラマコメディシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2006-11-21)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-08-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督朝原雄三
キャスト西田敏行(男優)浜崎伝助
三國連太郎(男優)鈴木一之助
浅田美代子(女優)浜崎みち子
谷啓(男優)佐々木次長
中本賢(男優)太田八郎
加藤武(男優)秋山専務
小野武彦(男優)原口人事課長取締役
鶴田忍(男優)堀田常務
中村梅雀(男優)草森秘書課長
益岡徹(男優)舟木課長
笹野高史(男優)前原運転手
奈良岡朋子(女優)鈴木久江
北山雅康(男優)営業三課員
海老瀬はな(女優)佐伯千秋
ダンディ坂野(男優)市の職員
冨士眞奈美(女優)料亭の女将
松原智恵子(女優)ホテルの女将
宮崎美子(女優)佐伯加代子
片岡鶴太郎(男優)佐伯聖一
大泉洋(男優)村井徹
石田ゆり子(女優)沢田弓子
原作やまさき十三(作)
北見けんいち(画)
脚本朝原雄三
山田洋次
音楽信田かずお
撮影近森眞史
製作総指揮迫本淳一
プロデューサー瀬島光雄
深澤宏
配給松竹
編集石島一秀
その他小学館(協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.石田ゆり子はやっぱりいいな、と思う映画だけど、作品そのものは特に目立ったことは無い。
地方活性化としての役割が明確になっているのは確か。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-06-19 17:21:44)
5.《ネタバレ》 大好きな大泉さんが出演と言う事で、かなりの期待を持ちつつ鑑賞しましたが・・・。
適当に作ったんじゃない?って感じのストーリーでよくわかんなかった。他の方も感じていらっしゃるようですが、途中が跳び過ぎで「え!!いつの間にそうなっちゃったの?」って、一緒に見ていた釣り好きのお父さんと顔を見合わせてしまいました。
大泉さんの演じていらした美術教師も、教室での情熱的な心中と、お兄さんに挨拶に行ったときのちゃらんぽらんな態度が、キャラクターとしてまとまりがなく残念でした。
ラブコメ大好き!さん [地上波(邦画)] 2点(2008-01-15 21:21:44)
4.近年「釣りバカ」と聞いても全く期待しなくなった。特に今の監督になって一気にレベルが落ちたように感じる。この監督の作品の特徴として、浜ちゃんに関係なく勝手にゲストの男女がひっつく、しかも毎回なんの驚きも無い恋愛ばかり。そしてどうもこの監督は道徳観が欠如している、毎回無神経な行動の奴が出てきてイラッとさせられる。今回でいうと、酒を飲んで勝手に女性の部屋に上がりこむシーン。釣りのシーンが少ないのは毎度の事だが、浜ちゃんとスーさんの駆け引きも年々少なくなっているように感じる。出演者の年齢を考えれば、もっと一話一話を大切にして貰いたいと思う。今思えば、やはり石田えりの頃が一番良かった。
まさサイトーさん [地上波(字幕)] 2点(2008-01-11 01:02:39)(良:1票)
3.メインである石田ゆり子と大泉洋の恋のエピソードがなんか適当に感じるし、だからといって浜ちゃんとスーさんにも見せ場らしいシーンがないので(そういえばいつもの「合体」シーンもなかった。)全体的にあまり楽しめない。このシリーズは特に期待はしていないが、いつもそれなりに楽しんでいるシリーズだけにちょっと今回は残念だった。
イニシャルKさん [地上波(邦画)] 3点(2008-01-07 19:33:21)
2.《ネタバレ》 メインである石田ゆり子・大泉洋カップルに関わるレギュラーメンバーの役割は、ハマちゃんがハチに石田ゆり子を紹介したことでゆくゆくあの二人の仲を親密にさせるキッカケとなるってひとつだけ。とんでもなく間接的で、ハマちゃん以外全く必要ではない存在。
にもかかわらず、レギュラーメンバーは登場させなきゃいけないし、ご当地ネタも盛り込まなければとそちらに尺を削り、肝心のカップルの描写は僅か。あの程度の描写で結婚にまで発展させ、彼について行くなんて決断になってしまっては安易な若者にしかうつらない。

まあ、ドラマなんてどうでもいい、陽気なレギュラーメンバーを拝めるだけで幸せだってシリーズファンの満足ぐらいは得られるでしょう。
カラバ侯爵さん [地上波(邦画)] 1点(2008-01-06 23:38:02)(良:1票)
1.男どもがだらしないなぁ。自分を見ているようでブルーになりました。
よしふみさん [映画館(邦画)] 5点(2006-12-26 17:23:26)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 2.83点
000.00%
1116.67%
2233.33%
3116.67%
4116.67%
5116.67%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS