プロジェクトBBのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プロジェクトBB
 > (レビュー・クチコミ)

プロジェクトBB

[プロジェクトビービー]
Rob-B-Hood
(寶貝計劃)
2006年【香】 上映時間:126分
平均点:5.93 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-04-07)
アクションコメディカンフー犯罪ものファミリー
新規登録(2007-02-26)【伊藤さん】さん
タイトル情報更新(2009-05-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ベニー・チャン
演出ジャッキー・チェン・スタントマンチーム(武術指導)
ジャッキー・チェン(武術指導)
リー・チュンチー(武術指導)
キャストジャッキー・チェン(男優)サンダル
マイケル・ホイ(男優)大家
ルイス・クー(男優)フリーパス
ユン・ピョウ(男優)警部
シャーリーン・チョイ(女優)
テレンス・イン(男優)
葉山豪(男優)
クー・フェン(男優)
アンドリュー・リン(男優)
ロー・ワイコン(男優)
ベイ・ローガン(男優)
トニー・ホー〔男優〕(男優)
リー・チュンチー(男優)
ホイ・シウホン(男優)
ダニエル・ウー(男優)輸送車の運転手
ニコラス・ツェー(男優)輸送車の運転手
石丸博也サンダル(日本語吹き替え版)
広川太一郎大家(日本語吹き替え版)
古谷徹警部(日本語吹き替え版)
野島昭生洪峰(日本語吹き替え版)
浪川大輔輸送車の運転手(日本語吹き替え版)
三木眞一郎輸送車の運転手(日本語吹き替え版)
小山力也フリーパス(日本語吹き替え版)
原作アラン・ユエン(原案)
脚本ジャッキー・チェン
アラン・ユエン
ベニー・チャン
挿入曲ジャッキー・チェン
撮影アンソニー・プン
製作ベニー・チャン
ワン・ツォンレイ
製作総指揮ジャッキー・チェン
ソロン・ソー
アルバート・ヤン
配給UIP
特撮ヴィクター・ウォン[特撮]
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.《ネタバレ》  いつものコメディアクションに加え、後半からはヒューマンドラマの要素も強くなる盛り沢山な内容。なかなかの長尺。ですが軽快なテンポとノリで、あまり長くは感じません。
 ジャッキーとルイス・クーが、それぞれサンダル、フリーパスというダメ人間を演じます。そのダメ人間っぷりが結構ひどくて、前半はとても二人に肩入れできません。楽しそうなコメディアクション見せられても、二人が好きになれないので全然楽しめません。
 面白くなるのは中盤くらいから。二人が赤ん坊を一生懸命世話しだすあたりから、だんだん二人を応援したくなります。
 ヒロイン役のメロディやパッイン、幼馴染の警部や借金取りなど、脇を固める面子も良い味出しています。特にメロディは抑え気味な演技、演出ながら、抜群に良い存在感。この人の存在がサンダルを少しずつ正しい道へと導いていくストーリーは心地良い。容姿もすごく可愛い。性格も落ち着いていて良い。
 それに対し苦手だったのは大家とその妻。結構イライラさせられましたね。ダジャレ連発な吹替えが寒いうえにうっとうしいです。
 いつものドタバタコメディと、アクション、それにヒューマンドラマが意外と良いバランスでまとまっているので、エンターテイメント作品として良質です。
たきたてさん [DVD(吹替)] 7点(2017-10-09 14:19:54)
27.《ネタバレ》 今回、彼は堅苦しいポリスじゃくってお気楽稼業の泥棒だ。
追う側じゃなくって追われる側のジャッキーって好きです しかもコメディで しかも単独犯ではなくその周りにはやはり当然ながらに可笑しなヤツがいる。
今回、マイケル・ホイの吹替えの人が言いたい邦題やっちゃってまして大暴走。
70~80年代のコメディを思い出して懐かしみたいなら当然吹替えでみるべし。もちろんジャッキーイコール石丸博也さんの状態で。
日本語字幕出した状態で日本語吹替えなら更に無双。
3737さん [DVD(吹替)] 5点(2015-03-29 22:07:21)
26.《ネタバレ》 声優さんが(勝手に?)くだらないジョークを足しまくっているので吹替で観るほうがちょっとだけ楽しくなりそう。
最初の病院の部分なんかは楽しいのだが、その後はなんかダラダラ長いだけだな、という印象を受けてしまう。
良いところもあるのだが、赤ちゃんがかわいいだけではキツい・・・・。
虎王さん [DVD(吹替)] 5点(2013-06-03 23:34:57)
25.《ネタバレ》  昔、香港がイギリス領だった頃の香港映画スターの活躍は今も忘れられない。彼らの悪ふざけは少年少女を狂喜乱舞させ、週末の映画番組で放映が決定するとその週には誰もが広川太一郎だったりデブゴンに変身したりした物だ。
 時代が変わるとこうしたスター達の多くはアメリカに活動拠点を移して、あまりふざけた作風や反社会的なジョークという物には手を出さなくなっていった。野蛮さからの脱皮とすればこれは正しいし、彼らが西欧文明の中で生きて行くには至って当たり前の事だとも言える。
 とはいえ、そんな彼らもこうやって21世紀にこう言う形で帰ってくるのは心躍る。ミスターBooは広川太一郎だし、ジャッキーやユンピョウまでいる。もう独りは誰?って気がしないでもないが、日本人だけが客じゃない。その辺は空気。

 そう言うわけで、温い脚本とそんなわけが無い都合の良さ、それから少し不道徳な彼らを眺めていると知らずの内にiPhoneで当時の仲間に電話をしている。それでそのまま集まってセリフが聞き取れない位の突っ込みとケチをつけながら、それ以上の大声で笑ってる僕らがいて、遠慮の無いアクションもノンストップだ。
 とんでもなく時間が過ぎ去ってしまっても、こうやってまた集まってくる。あの頃の仲間全員が集まったわけじゃないし、集まれない事実もあるのかもしれない。サモ・ハンやリチャード・ンがいないのも色んなタイミングや事情があるからなんだと口に出さなくても分かっている。

 でも、全員が集まらなくても時々は二、三人であつまってあのときの話をする。こんな面白いイベントも懐かしい昔話に変わっていく。あのとき憧れていた女の子もオバチャンになって、僕らもオッサンになって。僕らの仲間が少しずつ増えていったあの時とは違う今では、もう同じ空気感を共有する仲間が増えることも無い。
 でも、こうやって同じ面白さに同じ突っ込みを入れる人間がいて、時々は笑っていられる。こう言う日常が続いていくことを僕たちはずっと願っていた。
黒猫クックさん [DVD(吹替)] 6点(2012-11-01 18:05:35)
24.アクションは楽しめます。テレビで十分です。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 6点(2011-03-06 23:19:13)
23.メロディ役の高圓圓(カオ・ユアンユアン)が可愛い! 。。なのにキャストに名前が挙がってないっ
ポーバタさん [DVD(吹替)] 5点(2010-11-07 23:34:37)
22.香港らしさ満載でした。マイケル・ホイの吹替えの人(広川太一郎)の言葉が楽しめた。「イチロー、メジャーで大活躍」って笑った。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2010-10-17 09:51:51)
21.広川太一郎が吹き替えで、所々にくだらないジョークを挟んできてサムくなった。「お疲れサマー、オータム、ウィンター」…こんなジョークを目の前で言われたら…。
真尋さん [地上波(吹替)] 5点(2010-09-26 22:31:04)
20.うーん
spputnさん [地上波(吹替)] 5点(2010-08-19 15:15:32)
19.面白かった。アクションも満足できるレベルだったし、何となく感動するようなシーンもあり、まさしくジャッキー映画って感じ。ストーリーもジャッキー映画らしい。脇役の皆さんも味があって良かったです。ユンピョウとの共演も嬉しかった。2000年以降の作品中ではかなり良い出来と思います。いっぱい詰め込まれていて終始楽しめました。
ピンフさん [DVD(字幕)] 7点(2010-03-05 02:16:34)
18.アクションを楽しめばよいのであろうが、肝心の内容がハリウッドであった何かのリメイクかと思われるほど単純で突っ込みどころ満載。ジャッキーのファンでないとつらいかも。
Jane.Yさん [DVD(字幕)] 4点(2009-09-22 16:29:55)
17.この映画のおもしろさは,吹き替えにこそあるのではないでしょうか.甲児「ロケットパーンチ」,アムロ「ちぃ!」etc... ストーリーと全然関係ないところで楽しませていただきました.
マー君さん [DVD(吹替)] 6点(2009-07-23 12:36:25)
16.《ネタバレ》 ハイ、なかなか面白かったですよ 往年のカンフースター俳優が出てきたのも大変懐かしい(ただしお年を召されてましたが…) 赤ちゃんがらみのアクションシーンもスリリングで…特に車衝突!のシーンは結構ドッキリ お金より赤ちゃん(めっちゃカワイイですね)を選んだ二人にテンション上がってシマイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-05-30 23:51:12)
15.十数年ぶりにジャッキー映画を見たが全然老けていないのでビックリ。というか昔から老けていて変わらないのかも。ストーリーは単純だが安心して子供と一緒に観られるアクション映画としては秀逸。肝心の赤ちゃんは私がこれまで観た映画の中では文句なく一番可愛い子役ちゃんで、リアルで反抗期まっただ中の育児をしている身には思わぬ癒し効果があった。
lady wolfさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2009-03-18 02:07:30)
14.《ネタバレ》 ジャッキー・アクションに限りがあるかな。■その1、トランポリンのシーンは、ジャンプの最中に敵を叩き上げて慣性の法則を使ってはるかかなたに吹っ飛ばすアクションが欲しい。■その2:ジェットコースターのシーンはクレヨンしんちゃんの栄光の焼き肉ロードを見習ってほしい。ただ鉄の塊が動くだけではなく、コースターが上がって行って恐怖が大きくなる瞬間とこんな所に追い詰められたピンチ感が、その後高速で動きだすコースターと一緒にハラハラドキドキのアクションに繋がるという「アクションの舞台をアクションに組み合わせた」演出は、ジャッキーは得意なはずなのに、その部分が何か物足りない。■その3、マンションのベランダから落ちそうになるシーンが多すぎる。あれは1回でいい。■いろいろ文句言ったけど、この映画は面白いです。赤ちゃんはかわいいよね。でもデカイ・・・。
はち-ご=さん [インターネット(字幕)] 7点(2009-02-18 09:52:21)
13.楽しめる映画。
ストーリーは気にしない・・・。
りえりえさん [DVD(字幕)] 6点(2008-06-30 08:17:15)
12.ノリで何もかも解決。
Yoshiさん [DVD(字幕)] 4点(2008-03-22 08:27:23)
11.《ネタバレ》 香港映画らしくちょっとストーリーにはハチャメチャな部分もありますが、わりと楽しめました。
ジャッキーの見所といえばやっぱりアクションですが、プロジェクトAやポリスストーリーのように身体を張ったスタントアクションは少ないし、ワイヤーやCG使ってるなってのが明らかに分かる部分もありちょっと残念。でもビルの上からエアコンの室外機を飛び移りながら降りてくるところや、カーアクションの最後のクラッシュシーンなど、おお!!と思わせてくれるところもあります。
久々のマイケル登場ですが、昔のキレがなくて残念。全編は字幕でしか見てませんが、ちょこっと吹き替えで見てみたところ、マイケルの吹き替えはおなじみの広川太一郎氏で、独特のセリフは健在みたいだし、他の人のセリフにもオリジナルにはない独特のアレンジが加えられてるみたいなので、吹き替えで見てみても面白いかも知れません。
かすおさん [DVD(字幕)] 7点(2008-02-26 15:43:10)(良:1票)
10.《ネタバレ》 ジャッキー好きです。この映画はそれほど出来はよくなかったけど、数回笑わせてもらいました。うんこと最後ベビーが凍えてるシーンがリアルでちょっと嫌でした。前半は面白くなかったけど後半はそれなりに夢中になれました。映画そのものの点数は2.5点。ジャッキー出演でポイント2倍の5点差し上げます。(冗談です、普通に5点差し上げます。)
天国のコロさん [DVD(字幕)] 5点(2008-01-15 00:31:33)(良:1票)
9.やはり見所は ジャッキーのアクション
お得意のジャッキーアクション満載って感じでした

子守をするシーンなどは笑えて良かったと思います
映画坊主さん [DVD(字幕)] 7点(2008-01-11 01:41:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 5.93点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
427.14%
5932.14%
6725.00%
7932.14%
813.57%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.50点 Review2人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 4.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS