ロッキー・ザ・ファイナルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ロッキー・ザ・ファイナル
 > (レビュー・クチコミ)

ロッキー・ザ・ファイナル

[ロッキーザファイナル]
Rocky Balboa
2006年【米】 上映時間:103分
平均点:7.31 / 10(Review 148人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-04-21)
アクションドラマシリーズものスポーツものスポコンもの
新規登録(2006-12-22)【みんてん】さん
タイトル情報更新(2018-11-30)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督シルヴェスター・スタローン
助監督チャールズ・ウィンクラー(第二班監督)
キャストシルヴェスター・スタローン(男優)ロッキー・バルボア
バート・ヤング(男優)ポーリー
アントニオ・ターヴァー(男優)メイスン・ディクソン
ジェラルディン・ヒューズ(女優)マリー
マイロ・ヴィンティミリア(男優)ロバート(ロッキー・ジュニア)
トニー・バートン〔1937年生〕(男優)デューク
ジェームズ・フランシス・ケリー三世(男優)ステップス
フランク・スタローン(男優)ディナーのパトロン
羽佐間道夫ロッキー・バルボア(日本語吹き替え版)
富田耕生ポーリー(日本語吹き替え版)
斎藤志郎メイスン・ディクソン(日本語吹き替え版)
高島雅羅マリー(日本語吹き替え版)
緒方賢一デューク(日本語吹き替え版)
郷里大輔スパイダー・リコ(日本語吹き替え版)
古田信幸(日本語吹き替え版)
仲野裕(日本語吹き替え版)
木村雅史(日本語吹き替え版)
出演タリア・シャイアエイドリアン(回想シーン&写真)
マイク・タイソン
脚本シルヴェスター・スタローン
音楽ビル・コンティ
挿入曲フランク・シナトラ"High Hopes"
製作MGM
チャールズ・ウィンクラー
コロムビア・ピクチャーズ
ウィリアム・チャートフ
ガイ・リーデル(共同製作)
デヴィッド・ウィンクラー
製作総指揮ロバート・チャートフ
アーウィン・ウィンクラー
配給20世紀フォックス
特殊メイクマシュー・W・マングル
特撮ジョン・C・ハーティガン
美術フランコ=ジャコモ・カルボーネ(プロダクション・デザイン)
字幕翻訳林完治
岡田壮平(NHK)
動物パンチー
あらすじ
愛妻エイドリアンに先立たれ、一人息子との関係もこじれて満たされない毎日を送るロッキー(シルヴェスター・スタローン)は、フィラデルフィアで小さなレストランを経営していた。ある日、無敗の現役世界ヘビー級チャンピオン、ディクソンのマッチメイクに苦しんでいた陣営は、ロッキーとのエキシビジョン・マッチを計画する。昔と同様、現役最強ボクサーとの対戦という降って湧いたチャンスに対して、ロッキーは・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
148.おれの人生で最高の映画。ありがとう、ロッキー。
追跡者さん [DVD(吹替)] 10点(2018-09-10 02:40:10)
147.立つ鳥跡を濁しまくってやるという想いが伝わってきました。濁しまくった結果、とてもいい作品に。
たろささん [インターネット(字幕)] 9点(2018-07-25 22:27:30)
146.《ネタバレ》 時を経て戦うロッキーが帰ってきた。5より劣るもんならやれませんよ。
そんな覚悟が滲んでいた。
エイドリアンが病死した設定なもんだから
てっきりタリア出演難しかったか~と思いきや
やる気満々だったそうじゃないか。
スタローンそこまでこだわったか…。
総評として亡き妻エイドリアン、成人になった息子、歳を取っても不屈の闘志。難しい設定をうまくまとめてました。汚名返上できて何より。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-01-01 22:52:49)
145.《ネタバレ》 “5”で散々な評価だったロッキーシリーズだけども、6作目に当たるこの“ファイナル”は良い。とてもとても良いです。何故って、ロッキー・バルボアがそこにいるからです。いつぞやの、全然そぐわない豪邸住まいなどではなく、古アパートの一室にやもめ暮らしのロッキー。昔なじみを無理やり思い出巡りに付き合わせ、経営するレストランでは客のリクエストに応えて何度でも同じ話をし、かつての知人の苦境にお節介を焼く。この朴訥さ、垢抜け無さ、ああかつてのロッキーその人だ。もちろん年月は過ぎていて、エイドリアンもミッキーももういないし、息子もナサケ無く育ってしまった。だけど、ここにきて、この年齢になって、欠けたピースを埋めなおすべくザ・ロッキー・ストーリーが幕を開けるのです。
息子の年ほどの現チャンピオンに勝ってはさすがに鼻白むし、かといってロッキーがダウンする姿など世界の誰も望んでいない。ここらの、客の期待のほどを巧くさじ加減した脚本はなかなかです。観終わってのこの胸の熱さは一作目にも劣らず、何枚もティッシュを浪費しながらワタシはふるふると感動したのでありました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-12-04 00:29:30)
144.《ネタバレ》 息子にガチで説教するシーンが好きです。意外と面白かった。なんだかんだいってロッキーが好き。燃えた。
まっかさん [DVD(字幕)] 7点(2017-03-11 00:12:07)
143.物語は予定調和的なものだが、映画の中のセリフがなかなか良い。
ロッキーシリーズは最後の試合が最も盛り上がる見せ場ではあるが、この作品においてはそこの至る過程での発言とかが身に染みる。意外だが悪くない出来だ。
simpleさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2016-12-11 13:27:23)
142.マンネリ化した映画を綺麗に作り直す。
ランボーもそうだったが、実はスタローンは監督としての才能の方が、俳優としてよりあるのではないかと思ってしまう。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-10-12 15:03:11)
141.《ネタバレ》 ロッキーシリーズ、全部鑑賞!この最後の作品と、1作目は何度も観ることになりそうなので、この得点。本作は、50代を超えた自分にとって、腹に来るセリフがいっぱいあった。まさに人生こそ、強烈なパンチを繰り出してくる。倒れるわけいかない!ありがとう!ロッキーバルボア!ありがとう!シルベスタースタローン!!
トントさん [DVD(字幕)] 9点(2016-05-26 23:10:38)
140.ロッキーから私たちへ最後のメッセージ。金言の数々、貧しくも美しい冬の街並み。ラストファイトには思わず目頭が熱くなってしまいました。
お墓の前で佇むシーンがお気に入りです。
Kの紅茶さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2016-02-15 00:59:13)
139.《ネタバレ》 「過去は存在しない」にも関わらず過去に生きてしまう老年の悲哀、そして焦り。生きる時間が長ければ懐かしい思い出や別れは自分を縛る事もある。「老いとは他者の侵入である」らしいですが、本作ではそれを”野獣”と表現しています。これがキーワード。肉体は衰えているのに気持ちは衰えない。その乖離と苦しみ、老いていく事の焦り。スタローンにとっては、ロッキーこそが野獣であり、その決別をしたかったのでしょう。30年ロッキーを演じてきた60歳のスタローンだからこそ書ける脚本です。一歩間違えると暴走老人なんですが、これは暴走を止め、内なる野獣に決着をつけるための戦い。要するに「皆年をとる、過去に縛られず、年相応に今を生きよ」という還暦ロッキー(スタローン)による諦観のメッセージであり、そこには悲哀と諦めがあります。が、過去や野獣と決別するためのリングファイトはやはり感動的でもあり老人として生きる再出発への希望もある。30年の大河ドラマの終結。非常に素晴らしいエンディングです。決して、「挑戦を忘れるな」という団塊世代向けの応援メッセージではありません。が、勘違いする人も多いだろうし、罪な作品だとは思います。難点は息子がいい子ちゃんだったので父子の確執と和解の盛り上がりに欠けるところ。他の母息子とのややダレる絡みを入れるぐらいなら、もうちょっと実父子の関係を詳しく描いてもよかったような。60歳になったらもう1度見たいと思います。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-07-07 12:02:24)(良:1票)
138.《ネタバレ》 ロッキーシリーズは、激しいファイトシーンがあるが、あくまでメインはとても優れた人間ドラマ。本作で私が心打たれたのは、エイドリアンで始まり、エイドリアンで終わらせた構成。地下試合から、タイトルマッチ、消えかけた闘争心を蘇らせた試合、友の為に超人的な強敵との死闘・・こんなに強いロッキーでも、エイドリアンが亡くなった今、途方に暮れながら空虚の中を生きている。心の拠り所は墓の中に眠るエイドリアン。そして再び立ちあがり人々を熱狂の渦に巻き込むような魂が燃える試合を行う事が出来た。その事に感謝し「君がいてくれたおかげだ、やったよエイドリアン」と墓前に報告。
思い起こせば、シリーズ通してロッキーは決して完璧に強い人間ではなかった。どちらかといえば弱い人間だったのかもしれない。悩み立ち止まり戦いをやめようとした事もあった。そんな時、いつも傍で励まし、再び戦うきっかけをくれたのはエイドリアンでした。
本作では一作目から変わらぬエイドリアンへの純粋な愛を作品の軸として描きたかったんだろうなと思った。
エイドリアン役タリア・シャイアの本作出演に関するエピソード記事を読みましたが、実際に出演させず、エイドリアンを想い出の中の姿だけに止めた事も結果的に良かったと思います。タリア・シャイア本人も出来上がった本作を見て納得したとの事。
シリーズ最高の人間ドラマでした。
夜光華さん [映画館(字幕)] 10点(2015-03-27 15:55:06)(良:1票)
137.《ネタバレ》 ロッキーは常に戦い続けた。
アメリカン・ニューシネマの暗い影を殴り飛ばし、どんな強敵とも殴り合った。
だがそんなロッキーの闘志は消えようとしていた。
亡き妻、息子との距離、年齢・・・だが肉体は悲鳴と同時にボクシングを求める。
肉体に鞭打ち己を奮い立たせるロッキー・バルボア。
復活か敗北、生か死か。
相手は今盛りを迎えているルーキー。
ロッキーがチャンピオンに挑んだ時とダブるような存在だが、違うのはロッキーはどん底から成り上がったといい事だ。
挫折の連続、地獄からの脱出・・・歳は取っても初心は忘れない・・・それがロッキーの強さだ。
ガチで殴り合う凄まじい試合の場面。
肉体的に限界のロッキー、何度もダウンする。
が、何度でも立ち上がる。
ボロボロになる体、研ぎ澄まされる闘志。
相手の大型ルーキーも顔つきが変わってくる。
壮烈な試合、大いなるラスト・・・ロッキーは生き返った。
少なくとも、彼の心に悲しみはもう無い。
ロッキーは今日も戦い続ける・・・ありがとうスタローン。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-12-18 19:08:46)
136.引き際を見失った映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-27 00:28:42)
135.1作目から30年も経っているのでリアリティーを求める映画ではないと思ってみました。なかなか感動的でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-08-30 15:46:27)
134.大好きな1や2、そして不純な動機で偏愛している4に比べるとやはり評価は落ち、何度も見返しませんが、ロッキー好きとしては素通りは出来ない作品。前作で終わらなくてちゃんと締めてくれてロッキーファンとしては嬉しかった。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 6点(2014-07-05 22:32:13)
133.感動しました










pillowsさん [DVD(字幕)] 9点(2014-04-02 17:49:18)
132.《ネタバレ》 素直に楽しまなきゃ損だよ!ケチをつけるのは、続編が制作されたときにしよう^^
ないとれいんさん [地上波(字幕)] 8点(2013-05-28 23:13:51)
131.《ネタバレ》 スポ根ものというより、もはや「スーパーマン」「スパイダーマン」の領域かと。「ファイナル」と銘打っているのは邦題だけなので、次回作は「ロッキーマン」って感じですかね。60~70歳の爺さんになってなお、現役チャンピオンに挑みそうで怖い。もっとも、ボクシングだから絵になるのも事実でしょう。仮に野球に置き換えるなら、原辰徳が現役復帰し、オールスター戦でダルビッシュとガチンコ勝負をして、意外にファウルで粘った挙げ句に三振するようなもの。想像するだけでショボいですね。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-05-14 20:16:59)
130.《ネタバレ》 ロッキーシリーズ、特に初期のファンにとっては非常にうれしいシーンが満載の映画。
序盤はご丁寧に名シーンをなぞり、ポーリーはいつもどおりに腐ってる笑。葛藤からの決断、そして名物、トレーニングシーン!
今回は音楽を始め原点回帰となっており、生卵の一気飲み、冷凍肉打ち、そして階段でのガッツポーズ!!(ファン狂喜の連続!)
3は海岸でアポロといちゃつき、4では登山をし、挙句に5ではトレーニングシーンがない!という迷走っぷりだったが、あの階段はやっぱアガるな。(?って表情の犬も良い)
それに意外と映画の出来自体も、シリーズ中でもかなり良かった。
ロッキーが年老いて、挑戦すること自体が無謀という状況ゆえ、メッセージがわかりやすく伝わってきた。
挑戦する、闘う、ということが最も大事である。
最後はこれも原点回帰となる「敗戦」で締める。判定聞きながら、「負けてくれ!」と思ってしまった。これでロッキー自身もファンも、完全に綺麗に幕を引けるなあ。
kosukeさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-12-09 01:01:25)
129.自分はロッキー5が最後のドラマとして凄く良かったと思えた少数派の人間にあたります。振り返ってみても、1、2、3、4、そして5までの過去の一連のストーリー、全てに満足していた少数派。そんな少数派となった自分的にはこのザ・ファイナルをどうみたか・・ 無くてよかったと思いますがねぇ・・  やはり、リングに上がるべきではなかったと思います ましてや相手が無敗の世界チャンピオンだなんてねぇ・・  もっと現実的なところで なんらか違う形で燃えてファイナルを迎えて欲しかった。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-09-14 21:46:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 148人
平均点数 7.31点
000.00%
100.00%
210.68%
321.35%
432.03%
5117.43%
62718.24%
73322.30%
83624.32%
92416.22%
10117.43%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.16点 Review24人
2 ストーリー評価 6.96点 Review25人
3 鑑賞後の後味 8.20点 Review30人
4 音楽評価 8.90点 Review32人
5 感泣評価 7.24点 Review25人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS