無花果の顔のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > 無花果の顔
 > (レビュー・クチコミ)

無花果の顔

[イチジクノカオ]
2006年【日】 上映時間:94分
平均点:3.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-12-23)
ドラマファミリー
新規登録(2007-01-18)【ばぐぅ】さん
タイトル情報更新(2012-12-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督桃井かおり
キャスト山田花子〔女優〕(女優)
桃井かおり(女優)
石倉三郎(男優)
高橋克実(男優)新しい父親
岩松了(男優)
光石研(男優)母の弟
渡辺真起子(女優)隣の女
原作桃井かおり(原案)
脚本桃井かおり
撮影釘宮慎治
美術木村威夫(美術監督)
安宅紀史
伊藤佐智子(アートディレクション)
衣装伊藤佐智子(衣裳デザイン)
編集大島ともよ
録音高橋義照
照明中村裕樹
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.役者としての桃井かおりが好きなので観てみたものの、最後まで主題がなんなのかもよく分からなかった。色々とこだわりがあるのはひしひしと伝わってくるが、一つの作品としてのまとまりがなく、動画版「桃井語録」のような印象。女優としての桃井かおりのイメージは、年齢不詳で侮れないオトナの女、というものだったが、その本人が脚本・監督を手がけた作品を観たことで、実際の彼女がその役柄以上に不思議ちゃんであることが伺えてしまって、映画を撮るということは、その人の本質を露呈してしまうことなのだな~としみじみ感じた。その好例ということで3点献上。ちなみに、山田花子はけっこう良い役者だという意外な発見があった。
lady wolfさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2008-07-17 14:36:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 3.00点
000.00%
100.00%
200.00%
31100.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS