松ヶ根乱射事件のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > 松ヶ根乱射事件
 > (レビュー・クチコミ)

松ヶ根乱射事件

[マツガネランシャジケン]
2006年【日】 上映時間:112分
平均点:6.65 / 10(Review 34人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-02-24)
ドラマコメディ
新規登録(2007-03-11)【ボビー】さん
タイトル情報更新(2014-10-10)【8bit】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山下敦弘
キャスト新井浩文(男優)鈴木光太郎
木村祐一(男優)西岡佑二
川越美和(女優)池内みゆき
キムラ緑子(女優)鈴木みさ子
三浦友和(男優)鈴木豊道
光石研(男優)刑事
でんでん(男優)青山周平
烏丸せつこ(女優)国吉泉
安藤玉恵(女優)国吉春子
榎木兵衛(男優)鈴木豊男
中村義洋(男優)富樫圭一
宇田鉄平(男優)坂部進(べーやん)
西尾まり(女優)富樫陽子
脚本向井康介
山下敦弘
撮影蔦井孝洋
製作山上徹二郎
配給ビターズ・エンド
美術龍田哲児(装飾)
編集宮島竜治
照明疋田ヨシタケ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
34.《ネタバレ》 田舎町での日常が少しずつずれていく。主人公も少しずつずれていく。で、町は全てをただただ受け入れていく。受け入れていくからまたずれる。
観客の読みも少しずつずれていく。そのずれをイヤガオウニモ受け入れざるを得ない。
私も受け入れざるを得なかった。やられたー。
絶妙の間の取り方。ずらしの天才だ。全場面が必要なんだな。ラストまでずらすとは。くそ。完全にやられた。誰もまともに演技しなくてもこの監督の元なら演者になれるのではと思うくらいの自然なずらしからのピーキング。瞬く間にエンドへ。
いいなあ、こんな映画でなら脱げるσ(^_^;)。
監督の山下敦弘さんは私にとって全くのノーマークだった。こんなにレンタルDVD屋さんに通ってるのに気づきもしなかった。せいぜいわかるのは、リンダリンダリンダの監督さんかーってくらい。全く知らなかったなんてとても恥ずかしい。これからこの監督の作品を観まくるんだろうなぁ。
誰が乱射するかすら予想できないずらし地獄。こんな映画を撮れる監督が他にいるのだろうか?似てる作品すら思い浮かばない。ファーゴ?ゆれる?アメリカンビューティー?違う!
JFさん [DVD(邦画)] 8点(2015-05-29 17:23:00)
33.《ネタバレ》 雪国の田舎町の閉塞感や荒涼感のようなものは伝わってくるし、そこに生きる人間のしぶとさ、強かさ、愚かさも感じられて、この「あるある感」的雰囲気は中々よいのだが、金塊の話がちょっとリアリティーに欠けるかな。これがアクセントになりコメディーにはなってるのだが、もっと「事実は小説より奇なり」的にリアリティーを徹底追求してもよかったような。狂い始めた警官が銃乱射して鬱憤晴らしする事を「事件」としてしまうセンスには唸らされる。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 7点(2014-02-14 13:11:10)
32.《ネタバレ》 山下監督のセンスには舌を巻くばかりです。アンチドラマ的でリアリティたっぷり、それでいて目の離せない展開・・・こんな映画を作れるなんて、天才としか言いようがありません。10点ではないのは、後味の悪い話で、2度と見たいと思わないから。このタイトルであの展開だと「最後に拳銃でキム兄と女を蜂の巣のように撃ち殺すんだろうなぁ・・・」と思っていたら、見事に裏切られましたね。ラストの拳銃発射後に「松ケ根乱射事件」というタイトルの表示で「おいおいっ、これを“乱射事件”って言うんかい!」と思わずコケそうになりながらツッコむ・・・そういうコメディだった、ってことでいいんですかね?
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2013-07-27 14:41:45)
31.初期の若松孝二の悩める若者青春映画だと思っていたら街全体の人々の群像劇であった。内容が濃いので見ていて引き込まれる。ランスファー・トリファー的なドロドロ感がある。
xnoranoraxさん [DVD(字幕)] 8点(2013-03-05 22:38:26)
30.《ネタバレ》 自分にとっての「非日常」を「日常」として生きている人々が直面する「非日常」といった感じの映画。山下監督の映画はどれもそういう感じがするなあ。けど、最後まで見ていると、自分からはそう遠く離れたところのハナシではないなあ、と考えさせられます。途中、「あれ?なかなか乱射する気配がないぞ。もしかしてこれはアッチを乱射する映画なのか?」と思っていましたが、最後にやってくれました。そして「スイマセン。もう大丈夫です」と急にまとも(?)になるのも分かるなあ~。別に乱射する機会なんて無いけれど、「もう何もかも全部うんざりだ!ウガー!!」となったすぐ後に急に冷静になるのは分かる気がします。 賢者タイム!
ゆうろうさん [DVD(邦画)] 8点(2013-02-02 13:19:45)
29.《ネタバレ》 突然思い出したように申し訳程度に銃を撃たれても…。つかみどころのない不思議な映画でした。
ちゃじじさん [DVD(邦画)] 6点(2012-02-27 17:59:35)
28. だからどうした、と言えなくもないですが、なんだか面白い作品です。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-01-14 11:20:08)
27.そこそこに楽しめました。
アフロさん [DVD(邦画)] 6点(2011-08-20 19:34:48)
26.《ネタバレ》 はじめタイトルを聴いた時はドキュメンタリータッチの映画かと思い、予告を見てこれは面白そうだと感じ、しばらくしてから借りてきました。まず、川越美和のフルヌードにびっくり!やられました。ちょっと退屈だったけれど、ラブホでの下半身のみ裸の婚約者との普通の会話に  ああこういう感じある  みたいに妙にリアルを感じた。よく作りこまれた映画なんだろうなあと思う、好きなタイプの映画ではないけどね。ただ、キャストはよかった。よくこれだけの曲者を集めて使い切ったなあって感じ。はるちゃん役の安藤玉恵、いいね。ドラマ『深夜食堂』で見て気になっていた彼女、それ以前にこの映画 撮ってたんだね。『リンダ・リンダ・リンダ』『天然コケッコー』を撮る監督も 本当はこういうものが撮りたいんだなあ・・と思った。
フラミンゴさん [DVD(邦画)] 4点(2010-06-28 05:27:38)
25.《ネタバレ》 いやな町の中で、静かに狂気をはぐくんだ、登場人物の中では比較的まともだったお巡りさん。あんたもう少し、カタルシスくれるんじゃないかと思いましたが。拳銃5発乱射後、「すみません。もう大丈夫っす、すみません」って。気をつけろよ、あんまり無茶すんな、っつうぐらいの小爆発。しかし、ここが案外、好印象。中学生が「昨日、あそこの交番のお巡り、拳銃撃ってやがんの」、「やっべ、松ヶ根乱射事件じゃん」、とか、静かな噂を振りまきそうな予感あり。
なたねさん [DVD(邦画)] 5点(2010-05-01 06:15:10)(良:1票)
24.おそらく、津山30人殺し事件を意識したであろうタイトル。そしてファーゴのようなパッケージ。八墓村みたいなことになるのかとドキドキしながら観賞したが…。見事に期待を裏切ってくれました(笑)ファーゴの仮面を被ったブラックなビッグリボウスキといった感じか。シニカルでオフビートな感じも嫌いではないですが、心に残る作品とまでは行かず。正直、この手の閉塞した田舎で血の繋がりが濃いい関係を泥臭く描いた大傑作と思っている小説があるので、それが足枷となって感動には届かなかったのかもしれない。シナリオの外し加減は絶妙で、なかなか書けるものではないと思う。欲を言えば、ラストにかけて登りつめるパワーが欲しかったな。
Nujabestさん [DVD(邦画)] 7点(2009-12-27 07:34:19)
23.不思議な映画でしした。変にいやらしいところがなかったら、人に変わった映画として薦められます。
紫電さん [DVD(邦画)] 6点(2009-12-18 23:13:56)
22.イタイ。映画がイタイのでなく、自分の中のイタイ部分を露にされたような感じ。オープニングのガキがいい例で、雪原に女が横たわる『ファーゴ』を彷彿させる深刻ぶった画が映し出されたと思ったらガキが出てきて胸をまさぐる。いかにも深刻をスカした山下節なのだが、それ以上に現実に目の前に女の死体があるというあり得ないシチュエーションをけして夢見なかったとは断言できないというイタイイタイところを突いてくるのだ。と、告白するのも恥ずかしいのだが、この映画は全編でこういった内なるイタイ部分を露呈させてゆく。「やったのか」と詰め寄る息子に対しはぐらかしながらも「あれはやったって言うのかなあ」なんて言葉を吐いてしまう父。その父にえらそうに怒鳴りつける息子だって自分もやってることがバレてないと思ってるから大きな態度でいれる。バレなきゃいいの典型がひき逃げ。あるいは自分のやましさを隠す話のすり替えや責任転嫁を巧みにこなす変なカップル。カルト性から万人受けに徐々に垢抜けてゆく山下作品の展開から原点回帰したかのようなシュールさを持っているが、実は初期作品以上にウケを狙わないキツイシュールさで覆われている。それでもどんなに辛く厳しい人生も喜劇にしてみせる、その構成自体が人生賛歌となっているようにも思えた。単なる意地悪かもしれんが。
R&Aさん [DVD(邦画)] 6点(2009-09-16 14:59:11)
21.《ネタバレ》 乱射してんのラスト10秒だけやん?笑
って意味でもこのタイトルいいですね。やられた。
オープニングの凍った地面に女が倒れている撮り方もいいです。


さすが山下監督。キャストと脚本、演出、ロケーション、全てが平均点以上。
センスのいい韓国映画の雰囲気に多少似ていました。

この新井浩文って役者は目つきがいいですね。
ハマっていました。

三浦友和のキャスティングが個人的には好きでした。


チープな不気味さがナイスな良作。
uraraさん [DVD(邦画)] 7点(2009-08-06 05:34:01)
20.これだけシュールに淡々と描いていながら、全く飽きさせない映画だった。脚本のすばらしさと、芝居のリアリズム、存在の感じさせないカメラ、編集の妙、それらがうまくまとまっていて、監督の力を改めて感じました。静かな狂気、小さな町におこる非日常、それらを飲み込んでしまう空気感。なかなか観たことのない映画です。最後の乱射シーンで妙にスカッとしてしまったのは私だけでしょうか??
ポテサラ頂戴さん [DVD(邦画)] 7点(2009-04-24 15:07:58)
19.1990年代の松ヶ根という、湖面が凍結するくらい寒い地方の田舎町を舞台に、
田舎社会の実像や人間の本質をシニカルに描き出す。
ひとつの決まったテーマはなく、鈴木家を中心にしたエピソードの詰め合わせという感じ。
なかなか人前には見せない、人間の素の姿がリアルに描かれていると思う。
ひと昔前の田舎らしい、人物の野暮ったいファッションや朴訥なキャラクターが
今となっては郷愁さえ起こさせる。我々は回帰すべきなのか?
それにしてもこの映画の人々はリアクション鈍すぎ無言すぎ。
さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2009-04-15 00:58:06)
18.《ネタバレ》 嫌な事を当たり前のようにしてたり、当たり前のように受け入れている町の人たちが気持ち悪い。全編に下水の匂いがするリアルに胸糞の悪い映画。ちょっとした笑いの演出も苦笑いにしかならない。ためこんだものがいつ爆発され、グチャグチャになっていくのかと思いきやギリギリのところで何も起こらないこの気持ち悪さ。最後まで妙なリアリティで、ラストシーンで明かされるこの乱射事件というタイトルの真相に脱力。むぅ。
すべからさん [DVD(邦画)] 6点(2009-02-08 13:06:05)(良:1票)
17.すごい作品だと思います。キャスティングといい脚本といい凄い。特にリアリティという面ではぞっとするほどの力があります。とはいえ冷静に考えればありそうもない話です。そのちょうど狭間をいくようなストーリーが最高。
序盤の小学生からぶっ飛んでますが、そのぶっ飛んだシュールさを維持しつつ最後までいけた希有な作品ではないでしょうか。
Balrogさん [DVD(字幕)] 8点(2008-12-08 00:16:26)
16.期待していたものとは違い..かなり、シュール で ブラック ..そして、ちょっと退屈.. それから、冒頭のガキ..あんな奴、そうそう居るもんじゃないぞ...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 5点(2008-10-08 12:47:19)
15.笑いのセンスがいいと思うけれども、主人公がきちんと公務員なだけに、バカの方舟ほどは笑えなかった。
はるこりさん [DVD(邦画)] 5点(2008-06-23 14:06:08)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 34人
平均点数 6.65点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
425.88%
5411.76%
61029.41%
7823.53%
8823.53%
925.88%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.66点 Review3人
2 ストーリー評価 5.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 5.75点 Review4人
4 音楽評価 6.33点 Review3人
5 感泣評価 3.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS