さくらんのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > さくらん
 > (レビュー・クチコミ)

さくらん

[サクラン]
2007年【日】 上映時間:111分
平均点:4.76 / 10(Review 66人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-02-24)
ドラマ時代劇歴史もの漫画の映画化
新規登録(2006-12-19)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2018-08-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督蜷川実花
キャスト土屋アンナ(女優)きよ葉・日暮
椎名桔平(男優)倉之助
成宮寛貴(男優)惣次郎
木村佳乃(女優)高尾
菅野美穂(女優)粧ひ
永瀬正敏(男優)光信
美波(女優)若菊
山本浩司(俳優)(男優)大工
遠藤憲一(男優)坂口
小池彩夢(女優)幼ききよ葉
小泉今日子(女優)お蘭
石橋蓮司(男優)楼主
夏木マリ(女優)女将
安藤政信(男優)清次
松下恵(女優)空蝉
中村ゆり(女優)舞鶴
近野成美(女優)ゆきじ
吉田里琴(女優)にほひ
齋藤飛鳥(女優)とめき
翁華栄(男優)番頭
津田寛治(男優)粧ひの客
長塚圭史(男優)きよ葉の客
SABU(男優)床紅葉の客
丸山智己(男優)日暮の客
小栗旬(男優)花屋
庵野秀明(男優)
忌野清志郎(男優)
大森南朋(男優)
ゴリ(男優)
古厩智之(男優)
村松利史(男優)
高間賢治(男優)
安野モヨコ(女優)
月船さらら(女優)昼顔
原作安野モヨコ『さくらん』(講談社)
脚本タナダユキ
音楽椎名林檎
作詞椎名林檎「カリソメ乙女 DEATH JAZZ ver.」/「この世のかぎり」
作曲椎名林檎「カリソメ乙女 DEATH JAZZ ver.」/「この世のかぎり」
主題歌椎名林檎「カリソメ乙女 DEATH JAZZ ver.」/「この世のかぎり」
製作アスミック・エース(蜷川組「さくらん」フィルムコミッティ)
朝日放送(蜷川組「さくらん」フィルムコミッティ)
テレビ朝日(蜷川組「さくらん」フィルムコミッティ)
講談社(蜷川組「さくらん」フィルムコミッティ)
WOWOW(蜷川組「さくらん」フィルムコミッティ)
プロデューサー椎名保(エグセクティブ・プロデューサー)
早河洋(エグセクティブ・プロデューサー)
配給アスミック・エース
特撮橋本満明(視覚効果)
録音松本昇和
照明熊谷秀夫
その他アスミック・エース(プロダクション)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
66.土屋アンナ、演技ひどい。そして乳首は決して見えない。その他大勢の役は見せていたのに有名女優の方々は決して見せないスタイルは極めて不自然。
たろささん [インターネット(邦画)] 3点(2019-04-01 00:06:12)★《新規》★
65.《ネタバレ》 椎名林檎、土屋アンナとギラギラした極彩色の世界、PEACH JOHNとルミネというファッション分野の協賛、とターゲット層から意識したような映画。内容もそれなりで、残念な運命から逃げる恋愛モノというわかりやすさ。飽きずに楽しくは観れたので、この点数です。
afoijwさん [DVD(字幕)] 4点(2013-07-28 23:01:16)
64.《ネタバレ》 原作は未読、派手な色の画は多いけど、お話は地味でどっち付かずな感じですっきりしない。つまらなくてイライラすることは無くそれなりに最後まで観れる。平均点通り4.5って感じ。
ないとれいんさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2013-01-12 18:05:15)
63.二時間、小泉今日子をずっと探し続けましたが どこにもおらん。ついでに役名:お蘭。どこにもお蘭。
どうやらどこかで見逃してしまったようだが なんか無性に腹が立つ。
クレジットしてらっしゃるんだったら ちゃんと分かるように出してくだせ~。
永瀬はいーから 小泉のほうをちゃんと出せ
3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-07-22 11:38:48)
62.絢爛豪華。映像はとっても綺麗。現代少女漫画が原作だから仕方が無いのかもだが、映画で初見の立場からすると、派手な舞台お芝居を切り取って観ている様な出来映え。出演者の顔も洋風で派手なら衣装もセットも小道具もド派手過ぎてビジュアル映画になってしまっている。これは個性派の写真家である監督の色が出過ぎているのが原因かもだけど監督や漫画のファンなら嬉しいのかもね。ストーリーは遊郭物ではよく有るお話。
movie海馬さん [映画館(邦画)] 4点(2012-07-18 02:22:56)
61.写真家、蜷川実花氏の作品。
個人的にこの人の写真は好きで、タカラジェンヌを撮った写真を見ることが多いが、それ以外の写真も好き。

その独特の色彩感覚が特徴的な、蜷川実花の初監督作品としても注目されていたこの作品。
原作は安野モヨコの"さくらん"。

だが、正直言っていまいちだった。まず土屋アンナがどうしても、遊郭一の花魁には見えない。彼女のあのハスキーな声は、遊女には合っていなかったと思う。

次に、場面と場面のつなぎが気になった。写真家なので、静止画として見れば美しいと思えるシーンは沢山あったが、映画なのでつなぎも大事にして欲しい。
初監督なので仕方はないと思うが。

色彩は美しいので、映像を楽しみたいという人にはおすすめ。

個人的には、元宝塚の月船さららが出演していたのに驚いた。どこに出ていたのかはわからなかったが、脱いでいたようだ。
あと小栗旬など、実力派俳優がゲスト出演しているので、それを楽しむのもありかも。
Sugarbetterさん [DVD(邦画)] 4点(2011-01-27 15:27:17)
60.公開当時はまだ自分的に土屋アンナがうざくなくって、かなり楽しめました。美術は最高に好きです。とくに東信の花は見事でした。
HAMEOさん [映画館(邦画)] 6点(2010-02-09 20:58:09)
59. 映像的は美しいので+ポイント、椎名林檎は個人的にファンなので+ポイント、ストーリーはパッとしないので-ポイント、主演も好きになれないので-ポイント、安藤政信は結構いい味を出しているので+ポイント、という判断ですが、総合するとたいした点にはならないですね。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2009-11-07 15:35:26)
58.色調と音楽がこびりつく代わりに演者の存在が薄まってしまったような気がした。相当いい人がちょこちょこ出ているのですが、仲間内感覚で出ているのが伝わりすぎて映画に引き込まれづらかった。菅野美穂と木村佳乃が身体張っていた様だったのでびっくり。これでPG12はないでしょう。土屋アンナはきれいなんだけど、セリフをいう時に声がかすれ過ぎで冷や冷やする。
おっちょさん [DVD(邦画)] 5点(2009-07-16 19:10:38)
57.大人の女同士のパジャマパーティでのにぎやかしBGVに最適。内容云々するよりも、極彩色の綺麗な映像と刺激的な音楽と美女とイケメン(またはジジイ)の濡れ場にキャーキャー騒ぎながら観るのにもってこい。ストーリーに目新しさが無いぶん、気負い無く流し見できます。 そういう映画の愉しみ方もありだと思えば、まさにうってつけの作品。
lady wolfさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2009-04-25 16:18:26)
56.江戸時代の遊郭を題材にした、新感覚時代劇。
映画向けにかなり派手に色をつけている感じはあるけども、
江戸時代の繁華街とか遊郭は本当にこんなだったかもしれない、
と思わせるディテールは見事。
しかし人物の性格が穏やかでなく、皆やたら口汚なくケンカ腰なので、
ヤンキー映画を見せられているような気分になってくる。
題材はよいと思うので、挿入される現代音楽とか、
ヒロインのありえない性格(眉もありえない)など、
あきらかにミスマッチなものを除いて、リアルな時代劇に徹してあったら、
よかったのにと思う。原作は知らないけど。
さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-04-21 22:44:36)
55.過激なシーン満載な割に不思議と色気を感じなかった。色彩豊かな映像で斬新でしたが肝心のお話が尻切れトンボな印象でした。
しっぽりさん [DVD(邦画)] 4点(2009-02-01 11:05:36)
54.《ネタバレ》 パッケージの感じから
テンポの良さやかなり華やかな演出みたいなのを想像してたんですけど
ちょっぴり期待はずれでした。
純和風でいきたそうなのに主演が日本人離れしすぎてるし、サバサバしすぎてるし…
どっちつかずの中途半端な感じ…。

遊女の艶やかさにしても同様。
たとえこの映画の見所を凝縮したとしても
映画「御法度」に、ほんの一瞬だけしか出ていない
神田うのの遊郭シーンの方が、圧倒的に妖艶で存在感あったな~
なんて思いながら観てしまいました。

菅野美穂と木村佳乃の濡れ場には女優魂を感じました。
うろんさん [DVD(邦画)] 2点(2008-12-23 02:21:04)
53.ストーリー的にはソツなくまとまっているけれど、美術関係はディティールばっかりに凝っていて、全体的な舞台の演出が抜けていたように気がする。好きなものを、好きなようにポンポンポンと並べて、まぁキレイ、というだけだ。金魚のエピソードがあるんだから、遊郭の中の吹き抜けをもっとバッと見せればよかったのに。そうすればあの遊郭全体が巨大な金魚鉢に見えるだろうよ(露骨かなあ?)。単なる華やかさや、小物のディテールだけじゃなくて、「幕末太陽傳」や「千と千尋の神隠し」のように遊郭全体を演出することでもっと面白さが出たんじゃないだろうか。金の掛け方考えようぜ。・・・・・・「好きなものを並べていっただけの映画」という意味ではトランスフォーマーのほうが断然好きだ。さくらんとトランスフォーマー比較するのもどうかしてるけどさ。だって男なんだもん。
ゆうろうさん [DVD(邦画)] 6点(2008-10-26 02:33:22)
52.期待しないで観たのでこの点数です。ケバイとの意見もあるかもしれないが、映像は一応綺麗でした。ラストは脚本家の能力不足か。桜の花を見つけたところで終わりだったらもう少し点数が高かったかも。
ダルコダヒルコさん [地上波(邦画)] 4点(2008-08-31 20:59:24)
51.まあ、普通に楽しめましたが、同時に、この蜷川実花という女流監督の問題点も明らかになったという意味では、失敗作かもしれません。

“江戸東京・北の花町”としての吉原を描く上で、女流監督の限界を見た気さえします。
もちろん、吉原の女性社会的なある側面を、アートな感じで女性目線で描いたといえるのかもしれません。
しかし、女性目線で描いたといえば聞こえは良いですが、吉原のリアリズムを重視しているとはいえず、ただひたすらファッションやインテリア的な部分を楽しんでいるだけなのです。
つまり、調査に裏づけされたリアリティというものが欠如している。
やはり吉原という町は、殿方の町であって、男性目線で描くからこそ面白いし、そこに歴史的史実を踏まえたリアリティがあってこそ、素晴らしい作品に仕上がると私は思うわけであります。

蜷川実花監督と同時期に注目された西川美和という女流監督がいますが、西川美和監督の方は、女性の描き方がとても男性目線でエロティックです。
うまく女性の魅力を表現しています。

しかし、蜷川実花という女流監督は、女性雑誌のノリでしか女優の魅力を引き出せておらず、「女性が作った女性のための映画」という狭い範疇に納まってしまっているのです。

それと、主演の土屋アンナですが、個性的でかっこよさやキレもあり良い女優なんですが、どうみても花魁には向いていないですね。
しかも、控えめな演技の部分に未熟さがあります。
勢いのあるシーンは、ほんとナチュラルで良いんですけどね。

、、と書いて終わらせると、いかにも不満だらけかと思われそうですが、実は気に入った部分があります。
それは極彩色の映像美!
これは凄かった。
リアリティは思い切って捨てて、サイケで独創的な世界を創り出しています。
特に色使いが凄い。
これには驚嘆いたしました。
映像の作りかたに関しては、間違いなく天才的な監督さんですね。

にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2008-07-23 01:31:05)
50.きれいで楽しかった。この映画の評価が低くて、壬生義士伝がアカデミー賞って、やっぱり映画はまだまだ男社会なのかな?
はるこりさん [DVD(邦画)] 6点(2008-06-23 12:58:07)
49.この手の作品にありがちな悲哀ものじゃなくて、どことなくサッパリしてる所はちょっと新鮮かな?と思ったが、良くも悪くも軽いですね。それにしても菅野美穂は芸の幅が広いなあ。都合よく?主役との絡みはないんだが、あったら完全に食われてただろうと思う。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 5点(2008-06-14 04:53:54)
48.確かに大道具小道具イロイロ凝っていておしゃれで美しい。だけど、それ以上に映画が『古っ!!』古臭いったら無いですな。
さらさん [地上波(邦画)] 3点(2008-05-29 13:54:05)
47.一番痛いのは土屋アンナのセリフまわしだけれど、太夫に登りつめるまでの前半と、それ以降の後半に物語の連続性が感じられないのもつらかった。後半については音楽もとってつけたようだし、展開も時代背景からしてリアリティがなさすぎ。現代的な価値観を無理やりねじこんでも、薄っぺらな話にしかならない。セリフがいちいち浮いているのも、ある程度は脚本の問題なのだろう。土屋のセリフが浮いているのも、全体を一つの調子にまとめあげようという意思が演出の中にそもそもないところに問題があるように思われる。まるで別々に録った音声を合成しているかのようにテンポがかみあっていない。映像的には、ラストの自然光のシーンを印象づけるためというのもあるだろうが、色調の強調されたシーンがえんえんと続くのもかえってめりはりがなく、退屈させる。
とはいえ、とにかく最後までちゃんと見続けさせるだけのものもあったのは事実だし、土屋アンナも表情の演技などは素晴らしかった。彼女のセリフを最小限にすれば良い映画になったかもしれない。
小原一馬さん [地上波(邦画)] 5点(2008-05-25 00:23:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 66人
平均点数 4.76点
023.03%
111.52%
234.55%
3812.12%
41421.21%
51421.21%
61624.24%
769.09%
800.00%
911.52%
1011.52%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.75点 Review8人
2 ストーリー評価 5.50点 Review12人
3 鑑賞後の後味 4.90点 Review11人
4 音楽評価 5.16点 Review12人
5 感泣評価 3.00点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS