カリートの道のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > カリートの道
 > (レビュー・クチコミ)

カリートの道

[カリートノミチ]
Carlito's Way
1993年【米】 上映時間:144分
平均点:7.82 / 10(Review 201人) (点数分布表示)
公開開始日(1994-04-23)
アクションドラマ犯罪ものヤクザ・マフィア小説の映画化バイオレンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-11-27)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・デ・パルマ
キャストアル・パチーノ(男優)カリート・ブリガンテ
ショーン・ペン(男優)デイヴィッド・クラインフェルド
ペネロープ・アン・ミラー(女優)ゲイル
ジョン・レグイザモ(男優)ベニー・ブランコ
イングリッド・ロジャース(女優)ステフィー
ルイス・ガスマン(男優)パチャンガ
ジェームズ・レブホーン(男優)ノーウォーク
ヴィゴ・モーテンセン(男優)ラリーン
リチャード・フォロンジー(男優)ピート
エイドリアン・パスダー(男優)フランキー
ジョン・オーティス(男優)
ジョン・セダ(男優)ドミニカ人
ジョン・フィン(男優)ダンカン
マーク・アンソニー(男優)ディスコのラテンバンドのメンバー
野沢那智カリート・ブリガンテ(日本語吹き替え版)
安原義人デイヴィッド・クラインフェルド(日本語吹き替え版)
玉川紗己子ゲイル(日本語吹き替え版)
中村秀利ベニー・ブランコ(日本語吹き替え版)
小林優子ステフィー(日本語吹き替え版)
梁田清之パチャンガ(日本語吹き替え版)
小室正幸ノーウォーク(日本語吹き替え版)
二又一成ラリーン(日本語吹き替え版)
原作エドウィン・トレス「カリートの道」「それから」
脚本デヴィッド・コープ
音楽パトリック・ドイル〔音楽〕
主題歌ビリー・プレストン"You Are So Beautiful"
撮影スティーヴン・H・ブラム
製作マーティン・ブレグマン
マイケル・スコット・ブレグマン
ウィリ・バール
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮ルイス・A・ストローラー
配給UIP
美術リチャード・シルバート(プロダクション・デザイン)
グレゴリー・ボルトン[美術]
レスリー・A・ポープ(セット装飾)
パトリシア・ウッドブリッジ(美術監督補〔ノンクレジット〕)
振付ジェフリー・ホーナディ
衣装オード・ブロンソン・ハワード
デヴィッド・C・ロビンソン[衣装](衣装デザイン助手)
ローラ・ジーン・シャノン(ワードローブ・アシスタント)
編集ビル・パンコウ
字幕翻訳戸田奈津子
スタントバディ・ジョー・フッカー
その他エドウィン・トレス(テクニカル・コンサルタント)
あらすじ
カリートは麻薬売買で鳴らした大物ヤクザ。30年の刑を受け服役していたが、弁護士の活躍で5年で出所する。シャバに出たカリートはカタギになることを目指し、南の島でレンタカー屋を営む計画を立てる。資金を貯めるためサッソの店に投資したカリートは昔の恋人ゲイルと寄りを戻し、夢を膨らませるが、恩人クラインフェルドからとんでもないことを頼まれて…巨匠デ・パルマ入魂のヤクザ映画。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
201.「スカーフェイス」は「ゴッドファーザー」を下品にした感じ。「カリートの道」は「スカーフェイス」をマイルドにした感じ。
たろささん [インターネット(字幕)] 5点(2019-03-03 15:44:09)《新規》
200.《ネタバレ》  ノワールの雰囲気はよく役者もハマっているが、全体的にテンポが悪く冗長感は否めない。長尺を詰めてテンポよくすればもっと引き込まれたろうに。
 クラインフェルドが刺されても死なず、カリートの面会も警官のあっさり身体検査で実現等、ご都合主義が目立つ。クラブ・パラダイスからカリートが逃亡する間、のほほんと待っているマフィアもマヌケな展開。
 コートを着たカリートがホームから列車に乗って逃走するシークエンスは、監督の敬愛するヒッチコック映画を思わせる。だが、妙にコメディまがいの印象で、ドリフのコントを観ているような脱力感を覚える。
 「パチャンガがベニーに買収されて俺たちを見張ってる」・・・このセリフは伏線というよりネタバレだね。忠告を無視し、買収されたと知りながらパチャンガにゲイルを駅まで送らせるのは(文字通り)致命的だ。冒頭の回想でカリートの運命を認識済みとはいえ、同行させた時点でその後の展開が容易に想像できる。
風小僧さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2018-11-25 11:18:59)
199.ショーン・ペンの演技の方に目がいってしまいますが、どう見ても本気で足を洗おうとしているようにはみえない主人公。先が読めないのかアバウトなのか、どんどん冒頭のシーンに向かって突き進んでいきます。裏切と死が隣り合わせの世界は当事者でなくても見ているだけで疲れます。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-10-20 11:29:28)
198.《ネタバレ》 やっぱりパチーノのギャング物はハズレませんねえ。
本人は本気で足を洗おうと思ってるのに、どんどん巻き込まれていく。(まあ裸一貫で出直すんじゃなくて、まず儲けてからってのも悪いんだが)
ヒロインもヌード含めて魅力的。
出てくるやつはほぼ全員ワルで、ほぼ全員死ぬ、そして残ったのはまだ生まれてない息子。で、彼もやっぱり・・・なっちゃうんでしょうねえ。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-10-11 23:50:53)
197.カリートのキャラクターは好きにならざるを得ない。そしてこれだけ裏切りそうな人物が多けりゃ見逃せませんわな。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-10-09 18:59:59)
196.アル・パチーノのキャリアで第2絶頂期ともいえる時期の名作。

スカーフェイスでのぎらつきが上手く抜けて、哀愁と円熟を感じられる演技と演出が光っている。

丸くなった…というよりはデパルマにしろパチーノにしろ、より洗練された感があり、
銃撃シーンやサスペンスシーンの撮り方・盛り上げ方はお手本級の完成度。

ラストの鉄道でのチェイスシーン、そこからの華麗な銃撃戦はもう悶絶もの。
アンタッチャブルの階段落ちに匹敵するぐらいにカッコいい。
nakashiさん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2018-03-24 20:47:20)
195.《ネタバレ》 「スカーフェイス」(1983年)の10年後に製作された本作は、作品自体が「スカーフェイス」が10歳年を取ったような映画となっている。なんとなく「スカーフェイス」から毒気を抜きとり、角を全て取って丸くしたようなマイルドさがあるのだ。アルパチーノ演じるカリートはベテランのマフィアだが、その世界から足を洗い、愛する人との平穏な第二の人生を夢見る男。このカリートがとにかく良い奴で、つい応援したくなってしまう。冒頭から、最早あまり女性にも興味が無いような態度が描かれていたり、とにかく「これからは真っ当に生きていこう」とする真面目な(?)姿勢が描かれる。自分自身を曲げないところなどの共通点はあるものの、これはトニーモンタナからギラギラした要素を全て抜いたような男である。デパルマの演出はまさに円熟の域に達している。また、全体的にクスッと笑えるようなコミカルな演出が意図的にされているのも特徴だろう。「大人のためのマフィア映画」といった趣があり、また上質な映画が持つ独特な時間軸を有している。
rain on meさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2017-09-28 08:42:04)
194.《ネタバレ》 どうしても逃れられない敵から逃れてみて欲しかったような気もするが、その道から抜けたくても抜け出せない悲哀を描いた映画なので仕方ない。
しかも最後「あいつか」っていう人に殺されるし、ささいなものでも強大でも恨みってやっぱり怖い。
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 7点(2017-09-16 00:31:52)
193.《ネタバレ》 いろいろな任侠映画を見てきたけど堅気になるってことが如何に大変か。人を殺め麻薬を売りさばき恨みをかってきたヤツが簡単に足洗えるか。
偉大であったほどそれは難しい。女と南の島で新しい生活を始める、そんな都合のよい夢をみる不器用な男カリート。借りを返そうとすればハッピーエンドになれるはずは無い。代償は大きかった。
思い通りにいかないカリートの生き様はラストシーンに凝縮。
アルパチーノ史上に残る秀作です。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-03-20 16:06:27)
192.《ネタバレ》 なぜか、観ている途中でのワクワク感が無かった。ゴットファーザーと何が違うのだろう?
コカインを売った大物ギャングにしては、キレイな物語にしているのに違和感があったからか?
映画が始まって、3分くらいから、先の読める、予想通りの展開で終わった感じ。
無意味な人生を送った、哀れな連中達の話って印象しか残らなかった。
cogitoさん [DVD(字幕)] 6点(2016-09-04 16:49:31)
191.《ネタバレ》 面白かったけど、ヤクザもんではないですよね。見た目はそうやけど、途中からはアルパチーノの純愛モノです。(^_^;)
ま、でも色々と伏線があって、最後はハラハラさせられて、面白かったです。ゴミ虫の様な弁護士ショーン・ペンは上手いてますね。本当にウザイ役を演じてました。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 8点(2016-05-04 01:51:43)
190.《ネタバレ》 カタギに戻ってこれまでとは違う人生を歩もうとしても、彼のこれまで積み重ねてきたギャングという半生がそれを拒んでしまう。それでもなんとか"パラダイス"への列車に乗ろうともがく姿をアルパチーノが熱演します。奈落の底へまっしぐらなバカ弁護士であっても彼に助けられたという恩をきっちり返す姿、「これで貸し借りはなしだ」と弁護士に迫るシーン、「Point of no return(一線を越えた)」と察するシーン、彼の生き方が感じられます。無理だとわかっていても彼が異国の地でレンタカー屋を営む人生を観てみたかったものです。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 8点(2015-08-31 08:42:28)
189.《ネタバレ》  少し枯れた男が人生を取り戻そうとしている。少しずつ、情けの無くなった慣れない元の街にも溶け込み、周囲には「あの麻薬王も落ちぶれた」と陰口をたたかれながらも筋を通す。筋を通し、ウルトラにまっすぐに昔の女と愛をはぐくむ。夢の成就まであと少し。だがゲイルは言う。「あなたはもうすぐ死ぬのよ。」。鑑賞している私たちも最初から知っている。カリートは死ぬと。周囲に次第に暗雲が立ち込める。旧友の裏切り。台頭してきた若いギャング。反するようにゲイルの妊娠。
 カリートの死にざまを観るのこの映画を観た人は、ほぼスカーフェイスも観ているのでは。スカーフェイスの爆裂したパワーは本映画には感じられない。しかしパチーノ演ずるカリートはその後のトニーとしか思えない。カリートも昔やんちゃで、けんかっ早く、自分が望んだかどうかはわからないが殺してきたのだろう。
 いやがおうにも緊張感が高まる展開。カリートの夢の実現とそれを阻む人間たちの襲来が同じテンポでやってくる。裏切ったクラインフェルドへも直接ではないが逆の意味で義理を果たす。
 そんなカリートが生きてゲイルと逃げのびることをここまで願うとは自分でも思わなかった。死ぬってわかっている。最初にそういうシーンがあるのだから。でもあの映画史に残る銃撃戦(デパルマグッジョブ)を逃げ延びたカリートは撃たれるが、実は生きていたなんて展開にならないかと念じた。
 だが…、あの歌が。もっと違う歌なら無理やり違うエンディングの可能性を心に秘めることができたかもしれないが。あの歌がかかると、映画はここでかっちりと終わるのだ、カリートの道はここまでなんだ、と思い知らされた。超逆接的ラブソング。「you are so beautiful」。
 カリートの不器用さに憧れて、筋の通し方に心を奪われ、愛に泣けた。
JFさん [DVD(吹替)] 8点(2015-06-08 11:48:14)(良:1票)
188.これぞデパルマという感じの映画でした。出所後の麻薬王が堅気に戻る努力をするという、結構普通のマフィア映画っぽいストーリーで特に女性に毛嫌いされそうな映画ですが、要所要所でサスペンスのような盛り上がりのシーンがちりばめられていて、飽きさせず、金を取りにいく最後のシーン以降はドキドキのエンターテインメント作品となっており、エンディングまで非常に面白かったです。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 8点(2015-02-02 16:36:13)
187.期待したけどそこまでぐっとはこなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 6点(2014-08-31 20:29:09)
186.《ネタバレ》 記念すべき初レビューはこの映画と決めていました。(ヒートと迷いましたが) 今までどれほどこちらのレビューを参考にしてきたことか、やっと仲間入りができて光栄です。

さて本作のレビューですが、あらすじは特出すべきは無いものの、安心して観ていられる納得の脚本。アル・パチーノが最も自然な演技をしている映画だと感じます。特に監督の演出とカメラワーク、パチーノのスカした振る舞いがマッチしています。ビリヤードのシーン、女の部屋の扉をぶち破るシーン、ディスコの階段を上るシーン、エスカレーターを滑り降りるシーン、デ・パルマお得意の長回し&グルグルのベタ演出がこんなにもハマっている映画も珍しいと思います。

クルクル頭のショーンペンも奇跡の演技で、ラストのアディオス(弾無しで撃たれるシーン)は最高でした。そして怒涛のエンディングはグランドセントラル駅の長回しを経てホームへ。ホームでジョー・コッカーのユアーソービュティフルが流れてくると感動の嵐です。いや、結末は判っちゃいたんですがね・・ 超ベタですが私にはこの映画が生涯トップ5の一つです。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2014-04-03 18:47:27)(良:1票)
185.アンタッチャブルもスカーフェイスも大好きな私ですが、この作品には心躍りませんでした。主人公にも他の誰にも思い入れ出来なかったのが理由です。終盤の鬼ごっこだけは楽しかったですね。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 4点(2014-03-17 14:53:20)
184.《ネタバレ》 同監督の『スカーフェイス』よりこちらのほうがいい。
生え際の後退した弁護士がショーン・ペンだとはまったくわからなかった。
薬中のイカレた悪徳弁護士を好演し、主演のアル・パチーノを引き立てている。
身内からも裏切りが当たり前のようにある汚い世界は『仁義なき戦い』のよう。
そんな中で、借りは返さずにはいられない義理堅い男カリートの不器用な生き方は応援したくなる。
カリートの夢は足を洗ってレンタカー屋になって愛する女と平穏に暮らすこと。
その夢が裏切りによって潰える最期は哀れを誘う。
悪の道にいったん浸かってしまうと抜けられない定めか、それも所詮は自業自得ではあるのだけれど。
マフィアからの逃亡劇は見どころの一つだが、追っ手が超肥満男や年くったオヤジでは間が抜けていて少し滑稽だった。
ああいうのは普通もっと若くて動きのいい兵隊にやらせるだろうに。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 8点(2014-03-12 18:14:20)(良:1票)
183.《ネタバレ》 「You are So Beautiful」。往時に流行ったセンチメンタルなこのバラードが映画の主題歌とは知らなかった。本作のラストで、パラオの紫の夕日に踊るゲイル(だと思う)にこの曲が重なって来たときの鳥肌感。もちろん、死を覚悟した透き通った瞳のアル・パチーノのモノローグからのつながりがあってのことだと思います。遠くにいってしまった憧れがどんなに輝きを持っていたか。換言すれば、「You are So Beautiful」を聞くための映画だと思う。よかったです。
なたねさん [DVD(字幕)] 8点(2014-02-22 20:57:43)(良:2票)
182.《ネタバレ》 もぉ最初にあんなシーンがあるもんだから、常に不安感があり店がうまくいって元カノともうまくいっててもなにかどこか緊張感がある。デパルマ監督特有のグルグルまわるカメラが今作は斜めの絵も多くさらに不安をあおる。新興勢力のチンピラも絡みだしいよいよ意を決したときに…という秘かな盛り上げ方がうまいよなぁ(感心)。そして出演の皆様も素晴らしい、アル・パチーノはさすが、文句なし!、ショーン・ペンはヤク中のいかれた弁護士をまさに怪演、最初誰か分からんかった髪型変だし(笑)。まぁしかし駅での最後のシーンはすごかった。夕日をバックに踊る彼女と子どもはカリートがみた夢だったのでしょうか
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2014-01-10 08:41:49)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 201人
平均点数 7.82点
000.00%
100.00%
210.50%
310.50%
441.99%
594.48%
62110.45%
74220.90%
85326.37%
93919.40%
103115.42%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.33点 Review9人
2 ストーリー評価 8.27点 Review18人
3 鑑賞後の後味 8.36点 Review19人
4 音楽評価 8.94点 Review17人
5 感泣評価 8.26点 Review15人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS