ジャッカルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジャッカル
 > (レビュー・クチコミ)

ジャッカル

[ジャッカル]
The Jackal
1997年【米・英・仏・独】 上映時間:125分
平均点:4.39 / 10(Review 176人) (点数分布表示)
公開開始日(1998-06-20)
アクションサスペンス犯罪ものリメイク
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-11-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・ケイトン=ジョーンズ
助監督バディ・ジョー・フッカー(第二班監督〔ノンクレジット〕)
キャストブルース・ウィリス(男優)ジャッカル
リチャード・ギア(男優)デクラン・マルクィーン
シドニー・ポワチエ(男優)FBI捜査官カーター・プレストン
ダイアン・ヴェノーラ(女優)ヴァレンティーナ・コスロヴァ少佐
マチルダ・メイ(女優)イザベラ
J・K・シモンズ(男優)ウィザースプーン
ジャック・ブラック(男優)イアン
テス・ハーパー(女優)大統領夫人
スティーヴン・スピネラ(男優)ダグラス
リチャード・ラインバック(男優)FBI マクマーフィー
ソフィー・オコネドー(女優)ジャマイカ人の少女
磯部勉ジャッカル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田中秀幸デクラン・マルクィーン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田中信夫FBI捜査官カーター・プレストン(日本語吹き替え版【VHS/DVD/日本テレビ】)
塩田朋子ヴァレンティーナ・コスロヴァ少佐(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
湯屋敦子イザベラ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塩屋翼イアン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
糸博テレク(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
長克巳ウィザースプーン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
伊藤和晃(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
家中宏(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小室正幸(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
鈴木勝美(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
柳沢栄治(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
野沢那智ジャッカル(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
津嘉山正種デクラン・マルクィーン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
弥永和子ヴァレンティーナ・コスロヴァ少佐(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
山像かおりイザベラ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
江原正士イアン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
青野武ウィザースプーン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小島敏彦ドナルド・ブラウンFBI長官(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
佐々木梅治テレク(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
秋元羊介ガッツイ・ムラド(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
宮本充(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
沢田敏子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
千田光男(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
天田益男(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
磯辺万沙子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
喜多川拓郎(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作チャック・ファーラー(ストーリー原案)
ケネス・ロス(オリジナル版脚本)
脚本チャック・ファーラー
音楽カーター・バーウェル
編曲ソニー・コンパネック
撮影カール・ウォルター・リンデンローブ
ラリー・ブランフォード(空中撮影監督)
製作ジェームズ・ジャックス
ショーン・ダニエル
マイケル・ケイトン=ジョーンズ
ケヴィン・ジャール
製作総指揮マーク・ゴードン
ゲイリー・レヴィンソン
配給東宝東和
特殊メイクトニー・ガードナー[メイク](ノンクレジット)
美術マイケル・ホワイト〔美術・1962年生〕(プロダクション・デザイン)
衣装アルバート・ウォルスキー
編集ジム・クラーク
録音ゲイリー・A・ヘッカー
リチャード・キング[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
その他ラルフ・S・シングルトン(スペシャル・サンクス)
デヴィッド・モリッツ[編集](スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
176.《ネタバレ》 髪が薄いブルース・ウィリスが、カツラ効果で頭髪モサモサになってる姿を見るだけでも価値のある今作。


ジャック・ブラックが武器メイカー役で、設計ミスにより武器の試し打ちの標的にされて死ぬという、コメディ畑の彼が斬新な扱いを受けるシーンも印象的。


オリジナル版は未見ですが、たぶんそちらを見て感動しても、それでもこちらのリメイク版は愛さずにはいられないと思う。

(髪モサモサのブルースと爆死のジャックのせい)
フィンセントさん [インターネット(字幕)] 10点(2020-09-13 18:38:39)★《新規》★
175.《ネタバレ》 評判いいと思って観てみたら良いのはオリジナルの方でこっちはリメイクなのか。
失敗した。
おもんない。

まず犯罪者がFBIを仕切ってるとこがありえん。
更に武器を持たすとかなんなの?
ジャッカルもすごい小物だしあんな派手な武器使う必要ある?
武器の準備に尺取った割に速攻潰されるしw
大統領夫人を暗殺する理由はなんだったのか。
マフィアが弟を殺された復讐するとか言ってたのに。
銃のテストもあんな大爆発させたらばれる可能性上がる。
突っ込み所上げ始めたらキリがないからこのへんで…
Dry-manさん [インターネット(吹替)] 3点(2020-09-13 01:31:44)★《更新》★
174.《ネタバレ》 見る影もなく堕ちたロシア、元IRAの主人公、そしてMP5にG3小銃・・・90年代のアメリカ映画らしい落ち着きのある良い映画だと思います。
あまり評価の芳しくない本作。確かに今の目から見るとストーリーはこれと言って特筆するところは見当たらず良く言えばオーソドックスな作りです。また近年の此の手の映画にありがちな複数人の視点から見せる描き方ではなくデクランたちかジャッカルからの視点の二者のみのため、一見すると作品の深みが無いようにも見えてしまい、特に最近の007シリーズやボーンシリーズのようなスピーディな展開に慣れた眼からするとかなり物足りなく映ります。しかしこれは見る側としては流れを飲み込み易く落ち着いて鑑賞できるという長所にもなり得るでしょう。
最大の難点は人物の描きこみの少なさでしょうか。ジャッカルが謎な存在なのはともかく、主人公のデクランの人物像が曖昧なのが作品に引き込まれる観客の少なさの原因だと思います。元恋人とのエピソードをもっと深く描き、ジャッカルとの対立構造をより鮮明にすればデクランがFBIに協力する動機もはっきりとし、違った映画になったと思います。
低評価の作品のようですが機関砲の射撃シーンをはじめ印象的なシーンが多い作品だと思います。私はラストシーンが特に印象的で、デクランは捜査官と別れ何処かへ歩き出します。小さくなって行くデクランの背中とコーヒー店で談笑する捜査官を見てこれはデクランとこの捜査官のバディムービーであったのだと気付かされました。羊たちの沈黙に似たこのラストはエンドロールにまで本編の余韻を残しつつ、主人公たちの行く末を考えさせる良い作りだと思います。
パンツァー・フォーさん [DVD(字幕)] 7点(2014-06-20 21:12:09)(良:1票)
173.こ、これは、リメイクだったのか。。。オリジナルだとばかり思ってみてしまった。おもしろいところなし。だいたい、なんでファーストレディが標的なのかさっぱりわからん。派手だから?ん?
Skycrawlerさん [地上波(吹替)] 4点(2013-01-26 23:51:30)
172.《ネタバレ》 えーーー久しぶりにビックリしました  何に?そうあの「映画」のリメイクとは思えない醜さに  もぅ皆様が大体のところをおっしゃってますのでいいませんが  もうこういうことは …ネタ切れ回避策か 誰かの台所事情か 思いつきか(苦笑)  知りませんがやめて下さいな~  どう解釈すればこうなるのだろう??  ハリウッド改悪リメイクはまぁそれなりにある気がしますが、結構上位入選決定かも(苦笑) ただ、キャスティングは悪くない ブルースもリチャードもカッコイイし好きな俳優さん 女性陣やFBI捜査官もいい感じ  すべての責任は製作者側でしょうコレは   ということでオリジナルを是非ご覧になって下さい シビレマスヨ
Kanameさん [DVD(字幕)] 1点(2012-06-24 09:07:36)
171.車の塗装、試射のカボチャ、電話の盗聴シーンに「ジャッカルの日」が思い浮かびました。本サイトで名作のリメイクと知り唖然茫然としているところです。これでリメイクを名乗るなどド厚かましいにも程があります。しかし(知らずに)、別物として観た感想はそこそこ楽しめました。ギア、ウイルスと苦手な二人も嫌悪感が少なく、シドニー・ポワチエ、ダイアン・ヴェノーラがいい味を出していました。大統領夫人襲撃からはグダグダな展開で一流の暗殺者のカケラもない姿はお粗末ですが、B級アクションものとして良しとします。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 5点(2012-05-27 18:33:33)
170.2大スターが敵味方に分かれて共演し、最後に追いかけっこで決着をつける…。どこかで見覚えがあると思ったら、「ヒート」でした(D・ヴェノーラも出てるし)。その意味で、2番煎じ狙いの匂いがプンプン。でも、そこそこ楽しめました。服役中の元テロリストのR・ギアがFBI中枢で会議に参加したり、そのまま寝泊まりしたり、しまいに銃まで所持したりなんて、まさに何でもありの世界。いくら司法取引とはいえ、ちょっとセキュリティが甘すぎるだろと突っ込んだり、そんなに人材も情報も足りないのかと不安になったり。だから4年後にあんな目に…。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-02-19 18:03:14)
169.子供の頃にみてました。
オリジナルには適いませんが、というか雲泥の差ですが
なんか嫌いになれない映画。
ジャッカルの変装は笑える。
idekoさん [DVD(吹替)] 6点(2012-02-17 18:52:45)
168.見終わった直後、大味すぎるよーキャスティング逆だよーダメダメハリウッドリメイクの見本だよーって心の中で雄叫びをあげました。
460さん [映画館(字幕)] 3点(2012-02-16 19:47:29)
167.うわめっちゃオモロイやん。以前観た時はなぜつまらんと思ったのだろうか。ってそりゃ、映画『ジャッカルの日』のオモシロさ、さらには小説『ジャッカルの日』の面白さ(ホントに興奮したなあ)があったからに決まってるんですけどね。大体この『ジャッカル』、原作が「ケネス・ロスの脚本」(フォーサイスの小説ではなくて)とせざるを得なかったところがすでにトホホなんですけれども。しかしその逆境にもめげず、よくぞ製作してくれました。もうこれ、オリジナル作品です、『ジャッカルの日』との関連なんて、事前に試射してみるシーンくらいのもんでしょ。優秀な殺し屋が、よりにもよって暗殺にあんな大砲みたいなヤツを使うなんていう発想が素敵です。前半は、ケガとカツラが似合う男、ブルース・ウィリスが、カツラまたカツラのファッションショー、神出鬼没とばかりに様々な場所に現れる。髪型と背景がひたすら変化し続ける、というのが面白く、自動車のペインティングなどを着々とこなしていく描写も面白い。要するにこの怪人ぶり。ギア様はちょっと存在感が薄く、だもんで、ギア様関連の背景も薄くなってしまった感があるのが惜しい(ってか致命的かも)点ですけど、地下鉄での追跡劇などは、今回観てて本当にシビれました。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-01-04 09:44:38)(笑:1票)
166.つっこみどころのいっぱいある作品ですがまあまあですよ。悪役のブルースもまあまですよ。
pokobunさん [DVD(吹替)] 6点(2009-08-12 22:33:15)
165.《ネタバレ》 "The Day of the Jackal"とは別物として観ればまぁまぁ楽しめる作品と思います. オリジナルとは全く違うので原作者(Frederick Forsyth)もオリジナル版の監督(Fred Zinnemann)も翻案に反対したそうです.
RTNEE USAさん [DVD(字幕)] 6点(2008-09-07 11:39:10)
164.オリジナル元は知らないで観ましたが結構楽しめました。
殺し屋のブルース・ウィリスもまあまあいけるかと。問題はリチャード・ギアの主人公の方で、彼に最初から最後まで何の魅力も感じませんでした。むしろ題名からしてジャッカルの方が主人公。
最後の粋な演出は好きです。
民朗さん [地上波(吹替)] 6点(2008-08-31 13:55:48)
163.《ネタバレ》 派手さ以外に、銃をリモートで操作して殺す必要が有ったのかは別にして、なかなか面白かった。ラストの会話も好きです。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 7点(2008-08-30 09:54:36)
162.オリジナルの方が全然面白い。シドニー・ポワチエに3点。
デッカードさん [DVD(字幕)] 3点(2008-04-01 00:36:00)
161.《ネタバレ》 冒頭のロシアのクラブからボス宅での会合までは「お!」と言う展開で、頭を斧で叩き割るという「アンタッチヤブル」のパクリもありましたが、結構期待感を持たせました。まあ、その後の展開は、そこそこでしたがイザベラ役があの「スペース・バンパイャ」の豊乳女優さんだったとは!コスロヴァ少佐達が撃たれるあたりのアクションはまあまあでした。しかし、大統領夫人殺害を機械照準の大砲モドキの兵器でやろうなんて、全然スマートではありませんでしたので、点数が低くなりました。ここは、ゴルゴ13並みに遠距離照準のライフルでやって欲しかったです。最後に何故あそこにイザベルが居たのかが理解できませんでした。でも男2人と女少佐との3人の友情みたいなものが感じられて、結構嬉しくなりました。
亜酒藍さん [地上波(吹替)] 5点(2008-03-22 17:30:03)
160.リチャードギアは、何であんなにブルースウィリスの行動が読めるんだ。
Yoshiさん [ビデオ(字幕)] 4点(2008-03-16 01:15:18)
159.《ネタバレ》 この作品、当時映画館で観ておりましたが、途中で帰りたいと思ったはじめての作品です。まぁ、リメイクということで新しいジャッカル像の構築というか、新しい解釈をしたということで100歩譲るとしても、変装が変装になってないとか、ラストの暗殺シーンに特注マシンガン使う意味があったのかとか、ただの殺人鬼にしか見えないとか、一流の殺し屋っぽくない描写が目立つのとかは新解釈が成功していると言えるのでしょうか。ジャッカルが最後に息を吹き返すというアイデアはブルースウィリス本人によるものらしいですが、「ダイハード」とかと出演作品を勘違いしてしまったのかしら。そんなウィリスの提案にリチャードギアが激怒したとかなんとか当時の映画雑誌に書かれていたのを思い出します。
もっこり八兵衛さん [映画館(字幕)] 3点(2008-01-13 21:45:24)
158.《ネタバレ》 ジャッカルに勝って欲しかったのは私だけなのだろうか。
あるまーぬさん [地上波(吹替)] 6点(2007-07-25 04:21:02)
157.《ネタバレ》 ジャッカル弱すぎ。
最後の直前まではよかったけど、結末がしょぼすぎた。
大統領夫人も鮮やかに殺して、その後、ダイナミックに殺されてほしかった。
あきんどさん [地上波(吹替)] 4点(2007-03-20 17:39:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 176人
平均点数 4.39点
063.41%
1126.82%
2158.52%
32514.20%
43017.05%
53922.16%
62011.36%
71810.23%
863.41%
931.70%
1021.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review6人
2 ストーリー評価 3.90点 Review11人
3 鑑賞後の後味 4.20点 Review10人
4 音楽評価 5.62点 Review8人
5 感泣評価 2.57点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS