2001人の狂宴のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 2001人の狂宴
 > (レビュー・クチコミ)

2001人の狂宴

[ニセンイチニンノキョウエン]
2001 Maniacs
2005年【米】 上映時間:88分
平均点:5.86 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
ホラーコメディリメイク
新規登録(2007-01-18)【なにわ君】さん
タイトル情報更新(2009-12-26)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャストロバート・イングランド(男優)バックマン町長
リン・シェイ(女優)グラニー・ブーン
イーライ・ロス(男優)ジャスティン
ピーター・ストーメア(男優)アッカーマン教授
ケイン・ホッダー(男優)ジェイソン
スコット・スピーゲル(男優)
マシュー・キャリー(男優)
製作イーライ・ロス
スコット・スピーゲル
ボアズ・イェーキン
特殊メイクK.N.B. EFX Group Inc.
特撮ロバート・カーツマン(視覚効果監修)
その他ジョン・ランディス(スペシャル・サンクス)
アダム・リフキン(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》  牧歌的で歓迎ムードの小さな田舎町。そこで次々と繰り返される猟奇的な殺戮。こーゆーホラー、嫌いじゃないです。町中の人たちが、まるでお祭りを楽しむかのように若者たちを殺していく様子に狂気を感じます。
 グロ描写はまあまあ。心臓が止まるくらい驚かされることもありません。だから安心してプレザントバレーという町の狂気を楽しむことができます。
 設定は『クライモリ』や『悪魔のいけにえ』に似ているかもしれません。この2作品と違うのは、町の人たちがぱっと見普通なので、その危険になかなか気付かないことでしょう。気付いたときには仲間が半分に減っているという恐怖。これはやばいと町を脱出しようと思ったら最早手遅れという、ホラー映画でよくあるシチュエーション。この作品ならではのオリジナリティにホラー映画の定石を組み合わせて、はちゃめちゃになりすぎない安定感のある仕上がりに。
 終盤までは8点くらいだったんですが、『町長との一騎打ち』『ラストのオチ』の2点にやや興醒めしちゃって、少し減点。ラストのオチについては、『クライモリ』のどれかのシリーズと酷似しちゃってます。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2018-03-18 17:54:16)
6.《ネタバレ》 結構ある「田舎へ行ったら襲われた系」の映画。
終始やられっぱなしなので
「反撃」の要素がもうちょっと欲しかったかな。
町長はあのフレディだったか・・・
虎王さん [DVD(字幕)] 5点(2013-05-29 12:02:20)(良:1票)
5.オリジナル未見。殺害シーンにおける盛り上がり方が雰囲気を暗くさせず良い。村の人々の不気味さや楽しげな音楽が気に入りました。町長もいい味出してます。
真尋さん [DVD(吹替)] 6点(2011-08-12 16:06:28)
4.《ネタバレ》 名作ホラーのリメイク。
原作の雰囲気を残しつつも新しい展開を盛り込んだ意欲的な良作。
しかしとても差別意識の強い映画だった。
南北戦争の蟠り、怒り憎しみが渦巻いている。
結局、人の差別がなくならなければ戦争だってなくならないんだろうなと思う。
この映画のカンニバリズムはただただショッキングなだけというよりも、
もっと重大な意味があるような気がする。
それは憎しみとか相手を制することと結びついているから。
人の肉を食うことは、その相手を力を得たいという願望、執着、
そして相手を完全に支配すること。
生物的に相手を食うことは完全なる勝利者といえる。
そんなこと考えるとこの映画はカンニバリズム映画の傑作なのかもしれない。

南部人の牧歌的な雰囲気に心が和みながらも、その裏に隠れた敵意で心が荒む。
和みと敵意が一緒になってるところが狂気だ。
原作よりも差別臭は拡散、飛び火しているみたいで、ホラー以外なところで不快に感じるかも。
キャラ付けは強いがエンターテイメント性が向上してテンポがいいと感じる。
惜しみなく最後まで観客を楽しませようとするところは評価したい。
残酷描写が特筆するほど素晴らしく、とくにセクシーな美女がグチャってなるのでスプラッタとしての評価は高いと思う。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 7点(2010-12-22 03:32:06)(良:1票)
3.オリジナル信奉者としてはちょっとアレな出来なんですが、リメイクとか何も知らないで観たら面白いと感じるかも。ゴアシーンも今どきの映画らしくちゃんと作られているし、ロバート・イングランドのハイテンションな演技も堪能できる。ただ、やはりオリジナル版の、ほとんど偶然から生まれたような無意識の恐怖感は味わえるべくもなく、この点数で。
フライボーイさん [DVD(字幕)] 4点(2008-03-05 09:47:46)
2.《ネタバレ》 リメイク前の作品は未見です。ツタヤに無かった… ◆観る前は「テキサス・チェーンソーみたいにドロドロしててグログロしててもう生まれてきた事を後悔するくらい酷い描写が続いてめちゃくちゃ鬱になる話なんだろうなぁ」とハラハラしていたのですが、意外にあっけらかん?とした爽やかなホラーでした。いや、絶対あんな状況に陥りたくはないですけど。やはり、映像が新しいとそれだけでなんとなく安堵しますね。 ◆本編を観る前にうっかりトレーラーを観てしまったのはいけなかった。予告の中でほぼ全員の死亡状況がバレちゃってます… ◆肝心の話の内容ですが、最終決戦のあたりがちょっと弱いなあと感じるものの(なんであの状況下で町長を信じるんだ主人公。町長も情けないし)、結構面白かったです。
えむぁっ。さん [DVD(吹替)] 7点(2007-04-16 23:09:18)
1.前作「2000人の狂人」はそのチープさが逆にいかがわしく、素人くさい役者の演技が逆に不気味さをかもしだし、そしてそれがヘンテコに陽気さのパワーをひきだし、それがむしろ怖くておもしろかった。今回はそれのリメイク。ストーリーはだいたい同じやけど、登場人物や殺され方が違うねん、それに最近作られたので、映像、スプラッター場面、役者の演技など全体的に前より洗練されてる。てゆーか洗練されすぎて、クオリティーは「2000人~」に比べ物ならないくらいによくなってるが、あの映画のおもしろさは、そのチープさだと思う俺には、今回はやっぱ微妙だった。まー、オチを知ってるってのもあるけど。役者の演技もよくなってるぶん、変に陽気な人たちをそつなく演じてるぶん、「2000人~」にあった素人くささからくる不気味な陽気さのテイストが薄まった、なんか普通のホラーになってしまった感じかな~。ロバート・イングランド演じる市長はのりまくりでがんばってるんやけどね~。殺し方もなんか陽気さがたらんとゆーか、「2000人~」よりコンジマリな感じ。ラストはそれなりの盛り上がりをみせて、ホラー映画としては別にまったく退屈ってわけじゃないんだけど。まあ「2000人~」を見てない人で、古い映画はあんまり観たくない方には、それなりにおもろいかもしれんけど。俺はやっぱこれを観るなら先に「2000人の狂人」を観る事をおススメしちゃうわ。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 5点(2007-01-19 20:22:04)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.86点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4114.29%
5228.57%
6114.29%
7342.86%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS