銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲<オーヴァチュア>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲<オーヴァチュア>
 > (レビュー・クチコミ)

銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲<オーヴァチュア>

[ギンガエイユウデンセツアラタナルタタカイノオーヴァチュア]
ビデオタイトル : 銀河英雄伝説外伝 新たなる戦いの序曲<オーヴァチュア>
1993年【日】 上映時間:90分
平均点:6.20 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(1993-12-18)
ドラマSF戦争ものアニメシリーズもの小説の映画化
新規登録(2007-04-16)【マー君】さん
タイトル情報更新(2020-11-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督清水恵蔵
富山敬ヤン・ウェンリー
堀川亮ラインハルト
広中雅志キルヒアイス
田中秀幸ラップ
潘恵子アンネローゼ
小山茉美ジェシカ
阪脩
相沢まさきエリクセン
石野竜三ナン
平野正人ムーア
村越伊知郎シュターデン
小林修オットー・フォン・ブラウンシュヴァイク
勝田久シュタインホフ
原作田中芳樹
撮影岡崎英夫
製作山下辰巳
徳間書店
配給東宝
作画奥田万つ里(キャラクター原案)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 OVA本編の1・2話+複数話に相当する部分。
本編がやや急ぎ足のダイジェスト風に対し、本作はヤン、ラップ、ジェシカ3人の徹底的な掘り下げをしてくれた。

OVAでいきなり死んだラップを知る者は、この映画を見ればラップとジェシカへの思い入れがさらに強まるだろう。

作画はOVAも後期に差し掛かっていた時期で、初期に比べると硬さが減りかなりソフトな仕上がりになっているが、その分絵、の柔らかさや温かみが増したとも言える。
それでも初期の作画を意識した描き込み振り。
パエッタ中将の安定感は異常。

それぞれの考えで「親友」を救いたいヤンとパエッタの考えはすれ違っていく。
その立場で無い者にしか解らない葛藤。

ラインハルト陣営も結構掘り下げ、メルカッツやファーレンハイトといった各提督の肉付け、OVA本編で活躍する他の人物も何名か登場している。
OVAファン向けのサービスが多い。

OVA本編でも最大の山場だった「指揮官の交代」。
敗北寸前まで追い込まれた自由惑星同盟の面々、
負傷者の救護と立て直し、
そして迎えるクライマックス・・・二人それぞれが迎えるラストへの流れ。
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 9点(2014-12-21 21:38:42)
4.テレビシリーズの後半部分の頃に公開された映画ですが、話としてはテレビシリーズ冒頭のリメイクといった趣で、なぜこの時期に?という疑問が。一応「我が征くは~」の続編にはなっています。
ライヒマンさん [ビデオ(邦画)] 6点(2014-08-08 23:25:40)
3.《ネタバレ》  ストーリー的には、ほとんど忠実だし、普通比較とかそんなことをする暇人wもあまりいないんで今まで見過ごされてきたと思うんだけれど、どうも違和感があるんで原作と比べてみたら、台詞に相当酷い改悪があった。
 ラインハルトに降伏を勧められた同盟軍艦隊司令官の台詞
 原作「いや、おれは無能であっても卑怯者にはなれぬ」
アニメ「降伏だと、馬鹿にしよって、生きて虜囚の辱めを受けろと言うのか?かくなる上は玉砕あるのみだ、死して武人の魂を敵に見せつけてくれるわ」
 脚本書いた人が、昔の日本軍が嫌いなのはよ~くわかるけどw、なにもこんなものの中でまで批判しなくても。正直ものすごく安っぽくなって原作ファンとしては大迷惑(怒)
rhforeverさん [DVD(邦画)] 4点(2010-05-31 12:39:31)
2.小説からのファンであるあたしからすると、よくもまぁ原作を上手くアニメーションに昇華出来たなぁ、というのがやはり率直な感想(これはこのアニメのシリーズ全体に言える事だけど)。このアニメだけで言えば、やや判りにくい部分もあるのだけど、初めて見た人でも、何か壮大な物語の一片を感じられるのではないかな。これを見てちょっとでも興味を持てたら、他のDVDや小説読んでみると良いかもしれない。
奥州亭三景さん [DVD(邦画)] 6点(2009-04-29 13:48:00)
1.前作「わが征くは星の大海」と本伝の橋渡しとなっている作品です。アスターテ会戦の作画もある程度改善されており、ファンなら観て損はないかと思います。シリーズを知らない人はこれを見ていただいて、ちょっとでも興味をもったら、レンタルで一気観をお勧めします。このシリーズのすばらしいところは、主役二人はもちろんですが、それ意外に非常に魅力的なキャラが多く、どんな性格の方も必ず一人は肩入れできるキャラを見つけられると保証できる点です。そしてそのキャラが中盤~後半のどこかで予期せぬ戦死をしてしまったときのショックも魅力の一つと言えます。ちなみに私は「ファーレンハイト」のファンでした。
マー君さん [DVD(邦画)] 6点(2007-04-23 00:42:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.20点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4120.00%
500.00%
6360.00%
700.00%
800.00%
9120.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 8.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review2人
4 音楽評価 8.00点 Review2人
5 感泣評価 7.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS