Menu
 >
 >
 > パンズ・ラビリンス

パンズ・ラビリンス

Pan's Labyrinth
(El Laberinto del Fauno)
2006年【メキシコ・スペイン・米】 上映時間:119分
平均点: / 10(Review 138人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスファンタジー
[パンズラビリンス]
新規登録(2007-01-29)【V】さん
タイトル情報更新(2014-11-03)【DAIMETAL】さん
公開開始日(2007-10-06
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ギレルモ・デル・トロ
キャストイバナ・バケロ(女優)オフェリア
ダグ・ジョーンズ〔男優〕(男優)パン/ペイルマン
セルジ・ロペス(男優)ビダル
アリアドナ・ヒル(女優)カルメン
マリベル・ヴェルドゥ(女優)メルセデス
アレックス・アングロ(男優)フェレイロ医師
ゴンサロ・ウリアルテ(男優)フランセス
塩田朋子メルセデス(日本語吹き替え版)
脚本ギレルモ・デル・トロ
音楽ハビエル・ナバレテ
撮影ギレルモ・ナヴァロ
製作ギレルモ・デル・トロ
アルフォンソ・キュアロン
配給キュービカル・エンタテインメント
特撮カフェFX社(視覚効果)
美術エウヘニオ・カバイェーロ(プロダクション・デザイン)
字幕翻訳松浦美奈
その他アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(サンクス)
あらすじ
1944年スペイン。少女オフェリアは身重の母と共に山岳地帯に移り住む。レジスタンスを討伐する残忍な義父、ヴィダル大尉と同居する為だ。彼女は屋敷近くにある迷宮の遺跡の中で半身半獣のパンと出会い、自分が魔法の国の王女であると告げられる。パンは王女に戻る為の試練を彼女に課す。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
118.《ネタバレ》 少女がぶどうを食べるシーンよかった。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 6点(2012-12-29 09:11:19)
117.《ネタバレ》 外は苛烈で陰惨な戦争だけれど、迷宮の中に入ってごらん。王宮までたどり着いたら、その眩いまでに壮麗なこと。そこは少女の頭の中の世界でもあるのだけど、なにしろ狂気の軍人たちや酷薄な義父らに囲まれて正気を保つためには想像力が無いと生き抜けるものではないですもん。大人から見れば奇行の数々も、この子にとっては命綱の精神世界。観てる間中、オフィーリアとともに迷宮をさまよい、弟のために祈り、大尉を憎悪しメルセデスさんに快哉を叫び、と忙しかったけれどオフィーリアついに向こう側に行ってしまった。やっぱり現世に生かしてほしかった。とても悲しい。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-10-22 00:25:04)
116.劇場に一人で観に行って完全にノックアウトされた作品でした。少女の前に突如現れたあの世界は、果たして"世にも奇妙な世界"だったのか・・・はたまた"現実逃避による幻覚"だったのか・・・。受け取り方によって批評も変わるだろうな。私にとってはハッピーエンドでした。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 10点(2012-09-09 00:58:13)
115.《ネタバレ》 いきなり流血する少女のアップで始まり、テープが逆回転。全編、観客にショックを与えようという意図に満ちる。”意欲的”な作品で好感は持てるが、グロ・痛いシーンが多いのには辟易。大尉の父は将軍で、亡くなるとき懐中時計を壊して息子に”死の時刻”を遺す。大尉は父に憧れて軍人になった。懐中時計の逸話を無い事にするのは他人に弱い部分を見せたくないから。息子に対する執着は異様。臨月の妻に長旅させて自分の元で産ます、出産前から男の子と決めてかかる、医者には万が一の時には赤ん坊の命を優先せよと厳命。軍人の血統を継承させたい宿願があり、死期が近いのを本能で察している。洞察力に優れ、敵に対して情け容赦無い。完璧な軍人になりきろうとするあまり、彼にとって現実はファンタジーでしかない。大尉には現実がファンタジー、少女にはファンタジーが現実。両者は全く違うように見えるが、合わせ鏡のような関係。不幸の国にあるという摘んだ人に永遠の命を授ける奇跡の薔薇は、毒棘があるせいで誰にも摘まれない。少女が胎内の弟に語り聞かせる寓話だが、これには弟に摘み取ってもらいたいという願いが込められている。少女も自分の死を察している。ラストで、現実主義の大尉は閉じた迷宮の扉を難なく突破できたが、その先には死が待っていた。少女は死んで無垢の血を流すことで、魂が魔法の国に帰還できた。両者は常に対比して描かれる。全てを少女の幻想と決めつける事はできない。父を亡くし、継父とはそりが合わないが、母には愛され、経済的に恵まれ、戦争の悲惨さは知らない。彼女の幻想は戦闘の前から始まっている。現実逃避するほどのトラウマがない。泥で汚れた服、魔法の根っこ、チョークは実在するし、病気の母親は医者が首を傾げる程回復したし、チョークドア無しでどうやって壁を破り赤ん坊を横奪できたのか。それに現実逃避の幻想なら甘美で自分に都合のよいものと決まっている。魂の開放のためには死のイニシエーション=継父の銃弾が必要だったとの解釈も可能だろう。この場合継父はユダで、キリストの復活には不可欠の存在。どこまで現実か、ファンタジーか。作り手のそのあたりの匙加減、曖昧さ加減は絶妙。彼女がこの世に残したという”印し”を見つけたいものです。葡萄を食べたのは、まだこの世に残りたいという未練があったから。母が死んで未練は消えた。「手目坊主」そっくりお化けが出てきてびっくり。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 7点(2012-08-10 12:35:23)
114.《ネタバレ》 内乱期のスペインを舞台に、社会を支配する苛烈で不条理な男たちの暴力に押し潰されようとしている一人の無垢な少女、オフェリア。それでも彼女には、誰にも負けない、想像力という素晴らしい武器があった。迷宮の奥深くで牧神パンと出会い、森の枯れかけた巨木の根元では醜い大蛙と対峙する。そして、魔法のチョークで描かれた扉の向こうでは、世にもグロテスクな怪物と悪夢のような試練を経る。だが、彼女を取り巻く現実はあくまでも残酷だった。この妄想とも現実ともつかない、モダンでグロテスクな美しさに満ち満ちた世界は、観れば観るほど、まるで何処までも続く深い迷宮へと迷い込むような、そんな気持ちに誘ってくれる。惜しむらくは、第三の試練。ここも素晴らしい幻想世界で描かれていれば、完璧な大傑作映画になり得たのに。でもそんな不完全さも含めて、僕はこの映画が大好きです。最後、醜い暴力にその儚い命をも奪われながらも、美しい想像力だけは奪われなかったオフェリアのその切ない笑顔がいつまでも忘れられない。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 10点(2012-06-03 22:30:44)
113.《ネタバレ》 現実の世界は恐ろしく空想の世界に逃げるしかない。スペイン内戦時の悲惨さを子供の視点心境から見事に映している。
akilaさん [DVD(字幕)] 10点(2011-09-11 15:58:17)
112.《ネタバレ》 怖い怖い、第二の試練に出てくる子供を喰らう怪物が怖いし、口を裂かれてにやにや笑いになった大尉も怖い。
敵に対して残酷で女性にたいして冷酷なヴィダル大尉については独裁政権下の軍人像としてはステレオ・タイプな気もしますが、
「常に死を意識し勇敢であれ」と言う父の思いを受け継ぎ、それを自身の子供に伝えようとするところは哀れな感じがします。
ラストについては、地下の王国に還るためには人間の体を捨てるしかなかったと思いたいです。
Feld Hern Halleさん [DVD(字幕)] 7点(2011-08-06 00:04:45)
111.《ネタバレ》 まさしくダークファンタジー。視点をどっちに置くべきか迷う。やっぱゲリラ戦にいってしまうなあ。ラストはハッピーエンドっていうことでいいのか、もしかしたら主人公の現実逃避した虚構の世界にして良いのか判断しかねる。オフェリアという名、最後の光景、どうしてもミレイの名画を連想せずにはいられなかった。
タッチッチさん [DVD(吹替)] 6点(2011-03-19 16:45:37)
110.《ネタバレ》 これはハリーポッター系のファンタジーかと思ったが、そうでもありませんでしたね。
現実世界が大半をしめております。
良質の少女ファンタジーを期待した僕はそこら辺で、アレレ、、、と肩透かしを食らいました。てか、腹に重いボディブローをモロに喰らったのです。ゲフゥ!
スペインの暗黒時代だとか、、、大変恥ずかしい事ですが、この時代背景にあまり詳しくありません。
しかし、ファンタジー部分を除けば見事な戦争映画そのものというか、、、スパイあり、クーデターあり、拷問ありの、壊疽した脚の切断ありと、、、見ているのも辛い辛い戦争映画のそのまんま。戦争映画の重苦しさで満たされとります。
「現実」は本当に現実的で、そこからはいろいろな苦しい状況が伝わってきます。
「戦争」=「現実」というのはもっとも恐ろしい残酷なことです。
その「戦争映画」に「ファンタジーの妖精」が登場するのですから、自分の中ではかなりブッ飛んだ光景でした。
しかし、現実と幻想世界との対比が見事だったように思います。
現実では人の死というものを突きつけられます。現実は死と苦しみの世界です。
だから母が出産で死んでしまう、この「死」というものは、なかなかリアルに伝わってきたように思います。
母は妊娠出産の過程で大量の血を流すのですが、その苦しみとか、それと拷問の残酷さとか凄い伝わってきて、それが「現実」なのだと思わされます。
しかし現実といっても酷すぎるのです。それが現実の時代も確かにあったのでしょう。
そこで必要になってくるのが「ファンタジー」なのだと、ファンタジーの必要性についても考えさせられます。ファンタジーのあり方といいますか。
だいたいファンタジー映画は現実がリアルに描かれていない、現実世界をリアルに描き過ぎるとファンタジーが影を潜めてしまう、、、のですが、、、
本作は「現実」と「ファンタジー」とがカッチリと分かれていて、お互い相容れない感じが印象的でした。
分かれているからこそ、ファンタジー世界が自立してちゃんと存在している。
しかし美少女ですね。少女の哀しいファンタジーって美しいです。まさにファンタジーの理想形。
大樹も出てきますし、森や迷路はファンタジー世界とつながっているんだと思いますよ。
はじめの石像とか、大蛙とか、ちょっと「千と千尋」の影響を感じたのは僕だけか?
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 8点(2011-02-03 02:33:41)
109.この作品は"ダークファンタジーだ"といって宣伝されていたので、てっきり"世にも奇妙な物語"や"ウルトラQ"のような作品を想像していた。

私の"ダークファンタジー"という言葉に対する捉え方が間違っていたのか、それともこの映画の宣伝が間違っていたのかはわからないが、少なくとも"世にも~"や"ウルトラQ"のような作品ではなかった。

この映画は暗く、悲しいお伽話。

私は、この話は内戦の中を少女が必死で生きた記録だと思う。

争いと少女の世界。この二つを見事に融合させて描ききったのはすごい。

ラスト、救われるような気がするのは自分だけだろうか…

映像も美しく、音楽も耳に残る。万人受けするとは思わないが、自信を持って人に勧められる作品。
Sugarbetterさん [DVD(字幕)] 7点(2011-01-27 15:42:40)

108.《ネタバレ》 かなり心に来るものがある、物悲しいお話。
物語の中盤あたりまでは、あれは彼女の空想ではなく、そのような世界が本当に存在し、ハリーポッターよろしく、向こうの世界にリアルに迷いこんでしまうという展開かと思っていた。しかし、なんだかどんどん違う方向に。終わってみれば彼女の現実逃避の空想物語だったということなのだろう。ただし、完全にはっきりとそうだとは言い切れず、ラスト、本当に彼女はお姫様として幸せに過ごせたのかも?と思わせる含みがあるのも良い。
特に、彼女の空想(と思われるものは)の中でマンドラゴラの部分だけは、実際にお母さんの容態が良くなったりと、現実にその効果を発現していて、空想ではないようにも思える。
出てくる「ファンタジー」な世界はおよそ子どもが喜ぶメルヘンな世界とは程遠く、陰惨で不気味でダーク。出てくる奴らも禍々しい感じのばかり。その映像がキョーレツで面白い。
悲しいお話なんだけど、大尉の残忍で非道な行為をさんざん見せて、観るものに鬱憤とフラストレーションを貯めさせておいて、最後にはメルセデスさんに刺される、部隊はどんどん壊滅していく、メルセデスさんにズバっとショックなこと言われてぶち殺される・・といった具合に悪いヤツをやっつけて「スカっと勧善懲悪」「カタルシスの開放気持ちいい」な展開も用意されている。
よくできた映画。面白い。
ぽやっちさん [DVD(吹替)] 8点(2011-01-20 04:04:36)
107.とても好きな作品です。個人的には痛い気持ち悪い表現をあと10%ぐらいカットしてくれれば、もっと好きになれます。ただ、その部分が好きな人も勿論いるでしょうから、映画としてのマイナスポイントにはなりませんね。あの両手目玉(ペイルマン??)のインパクトはおそらく一生ものでしょうね。
sava1100さん [DVD(字幕)] 8点(2011-01-15 13:07:43)
106.《ネタバレ》 ファンタジー要素は、けっこう斬新なキャラクターと絵でオリジナリティがあったけれど、カエルの腹から鍵をとるとか何も食べてはいけないとか、なんだか緊張感がなさすぎてぽかーんとしてしまった。現実世界の方もあまりに不用心過ぎるし、ゲリラとの戦いもあまり描かれないので唐突な印象を受ける。すごく面白いミクスチャーだと思うんだけど、どっちつかずでした。もっとファンタジー世界が現実と密接にくっついていればなぁ。
Balrogさん [DVD(字幕)] 5点(2010-12-12 00:30:21)
105.《ネタバレ》 極限の状態時代に生きた、空想好きな少女の現実逃避をファンタジックに映像化したと解しても、すごくやるせない悲しい映画。上映の予告編では「ブラック・ファンタジー」とか銘打っていたけど「ブラック」ではなくて「ミゼリー(悲しみ)」や「トラジティー(悲劇)」であると思う。また、現実にフランコ政権の時には殺戮を繰り返していたのだから「ファンタジー」というよりも「ファクト」「ヒストリー」とするべきだろう。それほど、最後の主人公が血に染まって死んでいくシーンは、大尉は当然だろうが主人公の母にさえ憎しみを感じてしまうほど、悲しく切なすぎる。これから観る人も、単にファンタジックなものを期待しているのならその見込み違いに大いに後悔するだろうし、それほど観終わった後が重たい作品だった。未だに女性のハミングする歌声が頭から離れない。
たくみさん [DVD(字幕)] 6点(2010-10-24 21:40:48)
104.《ネタバレ》 戦争という悲惨な背景にメルヘンを取り入れるなんて面白いです。テーブルに置かれた目玉を手の平にはめ込むなんて!あの化け物はメッチャ斬新でした。いくら美味しそうでもブドウは食っちゃイカンと。
トメ吉さん [DVD(字幕)] 5点(2010-10-07 11:35:58)
103.《ネタバレ》 前半の第一の試練をクリアするまでの展開は良かったと思う。しかし後半の展開には非常にガッカリ。特に第二の試練で、化け物がすぐそばにいるにもかかわらず余裕ぶっこいてテーブルに並ぶ料理のひとつをつまみ食いするシーンはあまりにひどい。あんなクリーチャーが陣取る食卓には普通近づきすらしねえだろ、と。ラストの展開もご都合主義過ぎて心底ガッカリした。映像や作品の空気は悪くないだけに、脚本のひどさが残念でならない。
陽踊り小僧さん [CS・衛星(字幕)] 2点(2010-08-13 10:38:46)(良:1票)
102.「ファンタジー」というジャンルのイメージを持って見ると異色に思える作品。ただ、残酷な環境に追い詰められたヒロインの精神世界を通じて制作者の主張がよく伝わってくる脚本で、子供に見せるには確かにグロテスクだけれど、大人が鑑賞する分には考えさせられる部分が多い一本。
woodさん [DVD(字幕)] 8点(2010-08-08 17:40:52)(良:1票)
101.《ネタバレ》 なんだか中途半端。グロやバイオレンスをやるならもっとやってほしかったし、悲劇をやるならもっとどん底まで落としてもらいたかった。
発想は面白いと思うけどどっちつかずという感じ。
eurekaさん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-05 11:10:48)
100.ファンタジー系の小説をそのまま映画にした作品。なんというか....盛り上がりが全くなくて凄く退屈でした。
映画さん [DVD(字幕)] 2点(2010-07-28 18:59:46)
99.映像描写がいちいちグロテスクで怖い。
特に2番目の試練は強烈で、確実に夢に見て魘されると思います。
怖いのが苦手な僕からすると、ほとんどホラーと言っても過言ではない。
それでも、内容的にはかなり真面目なファンタジー作品で、幻想的な世界観が興味深かった。
しかも、完全に虚構に嵌まり込まず現実とリンクし続ける構成が素晴らしい。
あと、この作品に対してPG12指定というのは生温すぎる。
大人の僕ですらトラウマになりそうで、つまみ食いする度にフラッシュバックしそうです。
もとやさん [DVD(吹替)] 8点(2010-07-20 15:18:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 138人
平均点数 7.04点
010.72%
100.00%
232.17%
321.45%
453.62%
5107.25%
62215.94%
73323.91%
83726.81%
91913.77%
1064.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.45点 Review11人
2 ストーリー評価 7.55点 Review20人
3 鑑賞後の後味 6.68点 Review19人
4 音楽評価 6.94点 Review17人
5 感泣評価 6.15点 Review13人

【アカデミー賞 情報】

2006年 79回
脚本賞ギレルモ・デル・トロ候補(ノミネート) 
撮影賞ギレルモ・ナヴァロ受賞 
作曲賞(ドラマ)ハビエル・ナバレテ候補(ノミネート) 
美術賞エウヘニオ・カバイェーロ受賞 
特殊メイクアップ賞 候補(ノミネート)メイクアップ賞 として
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS