パッチギ! LOVE&PEACEのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パッチギ! LOVE&PEACE
 > (レビュー・クチコミ)

パッチギ! LOVE&PEACE

[パッチギラブアンドピース]
2006年【日】 上映時間:127分
平均点:4.17 / 10(Review 35人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-05-19)
ドラマシリーズもの青春もの
新規登録(2006-12-15)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2019-02-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督井筒和幸
助監督武正晴
滝本憲吾
演出秋永政之(擬斗)
日向丈(岩手弁指導)
小林聖太郎(演出応援)
吉田康弘[監督](演出応援)
キャスト井坂俊哉(男優)李安成(アンソン)
西島秀俊(男優)野村健作
中村ゆり(女優)李慶子(キョンジャ)
藤井隆(男優)佐藤政之
風間杜夫(男優)ピョンチャン
キムラ緑子(女優)兄妹の母
手塚理美(女優)キョンスン
キム・ウンス(男優)高泰玉(テオ)
今井悠貴(男優)李燦秀(チャンス)
米倉斉加年(男優)枝川の長老
馬渕晴子(女優)ホルモン屋のおばさん
村田雄浩(男優)朝鮮将棋のおじさん
ラサール石井(男優)三浦プロデューサー
杉本哲太(男優)「太平洋のサムライ」の監督
麿赤兒(男優)石橋中将役の大物俳優
でんでん(男優)ライトエージェンンシー社長
寺島進(男優)イカ釣り船の船長
田口浩正(男優)南プロデューサー
国生さゆり(女優)お志摩
すほうれいこ(女優)なおみ
宮川大輔(男優)水中運動会のAD
山本浩司(俳優)(男優)ライトエージェンシー松井
松尾貴史(男優)ギャグ好きのおじさん
清水優(男優)ヨンキ
岩崎敦子(女優)近所のおばさん
桐谷健太(男優)国土舘応援団団長の近藤
粟野史浩(男優)応援団の金閣
土平ドンペイ(男優)応援団の銀閣
田中要次(男優)先輩運転士
徳山昌守(男優)朝高生の番長
浜田学(男優)錦宏次郎
堀江慶(男優)サード助監督
長原成樹(男優)ブローカーの男
田中哲司(男優)取調官
日向丈(男優)刑事
愛染恭子(女優)スナックのママ
木下ほうか(男優)ヤクザ俳優
金田敬(男優)時代劇の監督
AHN MIKA(女優)ドレスの女
並樹史朗(男優)倉田プロデューサー
竹下明子(女優)佐藤の母
久ヶ沢徹(男優)水中運動会の司会
鎌田愛(女優)佐藤の妹
川村亜紀(女優)水中運動会の司会
吉田千晃(女優)三浦プロデューサーの秘書
松永京子(女優)チャンスの母
ソン・チャンウィ(男優)父ジンソン
ちすん(女優)若い海女
新屋英子(女優)故買屋の女店主
中村有志(男優)宇野重吉
温水洋一(男優)マスター
木村祐一(男優)漁船の船長
パク・ソヒ(男優)金村伍長
菅原大吉(男優)舞台挨拶の司会者
兼松若人(男優)
芹澤興人(男優)男性タレント
脚本羽原大介
井筒和幸
音楽加藤和彦
作詞北山修「あの素晴らしい愛をもう一度」
阿久悠「五番街のマリーへ」
荒井由実「いちご白書をもう一度」
松山猛「イムジン河」(日本語訳詞)
作曲加藤和彦「あの素晴らしい愛をもう一度」
平尾昌晃「うそ」
荒井由実「いちご白書をもう一度」
矢沢永吉「アイラブユーOK」
吉田正「傷だらけの人生」
主題歌イム・ヒョンジュ「イムジン河」(唄)
東京フィルハーモニー交響楽団「イムジン河」(演奏)
加藤和彦「あの素晴らしい愛をもう一度」(エンディング)
藤井隆「あの素晴らしい愛をもう一度」(エンディング)
今井悠貴「あの素晴らしい愛をもう一度」(エンディング)
挿入曲イム・ヒョンジュ「アリラン」(唄)
東京フィルハーモニー交響楽団「アリラン」(演奏)
撮影山本英夫〔撮影〕
製作李鳳宇
河合洋
川崎代治
キム・ウテク
西垣慎一郎
千葉龍平
冨木田道臣
シネカノン(「パッチギ! LOVE&PEACE」パートナーズ)
ハピネット・ピクチャーズ(「パッチギ! LOVE&PEACE」パートナーズ)
エイベックス・エンタテインメント(「パッチギ! LOVE&PEACE」パートナーズ)
日本テレビ(「パッチギ! LOVE&PEACE」パートナーズ)
企画シネカノン
プロデューサー李鳳宇(エグゼクティブプロデューサー)
祷映
杉原奈実(ラインプロデューサー)
制作シネカノン
配給シネカノン
特撮ビル横山(ガンエフェクト)
坂美佐子(CGIプロデューサー)
OLM(CGI)
美術山下修侍
松井祐一(特殊造型)
ヘアメイク下田かおり
編集冨田伸子
録音白取貢
松本昇和(録音応援)
北田雅也(音響効果)
柴崎憲治(戦争効果音協力)
照明小野晃
字幕翻訳根本理恵(字幕)
その他東京現像所(現像)
文化庁(支援)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
35.前作は、青春映画として楽しめたけど、本作はダメだわ・・・
続編なら最低限主要キャストは入れ替えちゃダメだろう。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 3点(2015-01-02 17:30:09)
34.《ネタバレ》 フィクションだからある程度、作り話があってもいいけどやりすぎ感がある。
妹の為に犯罪を犯す兄を肯定的にするのはどうか?密輸や窃盗、殺人未遂。
前作は差別を乗り越えて、両民族とも仲よくし、さわやかな青春映画ですが、これは日本人がいかに悪いかだけを取り上げている。見終わった後、前作とは違いさわやかさはなくストレスしかなかった。
NAONAOさん [DVD(邦画)] 0点(2013-10-17 13:38:03)
33.主役アンソンとキョンジャの兄妹などキャストが変わってしまったからだろう、前作と比べ役者が見劣りするし魅力を感じない。パワー不足だし、それどころか同じ監督が作ったようにさえ見えない。在日朝鮮人(韓国人)の問題を扱っているのだから、もっと鋭く描いてほしかった。

ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 4点(2012-05-18 16:11:29)
32.監督は歴史の勉強しなさい
どちて坊やさん [DVD(邦画)] 0点(2010-12-28 00:44:02)
31.評価が低い人のほとんどが、理由に事実と違っている事をあげているけど、少しがっかりだ。これは、歴史教科書ではない。同じように、日本人が好きな司馬先生の小説に対し、まるで鬼の首をとったといわんばかりに、事実と違っている点を指摘する人がいる。たとえ、そうだとしても、司馬先生の小説としての価値は変わらない。司馬さんが作った龍馬像への批判的な意見に対する黒鉄さんの言葉を借りれば、「ストライク、ボールの判定に興味はない」ということだ。これは映画だ。傑作のよびごえ高い前作をしのぐ会心の出来だよ。差別や家族の難病に苦しめられながらも力強く生きていく一家を、そのルーツを絡めながら描いている。前作に比べ、主人公達が大人になった分、キレまくっていた若いパワーが落ちたのは確かだが、分別と我慢が身についた分、情が全面に出てきた気がする。
もがみとくないさん [DVD(邦画)] 10点(2010-06-07 15:17:00)(良:1票)
30.前作を見るとなおさら駄作に思えてくる。
シトロエンさん [DVD(邦画)] 2点(2010-01-31 17:33:13)
29.僕にはこの映画が最後までよくわかりませんでした。
もとやさん [DVD(邦画)] 3点(2009-11-14 14:23:47)
28.映画の最後にベトナム戦争の事が出てきましたが、大戦時日本人が朝鮮の人に対して行った事と、
韓国人がベトナム人に対してした事・・・ベトナム人の気持ち・・
その辺にまで踏み込んでいたらもっと深くなったのにと、
韓国人参戦のベトナム戦争が対岸の火事扱いでは手落ちですね、
被害者意識だけでは進歩が無い映画だと思います、
基本的に北の話だから良いのかな?・・・
5001stellaさん [DVD(邦画)] 2点(2009-04-02 15:23:29)
27.前作のような清々しさはなく好き放題に作ったかんじ。好きなように作って映画にできた本人は幸せそうだ。
spputnさん [DVD(邦画)] 5点(2009-04-02 13:21:51)
26.《ネタバレ》 ここでは3世代にわたっての、とある「在日」一家の生きるーーというか、“生き抜く”姿が描かれている。祖父の世代は苛酷な戦火のなかを、泥と血にまみれながら。二・三世である父母とその子供たちは、貧困と差別のなかを。そして四世となる男の子は、不治の病に対して。彼らはそれぞれの逆境を、時にのろい、時に怒り、時に嘆き傷つきながら、それでも生き抜こうとするのだ。

もちろん、彼らをそういった状況に追い込み、追いつめたのが日本という国家であり、その国民であることを、映画は真正面から描くだろう。けれど映画のなかの一家は、そんなことを告発や断罪する前に、とにかく必死に生きる、懸命に生きる。その姿を前にする時、「日本人」たちの何と卑小でみじめなことだろう・・・! そこでは藤井隆扮する「良い日本人」ですら、どこまでもひ弱で無力な存在でしかない(もっとも、彼は彼なりにーー愛ゆえに?--「意地」を通すのだけれど)。たぶん、彼らは我々にこう言うだろう。差別するなり反省するなり勝手にやってろ! と。

前作『パッチギ!』では、そういった「生」のエネルギーのほとばしりを高校生たちの群像ドラマに託しつつ、一方でそれを「在日」という言葉(=観念)に収斂させてしまうことで実に「上質」な(ということは、「映画賞の取れる」ような!)作品を撮りあげた井筒監督ら作り手たち。だが今回は、「政治」だの「歴史」だのといった観念性をブッちぎり、映画としての体裁すらブッこわしてまでも、主人公とその家族の「生」を、それだけを映像におさめようとした。そしてそれは、見事に成功したといえるだろう。何故なら、前作とうって変わってのこの「低評価」こそがその証じゃないか!

だが、これでいいのだ。映画が「生きるもの」たちの姿を、その輝きこそを映し撮るものだとするなら、これこそが正真正銘の「映画」そのものなのだから。

・・・映画の最後、難病の男の子が、自転車にはじめて乗ることに成功する。彼は助からないかもしれない。しかし、それでもやっぱり生き抜こうとしている。その姿にふたたび家族がひとつになる。

何て美しい光景だろう。
やましんの巻さん [映画館(邦画)] 10点(2009-03-31 17:30:36)(良:1票)
25.一作目のキャストのほうがすきです
くまさんさん [地上波(邦画)] 6点(2009-01-19 05:17:35)
24.《ネタバレ》 井筒のオッサンは何を考えているのか?前作の思い入れまで全て吹き飛ばしてしまうという最もやってはいけない続編創りではないか。大体主役を入れ替えるのであれば、他人の話にすればいいだけ。どうしても沢尻と比べてしまい貧相に映る、女優というのも突飛すぎてあり得ないな。プロデューサーと寝る?とか唖然である。内容がまた責任を取らない喧嘩を挟んで何のメッセージになる?戦争とか知らんがな。アホ兄は、正業に就かず犯罪に手を染めて何をどう共感しろというのか。法律を守るのは、在日だろうが日本人だろうが関係ないだろ。現在ネットによる新たな差別が生まれているが、結局”自分さえ良ければいい”というのは嫌われる。
まさサイトーさん [地上波(吹替)] 2点(2009-01-11 00:22:48)
23.《ネタバレ》 パッチギの続編として観たら評価は低いでしょうけど、ひとつの映画として観たらクオリティは高いと思います。なぜ続編としてしまったのか?設定を引き継ぎたかったのでしょうか?配役も本作で初めて知った井坂俊哉さん、中村ゆりさん、ソン・チャンウィさん素晴らしいと思いました。藤井隆さんも良い味を出していました。映像も邦画としてはずば抜けた迫力の戦争シーンに驚嘆です。音楽は心に響きます。非の打ち所がなさそうな感じですが、肝心の脚本が薄っぺらい。というより色々なエピソードを盛り込みすぎて全てが消化不良です。とは言いつつもクライマックスの舞台挨拶と戦争シーンをフラッシュバックさせる手法には引き込まれました。「パッチギ」のタイトルを冠していたことが実に惜しい。「パッチギ」でなかったら少なくとも+2点は献上できたはず。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-10-02 00:41:55)
22.いろいろ詰め込みすぎてまとまりがなかったですね。前作以上にメッセージ性は強くわかりやすかったですが。日本語と朝鮮語を織り交ぜた会話がなーんか違和感あったなあ。
すたーちゃいるどさん [DVD(邦画)] 5点(2008-07-17 18:04:24)
21. 前作品の進化版と思えば尻切れトンボの細切れエピソードの詰め合わせでがっかりした。少しばかり思想的な要素が見え隠れするのが気になる。嫌というのではなく見え隠れというのが残念で、言葉を濁して伝えようとしても見ているほうでは退屈でしかない。次回作は在日問題一本に絞って欲しい。 藤井君はなかなか良かった。
Jane.Yさん [DVD(邦画)] 4点(2008-04-12 09:47:19)
20.在日だから、何じゃい!
Yoshiさん [DVD(邦画)] 2点(2008-03-21 00:08:08)(笑:1票)
19.《ネタバレ》 うーーん だから何?何が言いたいの?って
テーマを広げすぎて何が言いたいのか分からなくなったのかな?
あずきさん [DVD(字幕)] 3点(2008-03-18 21:48:17)
18.《ネタバレ》 難病は結局どうなったの?家族愛がテーマなの?人種差別がテーマなの?両方?なら、別々にもう少しちゃんとやった方がいいんじゃ?
家族愛と人種差別が、ただのお涙頂戴と社会派映画の為の要素に成り下がっている。
例えば「人種差別はいけません」「家族を大事にしましょう」って、教科書とか道徳の授業で言われたけど、この映画はそれ以上の何かが全くない。悪者と良い者しかでてこない。それならヒーロー映画の方がまだ辻褄があっている。というか、(悲劇の)ヒーロー映画の一歩手前になってしまっていることに、監督は気づいていないのでは?しかもこの映画の「家族愛」「難病」は、なぜいるのか分からない視聴率稼ぎの為の役者の様。というか、まず「難病」がなければ家族愛は描けなかったのか?難病要素程ではないが、藤井隆の孤児設定も余計。全体的に、受けが良い要素をとりあえず全部入れておいた感が否めない。
もちろん一作目のパッチギを作れた製作チームだから、ちゃんと「泣き所」はある。でも、残念ながらこの監督の人間的底の浅さがちらついている。「弱いものいじめはやめよう」と教室に標語を掲げる学校の先生のように。
Leannán-Sídheさん [DVD(邦画)] 3点(2008-03-02 05:57:09)(良:1票)
17.《ネタバレ》 在日+岸和田愚連隊+このごろの戦争映画への反発+難病もの......、で、全体として深みのないうすっぺらな映画ができました。もうちょっとまとめようがなかったものか。残念ながら、悪いことにこの監督の思考の浅さが出てしまったように思う。
goroさん [DVD(邦画)] 3点(2008-02-29 04:07:32)(良:1票)
16.いいもんとわるもんしか出てこない。こんな薄っぺらな人物の描き方今時めずらしい。客観的な意見を言う人はいなかったんだろうか。
ととさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2008-02-24 06:49:41)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 35人
平均点数 4.17点
0411.43%
125.71%
2411.43%
3822.86%
425.71%
5617.14%
625.71%
725.71%
800.00%
925.71%
1038.57%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.33点 Review6人
2 ストーリー評価 3.55点 Review9人
3 鑑賞後の後味 4.12点 Review8人
4 音楽評価 5.71点 Review7人
5 感泣評価 3.85点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS