300 <スリーハンドレッド>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ス行
 > 300 <スリーハンドレッド>の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

300 <スリーハンドレッド>

[スリーハンドレッド]
300
2006年カナダブルガリア上映時間:117分
平均点:6.08 / 10(Review 198人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-06-09)
アクションアドベンチャーシリーズもの歴史もの漫画の映画化
新規登録(2007-03-19)【.】さん
タイトル情報更新(2023-04-14)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ザック・スナイダー
演出チャド・スタエルスキ(アシスタント・スタント / 格闘・コーディネーター)
キャストジェラルド・バトラー(男優)レオニダス
レナ・ヘディ(女優)ゴルゴー
ドミニク・ウェスト(男優)セロン
デヴィッド・ウェナム(男優)ディリオス
マイケル・ファスベンダー(男優)ステリオス
ロドリゴ・サントロ(男優)クセルクセス
スティーヴン・マクハティ(男優)共和制評議会議員
ロバート・メイレット(男優)不死身の巨人
デヴィッド・リーチ(男優)スパルタの兵士(ノンクレジット)
中田譲治レオニダス(日本語吹き替え版)
湯屋敦子ゴルゴー(日本語吹き替え版)
内田直哉セロン(日本語吹き替え版)
山野井仁ディリオス(日本語吹き替え版)
てらそままさき隊長(日本語吹き替え版)
桐本琢也ステリオス(日本語吹き替え版)
加瀬康之アスティノス(日本語吹き替え版)
佐々木睦エフィアルテス(日本語吹き替え版)
咲野俊介クセルクセス(日本語吹き替え版)
乃村健次ペルシャの使者(日本語吹き替え版)
石森達幸(日本語吹き替え版)
浦山迅(日本語吹き替え版)
木村雅史(日本語吹き替え版)
亀井芳子(日本語吹き替え版)
塚田正昭(日本語吹き替え版)
斎藤志郎(日本語吹き替え版)
小松史法(日本語吹き替え版)
原作フランク・ミラー[原作]「300」(ダークホース・コミックス刊)
リン・ヴァーリー「300」(ダークホース・コミックス刊)
脚本ザック・スナイダー
カート・ジョンスタッド
マイケル・ゴードン[脚本・1976年生]
音楽タイラー・ベイツ
撮影ラリー・フォン
製作マーク・キャントン
ジャンニ・ヌナリ
ワーナー・ブラザース
ジェフリー・シルヴァー〔製作〕
製作総指揮フランク・ミラー[原作]
ウィリアム・フェイ[製作]
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクC・J・ゴールドマン
ニール・モリル
シェーン・ザンダー
特撮ルイス・クレイグ(特殊効果監督)
コリン・ストラウス(視覚効果監修)
グレッグ・ストラウス(視覚効果監修)
ピクセル・マジック社(視覚効果)
アニマル・ロジック社(視覚効果)
バズ・イメージ・グループ(視覚効果)
CAスキャンライン・プロダクション(視覚効果)
美術ジェームズ・D・ビゼル(プロダクション・デザイン)
イザベル・グアイ(美術監督スーパーバイザー)
衣装マイケル・ウィルキンソン
編集ウィリアム・ホイ
録音ゲイリー・A・ヘッカー
字幕翻訳林完治
スタントデヴィッド・リーチ
あらすじ
完璧なまでの強さを身に付けたスパルタの戦士たち。レオニダス王率いる僅か300名の部隊は、100万に及ぶ強大なペルシャ軍に挑んだ。作戦を駆使し、決して引くことのない彼らの運命は…。ヘロドトスの「歴史」に記される「テルモピュライの戦い」を基にしたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを完全映画化。全編が特殊な画像処理「クラッシュ」で描かれる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
198.《ネタバレ》 いやぁ~、わずか15年前にはこんなトンデモナイ映画がハリウッドで製作できたんですね。スパルタ人が全員白人なのは当然としても、もう“悪の帝国”感丸出しのペルシャは黒人系を始めとする有色人の俳優ばかり、そして中には「こんな奴、おらんやろー」と叫びたくなるような巨人や腕の先っぽがナタみたいになってる奇形人間まで登場、ペルシャはエイリアンの国かよ!9.11後にアメリカ合衆国vsイスラム教という対決図式が定着したので、こういう煽情的な映画がウケると判断した製作陣、まあ貴方たちの読みは外れてなかったんですけどね。あのトンデモ国家・スパルタが民主主義の原点だという史観は「ちょっと違うだろ」と突っ込みたくなりますし、そのうえ最後にディリオスが伝えるレオニダス王のメッセージは、そのまんま当時のブッシュ大統領の演説なんじゃないかと錯覚させられるようなロジック。ペルシャの末裔でもあるイランがこの映画のペルシャ人の描写に猛抗議したそうですが、ハリウッドは当然のように無視。でも最近のハリウッドは中国政府にはクセルクセスに跪いているようにヘイコラしているのが現状、カネがすべてのハリウッドですけど少しは恥を知れ!と言いたい。 手足がそして首がバッサバッサとちぎれ飛ぶチャンバラの迫力は刺激が強すぎですが、よく考えるとこの映画は演技している俳優以外の背景や画はほとんどCGなんですね。スパルタの男たちはみんな腹筋割れまくりマッチョ、製作陣は否定しているけどあのシックスパックも実はCGなんじゃないの(笑)。兜と盾は持っているけどパンツ一丁に赤いマントを羽織ったまるでプロレスラーみたいな戦闘装束、重装歩兵戦術が最盛期なんだからそんな半裸で戦争したわけないでしょ。あとペルシャ兵が手榴弾みたいな爆発物を投擲するけど、火薬が発明されたのはその千年ぐらいあとなんですけど…と、ツッコミどころは満載です。まあ、あのヤバい奴フランク・ミラーのグラフィック・ノヴェルが原作なので、ケチつけてもしょうがないですけどね。B.L.M 運動なんかが盛んな現在では、ぜったいに製作できない内容であることは確かです、ひょっとしたら将来は上映禁止になったりして…
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2022-02-07 22:03:15)
197.《ネタバレ》 当時映画館で観て、大変満足したのを覚えています。
そらもー凄かったんだから、筋肉ハイテンション祭り(笑)
久しぶりにBSで観たんですが、まー内容を覚えてないこと覚えてないこと。
大概の映画がそうなんですが、これなんか単純な結末さえ、まったくでした。
あれだけスパルタの英雄300の戦いは永遠に語り継がれる!って言ってて、映画館で「そーだそーだ」って思ってたのに。。。
このゆるんだカラダでは記憶を留めることすら難しいw
いやーしかし振り返っても、これはやっぱり映画館で観ておいて良かったなと、改めて思いました。
ま、映画館で観たほうがいいかどうかは、映画館に行かないとわからないんですけどね。。。
ろにまささん [映画館(字幕)] 6点(2021-03-27 07:16:13)
196.《ネタバレ》 当時のギリシアで陸軍最強を誇ったスパルタ
ヘロドトスが残した、レオニダス率いるテルモピュライの戦いを描いた作品

戦闘に関しては、仲間を守る、連携大事とずっと豪語してましたが、連携プレイがあったのは初日の戦いだけ
途中、完全にデキてる二人の連携があるくらいで、後は各々自由に戦っちゃっています。
これなら名誉のためといっていた彼にも戦わせてあげれば・・・

戦いの中での死こそ誉れ 言葉通り、何人かスパルタの戦士が倒れても、みんな夜には宴でした。
が、戦士長の息子が殺されるや感情爆発、夜はお通夜 さすがにどうよって思っちゃいました。

王妃側のシーンは必要?(あまりにガチムチシーンばかりだとキツイと思った配慮なのか)
王妃側シーンはある程度端折って短くまとめた方が良かった気がしました。

マイナスなことばかり書いてますが、基本的にはおもしろかったです。
好き嫌い別れと思いますが、スローモーションも活用されているアクションシーン
ホモにはたまらないであろうガチムチパーティー 腹筋もCGなのかな
(私はマトリックス 大好きなので、これも好きでした)
メメント66さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-01-21 00:30:02)
195.《ネタバレ》 『300対100万』というふれこみ。どんな知能戦が繰り広げられるのか。はたまた、一人一人がスーパーパワーを持った選ばれし戦士なのか。いやいや、そのどちらでも無かったですね。強いのは強かったですが。
 『ストーリーが無い』という意見もありますが、一応あります。ペルシャ軍が征服しにくる。スパルタ王レオニダスは降伏勧告をはねのける。戦争になる。スパルタの軍を動かすためには、『神官?』『評議員』双方の同意及び承諾が必要。ところがその両者がペルシャ軍からすでに買収済み。つまり裏切り者。よって軍隊は動かせない。さて困った。よし、300人選んで、王の近衛兵としてつれていこう。それで100万のペルシャ軍と闘おう。という、馬鹿みたいな話。でも嫌いではないです。
 最期まで300人で闘ってほしかったのですが、半数は終盤で戦線離脱。裏切り者の誘導によりペルシャ軍に背後をとられ、敗北を悟った王の最期の決断。自分も含め、残った僅かな精鋭たちは、最後の一人まで戦いぬくという滅びの美学。国に戻った仲間たちによって伝えられる王の遺志。そしてエピローグ。なかなか立派なストーリー。
 史実を元にしているとは知りませんでしたね。だとしても、やっぱレオニダス王には勝って生き残ってほしかったような。最後のひと槍が相手に刺さっちゃっても面白かったのかなと。忍者に巨人、象に犀に魔術師と、このラインナップをみる限り、完全なる娯楽映画。だったら思い切ってハッピーエンドにしちゃったほうがすっきりしそうです。
 敵のラインナップに比べると、スパルタ軍はみんな同じ格好、同じ武器で個性に欠けます。密集隊形からいろんな戦術を繰り広げるのであれば、同じ格好でもOK。でもそれって最初だけ。中盤くらいから結局個々で好き勝手に闘っちゃっているので、だったらもう少し個性が欲しいところですね。
 あと、スローモーションの多用は好きじゃないです。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2019-06-02 10:28:56)(良:1票)
194.《ネタバレ》 スパルタの入口!?にあるあのでかい穴は何だ!
柵も何もない!
押すなよ…押すなよ…ってふざけて
スパルタ人も何人か誤って落ちてるやつやで!

とにかくガチムチ好きにオススメの一品です♡
ゆにおさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-05-17 09:39:38)
193.誇り、名誉
これだけのために生きる。
そんな姿に憧れる人は、はまると思います。

スパルタの兵士が声を挙げるシーンで
血が沸騰する感覚を覚えますから。
元祖さん [インターネット(字幕)] 8点(2018-02-25 07:13:01)
192.ガチムチの半裸の男達が熱くぶつかり合う、ある意味わかりやすい映画…というかPV?
観た感想としては、うーん、矢が結構痛そう?

これは映画としてどうこういうのは野暮で、好きな人が観ればいいんじゃないか、と。
続編はややテーマがぶれる印象があるので1作目の方が面白いと思います。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-11-20 00:05:44)
191.《ネタバレ》 ○アクションシーンがひたすら同じことの繰り返しで、300人で多勢をやっつけた感がまるでない。主人公たちがあまりに無敵すぎるし、相手が弱すぎる。○CGの多用も冷める。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2015-10-25 20:33:58)
190.こ、これは・・・まさにゲイの方たちの為の映画ですね・・・(汗)

男性陣はみな不自然なほどいっつも裸で、筋肉をアピール!
激しい戦闘シーンでも筋肉ムキムキの体はまったく汚れず、いつでもピカピカ!
ペルシアの王様はボディピアス&スキンヘッド&厚化粧で、どうみてもドラァグ・クイーン!
はっきり言って女はそえモノ。子どもを産むだけが役目!

どう考えても、ゲイ向け映画・・・!!

というのが感想で、神話っぽくするためなのかいらんスローモーションとCGの多用、ストーリーは単純なのにわざわざ長いナレーションで説明する演出(?)などなど、ゲイでない私にはとっても退屈でした・・・。
まあでも迫力「だけ」はありましたが。
でももう喉元までお肉でいっぱい、お腹いっぱいです。

会社のイケメン&マッチョ好きの女子が「レオニダス王がサイコーなの!」と言ってこのDVDを貸してくれたのですが・・・「王様と他の筋肉モリモリさん達との見分けがつかない」なんていう感想はとても言えず、「筋肉すごかった」とだけ言って返却しました。
そしたら、すぐさま続編の「300~帝国の進撃~」を貸してくれたのですが・・観るのが苦痛です・・・(泣)
りりらっちさん [DVD(吹替)] 4点(2015-07-06 14:32:43)(笑:1票)
189.《ネタバレ》 スパルタ人の雄姿を描くフルマッチョ映画。
目指したのは漢の映画。
友情、熱血、戦争、スパルタ精神、、、、実際にスパルタ人はこうだったのかもしれませんが、
とんでもない極限状態にでもならなければこんなの間違ってると思います。
黒人やアジア人、醜い畸形人間が敵という暗黙のコンセプト。
美しい白人の肉体とそこに宿る精神こそが正義であるという世界を伝えたキャンペーン映画に見えます。
さらに「戦争ってカッコいいよな」みたいな意向もあると思います。
エッジの効き過ぎた映像があまり好きじゃないです。実写とCGを加工しやすくするためだと思うんですけど、
これだけ映像効果を加えるならアニメでやった方がいいです。
スパルタ人300人って意味の「300」ってタイトルですが、
300回の肉弾戦が見れると思ったら残念。
迫力のあるマッチョ無双アクションを期待したのに、
スローモーションの効果とかで肩透かしを喰らいます。
マトリックスを超えた映像とか宣伝で書いてるけど、ぜんぜんそんな気がしません。
息をのむようなシーンもあったことはあったのですが。
映像効果がされ過ぎてて漢らしくないです。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 5点(2015-02-07 00:04:19)
188.《ネタバレ》 ストーリーはどうでもよいくらいで、鍛えぬいた肉体の濃すぎるアクションシーンだけを何度も観てしまう。この中毒性はジャッキー・チェンあたりのカンフー映画と共通しています。負けてしまうけれど、何の、まだまだ後に続く連中がいるぞという終わり方がまた印象に残ります。傑作です。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 10点(2014-12-22 21:47:51)
187.《ネタバレ》 ほぼインパクト勝負。
スロー展開が多いので、2時間弱の上映時間とはいえ実質的な内容は乏しいと言わざるを得ません。
PVかゲームの世界を見ているかのような感覚になり、敵がどんどんモンスター化していくのには萎えました。
こういう設定での悲壮感の出し方は邦画の時代劇のほうが得意なように思います。
続編ありきで終わったのは中途半端な印象ですが、映像に関してはもうお腹一杯なので、続編ではもうひ工夫何かがないと苦しいかと思います。
午の若丸さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-06-08 23:29:05)
186.《ネタバレ》 スパルタ=鬼教育ということは知ってたが、実物はもっと鬼・・・。鬼畜すぎる。こりゃ滅亡して当然。正直まともな国家じゃない。かっこいいとは思うがこうはなりたくない

アクションは派手で年齢制限あるだけあって結構グロいんですけど、殺し合いはこんなものでしょうと思うのでいいと思います。でも相手の雑魚役の兵士が突っ込んで死ぬだけで殺しに来てるようには見えない
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 7点(2013-12-05 12:26:16)
185.《ネタバレ》 この映画で初めてザックスナイダー監督を知りました。スパルタの話もほとんど知りません。内容も300人の男性が自らの命を投げ打って自国の為に戦った、くらいにしか思っていません。しかし私はこの映画が大好きです。定期的に見たくなります。大げさにかっこつけた男の美学みたいなノリがうまく映像化されており、どこもかしこもいちいちかっこいい。映画の見方としては正しくないのかもしれませんが、ここ、あそこのシーンが見たくてDVDを引っ張り出しては繰り返し見てしまいます。
コロチンさん [DVD(字幕)] 8点(2013-10-23 18:26:29)
184.スクリーンで見る漫画。かさっとした画像加工が施されている映像で、1ショットが美術画みたいな。なんか初めて見たぞこういうの。ぱあーっと飛び散る血しぶきが蝶々になって飛んでいくよう。あんなに死者累々なのでリアルに描写されてもむごいわな。色っぽい女王様はラブシーンの為だけに出演みたい。頭あんまり良くないし。造形に凝ってるのはクセルクセス王。若さと美しさを全面に押し出した残虐の王。日サロ焼けした肌に無数のピアス、闇の帝王みたい。極端に作り物めいた感じがコミックテイストにあふれてて本作にぴったりでした。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-10-21 00:24:09)
183.《ネタバレ》 ザック・スナイダーを有名にした「300」は、アートコミックをベースに紀元前のギリシャとペルシャのテルモピュライの戦いを描き、動く絵画のような画作りに映像叙事詩としての価値あり。 数では圧倒的に不利なギリシャの最後まで諦めない姿に悲壮感漂い、ジェラルド・バトラーがマッチョなスパルタ王レオニダス、「ブラザーズ・グリム」のレナ・へディがあれよりも大人っぽい王妃ゴルゴー。 単調にならないように工夫された彼らの優美なラブシーンが、凄絶な戦闘シーンとの対比をなしていました。 最後は「グラディエーター」を思わせる金色の麦畑、父の志は幼い息子プレイスタルコスが受けつぎ次の王となるのを暗示。 この技法がさらに進化して、ターセム・シンの神秘的な「インモータルズ」が生まれたと思いますが、ベージュを主体としたこちらのカラーの方が目になじみやすい感じではあり、どちらも左脳より右脳で見る映画。 本でいえば小説より美術書といったところでしょうか。 マイケル・ファスベンダー(ステリオス)の映画デビュー作でもあります。
レインさん [DVD(字幕)] 7点(2013-09-02 07:00:02)
182.全てにおいて野暮の極み。テレビゲームみたいな野暮ったい戦闘シーン、いちいち挿入される野暮ったいナレーション、説明過多でダラダラしちゃってる野暮ったいエンディング。

でも、いいのだ。

これは「こんなもん」として作られてるし、ジャケットもポスターも「こんなもん」と分かるように作られてるし、事実「こんなもん」だったとしても、それで文句を言ったらそれこそ野暮というものだ。

筋肉むきむきのカッコいい戦士たちが筋肉をむきむきさせながら武器をふり回す。
これはそういうものなのだ。
肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 4点(2013-07-07 08:13:34)
181.《ネタバレ》 変な映画です。ペルシア軍は本当に北斗の拳に出てくるようなキャラです。
pokobunさん [DVD(吹替)] 5点(2013-01-12 20:34:33)
180.これは完全なファンタジー映画ですな。映像がおもしろかった。
キリンさん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-17 23:05:19)
179.《ネタバレ》 この映画、確かに中身がない。史実を基にしたと言いながら、はなからリアリティとは無縁のストーリー展開に、あり得ないような漫画みたいなアクションシーンの数々(アメコミが原作だから当然かもだが)。それでも、この超が幾つも付くぐらいのスーパーマッチョな男たちが、その煮え滾るような男汁を無尽蔵に周囲に撒き散らしながら、スクリーン狭しと暴れまくる姿を暑苦しいまでに映像化してみせた、監督のその中2病的情熱に意味を見出さずにはいられない。やっぱり、どんなくだらないことでも、信念を持ってとことんまで極めれば、もしかしたら素晴らしいものが仕上がるかもしれないという、奇跡のようなお馬鹿映画の傑作だろう、これは。 普通の映画監督が撮っていれば、目も当てられないくらい酷いものになっていたであろう。ザック・スナイダー、大した奴だ。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 9点(2012-09-06 19:27:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 198人
平均点数 6.08点
010.51%
121.01%
2105.05%
363.03%
4157.58%
53919.70%
63517.68%
74422.22%
83015.15%
9105.05%
1063.03%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.30点 Review20人
2 ストーリー評価 5.76点 Review26人
3 鑑賞後の後味 7.07点 Review26人
4 音楽評価 6.17点 Review23人
5 感泣評価 4.55点 Review20人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS